2017年07月03日

もう一度原点に戻り改革の断行を。

 都議会選挙、結果は自民党にとって非常に厳しいものとなりました。

 都議選でも、地元でも、自民党に対して、丁寧な説明や国会運営を求める声が極めて多いことは、私自身街頭や集会において身にしみて感じているところです。

 一方で、内外に多くの懸案が山積している中で、政策や国の進むべき方向性を考えれば、野党第一党の民進党が共産党との共闘・一体化を実質的に進めていて、国政においては、今の与党に代わる選択肢が現実的にはなかなか見つからない、ということもまた多くの有権者の方々の認識だと思います。

 その中で、政策の方向性や実行力ということではなく、自民党の「姿勢」に対しての多くの有権者の怒りがあらわれたのが今回の結果ではないかと思います。だからこそ、国会での「野党」陣営が獲得した議席数は全体の5分の1に留まっています。今回多くの有権者の方の支持を受けたのは、「野党陣営」ではなく、小泉政権時代、あるいは安倍政権の本来の姿であった自民党改革派に近いスタンスを持つ改革保守勢力でした。

 とはいえ、自民党・安倍政権が、国民を、民意をないがしろにしているという印象を持たれてしまっているのは事実です。だからこそ、我々はそれを真正面から誤魔化さずに受け止めねばなりませんし、大いに反省して出直さねばなりません。

 その場しのぎの対応ではなく、政権交代した原点に立ち返って、国民生活を守るための現実的な外交・安全保障、そして民間主導の経済成長を真に実現するための構造改革を痛みを恐れずに未来のために進める経済政策、これを一歩一歩着実に、そして確実に国民の方々の理解を得ながら進めていくことが必要です。この国の、そしてこの国に暮らすすべての方々の未来のために、今やらねばならないことをきちんと説明しながら進めていく。失われかけている信頼を取り戻すためには、誠実に丁寧に必要なことを進めていくしかありません。

 そして同時に、日本の将来を考えれば、旧い自民党のようなバラマキ・利権政治にも、民進党・共産党のような福祉バラマキ・左翼政治にも、どちらにもさせるわけにはいきません。実は、このどちらも、反規制改革で大きな政府志向という共通項があります。今回の選挙結果に悪乗りして、このような流れが双方から出てくる可能性はかなり高く、これからの政治の流れを考える上では、そこをきちんとはねのけることができるかが極めて重要です。

 国際競争も厳しく、また世界経済、世界情勢が極めて不透明な時代です。また日本にあっては少子化・高齢化という大きなチャレンジに直面しています。まさに我が国にとっても、これからが正念場です。

 反省するべきを反省し、進めるべきを進める。これこそが我々がとるべき道筋です。

 間違っても、内向きの組織の論理に流されることが無いよう、真に必要な改革を進めることができるよう、これまで以上に努力していきたいと思います。

 

 

suzuki_keisuke at 13:16 
Profile
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ