2021年08月21日

おこのぎ八郎•前国務大臣が、なぜ横浜市長に最も相応しいのか?

 明日が投開票日の日程で、現在横浜市長選挙が行われています。我々自民党神奈川県第七選挙区支部(港北区・都筑区)では衆議院議員(私)、県議会議員、市会議員全員で、そして友党である公明党の市会議員も全員で「おこのぎ八郎」候補を支援しています。

 私がなぜ「おこのぎ八郎」候補が次の横浜市政を担うにふさわしいと考えているのか、その理由をここに書かせていただきたいと思います。

1)今でも住みやすい街ランキングをとると上位に来る横浜ですが、この横浜を安心・安全なもっと住みやすい街にすることを考えたとき、多くの方が不安に思っていることは新型コロナ対応に加えて「治安」「防災」だと思います。おこのぎ八郎候補は、治安の責任者である国家公安委員会委員長と防災の責任者である防災担当の内閣府特命大臣を二回にわたって務めた実績があるエキスパートであり、国との連携も考えたときこれ以上無い即戦力です。

2)横浜においても港北区や都筑区等の特に北部地域においては、人口増加や子育て世帯の増加などの他の地域には無い特徴があります。保育園をはじめとした子育てのキャパシティや家計における教育や医療等の負担が大きいことが優先度の高い解決すべき課題です。また鶴見川水系の水害に悩まされてきた地域でもあり近年の武蔵小杉周辺での水害をきっかけに再び懸念が高まっている課題です。「おこのぎ八郎」候補は、中選挙区時代には港北区・都筑区エリアを含む旧神奈川一区の選出で、小選挙区においても神奈川区と鶴見区の選出ということもあり、また小此木彦三郎元建設大臣以来の課題として、これらの問題への理解と問題意識が極めて高い候補です。

3)横浜がさらに発展するためには、成長戦略が欠かせません。これからの都市のトップは、国から予算を引っ張ってくるだけではなく経営をしていくことが必要です。横浜は、正直東京に近いことが強みにも弱みにもなる状況です。これまでも様々な努力をしてきましたが、企業からの法人税収は、横浜よりも人口が遥かに少ない大阪や名古屋よりも少ない状況ですし、東京と横浜の中間にある羽田空港に降り立った方々は国内線・国際線どちらも大半が東京に向かってしまう状況です。この横浜を日本で一番ビジネスをしやすい街とするためには、民間企業や住民の方々のノウハウや知恵をカタチにするチーム力、ハード・ソフト両面での投資・規制緩和等を国に行わせる交渉力、横浜の持つブランドをさらに強化するブランディング戦略などが求められます。その意味で、長年の国会対策のキャリアの中で永田町や霞ヶ関に幅広い活きた人脈とノウハウを持ち、また自民党内でもビジネスや経済産業分野として活躍し経済産業副大臣も務めた「おこのぎ八郎」候補は横浜市の経営者として最適な人材です。

4)横浜市は約380万人の人口を擁する日本一の市です。その規模は小・中規模の国にも匹敵するもので、従ってその行政機構も極めて巨大なものです。市長の役割はそのビジョンの実現と行政の円滑な執行ですが、そのためには巨大な市の行政組織をスムーズに運営するマネジメント力が求められます。同時に円滑な市政運営のためには、市民の皆様が選んだ横浜市会との適切な関係構築も極めて重要です。これまでも国の官僚機構のトップの大臣を務める中で、職員の評判も高く円滑なマネジメントを行ってきた実績がある「おこのぎ八郎」候補、また国会対策の要として与野党超えた幅広い調整能力を発揮してきた「おこのぎ八郎」候補はその意味でも最適な人材です。

5)「IRの横浜誘致を取りやめる。」このことを「おこのぎ八郎」候補は明確にしています。おこのぎ候補や私も含め自民党はいわゆるIR推進法(2016)、IR実施法(2018)に賛成し、制度設計を進めてきました。制度としては、インバウンド(訪日客)の更なる増加による経済成長や地方経済への還元を目的とし、財政への負担を最小限にしながら目的を達成する有効な手段の一つとしてマイナスの影響を最小減に抑えるべく様々な規制を設ける日本版IRの仕組みを作ってまいりました。その制度の目的や趣旨に関する法整備を行うことは、IRを各自治体の選択肢の一つとして法的に位置づけるために必要なことだと考えています。

 一方で、横浜へのIR/カジノ誘致については、何よりも多くの住民の方の賛同が得られていないという事実があり、そして、環境の変化、具体的にはコロナ禍による訪日旅行者数の激減、加えて特に首都圏においては収益性を高める観点からそのターゲットの重要な部分となっていた中国からのVIP客に関して米中対立の激化や経済安全保障面等の環境の変化により収益化が極めて厳しくなり、多くの事業者が撤退し、また収益に比例する納付金と入場料収入が地方自治体の収入の大半を占めている状況では財政的メリットも著しく見込めなくなった等の要素を総合的に勘案すれば、このタイミングで取りやめるという判断・決断を行うことは妥当だと考えます。

以上、「おこのぎ八郎」候補を横浜市長候補として最も相応しいと考える理由の主なものを書かせていただきました。他にも様々な構想や人柄等多くのポイントはありますが、あまり長文にすべきではないとの判断もあり、5点のみの記述といたしました。

 明日投開票日を迎える横浜市長選挙は横浜の5年後、10年後を考えたとき極めて重要な選択となります。ぜひ皆様におかれましては適切なご判断をいただけますようお願いいたします。

suzuki_keisuke at 22:22 
Profile

suzuki_keisuke

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ