「異世界君主生活2 ~読書しているだけで国家繁栄~」2017年8月25日、電子書籍限定で発売です! お待たせして申し訳ありません!

そして新作も……。今年の秋から冬にかけて、複数、作品を出版する予定です。あくまでもまだ予定。予定ですが! 本当に、いろいろお待たせしていて申し訳ありません。もうちょっとだけお待ちください。

旅行

東京グルメ4連発(上野・浜松町・赤坂・立会川)

はーい。
まだまだ東京のグルメ記事、いきますよ。

あっちこっち、いきましたので。


image

福しん 上野駅前店
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13046537/

上野にあった中華料理屋さん。
タンメンがなんと490円というお安さ。嬉しい価格ですね。
そういえば、福岡だとタンメンってあまりないんですよね。
ちゃんぽんのほうが、圧倒的に多い。

で、このタンメン。
素朴ながらも熱々で、具がたっぷりで、とても美味しかったです。
メンや具材を噛みしめるたびに熱々のタンメンスープが飛び出してきて、
ほふほふ。たまらなく美味しい! 夢中になって頬張りました。

なお画像はありませんがギョウザも食べましたよ。
ギョウザも、190円というお値段で、安い。そして美味かったです!!

続きを読む

【こち亀】勝鬨橋に行ってきました【聖地巡礼】

image

こち亀聖地巡礼シリーズ、今回は勝鬨橋です。
71巻の「勝鬨橋ひらけ!」で出てきました。
アニメこち亀でも初期にやったエピソードなので、ご存知の方も多いと思います。

続きを読む

【こち亀】南千住・東京スタジアム跡地に行ってきました【聖地巡礼】

こち亀82巻に収録されている「光の球場!」は、昭和30年代に実在した野球場、東京スタジアムを舞台に描かれた話です。
少年時代の両さんが、大毎オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)のファンだったという設定で、浅草から南千住までやってきて、大毎を応援する話でした。

IMG_1221

東京スタジアムは1977(昭和52)年に解体。
1962(昭和37)年に竣工されたということですので、その命はわずか15年でした。
現在はご覧の通り、荒川総合スポーツセンターとなっています。

続きを読む

【こち亀】上野・幻の博物館動物園駅【聖地巡礼】

こち亀95巻にて触れられた、上野にある幻の博物館動物園駅。

IMG_1271

……に、行ってきました。
行ったといっても地上に残る駅舎を見てきただけですが。
駅としての営業は、2004年に休止してしまったとのこと。

こち亀の95巻は、1995年。
当時の僕は上野にこんな駅もあるんだね、ふーんくらいにしか思っていませんでした。
しかし、いわゆる「ペンギンの絵」の話と共に、妙に印象に残る回でしたね。

続きを読む

【まんが道】日中友好会館にある狛犬【聖地巡礼】

IMG_1118

水道橋と飯田橋のちょうど中間あたりかな。
日中友好会館という建物がありまして、その建物の片隅には狛犬があります。




IMG_1121

なんてことない狛犬に見えますが、こちら、ちょっとした聖地巡礼系ポイントでして。
……そう、これはかつてトキワ荘の漫画家たちが作品を掲載していた雑誌、
「漫画少年」の出版社がかつて入っていた建物、満州会館前にあった狛犬なのです!

続きを読む
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

異世界君主生活2 ~読書しているだけで国家繁栄~
2017年8月25日発売!

異世界の小国《エルトリア神聖国》に国王として召喚された新堂直人は、日本の知識を活かしたアイデアとアイテムで財政難を見事解決し、念願の読書ライフを満喫していた。
法皇であるユリーシャとも親しくなり、すべて順風満帆かと思われたが、川や泉の水が枯れる不可解な現象が起こり始め……!?

詳細はこちら




戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>

日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。

理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード