美森すずか のらくら紀行ブログ

ロータスグループ所属の美森すずか が鉄道を中心とした旅を写真と共に書き綴る紀行ブログです。

東武亀戸線の旅 ~小村井駅編~


SDIM0060




小型な東武鉄道8000系は都内を走るにはまったり過ぎるほどの空気感を醸し出している。

この8000系は、1963年に製造され もうすぐ60年選手にもなる。改良を重ねられも尚活躍する車両は私鉄の103系と評されていたりもする歴史のある鉄道だ。
その車体の小ささゆえに整備が追い付いておらず、塗装の剥がれ落ちや錆が目についたり 元々備わっているのが簡易な走行装置なので、ブレーキ機能上昇のために独特な匂い「東武臭」などが出現するので欠点も多い。

しかし、色落ちと無縁の最新設備を積んだステンレス車体が増えていく中で やはり8000系は貴重な存在であり、その劣る点すら可愛らしく見えてしまうものだ。
どうもこの鉄道が東武亀戸線を走る事は必然であったくらいマッチした ホームに停車している光景を惚れ惚れと眺めていた。



乗車時間わずか4分。
筆者は、小村井駅で下車した。
町工場がいくつか建っているのみの何の変哲も無い住宅街だが 亀戸だけのカメの形をした美味しいパン屋があるという風の噂で耳にしたのでせっかくなので探索に行くことにする。
駅を降りると 店らしいものはなく、国道の大きい通りに踏切がただただ鳴り響いているのみである。
どこか不思議とノスタルジーな気持ちになるのなぜだろう。

道なりを数分歩いても たまに小さな飲食店がちらつくのみでそれらしい店は一向に見つからない。
逆の道に行ってみたり、地図標識を眺めてみたりもするがたどり着かない。
さて、、、どうするか。
迷っている間に遭遇した警官に道を聞いてみようかとも試みるが、彼はキリっとした表情で交通違反を取り締まるのに必死そうだ。うん、、、とてもではないがチキンの筆者には到底尋ねられる訳がない。
あまり旅で電子機器の力を借りるのは気が引けるが  今回は警官の顔が怖かったのだから例外だ、、、。


スマホの地図を確認すると、途中で路地裏に入るらしい。どおりで道なりを歩き続けても着かないわけだ。
説明されるとおりの道を行き、角を曲がると小さな商店街が現れる。
整骨院や美容室などがぽつぽつと静かに並でいる中に 一軒だけ店の前にちょっとした女性の人だかりが出来た場所があった。
真上の看板を見上げると「かめパン」と木地に大きく太字でハッキリと書いてある。


SDIM0050



店内に入ると色とりどりに並べられたパンから香ばしい匂いがふんわりと漂う。
名物はかめパンだが、地元の主婦や子供たちが喜ぶようなラインナップがズラリと陳列されている様だ。
クリームパンやチョココロネ。チーズを使った創作系があると思えば、逆にあんぱんマンの形をしたパンがあったり。バライティに含んだ内容で見ているだけでも飽きが来ない。
店内の奥に進んでいくと 噂の大ボスの「かめパン」のご登場だ。
一つ一つ表情が違うという手作り感満載の外見に思わず胸を高鳴らせ トレーに入れてしまう。
筆者はその他にも、あんぱんマンパンとチョココロネを乗せレジに向かった。先に言っておくが甘党かよ というツッコミはご遠慮願いたい。。。



さて、どこで食べるかが問題なのだが 辺りを見渡しても公園らしい場所も無く、とりあえず再び亀戸線に乗り北千住へと出た。
北千住の駅は、北口改札を出ると大きな歩道橋があり そこには椅子が数個並んでいるのだ。
本日は、気温も春並みと温かいので 日に当たりながらのんびりと頂くことにする。



SDIM0063



あまりにもキュートな外見にかじるのを少々躊躇ってしまうが、、、、、パクリ。

かめパンは、ミニメロンパンの様な味だ。サクサクとした触感のなかにも ふわふわとした生地が心地いい。
他のチョココロネとアンパンまんパンも濃厚なチョコレイトが懐かしさを引き出す味となっている。
どれも子供の時に母親に連れられて行った近所のパン屋さんといった感じである。


一口食べるごとに、春の風にあたりながら 決してお金はかかっていないが贅沢な癒しの時を過ごした。

東武亀戸線の旅 ~亀戸駅編~

image








普段見慣れた景色でもカメラを構えれば一変。
いつもと違った景色に見えるので 近場の街歩きスナップはオススメしたい。

ファインダーを覗くだけで、何か目に見えているものから特別な場面を切り取ろうとする。
発見したいという思いが向上すれば 今度は、カメラを持ち歩かなくとも自然と細かく街を見渡すようになる。
中々面白いので いつも家でボーっとするのが日課の方には、良い刺激となるだろう、、、、、まぁ筆者のことなのだが。。。。


今回、旅に選んだのは 東武亀戸線である。
亀戸線は、都内を走るJRグループの路線なのだが 2両編成なうえ停車駅がわずか5駅ほどしかないというローカル色が非常に強い鉄道となっている。
その利用者はほとんどが地元民を指してもおかしくなく、ラッシュ時間以外は乗客も少なくマッタリと楽しめることが出来る。







image








よく晴れた気候も春に近い麗らかな日。まず、亀戸駅から降りて周囲を散策してみる。
商店街が立ち並び 散歩をしているだけでも目移りしてしまうが、まだ朝も早いからか営業している店もまばらだ。
上を見上げてみると ふと「梅まつり」と書いてある旗がズラーっと飾られており そこで始めてそういう季節なったのだと認識した。
もしかして、この旗を辿って行けば ここらで一番名の知れた神社、亀戸天神に着くかもしれない。
早速、「梅まつり」を頼りに目的地を目指す。







image









image








てくてくと程なくし10分ほど歩くと、鳥居が姿を現した。
参道にはレトロな雰囲気の店が何軒かあるが いずれにせよ、どこもシッターは閉じたままである。
はて、、亀戸天神とは こんなに静かなものなのだろううか。
首を傾けながら 鳥居の横の看板に目をやってみる。
 

「亀戸香取神社」


、、、、旗につられて完全に間違えていた。

当然、梅なども咲いている訳もなく 中は静けさに満ちている。
さすがに、せっかく来たのだから何もせず引き返す訳にもいかず 神様へ挨拶という事で参拝させて貰った。
手を合わせた後、わきに並んで仏像が二体立っていた。
なんとなく近くに寄り見に行ってみると なんとその頭上に少量ながら 梅が咲いていたのだ。



image





きっと神様が「よく来たね」と意味を込めて 梅を見せて下さったのではないかと、勝手だがありがたい気持ちになり 木を守る様に立っている仏像にも合掌し、神社を後にした。




参道の終わりの角を曲がると すぐに「いちご大福」と大きく書かれた店があった。
これも長度季節もであるが、いちご大福なんて 日ごろ頻繁に口にするものでは無いし、店構えと縁起の良さに惹かれて たまらず即決で購入することに。
ショーケースを改めてじっくり眺めてみると 色んな種類の大福をはじめ、どら焼きや芋羊羹なども作っているそうだ。
たまらず 白い生地に黒々とした立派な豆が入った豆大福もお買い上げ。



しかし、時計に目を移せば まだ昼前なのである。

すぐさまその場で かぶりつきたい衝動を抑えながら 昼食と一緒に食べれる場所を探しに本来の目的である、亀戸駅へ足を向けた。

陸羽東線 ~鳴子温泉駅編~


P1020890


旅をする上で最も大事なことは、機転である。

日本の鉄道は大体時間通りに運行をするという素晴らしいものであるが、それが決して動いているとは限らないという事もある。特に真冬の雪が積もった東北では特に。



今回の旅の目的では、震災が起こった地を訪れる事であったが、それと同時に三陸鉄道が一昨年の春に全線開通というニュースを受けて乗ってみたいという思いがあった。小本―田野畑間は駅や高架橋が流失し、工事に時間がかかったという事もあり、まだまだ復旧は遠いものだと思っていたが こんなに早く運行が可能になるとは。
多くの方がご存知である「あまちゃん」のブームが少し落ち着いたこともあり、タイミングを計って旅を計画した。


しかし、プラン通りにいかないのが旅なのである。
遠野から似内駅で乗換えをし、東北線経由で盛岡まで来たがいいが 三陸鉄道北リアス線まで繋ぐ山田線が途中までしか走れないというアナウンスが構内に響いたのだ。
まさか、、と多大なる絶望感に襲われるが 八戸から回って当初の目的地を目指すとしても途中下車する時間は残されていない。これでは、鉄道にただ乗るだけの旅になってしまうので なんの思い出にもならないだろう。




とにかく呆然と突っ立っていても埒が明かないので、気づいたときには再び東北本線を逆走するような形で電車に乗り込んでいた。
乗客で込み合った車内でノートとペン、時刻表を開き別のルートを模索する。

最初に考えたのは、北上線経由で横手まで出て秋田新幹線で帰るルートだ。
ほっとゆだ駅で下車し温泉を堪能しようという考えであったが 温泉ならその通りに陸羽東線の通称湯けむりラインも存在していることに気づく。
陸羽東線には鳴子温泉駅というコケシで有名な駅があるのだが、のどかな田舎景色に囲まれた北上線と比べ山に囲まれた路線なのである。
そういえば、ここ最近海しか見ていないな という事もあり すぐさま一関経由で小牛田に戻り陸羽東線から新庄出て山形新幹線で帰るルートを叩き出すと どうやらこちらも大丈夫そうだ。


急遽行き先を鳴子温泉駅へと車内で決定した瞬間であった。

P1020876


P1020879


乗り換えが結構あるので辿り着くまでに疲労が増したが、雪に染まった山が現れだすと小麦色一面であった景色も一変迫力を増しテンションが上がるものだ。
やっとの事で鳴子温泉に到着したのは16時過ぎ。空腹と歩きつかれた体を引きずりながら、地元民が通うという古湯へと向かう。古めかしい温泉街には、大体、新湯と古湯があり、どちらも簡単な洗い場があり極度に熱い湯船とぬるま湯が備え付けているだけというシンプルな造りである。
筆者は昔から熱いお湯に浸かることを好んでいたので 迷わず駅からもアクセスがいい古湯を選択したというわけだ。


P1020883




訪れたのは駅から5分ほど歩いた場所にある建っている「滝の湯」。
鳴子温泉街から少し上がったところに温泉神社があり、その下に鳴子温泉のシンボル共同浴場 滝の湯がある。滝の湯のお湯は温泉神社の「ご神湯」を引いているそうだ。
千年以上前の噴火によって温泉が湧出して、これを祀って温泉神社ができ この温泉が滝の湯の起源である。何はともあれご利益を授かりそうなお湯なので これは期待できそうだ。


服を脱ぎ捨てるようにカゴに押し込み 現れた木造の湯船に慎重に足を入れると、熱い湯が体の心まで入ってくるように身を包んでくれた。
思わず歓喜のため息を漏らしながら目を閉じると これまでの疲れがじわーっと流れていくようだ。
白く濁った色と硫黄の臭いから 少しすっぱい様な香りがいかにも温泉に来たという雰囲気にさせてくれる。
利用者も筆者と成人女性の親子しかいないので ゆっくり体を休めることができた。



滝の湯を後にし、温泉街を散策してみると 温泉まんじゅう屋が並でいる中で 一軒こじんまりとしたと店を発見する。中を覗いてみると とてつもない量のみたらしに入った白玉がショーケースに並んでいるのだ。
普通の温泉まんじゅうを食べるだけでは物足りなさを感じ たまらず衝動に駆られ、その気になるみたらし団子を購入してみた。



image



帰りの車内で封を切ると 溢れんばかりのみたらしが姿を現す。
中に埋もれている白玉を救出するだけでも一苦労であり、さらにそこに みたらしを塗りたくって口に頬張ってみる。

モチモチとした白玉の触感もいいのだが 甘いじょっぱいタレがドロっと口内をいっぱいにする。
しかもこのタレがまた 甘すぎなくいくらでも舐められるのだ。
みっともない話だが ここまで美味しいタレに遭遇すると残すわけにもいかず、結局全て付属の箸で舐め切ってしまい みたらし団子を食べたというよりは、みたらしを大いに堪能したしまった。。。


image



もち米に腹を膨らませて苦しく横たわっていると、窓の向こうは雪で美しく化粧下山々が現れる。
外は吹雪に触れて見るからに寒そうなのだが、その広大さに惚れ惚れと見とれていながら 蜜を舐めすぎた苦しみには勝てず 再び横になるのであった。

このページのトップヘ