IMG_4280





































皆様こんばんは。鈴木心春です。生きてます。
ずっと更新出来ず、申し訳ありませんでした!
忙しかったり体調を崩したり、撮影もしたり、いろんな事がありまして更新出来ずにいました。
後は単純にネタがなかったのです。笑


先日人生2回目の胃カメラを飲みました。
元々胃が弱いというのもありますが、胃の調子がとても悪いので病院に行ったところ、飲むことになりまして。
前回は口から入れたのですが、鼻から入れた方が楽だという話を聞き今回は鼻から…
すると…
なにー!全然苦しくない!
口から入れた時は苦しさで結構ゲボゲボいってたのですが、今回はめちゃくちゃ楽でした。
こんなだったら最初から鼻からにしておけば良かったと思ったり。

あ、因みに結果は何も無かったのでご心配なく…
前回は2年程前に飲んだのですが、その時も異常なし。
胃カメラ飲む程に痛いのに、異常なしって逆に怖いっす。笑
食べ過ぎかな?ピザLサイズ2枚食べちゃうからかな?ケーキ4個食べちゃうからかな?焼き肉行った後親子丼食べちゃうからかな?海老食べ過ぎかな????
謎です。



そんな最近の心春でした(どんなだよ)。




質問に答えます。



☆銀座にある人形博物館行ったことありますか?
行ったことないです!存在すら初めて知りました…銀座好きとか言ってるくせに…
球体関節人形もあるなら、眺めてるだけで楽しそうですね。
今度行ってみたいです(*´ω`*)


☆野球はどこファンですか?サッカーは?
すみません、スポーツはやるのも観るのも一切興味がなくてですね…
野球に至ってはルールすら分かりません…申し訳ない。
小学生の時、体育の時間嫌いすぎていつも仮病で保健室に居たタイプです私…


☆GWどっか行きましたか?
そういえば皆さんGWというものがあったんですね。笑
GWっていつからいつまでだった?ってレベルです。
いきなり暑くなってきたので、衣替えとかしてたかもしれません。
今日はなぜか寒かったのに、天気予報では来週は30度とか言ってるしもう混乱。


☆ワンズに移籍されたんですか?
してません!1作のみです(*´ω`*)


☆「肉感~」のソープの部分、何でキョドってたの?
笑ってしまいました。
私は基本自分で喋るタイプの撮影が苦手なので、確かにキョドってたかもしれません。
後は、ソープの作品を今まで3回もやってきましたが、未だに慣れないというか、難しいんです。
段取りを何度説明されても忘れるので、それで思い出そうとしてキョドってたのかも笑。


☆プログレって聴きますか?
前も書いたかもしれませんが、私は自分の聴いている音楽が何のジャンルなのかよくわかっていないことがありすぎて笑。
音楽のジャンル分けって本当に細かいですよね。
今プログレのバンドやCDを調べてたんですが、持っているCDもあるし持ってないのもあり…
あまり詳しくないかもしれません。是非お勧めのバンドがあれば教えて頂きたいです。


☆とってみたい賞とかありますか?
ありません…ごめんなさい無欲すぎですかね…向上心がないのか無気力なのか何なのか…
私は長くこの仕事を続けていられればそれでいいという感じでございます。


☆日焼け対策について
私は紫外線アレルギーなので、家出る前に塗って、こまめに日焼け止めを塗りなおします。
日傘は必須で。後はスプレータイプの日焼け止めを持ち歩いたり。(外でもさっと出来るので)
ボツボツが出てしまうので海やプールには行けません…悲しいです…。


☆放置プレイどう思いますか?
されたいです笑。


☆プライベートの質問してもいい?
答えられる質問であればいくらでも答えます!



ワンズの質問で思い出したんですが、ワンズの凄テクシリーズに出ます。
DMMで予約開始されております。
いやー本当に緊張した撮影だったな…
正直言います。この作品、最初は出るの嫌だった!笑 
だって自分のテクニックに自信なんて全く無いし、10分でイかせるなんて不可能ですっ!と思っていたから。
でも始まったらずっと笑いっぱなしの撮影で、本当楽しんだ撮影って感じです。
良かったら皆様チェックしてみてください。


そしてkawaiiの47日間オナニー禁止。
これは本当に獣になっている私が見れます笑。
ただの獣です。性欲大魔神です。責めに責められ。イき地獄や!
自分で見るのも恥ずかしいくらいです。


S1の「文学少女に食べられる」。
これは同人誌が原作なんですが、珍しく笑。男性を責める心春が見れます。
男性を優しく、時には激しく責め。とても楽しかったです。
原作が大人気ということもあり、プレッシャーもありましたが、頑張った作品です。


どの作品もとても思い入れのある作品です。
皆様是非チェックしてみてくださいませ。



長々と読んで頂いてありがとうございました。
鈴木心春でした。