2007年05月05日

鈴鹿市議会議員 名簿

おはようございます、やの仁志です。
市の議会ホームページに新しい議員の一覧が公開されていました。
この場にも転載させていただこうと思います。

それと共に新会派のメンバーなども追加されています。
私の所属する「あくてぃぶ21」は野間さん、青木さん、私の3名だったのが4名増えて7名となります。
鈴鹿市議会における最大会派です。議会は多数決で評決を取るため「数」の面では大変有利なものになるのではないでしょうか。

◆鈴鹿市議会会派等構成員一覧◆

あくてぃぶ21
◎野間芳実
○青木啓文
 伊藤健司
 竹口眞睦
 矢野仁志
 森田治已
 森 喜代造

政友会
◎大杉吉包
 水谷 進
 市川哲夫
 鈴木義夫
 今井俊郎

すずか倶楽部
◎後藤光雄
 中西大輔
 原田勝二
 南条雄士

市政研究会
◎森 義明
 市川義高
 大西克美

公明党
◎伊藤寿一
 森 しず子
 池上茂樹

緑風会
◎彦坂公之
 小島巧也
 薮田啓介

新政会
◎佐久間浩治
 中村 浩
 大谷 徹

諸派(日本共産党)
◎石田秀三
 森川ヤスエ    

諸派(無所属クラブ)
◎板倉 操
 杉本信之    


◎は代表者(交渉委員)
○は交渉委員
(平成19年5月1日現在)
※敬称略
※鈴鹿市議会ホームページより転載
http://www.city.suzuka.mie.jp/gikai/

suzuka_yano at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月04日

鈴鹿検定

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。

今日は「鈴鹿検定」について書きたいと思います。
私が選挙期間中に「選挙公約」ではなく「マニフェスト」として実現する!
と言っていたことの一つです。

私は「鈴鹿」が大好きです。自慢できる町だと思っています。
私はアメリカに留学していたことがありますが、いつだって忘れたことはありませんでした。
以前ある現役の大学生の子が、
「やっぱりどこにいっても地元が一番落ち着く。なんか安らぎがあるっていうか。」という話を私にしてくれました。そして、
「鈴鹿っていえばサーキットやん?でもサーキットが三重県鈴鹿市にあるってあんま知らへんのさ。」とも言ってくれました。

地元に誇りを持てる子どもたちを育てたい。
地元のことで何か一つぐらい自慢できることがあっても良いじゃないか。
そう思っています。地元には様々な昔話もあります。そして古墳もあります。
そういった「郷土愛」を身につけていくことが必要なのではないでしょうか。
どこか違う都道府県や海外に出て行った時に「鈴鹿ってこんな町なんさ!」と言ってもらいたいものです。東国原宮崎県知事が「宮崎のセールスマン」と言っていますが、私は鈴鹿市民一人一人が「鈴鹿の広告塔」になってもらいたいと思っています。

そういった意味で「鈴鹿検定」を是非やりたいと考えています。
あまり上手に説明できなくて申し訳ありません。後日修正しようと思います。


suzuka_yano at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月03日

美しい日本語

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
GWも折り返し地点にきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
私は特にこれといった所に出かけることもなく鈴鹿で過ごしています。

さてタイトルですが「美しい日本語」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
「丁寧な言葉」や「標準語」「アナウンサーの言葉」などいろいろあるかと思います。反対に今の日本社会では「ムカツク」「ウザイ」「キモイ」といった言葉が反乱していたりもします。
そういった「汚い日本語」を結果的になくす(減らす?)ための教育をしていこうといった取り組みが東京都世田谷区で行われています。

際の状況などでは独自教科書を用いて総合の授業の一部を使い「平家物語」などの古文・漢文に取り組んでいるようです。

確かに子どもの時に覚えたものって忘れにくいですね。
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり・・・」や百人一種などは今でもすらすらは無理ですが思い出すと出てきます(時間がかかりますが・・・)

そして思うのが先ほど書いた「ウザイ」などの言葉が本当の言葉(正しい日本語)として子どもたちが使っていることをどうにかしないといけないのです。
本来の日本語を知った上で違う言葉を知ることは一つです。そして自らがどちらが正しい(良い)のかを判断して使うための「土台」を気づいていく必要があります。
これらを本来は学校でするのではなく「家庭」で行うことが一番重要なのではないかと私は思っています。教育はまず家庭からではないでしょうか。

話は戻りますが、私はこれに少しアレンジを加えて「郷土史」などを取り混ぜていけばもっと良いものになるのではないかと考えています。特に鈴鹿市には様々な著名人がいます。そういった人たちのことを勉強していくのもおもしろいのではないでしょうか。

佐々木信綱宣佐佐木信綱先生の「野の花」という歌を聞くと昔に戻ったような気持ちになります。これは唱歌として小学校の教科書に今ものっているのではないでしょうか。
また幼稚園によっては授業中に歌っているところもあるようです。


こういった地域の郷土などを盛り込んで「自慢できる町作り」の一環として私は「鈴鹿検定」を実施したいと考えています。今年中に方向性を示せるかと思いますので、ぜひアドバイスなどありましたら、よろしくお願いいたします。

明日は「鈴鹿検定」について書こうと思っています。

※政府の構造改革特区の申請を受けているため簡単に本市で始めることができない点に注意が必要です。

※「佐々木信綱」の部分を「佐々木信綱宣」としておりました。
訂正させていただきます。また指摘していただいたターキーさんありがとうございます。続きを読む

suzuka_yano at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月28日

鈴鹿市議会議員選挙

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
鈴鹿市議会議員選挙も無事に終了しました。
私も皆様のおかげで何とか当選をさせていただきました。
本当にありがとうございました。

今回の選挙の結果を踏まえて私は喜び以上に反省しています。
選挙結果を見ていただくとおわかりになると思いますが私は最下位当選です。
前回も同様の結果でした。この結果を様々な方に指摘されました。
反対に「トップも最後も当選は当選」と言われる方もみえますが、私の力不足です。

議員は選挙で受かってはじめて「議員」です。
今後blogやインターネットを積極的に活用していこうと考えています。

ご要望や意見などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

suzuka_yano at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月03日

市税の納入方法

おはようございます。やの仁志です。
県議会選挙も今週が投票日です。それが終わると・・・本当に早いです。

さてタイトルを見られた方は「?」と思われるかもしません。
あくまでも私の考えなのですが「市税」の納入に多種多様な方法を取り入れてはどうかと考えています。

一部市町村(一部県などでも)では、従来の銀行による収納方法以外に「コンビニ支払い」やクレジットカード払いなどの方法を採用しているところも増えてきました。
ただこれはごく一部の話であり、残念ながら三重県内ではあまり普及していない状態です。

ただ三重県でも度会郡玉城町では全国適にも珍しいほぼすべての公金をクレジットカードで支払うことが可能になりました。

クレジットカードも現金で払うのと同じじゃないの?
と思われるかたも多いと思います。確かに支払いを先送りするだけで支払いは同じです。
ただ、クレジットカード会社の多くが導入している「ポイント」が大きく影響してきます。今までは支払う「手間」はあっても、その行為に対するメリット(利用者に対して直接的な)はありませんでした。それに対してポイントが給付されることにより利用者の支払う楽しみが増加するのではないでしょうか。また、収納を委託する側の行政も今までのように口座に金額がないので引き落とすことができない。といった問題も回避することが可能です。クレジット会社などが肩代わりする形になるからです。

この制度の導入は利用者に対するメリットはかなり大きいのも事実です。
しかし、行政にとって問題もあります。従来の収納方法を取っていたときよりも手数料が増加する可能性があるからです。ただ交渉によってこのあたりはある程度まで下げることは可能なようです。詳しくしらべてまだ書きたいと思います。

※納税などは義務ですので誤解のないようにお願いいたします。

参考資料:
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2007020185.htm

suzuka_yano at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月14日

会派について


こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
メールにて「会派って何ですか?」というメールをいただきました。
ここで簡単に書かせていただこうと思います。

鈴鹿市議会にはいくつかの会派があります。
私の所属する「あくてぃぶ21」もその一つです。

・あくてぃぶ21
・すずか倶楽部
・緑風会
・市政研究会
・市政同志会
・政友会
・新政会
・公明党
・諸派(日本共産党)

となっています。
全部で9団体になります。

こうやってみると多いですね・・・だいたい各会派は3名程度となっています。
このほかに「無所属」の議員も数名います。

このような会派は基本的に「同じ志」を持った者の集まりです。
同じ志を持つ者同士が同じベクトルに向かって議論をし、より良い市政を作っていこうとするものです。

こんな意味が入っています。
本当はもっと書きたいこともありますが今日はここまでにしておきます。

suzuka_yano at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月13日

ありがとう


こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
今期最後の鈴鹿市議会一般質問も無事に終わりました。
傍聴に駆けつけてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

さて、朝から箕田駅周辺や大木歯科さんとスズカテックさんの間に立たせていただいています。
まだまだ寒い日ですが「おはよう」とみなさんに声をかけていただくと「頑張ろう!」という思いが大変強くなってきます。


suzuka_yano at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月06日

議会日程

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
さて、3月7日から議会がはじまります。今期最後の議会です。

お時間がありましたら、是非一度お越しいただければと思います。
簡単に日程を紹介させていただきます。

本会議(一般質問) 3月 7日(水) 10:00〜 議場 53席(車椅子席含む)
本会議(一般質問) 3月 8日(木) 10:00〜 議場 53席(車椅子席含む)
本会議(一般質問) 3月 9日(金) 10:00〜 議場 53席(車椅子席含む)
議会運営委員会 3月12日(月) 10:00〜 第1委員会室 10席
本会議(質疑) 3月13日(火) 10:00〜 議場 53席(車椅子席含む)
文教福祉委員会 3月14日(水) 10:00〜 第1委員会室 10席
建設水道委員会 3月14日(水) 10:00〜 第2委員会室 10席
総務委員会 3月16日(金) 10:00〜 第1委員会室 10席
生活産業委員会 3月16日(金) 10:00〜 第2委員会室 10席
議会運営委員会 3月20日(火) 13:30〜 第1委員会室 10席
定例会(閉会) 3月22日(木) 10:00〜 議場 53席(車椅子席含む)

となっています。
またCNSでも中継があります。併せてご覧ください。
やの仁志は7日一般質問を行います。

鈴鹿市議会(平成19年2月〜3月開催予定の会議)
http://city.suzuka.mie.jp/gikai/html/index2.html

suzuka_yano at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!議会報告 

2007年02月27日

鈴鹿市の政治

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
暖かい日が続いていましたが、最近少し寒くなってしまいました。
身体には気をつけてください。

さて「鈴鹿市の政治」という少し難しいタイトルで書いてみようと思います。
何を書くのか…

実は明日「市長・市議会議員選挙立候補予定者説明会」が行われます。
場所はジェフリー鈴鹿で2月27日(火)14時から行われます。

この場で「誰が立候補するのか」というのがある程度決まってきます。
現段階での「噂」が本当になるのか、間違いだったのかがわかる日でもあります。

議員という者は4年ごとに選挙で市民に選ばれます。
新しく立候補する議員は今後の政策を武器に、2期・3期を目指す者にとっては今までの行いを評価してもらうと同時に、今後の政策を示す場でもあります。

そういった意味からももっと議会は開かれたものである必用があると私は思っています。
そのキッカケとして「市議会」の傍聴に来られてはいかがでしょうか?

「議員ってなんぞや?何をしとんのや?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。
そんな議員の活動で一番の表舞台である「議会」を是非ご覧いただければと思います。

そして皆さんの疑問を気軽に私にぶつけてください。
たくさん議論をして「鈴鹿」を一緒に作っていきましょう!!


suzuka_yano at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月19日

Blogの難しさ

こんばんは、やの仁志(矢野仁志)です。
更新の間隔があいてしまいました。申し訳ありません。

blogは基本的に個々のペースで書くものですが、やはり続けることに意義がありますね。
ただ「更新」を続けるのも難しかったりします。

これからは更新を続けるようにしたいと思います。

今、議員などをしている人々の多くにblogやHPをされている方々がみえます。
自らが管理、後援会が管理、業者が管理など様々な形態があると思います。
どの方式にもメリット・デメリットがあります。これをうまく使い分ける必用があります。

blogの更新などを携帯電話からされている方も多いようですが、歳を取ると携帯電話の小さな画面を見るのが大変辛くなってきます。文字を打つとなると、本当に苦労するものです。

やはり、紙にエンピツという従来のスタイルが未だに私にあってるように思えます。



suzuka_yano at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!