2017年06月02日

パリ協定。アメリカの離脱と悪乗りする中国

 トランプ大統領がパリ協定からの離脱を発表しました。

 気候変動に関しては、実際に対策を講じて大気中の温室効果ガス濃度が一定に抑えられたとしても、植生や疫病など大きな影響を人類が長期にわたって直面せざるを得ません。また何度もこれまで書かせていただいているように気候変動は加速化することから、一刻も早い対策が求められてきたいところです。なるべく早く対策を講じることが人類全体がかけなばならなくなるコストの抑制につながることが明確であることから、国際的な合意作りに世界全体が取り組んできたところです。

 必要な削減量という科学の議論と、誰が負担するのかという政治の議論。従来前者については一定の合意がされるものの、後者については中国などの新興国を中心に負担を避ける動きが出て交渉が停滞するという状況が続いていて、結果的に事態がどんどんと深刻化していたという経緯がありました。

 そこをどうにか乗り越えようと、様々な妥協もしながら必要最低限の枠組みとして、世界の主要国が合意に至ったのがこのパリ合意です。

 今回のアメリカの行動は、自国の利益だけを考える一国主義を前面に押し出し、負担の政治論への不満から、科学からの必要性を無視した暴挙であって、アメリカの国際社会における信用を大きく損なうものであり、残念としか言いようがありません。

 特に、アメリカの国内にあっても、「正しい規制がイノベーションを生み、結果的にダイナミックな経済成長の原動力となる」との考えの下で、IT関係の新興企業は言うに及ばず、エクソンなどのエネルギー業界からも、パリ協定離脱への懸念の声が大統領に伝えられている中で、また政権中枢にも離脱に反対する声が大きい中での今回の決断だったようです。アメリカの良識からもかけ離れた、あまりにも近視眼的で愚かなトランプ大統領による決断としか言いようがありません。

 同時に、ここに悪乗りしている中国の動きも滑稽としか言いようがありません。

 そもそも中国の排出目標自体が中国の交渉過程での抵抗により、日本やイギリス、EUやアメリカ等と異なり、絶対量に規制がかからずGDPの単位当たりの排出量の削減にとどまっており、さらにはそこに罰則などもかからないような状況です。

 実際データで見ても、中国は2030年にGDPあたりの排出量を2005年から60%削減するとの目標をパリ協定の枠組みの中で掲げていますが、2005年の実績が2.68kgCO2/$でこれを2030年に60%削減しても1.00kgCO2/$です。これは、日本(0.24)、フランス(0.27)、ドイツ(0.41)、イギリス(0.33)、アメリカ(0.53)などの国々の2005年の数値にすら遠く及ばないもので、ほぼ何もしないと言っているに等しい。

 産業構造の違いがありますから単純比較はできませんが、基本的には現時点でのベストの技術を導入するだけで、少なくとも0.50kgCO2/$程度には抑制できるはずで、今後の技術革新の余地を考えれば、削減への強い意志を感じられるものではありません。新興国ということで総量規制を逃れるだけならまだしも、中国に関しては原単位ベースの目標もあまりにも貧弱です。

 その程度のことしかコミットできない中国が、その交渉で勝ち取った緩い目標を維持しようとして、正義の味方のような顔をして「パリ協定・地球全体の環境政策の流れをリードする」などと主張しているのは、詐欺、欺瞞でありちゃんちゃらおかしいいと言わざるを得ません。そのようなことを言うのであれば、新興国にあっても先進国並みの目標を設定し、実効性をもった義務化を行ってからにしてほしい、というのが長年気候変動の問題に真剣に取り組んできた者の目からすれば正直なところです。

 アメリカの離脱は気候変動の対策上非常に失望させられる結果ですが、中国にこのような詭弁を許してしまい下手をすれば影響力まで持たせかねないという点においても愚策と言わざるを得ません。

 いずれにしても、現在の経済の実態から、中国・アメリカという二大排出国が地球全体の今後のカギを握っている事実に変わりはありませんし、この両国を巻き込む努力を続けていかねばならないのもまた現実の要請です。

 日本は、京都議定書、洞爺湖サミットと、福島第一原発の事故の前までは世界の議論をリードする環境先進国であったわけで、今後は一層大きな役割を果たしていかねばなりません。欧州諸国やイギリス等と連携して世界の気候変動への具体的な対応を進める流れを止めずに進めていくことが必要です。

 同時に石炭発電の問題も含めて、日本の国内にも世界の潮流に反する動きがあります。将来に責任を持つ政治家として日本の政府が正しい決断を下せるよう引き続き全力で頑張ってまいります。

suzuki_keisuke at 17:00トラックバック(0) 

トラックバックURL

Profile
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ