ポリフェノールと、フラボノイド、ファイトケミカルなどのややこしい関係太極拳で骨量アップと脳神経の回復?!

November 03, 2006

太極拳講師の独り言


今年の4月からスタートした木曜日の太極拳教室。

このところ仲良くなった生徒さんも増え、毎週楽しく練習させてもらっています。


レッスンの後はいろんな方が声を掛けてくれますが、最近は生徒さんの熱意がヒシヒシと伝わってきます!

たとえば、「○○はどうやるんですか?」と型のことを訊かれたり、「(型の)ビデオを貸してください」、「家で練習したいので(レッスンで流している)BGMを教えてください」といったもので、皆さんご自宅でも稽古されているのがわかります。


太極拳は週1回、スポーツクラブの教室でするだけ、という人が多い中で、自宅で練習している方はそれだけでもエライ!し、講師としては嬉しいものです。

もちろん週1回の練習でも心身ともにリラックスでき、生活のリズムが生まれ、それなりの健康効果も期待できます。

高齢者だと型を覚えるには2〜3年かかることもありますが、たとえ型を覚えていなくても身体を動かし、気を運ぶことで、太極拳の恩恵を得ることが出来ます。

ですが、毎日少しでも練習することで赤筋は鍛えられ、血液循環は良くなり、俄然健康度が向上します。



昨日はレッスンの後で、50歳前後の女性から相談を受けました。

X脚にお悩みの方で、エアロビックダンスをして膝に痛みが出て、腰痛が心配だとおっしゃいます。

膝や腰の痛みが太極拳で予防・改善できると聞いて、最近太極拳を始められたそうです。

拝見すると、左の肩が極端に下がっていて明らかに骨盤がずれています。

骨盤矯正法やX脚の簡単な矯正体操を紹介し、膝の使い方を細かく説明し、この方のケースでの腰痛予防法をアドバイスさせていただきました。

そうこうしているうちにお子さんの話になり、過労と不規則な生活を心配するお母さんに、「親の取り越し苦労ということもありますよ、時が来れば息子さんも何をすべきかわかるはずですからあまり心配なさらないで!」なんて僭越なことまで申し上げてしまいました...(子どもも持ったことないのにねぇ〜^^)

するとそんな様子を見ていた別の方が、「来週は私の相談も聞いてもらえますか?」


生徒さんに頼られるのはインストラクター冥利に尽きるというものですが、太極拳や整体体操、そして食養生などを通じて少しでも生徒さんの健康のお役に立てれば、今までしてきたことが報われます。

自分のような者でも少しは人様の役に立っているんだという自負が、明日の活力につながるのです。

そういう意味では、じつは私自身が生徒さんたちに癒されているに違いありません。

ありがたいことです。


suzukistyle at 11:45│Comments(0)TrackBack(0)太極拳 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ポリフェノールと、フラボノイド、ファイトケミカルなどのややこしい関係太極拳で骨量アップと脳神経の回復?!