前回に引き続き、Build Settings  からPlayer Settings 


Other Settings で Exit on Suspend にチェックを入れる。

38
デバイスとPCを接続します。

Build and Run を押す。
パッケージファイルの出力が開始され、自動的にデバイスへのインストールが開始されます。

コードの変更

マウスクリックの検知をタッチの検知に変更します。
Input.touchCount でタッチ数を検知

Input.GetTouch(0)でタッチ情報が取得できる。

phaseを調べることで、タッチの状態が得られる。

・TouchPhase.Began
・TouchPhase.Moved
・TouchPhase.Ended 
function Update() {
	if(0 < Input.touchCount){
		if(Input.GetTouch(0).phase == TouchPhase.Began){
			
		}
		if(Input.GetTouch(0).phase == TouchPhase.Moved){
			
		}
		if(Input.GetTouch(0).phase == TouchPhase.Ended){
			
		}
	}
}

複数タッチの場合、以下のようにループを回して検知します。

for(var i=0;i<input.touchCount;i++) {

導入までは案外すんなりいきました。
(ただしdeveloper 登録とプロビジョニングプロフィールの取得が完了させる必要があります。)


あとは操作性やパフォーマンスを上げていきたいと思います。