2022年09月17日

鈴ピース第2回学習会「憲法九条は、誰が発案したか?」

九条の会すずかも参加する鈴ピース「変えるより活かそう憲法!鈴鹿ピースアクション実行委員会」主催の第2回学習会が開催されます。
=========
鈴ピース第2回学習会 みんなで話し会ってみよう!!
今回のテーマ
憲法九条は、誰が発案したか?
〜映画「しではら」を見て、憲法九条を考えよう

日時:10月9日(日)午後1時半〜3時
場所:ジェフリーすずかホール
主催:変えるより活かそう憲法!鈴鹿ピースアクション実行委員会


★大阪府門真市出身の第44代内閣総理大臣 幣原喜重郎の生誕150周年記念映画「しではら〜かどま市が生んだ日本の総理〜」(40分)を見て、話し会いましょう。幣原喜重郎は、第九条の発案者だったという説もあります。
★岐阜県知事、衆院議員を歴任した平野三郎氏がまとめた「平野文書〜幣原先生から聴取した戦争放棄条項等の生まれた事情について」も、考察します。
=========
鈴鹿ピースアクションは、鈴鹿民商、九条の会すずか、新婦人鈴鹿支部、鈴鹿革新懇、安保法法制を廃止し憲法を活かす市民の会らの呼びかけで2022年5月24日に発足した団体です。平和を愛する多くの市民の皆様やグループの参加を歓迎します。安保法制の廃止、軍備・軍事費縮小、憲法九条を守り憲法を活かす活動を行うために、学習会や宣伝、署名活動などを計画します。財政は募金でまかない、参加団体はお互いの活動を尊重し、平和の問題では協力し合って活動します。

2022-10-9鈴ピース2回学習会チラシ



suzuka_9jyou at 19:44|PermalinkComments(0)

2022年08月12日

8/18〜「平和のメッセージ展2022」は中止します。

8月18日(木)〜21日(日)に鈴鹿市立図書館で開催予定の「平和のメッセージ展2022」は、コロナ感染拡大のため中止します。
3年連続の中止となりますが、反戦・平和への思いは休むことなく持ち続けたいと思います。

平和ののメッセージ展2022中止



suzuka_9jyou at 20:01|PermalinkComments(0)

2022年08月05日

戦争なんか大きらい!〜平和のメッセージ展 2022〜

戦争なんか大きらい!
〜平和のメッセージ展 2022〜

日時:8月18日(木)〜21(日)午前10時〜午後4時
    ※18日(木)は午後1時から。19日(金)は休館日。
場所:鈴鹿市立図書館2階視聴覚室
   【お願い】感染防止のためマスクを着用下さい。
展 示
●市民による書・絵・写真・版画・絵手紙などの平和のメッセージ作品展●戦時品・戦中の暮らしと学び●「鈴鹿にも戦争があった」(資料提供:戦争遺跡を保存・平和利用する市民の会)●大型絵本 井上ひさしの『子どもにつたえる日本国憲法
紙芝居
●「かわいそうなゾウ」●「わたしのやめて」●「字のないはがき」●「トビウオのぼうやはびょうきです」●「へいわってすてきだね」など”みんな、よっといで〜”毎日お客様が集ったところで開演です。
アニメ映画
●野坂昭如原作「戦争童話集~忘れてはイケナイ物語」から●「つるにのって」●「おこりじぞう」など。毎日午前11時〜と午後2時〜の2回上映します。
絵本コーナー読み聞かせ
「平和ってどんなこと」「ひろしまのピカ」「まちんと」などたくさんあります。自分で選んで読んでもいいですよ。
朗読とお話
『鈴鹿にも戦争があった』
8月21日(日)午後1時〜2時

朗読:近藤由美さん・大田望実さん
お話:桐生小百合さん
 私たちが住む鈴鹿市は戦争中、海軍工廠・海軍航空隊など多くの軍施設が建設された「軍都」でした。1945年には県内の主要な都市が次々空襲を受けましたが、鈴鹿市内では8か所に爆弾が投下、算所への空襲では45発投下され、死者19名、重軽傷者38名、家屋の損害は全壊30戸でした。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
「九条の会すずか」がお届けする、手作りの「平和のメッセージ展」、過去2年間はコロナ禍にあって残念ながら見送りとなりました。5回目となる開催ですが、折しも2月24日に始まった、ロシアによるウクライナ侵攻は、世界中から批判を浴び、「ウクライナに平和を」の声があがっています。
 石垣りんさんのことば「戦争の記憶が遠ざかるとき戦争がまた私たちに近づく」はこれまでになく胸に響きます。このメッセージ展は、戦争の記録と記憶を確かめ合い、平和な暮らしのすばらしさと大切さを学ぶ場なのですが、私たちは今TVや新聞で実際の爆撃の恐ろしさ、現実に苦しむ人々を目にする「戦争の時代」に生きています。平和の大切さは戦争を体験して学ぶものではない、想像力で学ぶべきものです。あらためてみなさんと平和への願いを共有し、平和を創り出すには何ができるかを考えたいと思います。ご来場お待ちしています。

平和ののメッセージ展2022c




suzuka_9jyou at 20:47|PermalinkComments(2)

2022年07月17日

7/24 夏休みこども映画会

九条の会すずか第44回学習会
夏休みこども映画会
長編アニメーション映画「猫は生きている」

7月24日(日)10時開会/11時半閉会予定
ジェフリーすずかホール
入場無料/カンパ要請有

 物語は戦争中の東京。昌男の家の縁の下に住みついたのら猫の稲妻が4匹の子猫を生みました。母猫の稲妻が必死で子育てをしていたある晩、B29が超低空飛行で焼夷弾を落とします。東京大空襲です。昌男はお母さんと妹光代、幼いチイちゃんの4人で、稲妻はじゅんぐりにシッポをくわえさせてつながった4匹の子猫たちと、どちらもはぐれないよう、必死で空襲の中を逃げます。
 原作は、今年5月90歳で亡くなった早乙女勝元さん。死者10万人以上、被災者100万人を超えた、この1945年3月10日の東京大空襲の「炎の夜」を、12歳の早乙女さんは体験しました。以後その体験をもとに本や絵本を通して、戦争と平和について語り続けたのです。「知っているなら伝えよう。知らないなら学ぼう」と呼びかけながら。そしてこう語ります「学校では戦争に勝つか一億玉砕だと教えられていたから、負けても生き残れるということを初めて知った。それは私にとって衝撃でした」。

九条の会すずか第44回学習会2022-7c



suzuka_9jyou at 17:30|PermalinkComments(0)

2022年04月16日

第18回総会 報告と感想文



 ウクライナ侵攻以来「9条で国は守れるのか」「武力には武力で」の言動が勢いを増しています。
 しかし、今回明らかになったのは「軍事力と軍事同盟の強化は、軍事対決・挑発を過激化させ、国際社会を分断させるだけで、平和の実現に寄与するどころか戦争と武力行使に帰結する」という事実にほかなりません。
 9条を持つ日本の責務は武力に寄らず紛争を解決する枠組み作りを国際社会に働きかけることです。私たちは改憲による9条破壊を許してはなりません。とは言え、多くの人々にこの思いが共有されてはいない現状で、9条の発想、力を語り広げることは急務です。
 9条の意義と改憲の脅威をしっかり学び、説得力ある話し合いができるように努力することが私たちの課題です。今こそ9条、九条の会の正念場です。
 2年前に逝去された森英樹さんの最後の講演をDVD視聴しました。
お元気な姿をスクリーンに拝見して、いつものダジャレを聞いて、少しも古びていないお話を聞くことができました。これが最後というのが何とも残念です。

■会場のみなさんからの感想です。
〃法を知らない大人が多い。もっと勉強する機会が必要。今日のDVDを借りることができますか?(70・女性)
∈こそ9条の大切さをアピールしよう。核の議論など必要なし。(70・女性)
F本国は第2次世界大戦の反省を国家として行っていない。現在、戦争被害に対する賠償責任の運動が行われているが、国家として弁償させることが具体的な反省になると思う。戦争体験者がなくなってしまうまでに(あと数年間)この運動を支援することが必要である。この運動を残すことも戦争する国への歩みを止める力になると思う。
だい涼罎領れが目まぐるしく変化し、コロナ禍後の生活がどうなるのか予想できず、不安を感じています。改憲派の人々は憲法改変を煽り、国民を不安に陥れている。権力を握ったら憲法を無視してよいのか。歴代の自民党政権・自公政権の暴走、国会の私物化、民主主義を蹂躙する政治にうんざりする。専守防衛は国是だが、安倍元首相や維新の会は先制攻撃、敵基地攻撃能力、核共有を主張、どうして戦争を志向するのか。
*国連憲章の旧敵国条項*はまだ外されていないのではないか。(注:第2次大戦の連合国の敵国条項該当国が起こした紛争に対しては自由に軍事制裁することが可能とするもの)あったことをなかったことに、あいまいなままにことをすますのがこの国の政治だ.(60・チラシ)
タ浩萓犬侶法に関する問題提起はいつも新鮮で的確ですね。このDVDを何回も見て緩む気持ちを引き締めないといけないなと思いました。ロシアのウクライナ侵攻で「日本も軍備を」という声が大きく「9条を守ろう」という声をあげるのがつらい気分になっていました。みなさんの顔を見て森さんの話を聞いて少し元気になったかな。ありがとうございました。(70・女性)
Α終戦記念日と敗戦記念日の使い方。●労働組合の役割(労働者の生活向上が平和活動に。ブラック企業が目立つ現状。軍需産業ってブラック企業でもある)●真珠湾攻撃から反省までがクローズアップされるが、それを含めた15年戦争という位置づけ、認識が必要。●ロシアのウクライナ侵攻が満州事変から日中戦争への流れと同じなのが認識される。そうすれば「アメリカ悪い」「ウクライナ悪い」っていう頓珍漢なネトウヨ主義はなりをひそめざるをえなくなる。9条を守るのはこういうことも大事かと思います。(40・チラシ)
Ю府が巧妙に憲法を変えようとする今後の言動を注視しなければいけないなと思いました。日本の誇る憲法九条は絶対守っていかなければいけないと改めて思いました。(70・女性・チラシ)
┸恒兌さんのDVD講演、面白く(興味深く)視聴しました。最後のくだりで語られた「戦後」に対する考え方、ドイツとの比較などとても重要なことだと思いました。田中角栄元首相が「戦争を知っている人間が社会の中核である限り、日本は安全だ」と言ったそうですが、まさに然り。その重要な人間がどんどん亡くなっていくのは大変だ。(70・男性)
あきれた安倍元首相!ウクライナ問題に乗じて「核共有」を言い出した。愚かな首相は国民の命を脅かす。

2022年4月10日(日)第18回総会/参加者29名(非会員3名を含む)/会場カンパ 9300円/ウクライナ支援カンパ 7300円/書籍売り上げ 3300円/9条せんべい売り上げ 16650円/
ご協力ありがとうござました。総会は議案は全て承認されました。
今年度こそ定例行事を憂いなく実施したいものです。

※総会終了後、近くの交差点で20分間のスタンディング。
20名で「ウクライナに平和を!」「戦争する国づくりゴメン!」をアピールしました。
aIMG-8690



suzuka_9jyou at 08:48|PermalinkComments(0)

2022年04月06日

森英樹さんの最後の講演で学ぶ

九条の会すずか 総会と講演

どうなる憲法、どうする憲法
森英樹さんの最後の講演で学ぶ DVD視聴


日時:4月10日(日)13時30分開会,16時閉会
会場:ジェフリーすずか 3階ホール
入場無料、カンパ要請有


 2020年4月26日、78歳で逝去された森英樹名大名誉教授には、もっと伺いたいことがたくさんあったのに、との思いが今も消えません。
水島朝穂早大教授によれば、病床の森先生から「緊急事態の新局面(コロナ)と憲法」に関する出版企画の提案があったといいます。3.11の後も「惨事便乗型改憲」を指摘、危惧されていた森先生、ご存命なら、コロナ禍での人権蹂躙と改憲勢力の高まりにどう立ち向かうべきかお話下さったでしょう。
今回の講演DVDは2020年1月19日のものです。開口一番「気候変動と言うには危機的な状況、改憲もへったくれもない、戦争を構えてる場合でもない」とのことばで始まる講演ですが、2年が過ぎた今も、ここで語られる問題は何一つ解明も解決もされてはいません。
九条の会すずか第18回総会c



suzuka_9jyou at 13:04|PermalinkComments(0)

2022年02月09日

2月20日(日)予定の学習会は中止します。



2月20日(日)ジェフリーすずかで予定していました学習会は、
コロナ感染まん延防止のため中止します。
44回学習会中止



suzuka_9jyou at 18:54|PermalinkComments(0)

2021年08月17日

8/19〜「平和のメッセージ展2021」は中止します。

8月19日(木)〜22日(日)に鈴鹿市立図書館で開催予定の「平和のメッセージ展2021」は、コロナ感染拡大のため中止します。
2年連続の中止となりますが、反戦・平和への思いは休むことなく持ち続けたいと思います。

平和ののメッセージ展2021中止



suzuka_9jyou at 08:17|PermalinkComments(0)

2021年04月29日

第17回総会 報告

第17回総会を4月24日に開催しました。

 コロナ感染者が県内でも増加の一途をたどる中、第17回総会が開催されました。昨年は第1回目の緊急事態宣言で総会中止を余儀なくされましたが、その後自粛自粛で不自由な日々を過ごした今も、状況は1年前と全く変わっていないことに唖然とする思いです。
 台湾、ニュージーランドなどしっかりした初期対応で、ウィルスの入国を許さなかった国々と同様、日本も島国ですが、為政者の質が大きく違いました。また、再三のロックダウンとワクチン接種が功を奏して、コロナゼロを目標にするレベルに達している英国や米国と違って、日本では入院拒否などへの罰則を科す特別措置法改正までしながら、対策は後手後手、今後の目標すら明確になっていません。
 菅政権は、その無為無策に加え、第3波に合わせてGOTO キャンペーン、第4波の今は聖火リレーを強行する始末。PCR検査は最小限、医療体制の充実もワクチン確保も危うい不作為は、国内の死亡者が1万人に迫る今に至っても変わりません。
 日本学術会議で任命拒否にあった立命館大学大学院の松宮教授は、「後手に回る政府のコロナ対策と学術会議任命拒否問題に通底するのは、専門家軽視の姿勢」といいます。「菅政権は専門家の意見を正面から聞かない。きちんと聞いて考え、有効な政策を打てていたら状況は違ったはず」。耳の痛い話は無視し、追及されれば平気で嘘をつき、挙句の果てには強権を振りかざす、それがこの政権です。
 そして安倍元首相が自民党改憲推進本部最高顧問に喜んで(!)就任したとのニュースが流れたばかりですが、先に始まった憲法審査会で、自民党は「国民投票法改正案」を連休明けにも採決する意向だとのこと、広告規制など問題の多い改正案を急ぐ自民には改憲への道筋を急ぐ思惑がありそうです。今後の動きに注意が必要です。
 さて、この総会はコロナの不安もあって、講師を招いての記念講演なしの開催としました。そして「9条の会なのだから、議案書が憲法の学びに役立つようにしたいものだ」という世話人からの提言に従い、議案書に参考にするべき憲法の条文を記しました。また自前(!)の憲法学者 近藤由美さんにお願いして『憲法は私たちが幸せになるためのドラえもんのポッケ』というお話をしていただきました。32名の参加者のみなさんからは多くの意見や感想が出され、改めて憲法を考え、学び、その知恵を身に着けるという有意義な時間となりました。そしてたくさんのカンパを頂戴しました。どうもありがとうございました。
 議案は全て承認されました。以下、学習会について報告します。

●『憲法は私たちが幸せになるためのドラえもんのポッケ』 近藤由美さん
 1945年7月敗戦間近の鈴鹿市算所の空襲で父は家族の多くを失い14歳で戦争孤児となったが、父から詳しい話を聞くことはなかったという近藤さん。憲法の前文に心を打たれて憲法を学ぶために大学に進学した、筋金入りの憲法学者です。
 先ず憲法とはそれ自体が貴いのではなく、大事なものを守るための道具です。
 便利なドラえもんのポッケには、何が入っておりそれをどう使うかを知らないとダメだし、これを自分の利益だけのために使ってもダメです。
 前文第1段最後で、憲法は言います。「我らはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」。つまり憲法はもっと大事なものを守るための道具、というわけですが、それは何でしょう?それは3つの基本原則々駝閏膰↓∧刃村腟銑4靄榲人権です。そして´△廊人権を守るための手だてに過ぎないということができます。個人がその人らしくあり、尊重される、これがすべての人権の根本ですが、具体的には14条以下に例示されています。
 18世紀末のアメリカやフランスの憲法にすでにあった自由権の他に、20世紀に現れた社会権も含めて、多くの人権のカタログを備えていますが、これらはそれまで国家権力によって蹂躙されがちであった人権の数々なのです。
 70年以上前に現在の社会状況を想像するのは難しかったでしょうが、そこに例示されていない人権も、人権根拠条文としての13条が保証しています。
 時代の変化に応じた新しい人権が確立するのは、多くの人々の「そやな」の声、個人の願いを共通の要求として運動が展開され、世論が人権を作り上げていくのです。敗戦直後の制定当時は絵に描いた餅でしかなかったものも、生活レベルの向上に伴って変化しました。
 それは朝日訴訟・堀木訴訟など闘いを経ての変化です。今、生活保護家庭にクーラーがないのは人権侵害だと誰もが思うように、どんな人がどんなことで困っているのか、みんなが考え世論を作り上げ、憲法の解釈を変えて人権を豊かにしていく、それがより良い社会を作るために必要です。他人のことを他人事として見過ごせば、憲法を武器として戦うことができません。
 そんな人権にも制限規定があります。13条にある「公共の福祉に反しない限り」は誤解されやすいのですが、「公共の福祉」とは社会や国家の利益でもなければ、人権の上にある公の価値などはありません。人権より大事なものはないのです。同時にすべての人がそれを持っている以上、他人の人権を押しのけてまで行使することができないのは自明です。個人の人権と個人の人権が衝突、矛盾する時、個人の人権をどこまで制限することが許されるのか、という調整の原理、それが「公共の福祉」なのです。
 国家の不当な介入を排除するのも、国家に○○しろと要求するのも自由権を根拠にしています。みんなが幸せになるためにドラえもんのポッケをよく知ることです。

●会場からのみなさんの声を紹介します。
13条のような人権条項、中国やアメリカにもあるのか?→日本の条項が参考としたのがフランスの人権宣言でありアメリカの独立宣言。中国については不明。(注;ネットによると中国は2004年全人代で「国家は人権を尊重、保障する」を憲法に書き入れたとある)

25条に因み、安心した生活には国際関係も重要では?→前文にあるように「いづれの国家も自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」としているし、人権規定は日本国民のみに適用されるものではない。

7法には国民が守られるべきとの条文が多いが、国民が守るべき義務が少ないのでは?→立憲主義の流れで成立した憲法は、そもそも国家権力制限が基本で、国民を縛るものではないから当然。とは言え12条にあるように「不断の努力で保持すべき、濫用すべきではない」としている。

そ蕕瓩篤本国憲法を読んだとき、前文に心打たれた。天皇の詔勅がなくなり自分たちが主人公!と感動。「福利は国民がこれを享受する」にはしびれた。

シ法は本当に役に立つ。「年金減らすな」の裁判の根拠は13条、25条、これに29条財産権を加えて闘ったが、名古屋地裁では棄却。

η金者組合執行委では憲法の学習を5年続けてきた。自民党の改憲草案と対応するとよくわかる。改憲案では前文削除、すなわち理念を完全否定ということだ。公共という言葉が公益に代わり、権利も公益の許す範囲。年金裁判では、裁判長は年金制度維持のため減額やむなし、と政府の代弁者。政権の日米同盟強化は憲法違反。国民の権利でなく国益しか考えていない。

25条の「最低限度の生活」の文言を「最低の生活」と読解する、困った行政。生活保護の利用率が、鈴鹿市は近隣の市の半分で17%。就学援助は、教員の助言もあってぐんと増える。「最低限度」は「これ以下はダメ」と読むべき。

13条「公共の福祉」にひっかかり。学校の校則には人権侵害と思われるもの多いのでは?→確かに服装・頭髪検査など問題あると感じつつ実施している。弁解がましいが、生徒の校外における評価(「○○高の生徒は金髪で〜」)が一般化されることを危惧する教員の意識もある。

憲法に記される数少ない義務の「勤労・納税」、これによる国民いじめが許される。
市民の現実を見ていない裁判官が多い。市民感覚を取り入れるための裁判員制度も裁判官3人の反対では通らない。弁護士経験者を裁判官にというルートが求められる。

憲法の上に安保条約があるという現実。何かにつけ米国優先。

生活保護受給者に対して「我々の税金で食ってるんだからおとなしく言うことを聞け」といった声がある。権利だから遠慮するなと言いたいが、施し意識はなかなか払拭されない。

伯父の戦病死という体験から戦争放棄への思い強い。

「多年にわたる自由獲得の努力の成果」「過去幾多の試練に堪え」という97条、「最高法規」とした98条を大事にしたい。安倍元首相の99条違反は大変危険。

初めて前文の「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないよう」に出会ったとき、感動した。我々国民はしっかり見守っていかねばならないと思う。

圧’修靴討い覆ず嚢盧杠枷輯厩駝運該困任郎嚢盧曚呂茲ならない。弁護士経験者を判事にすることを法制化するべき。

86才。新制中学で「新しい憲法のはなし」をもらい「戦争放棄」に感動し、「男女同権」に衝撃を受けた。あの喜びは忘れられない。

殴灰好織螢の違憲訴訟を思い出した。子供も憲法の冊子を持っている。最高裁の第4法廷、憲法小法廷に、遊び場が奪われたと言って提訴する。かくありたい。
九条の会すずか第17回総会2021-4案内チラシ



suzuka_9jyou at 11:03|PermalinkComments(0)学習会・行事報告