「異世界君主生活2 ~読書しているだけで国家繁栄~」2017年8月25日、電子書籍限定で発売です! お待たせして申し訳ありません!

そして新作も……。今年の秋から冬にかけて、複数、作品を出版する予定です。あくまでもまだ予定。予定ですが! 本当に、いろいろお待たせしていて申し訳ありません。もうちょっとだけお待ちください。

「隠岐島千景の大いなる野望」

デビュー作「千景」を考えたカフェ イタリアントマト プラリバ西新店

須崎は「カクヨム」にこういう短編をアップしています。

ワナビとカフェと西新と
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882012195/episodes/1177354054882012198

自伝みたいな短編小説です。

これは福岡市の西新に住んでいたときの思い出話でして、
あるカフェで自分はよくアイデアを練っていた、という、それだけのお話。
そのカフェでデビュー作の「隠岐島千景」を思いついたのですが。

IMG_0501

そのカフェがこちら。イタトマの西新店。
このお店はもう現存しません。2015年7月末に閉店しています。

いつか必ず懐かしくなる時がくると思い、デジカメで撮影していたのですが……
先ほど、フォルダを整理していたら出てきたので、こうしてアップします。
懐かしいですね。なつかしい。

このカフェが、先の短編に出てきたカフェなのです。
続きを読む

デビュー2周年!&新人賞応募原稿の話

そういえば、先週の土曜日。
つまり3月25日は僕のデビュー2周年記念日でした。
本人がすっかり忘れていました。ヤベーヤベー。


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。

デビュー作「隠岐島千景」はこちら。
本でも、電子書籍でも、発売中でございます。
まだ未読の方はぜひぜひお買い上げくださいませ。

しかしたった2年か。もう5、6年経った気さえしますね。

続きを読む

第2回ライトノベル・フロントライン大賞の候補作として、「千景」がレビューされました。

第2回ライトノベル・フロントライン大賞の候補作として、処女作の「隠岐島千景の大いなる野望」がレビューされました。

読者の方からメールをいただいて知ったのですが。

image

こちらの本――
ライトノベル・フロントライン3」は、ライトノベルについて評論している書籍であります。
その中に、新人作家のデビュー作から選ばれるライトノベル・フロントライン大賞というのがあり、隠岐島千景はその候補作品として選ばれました。

続きを読む

「隠岐島千景」120円セールは9月14日まで



現在、須崎正太郎のデビュー作品「隠岐島千景」の電子書籍バージョンが安売り中です。
120円です。お得です。缶ジュースを買うようなつもりで、ぜひ!
なおこちらのセールは9月14日23:59までとなっております。
あと数日です。買っていない方はいまのうち……!

「隠岐島千景」電子書籍発売先まとめ
http://blog.livedoor.jp/suzaki_syoutarou/archives/28237701.html

電子書籍を読むにはどうしたらいいのか
http://blog.livedoor.jp/suzaki_syoutarou/archives/35330202.html

なにとぞ、よろしくお願いします。

LINEでも、作品が発売されています。

LINEのスタンプキャラクターは、ブラウンが好きな須崎正太郎です。こんにちは。
無口なクマーが、とってもとっても可愛いのです!
コニーも好きですが。

さてそんなLINE。LINEマンガといって、電子書籍のマンガを買って読むことができますが、じつはライトノベルも配信されています。


隠岐島千景の大いなる野望 隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。
https://manga.line.me/book/detail?id=001xea7k

異世界君主生活 ~読書しているだけで国家繁栄~ 異世界君主生活 ~読書しているだけで国家繁栄~
https://manga.line.me/book/detail?id=0022rncp


須崎の作品も、このように配信されております。
よかったらチェックしてみてください!
livedoor プロフィール
須崎正太郎の本

異世界君主生活2 ~読書しているだけで国家繁栄~
2017年8月25日発売!

異世界の小国《エルトリア神聖国》に国王として召喚された新堂直人は、日本の知識を活かしたアイデアとアイテムで財政難を見事解決し、念願の読書ライフを満喫していた。
法皇であるユリーシャとも親しくなり、すべて順風満帆かと思われたが、川や泉の水が枯れる不可解な現象が起こり始め……!?

詳細はこちら




戦国時代の三河国に勢力を有する松平家。その松平家に、英傑が出現した。
松平清康。江戸幕府初代将軍、徳川家康の祖父である。
彼の登場は、無道極まる戦国乱世が泰平の世へと向かいだす、最初の一歩だったのだ。
よく知られた戦国武将、信長、秀吉、家康たちの、前の世代の物語。




異世界君主生活~読書しているだけで国家繁栄~

読書が好きすぎて図書館に入り浸っていた青年・新堂直人は、ある日突然異世界に召喚される。
直人を召喚した神官・セリカにお願いされて、エルトリア神聖国の再興に乗り出した直人。
すると今まで読書で溜めに溜めた日本の知識が大活躍!!日本古来の文化や製品が異世界では何よりも貴重だった!
異世界よ、これが日本だ!!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<下>

あの世の裁判官、真夜の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。
彼女の絶望を打破するため、影介は戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。
しかし物語は、それからが本当の始まりだった……!


あの世ですが裁判員裁判を始めました<上>

日下部影介は、あの世の裁判官を務める少女、真夜によってあの世の裁判員に任命された。死人を天国へ送るべきか? 地獄に叩き落とすべきか? 
すべては地上より選ばれた裁判員たちによって決められる!


隠岐島千景の大いなる野望 高校生たちが銀行を作り、学校を買収するようです。

理不尽な理由で退学の危機に瀕した出雲光一は、完全無欠のド天然ガール、隠岐島千景の提案を受けて前代未聞の学校買収に乗り出す!
金融を題材にした、リベンジマネーコメディ・ライトノベル!



メールフォーム

ご意見、ご感想、なんでもどうぞ。お待ちしています。

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード