2007年07月

2007年07月30日

参議院選挙の結果を受けて

 読者の皆さん、ご無沙汰していました。参議院選挙期間中は公職選挙法上の規定への抵触を避けるため更新を一時中断させていただいていましたが、再開させていただきます。

 今回の選挙の結果は非常に厳しいものとなりました。しかしこれはまさに国民の民意の現れですからしっかりと受け止め、今後の国政に反映していかなくてはなりません。と同時に、今回私は神奈川を中心にいろいろな方とお話をし、街頭でも訴えさせていただきましたが、2年前の郵政選挙の時の民意というものも決して完全に失われたわけではないというのも嘘偽りの無い体感であり、これも忘れてはいけないことだと思うのです。

 いろいろな方とお話させていただいて、国民の皆さんは、現実主義的かつ主体的な外交や、「官から民へ」に代表される構造改革路線、新自由主義的な政策というものに対して不信任をしたわけではないと私は感じています。むしろ、政治とカネのスキャンダル等もあって改革路線が後退したように見られてしまった、これらを強力に推し進めるんだという覚悟が明確でないように見られてしまったというところに今回の大敗の原因はあるように思われます。

 選挙期間中毎日のように街中に出ていた私には、民主党の小沢代表が掲げるような旧田中派的なバラマキ体質の旧い土建政治、結果の平等重視の社会主義的な政治に国民の支持がありその結果が今回の選挙結果に繋がったとは到底思えないのです。それよりはむしろ政治とカネや社会保険庁の問題により引き起こされた政治不信がこれまで政権与党の座にあった自民党不信につながり今回の結果になったのだと思います。

 ここを勘違いをして、改革を後退させるような、組織の内輪の論理が優先されるような総括を今回の選挙についてしてしまうわけにはいかないと考えています。そんなことをしたら自民党は永遠に都市部で、いや全国で勝つことは出来なくなってしまうでしょう。

 この国の将来を考えれば何よりも重要なのは一人ひとりが活力を持てるような誰もがチャンスを与えられるような自由な競争社会であるはずです。そのためには構造改革を止めるわけには行かないのです。バラマキの自民党の支持団体だけを見るような政治に戻るわけには行かないのです。民主党がバラマキ路線にある以上、国民の皆さんのもう一つの選択肢、構造改革をやりぬいて活力ある社会を創るという路線の受け皿をなくすわけには行かないのです。

 この点については今後党内でも機会がある毎にきちんと主張していきたいと考えています。自民党のためだけではなく、新しい政治と、日本の未来への責任という意味で。

suzuki_keisuke at 17:35トラックバック(0) 

2007年07月17日

ブログ更新についてのお知らせ

公職選挙法の規定に抵触する可能性があるため参議院選挙投票日までの間、ブログの更新を控えさせていただいております。何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

suzuki_keisuke at 02:24トラックバック(0) 

2007年07月08日

選挙モード

 国会も終わり選挙戦に突入ということで政治の世界は選挙一色になっています。一方で参議院の閉会に伴い数多くの参議院議員の方々が政界を引退ということになりました。それぞれお持ちの識見、想いを政治の場で燃やしきった方、心残りがある方、と各者各様でしょうが、この場を借りてこれまでのご努力に感謝申し上げたいと思います。と同時に、私自身も一期一期の任期で全力投球を常に心がけて行きたいと決意を新たにした次第です。

 たしかに政界は多くの経験をつまれた大先輩が多く、若手ができることには限りがあるのかもしれません。しかしそこであきらめていては自分が政治家である意味はなくなってしまいます。日本の将来を思う気持ちに差はないはずで、そのためにしっかりと思いをぶつけていかなくてはならないのだと私は考えています。

 行政が継続性や安定性、予見性を必要としているのであれば、政治は個性によって貢献する場であるはずです。これまでにないもの、他の人にないものを打ち出していかなくては存在意義がない世界であります。心して自分を磨いていきたいものです。

 さて、国会も終わりまだ数日ですが、私のような若手、かつ比例区の人間はまあ、言ってみれば便利屋ですから参議院の応援であちこちをお邪魔しています。もちろん神奈川では選対のメンバー、かつ県連の中の立場もありますから当然最優先で取り組むわけですが、他にも保坂三蔵参議院議員は開成高校の大先輩、また新潟、兵庫は麻生派の候補予定者ということで出来る限りのことをさせていただきたいと日々動いているところであります。

 加えて、閉会後のわずか数日でも、豪雨の中熊本に応援に入り、その翌日には岩手の三陸に、と党の要請に応じてあちこちに出向いております。微力ながらも全力で29日の投票日まで頑張っていく所存です。そして少しでも結果に貢献すると同時に全国の事情を足を運んでこの目でみることで自分自身のウイングもしっかりと広げていくことができれば、日本のこれからに責任を負う国会議員としてそう考えております。

suzuki_keisuke at 18:32トラックバック(0) 

2007年07月05日

国会閉幕とアメフト・ワールドカップ(@川崎)開幕

 いつの間にか梅雨も明けそうな暑い天気になってきました。さて、そんな暑さの中、あさって7月7日から川崎でアメリカンフットボールのワールドカップが開催されます。

 私も実は大学の一年時に一時期東京大学アメフト部(ウォリアーズ)に在籍してプレーしていたことがあります。一年間しかいませんでした(怪我等もあってその後はボート部に)からやっていたというよりはかじっていたという方がいいかもしれないくらいですが。。。

 アメフトというの一つ一つのプレーは接触が多く激しいスポーツの代表のように見られますが、実はオフェンス、ディフェンス、キッキングとそれぞれの作戦において非常に緻密なアタマと瞬時の判断力が要求されるスポーツだったりもします。また何よりも大事なのが時間のコントロール。せっかくの機会ですから一度観戦に行かれることをおススメします。

 さてさて、時間のコントロールといえば国会運営も法案審議というものを会期をにらみながら進めていくという意味ではアメフト的といえなくもありませんが、その国会も今日で閉会、参議院選挙に本格的に突入というムードです。

 年金問題をはじめとして、いろいろと厳しい面も多い現在の状況ですが、しっかりと反省すべきところは反省をし、日本のこれからをきちんと作っていけるようなビジョンをお示しをして判りやすく的確に説明をするという政治の基本に立ち返って地道に頑張っていきたいと思います。目先の課題も大事ですが日本のこれからに影響を与える選挙のテーマがそれだけでも良いはずはありません。一刻も早く国民の皆さんの不安を解消する道筋をつけて、その上でどのような日本を創っていきたいのか、骨太な議論を時間が許す限りしていきたい、そんな思いで頑張ってまいりますのでよろしくお願いします!
 

suzuki_keisuke at 16:25トラックバック(0) 

2007年07月02日

テロとの戦い

 イギリスがテロリストの攻撃にさらされているようです。おそらくはイギリスの政策を転換させることを狙って政権の交代時期を見定めての攻撃と考えるのが合理的でしょう。テロリストは自らの身勝手な主張の達成のために手段を選ばない究極のエゴイストな訳で、相手のもっとも弱そうなところを突いてくるのが定石です。いったん弱くて力ずくで政策を捻じ曲げられる相手とテロリストに思われてしまったら、おそらくその国は政策をテロリストの思い通りに変えるまで狙われ続けることでしょう。

 おそらくイギリスは国民性から言ってテロリストの主張を受け入れるようなことはしないと思いますが、日本としても決して他人事ではないわけで、有事の際の対応や対外的なアピールの仕方など、この機会にもう一度検証する必要があるのかもしれません。

 IRAというテロリスト集団と長い間対決し続けてきたイギリスでテロを起こそうとするからにはテロリスト側も相当の覚悟と準備をしているはずです。なぜそんなイギリスを選んだのか?私は、イギリスがイラクや対テロ戦争においてアメリカとともに断固とした姿勢で臨んでいることが引き金となったのではなく、むしろ、ブレア首相からブラウン首相に政権が変わって柔軟化する可能性があるというようにテロリストに誤解を与えてしまったことが理由なのではないかと思っています。

 常にテロリストに狙われうるとの緊張感の下、日本もテロとの戦いやイラク政策に関し、「力で脅せば軟化する」という誤解を間違っても与えないように細心の注意を払わなくてはならないと改めて痛感しています。特に常に言動がオープンとなる政治家の場合、誤まったメッセージを与えないという意識は与野党問わずもっていなくてはならないはずです。自戒の念を込めて書かせていただきました。北朝鮮もテロを支援してきた国家であり、半ばテロ組織のようなものという見方も出来ます。同じような意識は対北朝鮮においても持つ必要があるのだと私は考えています。

 全く罪の無い一般市民を巻き込むテロは決して許されない犯罪行為です。譲歩や妥協の余地が無いものであるということを決して忘れてはならない、政治家として肝に銘じて頑張っていきたいと思っています。

suzuki_keisuke at 19:06トラックバック(0) 
Profile

suzuki_keisuke

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ