「異世界君主生活」の続きについて。 本当に心苦しいんですが、まだ報告できる段階にないです。 ただ、やるべきことは全部終わっているので…… 続報はもうちょっとだけお待ちください。よろしくお願いします。

「異世界給食」

「異世界給食」第7話まで

「異世界給食」第7話 けんちん汁
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/7/

投稿しました。

第1話「わかめごはん」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/1/

第2話「揚げパン」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/2/

第3話「プリン」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/3/

第4話「中華ちまき」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/4/

第5話「ハンバーグ」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/5/

第6話「牛乳(をやたら飲みたがる人)」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/6/

第7話「けんちん汁」
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/7/


ひとまず最初の目標だった1週間連続投下を果たしました。
あとはのんびりと、不定期に更新していく予定です。
スパゲッティとかカレーライスも登場する予定ですよ。乞うご期待(?)


「異世界給食」はカクヨムでも投下中です。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881312453

よろしくお願いしますね。

「異世界給食」投稿中です。

「異世界給食」投稿しています。

第1話はわかめごはん。
第2話は揚げパン。

なろうとカクヨム、両方で投稿しています。
内容はどちらも同じです。
どうぞよろしくお願いします。


小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n8024dj/

カクヨム
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881312453


ふつうは夜に投稿します。
19時から21時くらいに投稿しようと思っています。
ですが、日曜日だけは昼間、13時をメドに投稿するつもりです。
日曜日の夜に更新してもバタバタしますからね。

そういうわけで、明日は昼間に作品を更新します。
第3話もよろしくお願いします。

新作小説「異世界給食」始めました。

 冒険者養成学校、アルスタシア学院にやってきた少女、ルチカ。
 剣士志望の彼女は、十四歳にしてすでに卓越した剣腕を誇っていた。前の学校では、教師よりも強くなっていたほどだ。
 そんなルチカがアルスタシア学院にやってきた理由はただひとつ。

 ――アルスタシア学院は変わった学校らしい。
 ――生徒はみんな白い服を着せられ、行進の練習をさせられる。
 ――意味不明の訓練だ。けれど嫌がる生徒はいないそうだ。

 そんなうわさを耳にしたからだ。
 変わった学校? 面白そうね、そこに通ってやろうじゃないの!
 ルチカは堂々とアルスタシア学院に乗り込んだ。
 だがうわさに反して、学校は平和そのものだった。
 拍子抜けするルチカ。だがそんな彼女に、クラスメイトの少女が声をかけてきた。

「転校してきたばかりで悪いんだけど、給食当番をやってくれないかなと思って。今日、当番をやる子が一人、風邪で欠席しちゃっててさ」
「は? キュウショク、トウバン……?」

 そしてルチカは、給食を作る謎の青年マサヤと出会うのだった。



 ひたすら給食を食うだけの、のんびりまったり、ちょっとなつかし異世界学園ライフストーリー、ここに開幕。

続きを読む
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

2016年9月29日発売!

戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。

詳細はこちら




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>
日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード