2017年04月

2017年04月19日

変化しつつある北東アジアの安全保障環境

 北朝鮮をめぐる国際情勢が緊迫の度合いを増しています。

 それはすなわち、北朝鮮のすぐ横に位置している我が国にとっては安全保障上の脅威が増しているということに他なりません。北朝鮮は日本を射程に収める弾道ミサイル、かつ事前の監視が困難な固体燃料の車載式のものを多数保有しており、また6〜8といわれる核弾頭、多くの化学兵器・生物兵器を保有しているとされています。

 もちろん、通常であれば、いくら大量破壊兵器を保有していても、ひとたびそれを使えば自らも身の破滅に直結するということで、抑止が働く環境にあります。圧倒的な打撃力を持つアメリカが、軍事的にもコミットメントを強くしている以上、論理的には抑止力が働くという状況にあるのが今の朝鮮半島周辺の状況です。しかし、北朝鮮の場合には、そのトップである金正恩の判断が合理的であるのか、あるいは客観情勢をきちんと分析することができているのかという点に不安があることが大きな問題です。

 その観点から、北朝鮮に対して、もし彼らが軍事行動をとった場合実際に何が起きるか、そしてそのことが北朝鮮にとって、あるいは金正恩にとってどのくらい破滅的な結果をもたらすか、正確に伝えることが重要です。その意味で、ここのところの米軍の動きは大きな意味を持っているといえます。どのようなメッセージも軍事力による裏付けがなければ、真実味をもって受け取られないリスクがあります。

 また北朝鮮への現実的な圧力という意味では、事実上北朝鮮の生存を物心両面で支えてきた中国に役割を担わせるということも極めて重要です。中国と距離をどう置くかという点が北朝鮮外交にあって大きなポイントとはいえ、水や電力、石油、そして安全保障と様々な中国のサポートがなければ北朝鮮はとっくに崩壊していたという事実を考えれば、中国を真剣に関与させることができるのであれば、それ以上の効果的な手法はありません。

 もちろん中国が北朝鮮を守ってきたのは、自らの安全保障のためです。従って、中国が真剣に北朝鮮問題に対処するためには、それ以上の米国の軍事的圧力により中国をそうした戦略的判断に追い込むことが必須です。

 特にこれは日本の安全保障にも関わりますが、中国の軍事技術の進歩により、米国の東アジアにおける拡大核抑止についても大きく環境は変化しているので、その中で日本が果たすべき役割も含めて現実的にもう一度検証することが重要です。

 早晩、中国の新型ICBMであるDF41が実際に運用され始めれば、地上から発射される核弾道ミサイル関しては第二撃能力のアメリカの中国に対する優位は著しく崩れることとなりかねません。この状況下にあっては、核抑止及び拡大核抑止の観点から意味を大きく持つのはTHAADのような高いレベルの迎撃能力と、SLBM即ち潜水艦発射弾道ミサイルの能力ということとなります。

 我が国はこの点において、中国潜水艦への対応という点で、台湾などと並び、果たしうる役割がかなり大きくあります。尖閣や東シナ海のガス田の地政学的意味合いも私が10年以上にわたって主張してきているところですが、この文脈で極めて重要です。そしてそのことは同時にアメリカ自身の安全保障上、日本の地政学的重要性が高まるということをも意味します。

 アメリカの国内情勢の影響を受ける米軍の世界展開ですが、アジアにおける日本の果たす役割がアメリカ自身の安全保障に大きく影響する環境は、日本の安全保障に大きく寄与しますので、日本としても積極的に対中国の監視警戒活動についての日米台の協力を深化させていくことが必要です。

 

suzuki_keisuke at 13:51トラックバック(0) 

2017年04月08日

ダッカでの核軍縮関連国際会議に出席

 4月5日から7日にかけて一泊三日でバングラディッシュのダッカで開催された核廃絶関係の国際会議にPNND(核軍縮・不拡散議員連盟)の評議会議員そしてPNND日本の事務局長として出席し、北朝鮮・中国を中心に北東アジアの安全保障環境の現状についての講演、一般情勢に関する議論を行った他、バングラディッシュ議会の議長をはじめとした幹部とも意見交換を行ってきました。P1030484

 ちょうど今週末にはアメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談が行われ、また北朝鮮情勢、中東情勢も緊迫する中で、さらには我が国が核兵器禁止条約の交渉を離脱するという状況の中で一定の理解を得ることが出来ました。

 広島・長崎における原爆投下の経験を持つ日本としては、「核の無い世界」を実現することへの強い思いと国際社会における不断の努力を続けていくことは当然のことです。この点は岸田外務大臣をはじめ、安倍政権の一致した大原則です。

 その一方で、当面は、今の国際環境から考えれば北朝鮮や中国といった核軍拡を続ける軍事大国に囲まれている現状を踏まえ、アメリカの拡大核抑止を前提に安全保障上の脅威への対処が最重要課題であることも事実です。

 政治家は理想主義者として理念を持ち強い意志でそれ追い求めると同時に現実主義者でなくてはなりません。特に国政にかかわる政治家には、国民の生命を守るという責務があります。そのことを最重要のゴールの一つとして考えたとき、どのようにしてこのバランスを保つことが出来るか。政治家にとって最も重要なことです。

 実は、今回の会議に先立ち、朝、昨年7月に日本人7名の方を含む多くの人質の方が犠牲となったテロの現場に赴き、献花させていただきご冥福をお祈りしました。治安情勢が危険な中で、親日的なバングラディッシュの国づくりのために、そして自らの職責を懸命に果たそうとする中で、外国の地で命を落とされた方々の無念に思いを馳せ、改めてご冥福をお祈りした次第です。P1030442

 国のために出来ることを全力でやる。政治家の本分を改めて肝に銘じて頑張ってまいります。


suzuki_keisuke at 23:03トラックバック(0) 
Profile

suzuki_keisuke

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ