既に「いちこくみん」のビラでお知らせしている通りですが、もう一度。

まず我々「いちこくみん」の年収を簡単に見て行きましょう。

おおよその数字で、2015年は給与所得者の平均給与は年収420万円です!

え?そんなにもらっていないって?

そうでしょうね。

これは一種の数字のマジックのようなものです。
つまり年収1億円の富裕層が増えれば、平均年収は上がり、
いかにも政治が国民を富ませたように見せられるからです。

この年収420万円が、国民の平均給与、とされていますが、
一方で、日本の労働力人口を1000人とした時、
ど真ん中、500人目と501人目の年収はいくらでしょうか?

その真ん中の人の年収は370万円です。

平均が420万円なのに、真ん中の人の給与は370万円です。

それもそのはず、年収1億円以上の金持ちが増える一方、
年収200万円代の人々が莫大に増えるような、
つまり格差をつける政治を、わざわざ日本政府がしているからです。

経済界の偉い人たちが
「どうにか労働者を安く働かせて、金儲けをさせてくれ」と政府に頼み、
政府は
「分かった、安い金でドンドン働かせる法律を作るから、献金をよろしく」。

そうして出来上がってきたのが、正規社員を採らず、
安い労働力の派遣社員をクルクル回して
時に派遣社員を欲しがり、時に派遣社員を使い捨てにする経済界と安倍政権の談合です。

つまり改正派遣法と、今後幅広く導入されていくであろう
高度プロフェッショナル制度=残業代ゼロ法案です。

そうしてど真ん中の人の給与は家族が何人いようと
平均給与より低い370万円に抑え込まれるわけです。


さて、一方
我々を年収370万円に抑え込んだ国会議員の年収はおよそ4000万円。

その内訳は月収が129万4000円。

129万4000円×12か月+期末手当635万円=2187万8000円に
さらに文書通信費が毎月100万円×12=1200万円、1年間に支給されます。

ここまでで3387万8000円。

さらに立法事務費65万円が毎月支払われます。

トータル4167万8000円。

これらは領収書も必要なく、余れば返すことなく議員の懐に入りますが、
その源は我々の税金です。

さらにここに政党助成金が入ることを考えると、
政治家というのは、楽な商売だと思いませんか?

我々の年収を370万円に抑え込んでいる連中が
年収4000万円をもらう矛盾。


政治活動と称してゴルフをしたり寿司を食ったり
被災地で人々が非難に右往左往しているその最中、酒宴を開いている安倍総理と自民党、
その原資はその瞬間に被災地で右往左往している被災者の税金です。

年収4000万円で寿司食ってゴルフして酒を飲んだくれている政府自民公明党の財源は
我々の税金です。

この寿司と酒代は、我々の税金ですが、領収書も必要なく、余れば安倍総理の懐に入ります。

政治活動と称してでゴルフをしたり赤坂で天ぷら三昧の日々を過ごしている時、
被災地では人々が避難に右往左往し、ボランティアが命がけで闘っていました。

酒宴を開き、安倍総理自らの自民党総裁3選の運動ために、
まさに66時間も豪雨による被災者は放置され、200人以上の犠牲者を出したわけです。


税金から支給された金を「白紙領収書でいい」として
金額は後からやりたい放題に書き込むことを許可しろ、と自民公明与党が主張します。
民間の会社では有り得ないことですが、自民公明の議員は特別のようです。

また、出張に行っても出張による成果を報告しません。
これもまた、民間会社では考えられないことです。

物見遊山もOKだと自民公明与党が主張します。

日本国民の常識では
「出張にかかった費用の領収書を提出し」
「出張での成果を報告し」
「実額を請求し、余剰金があれば会社に返す」
当たり前のことです。

安倍総理、稲田朋美元防衛大臣、菅義偉官房長官、高市早苗元総務大臣、
彼らの白紙領収書で、架空の請求により、給付を受けた金、
そして、安倍総理のガリガリ君のアイスなど、みみっちく全て税金から支出させようとする金も
いずれも「問題無い」として、我々の税金が彼らの懐に収められています。


トップページに戻る