鎌倉街道346寄生木

007













006

















005




















004




















003





















鎌倉街道346寄生木

寄生木

鎌倉街道345今年の寄生木

今年の寄生木
 
004













今年の寄生木です。毎年繁茂が広がります。養分を吸い取られて、最後は、樹は枯れます。

005














006














008














009











巨大な赤実寄生木は、特に見事に輝きます。


010














012














 赤実寄生木と青実寄生木が共生しています。

013














014















015














016













赤城のキツネです。クリッック広大して見て下さい。このキツネは帰途にも同じ場所にいて、珍しそうに私を見たり、目の前でオッシッコしたり警戒心が無いので驚きました。


017

鎌倉街道344歌舞伎寺子屋

歌舞伎寺子屋
今年の歌舞伎は、都合により赤城町の公民館で行いました。赤顔の役者が私です。



DSCF2362
























DSCF2389























DSCF2407
















DSCF2380


















DSCF2427


















DSCF2419

















DSCF2468


















DSCF2407

鎌倉街道343続古城址探索

続古城址探索

013























014











旧沼田街道南雲宿の登り坂

昔この宿場町の両側に盛り場が存在した。今は、金石文の展覧会


015





















南雲坂を登った左側に在る。

夢幻さんの御兄さん「亮衍」さんの書 青面金剛塔


016
























022












昭和町森下にある森下城址

023














024












森下城址の東方の崖上にある「阿岨城址」
沼田城下を一望できる橡久保原の崖端にある。

025














026























本日の最後に「棚下御殿の砦」を見学
相変わらず目標のない難しい場所である。但し同行者のアプリには所在地が登録されていた。時代遅れを再認識。


027



















029

鎌倉街道342古城址探索

古城址探索 亮衍



猫山城跡探索


001














002












 空堀の跡は落葉と雑草に埋もれる。

003














004














005














006

























007














008











 猫(根古)城址は太い藤蔓の山と化している。

 左方の白杭が、本丸の跡を示している。
 




鎌倉街道341沼田街道昭和村森下の無幻さん

森下の無幻さん

 町の公民館から、赤城西麓の古城址の案内を依嘱されての下調べ。10月12日
 猫の山城址。南雲御殿、長井坂城、森下城祉等の散策を実施しました。


008












昭和村森下の国道255の左側に「天台宗景徳山遍照寺」を見つけ道草


006














003











寺の山門左脇に無幻さん書の庚申塔を発見し感激

004












光旒(無幻)書の文字

009











隣接の大森神社
和銅六年(713)の創建とある。この地域の歴史を実感

010












森下城址は次回に決行、日が傾いたので早々に帰宅。

鎌倉街道340秋の鈴ヶ岳

秋の鈴ヶ岳散策
 蔓を捜して鈴ヶ岳の周りを散策。残念ながら霧の散策となりました。

001












紅葉が始まったマムシ草

002












霧の中の紅葉 これも名前が分かりません。樺の仲間かな?

003












残念、名前の知らない実の紅葉

004














005














007












 ガマズミ(ヨツズミ)子供の頃は、よく食べました。


鎌倉街道339南雲御殿[棚下砦跡]

南雲御殿(棚下砦跡)


 赤城山西麓における戦国時代の山城で忘れられた城址に「南雲御殿」棚下の砦跡がある。
 以前捜索に苦労して尋ねあてた城址である。
(鎌倉街道290参照)
1998年に赤城村教育委員会が発掘調査をして、「赤城村埋蔵文化財発掘調査報告書第12集」にまとめ、この報告書は現在「赤城歴史資料館」で保管している。


img035










上の図面はこの縄張りを示している。有名な「長井坂城址」の約1キロ南方に位置している。関越高速の橋脚の西に位置しているが、案内板もなく目印もないため発見に苦労する。
城址の西側は約37メートルの岩壁であり、直下に「棚下不動尊」がある。


img034





















 この図面により長井坂城址との位置関係が理解できる。クリックし拡大して参照されたい。
 
 発掘調査の際発見された「鉄鏃」は、現在赤城歴史資料館に展示されている。

 南雲御殿遺跡に関する文献
  永禄10年(1567)の奈良原文書「北条弥五郎宛上杉輝景書状」に「棚下の寄居」とい  う記載がある。




















鎌倉街道338山ブドウの蔓

山ブドウの蔓



001














002














005



















006












5メートルの蔓でまとめたリースです。




008




















これで5メートルです。





004











 猿梨の蔓です。山には色々な蔓があります。 

002













アケビの蔓です。

001















001


















002












直径50センチ程に丸めてあります。

001


















記事検索
livedoor プロフィール

suzugatake

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ