2009年03月24日

北朝鮮のミサイル発射への対応

 北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応を巡っていろいろな意見が出ています。そんな中、今日の昼「北朝鮮外交を慎重に進める会」を開催し、会としての方針がおおむね固まりました。

 今回の対応として自衛隊法第82条の2に規定する「弾道ミサイル等に対する破壊措置」がとられるべきことは言うまでもありません。今回の発射が人工衛星であろうと何であろうと、国連決議の中でも明確に北朝鮮に対して禁じている大量殺戮兵器である核弾頭の「運搬手段」の試験であることは明らかです。

 しかも北朝鮮が通告しているミサイル着弾における「危険区域」から明らかなように、ミサイルが日本の方向に発射され、アクシデントがなくても日本の上空を通過していく可能性が極めて高い状況にあります。

 そうした中にあっては、,Δ燭擦覆ぁ↓△Δ燭譴疹豺腓砲楼汰簡歉磧自衛のために迎撃する、といった対処を我が国としてもとるべきことは言うまでもありません。

 発射された場合、 峅罎国に飛来するおそれがあると認められる場合」には閣議決定を受けて防衛大臣が破壊措置を命令する(第一項)、◆峅罎国に飛来するおそれがあるとまでは認められない場合」であったのが事態の急変により対処しなくてはならないときに緊急措置として防衛大臣が閣議決定なしで破壊措置を命令する(第三項)、という二つの対応が考えられます。

 後者は緊急避難的要素が大きいわけで、北朝鮮の日本に対する「意図」を考えれば前者の対応、すなわち北朝鮮が意図的に日本の上空に向けてミサイルを発射しその破片等が落下し日本国民が脅威にさらされることとなる以上、内閣の意志としてミサイル発射に毅然として対応する、ということが必要なのではないでしょうか。

 北朝鮮の国際社会への挑発に対しては絶対にそれを許さないという態度を、一番脅威にさらされている日本がとらねば、今の「北朝鮮の脅し→国際社会の譲歩」という悪循環は続いてしまいます。拉致、核、ミサイルの直接の脅威にさらされている日本の対応が注目されています。

 きちんと閣議決定した上で国家の意思として北朝鮮のミサイル発射を許さないというメッセージを伝えることが、今後のことを考えても必要なはずです。

 今日の会合ではそうした問題意識を共有し政治家としてメッセージを出していくことで合意しました。政治家の務めは何よりも国と国民の安全を死守することに他なりません。特に外務大臣として毅然とした外交を体現していた麻生総理の決断に期待したいと思います。


suzuki_keisuke at 19:05コメント(3)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 自民党支持者   2009年03月25日 18:27
「首相にふさわしい」小沢氏、5位に後退・・・読売世論調査
調査は全国の有権者3000人を対象に実施し、1755人から
回答を得た(回収率58.5 %)。
(2009年3月18日03時03分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090317-OYT1T01272.htm
1位  小泉純一郎 12.9 %
2位  舛添要一  10.6 %
3位  岡田克也  6.8 %
4位  石原伸晃  6.2 %
5位  小沢一郎  6.0 %
6位  管直人    4.3 %
7位  与謝野馨  4.3 %
8位  麻生太郎  3.5 %
9位  渡辺喜美  2.5 %
10位 前原誠司  2.2 %

首相にもっともふさわしいと思う国会議員は誰ですか。
総回答数:56,126人 2009年3月25日  実施
ニコ割アンケート結果
http://www.nicovideo.jp/watch/nm6535864
1位  麻生太郎   38 %
2位  その他の議員 19 %
3位  舛添要一   9 %
4位  管直人    6 %
5位  石原伸晃   5 %
6位  与謝野馨   4 %
7位  小沢一郎   4 %
8位  前原誠司   3 %
9位  岡田克也   3 %
10位 小池百合子  3 %

読売新聞の信頼性が・・・。
2. Posted by にゃんこ   2009年03月27日 23:49
 ミサイル問題に対する、麻生総理はじめ政府の対応を
とても頼もしく思います。
 もしかすると、北は脅しだけで、ギリギリで発射を止めるかもしれません。金正成は、自己の政権維持さえできればいい人でしょうから。各国が毅然とした態度で、制裁を強めれば良いと思います。
 麻生総理のリーダーシップに感謝いたします。
頑張ってください。
 選挙はあせらず、9月以降でいいんじゃないでしょうか。
素人目でしかないですが。
 できれば、麻生総理第二次内閣、希望します。
3. Posted by yuk   2009年03月28日 22:42
 政府のミサイル迎撃の方針決定とそれを受けた防衛相の破壊阻止命令の発令、それに対する与野党の考え方の違いが今回またはっきりしたと思います。緊急事態や緊張状態を初めから望む国民はいないわけで、脅威や不安のない国際社会を誰もが望んでいるのは言うまでもないことですが、ルールを守らない国に対してはどのような態度で臨むべきかということと、国の安全が脅かされるような事態にあって信頼に値する政治とはどういうことか、ということを、今改めて日本国民が強く認識する時だと思います。初めての破壊阻止命令の発令という今回の政府の対応を国民がしっかり見つめることで、私たちは安全保障問題についてまた一歩冷静な視点を持つことに近づくことができるのではないか、とも思います。政治家の皆さん、そして、関係する任務にあたっている皆さんには、国の安全を守るという重責を引き受けて、今後も万全の準備と最善の選択をしていただきますよう改めてお願いしたいと思います。鈴木さんにも、関係するご活動とメッセージの発信を引き続きお願いいたします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ