「異世界君主生活」の続きについて。 本当に心苦しいんですが、まだ報告できる段階にないです。 ただ、やるべきことは全部終わっているので…… 続報はもうちょっとだけお待ちください。よろしくお願いします。

カフェ

ベローチェで「ふちねこ」ゲットだぜ

チェーン系カフェのベローチェで、
「ふちねこ」のプレゼントキャンペーンをやっていました。

image

コーヒーなどのドリンクを3杯頼むともらえるコレ。

さっそくゲットだぜ!!

写真の腕がヘボいので分かりにくいのですが、のびている猫なのです。

続きを読む

秋葉原探訪記(ガンダムカフェからFF15まで)

11月29日、FF15が発売されたその日……。
須崎は秋葉原におりました。

IMG_1207

FF15発売日ということで作中に登場するクルマが駅前に!
みなさん、写真を撮影しまくっていました。


IMG_1209


IMG_1210

カコイイ!

それにしても、まさか実物の車まで作っちゃうとは。

……そういうわけでアキバ探訪記です。
今回は以前よりの知人であり「異世界君主生活」の執筆にも協力していただいた神無月久音さんに秋葉原を案内していただきました。

「異世界君主生活」では日本刀が活躍しますが、そのくだりについては、神無月さんにたくさんのアドバイスをいただきました。とても助かりました。
あとがきにも記しましたが、神無月さん、どうもありがとうございました!

続きを読む

須崎正太郎、ブルーボトルコーヒーに行く。

ブログにアクセスしてくださっている皆さんなら、ご承知のことでしょうが――
須崎正太郎はたいへんなシティーボーイです。
都会が似合う男です。

そんな僕ですから、ホームタウンである六本木に、
あのブルーボトルコーヒーができたと知った以上、
それはもちろん、コーヒーを飲みにいくことになります。

IMG_1159

ブルーボトルコーヒー 六本木店です。
都会の中にありながら、緑にも囲まれている空間。
僕によく似合いますね。


……え?
六本木がホームタウンなんて初めて知った?
いや、今日からそうなったんです。後付け設定です。気にしないでください。気にするな。

続きを読む

福岡最古のカフェ・ブラジレイロ【昭和9年創業】

image

博多区店屋町にあるカフェ、ブラジレイロ。
ここは昭和9年に創業した、福岡でもっとも古い喫茶店であります。
当時は中洲に存在。
九州在住の作家がよく集まり、文芸サロンのような存在だったとか。

その後、移転。
現在は、前述の通り店屋町にあります。

image

このカフェは、何度か利用しています。
コーヒーやケーキはもちろん、洋食も揃っていて、たいへん美味なのです。

続きを読む

不思議博物館分室サナトリウムの福岡レトロ旅展に行ってきた!

image

今回の記事は写真が特に豊富であります。
すべての写真は撮影許可を得ております。
またブログにアップすることも許可を得ております!

そういうわけで、今回はどこに行ってきたのかというと――

不思議博物館分室サナトリウム
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40040660/

こちらに行ってきました。
天神3丁目の路地裏。フタタの裏手にあるビルの3階にあります。
那珂川町にある、「デスクリムゾン」がプレイできることで有名な(!?)不思議博物館。その分館です。
残念ながらまだ本館には行ったことがないのですが!
まずは分館から……。

上の画像。奥のほうを見てください。昨日のクイズで出てきたキャラが映っていますね。

続きを読む
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

2016年9月29日発売!

戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。

詳細はこちら




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>
日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード