外反母趾について(その4)第3の臓器移植 ― 病気腎移植とは

February 04, 2007

腰痛と太極拳


火曜日の太極拳教室に、去年はほぼ毎週参加されていた50代の女性がいらっしゃいます。

(太極拳の)ビデオを差し上げBGMをカセットテープにダビングしてあげて、自宅でも練習するほど熱心に取り組まれていました。


それが今年は一度もお顔を見ないのでどうしたものかと思っていたら、お友達が「彼女、腰痛になっちゃったんでしばらくお休みするっていってましたよ〜」と教えてくれました。

土曜日の教室の74歳男性のIさんをはじめ、「太極拳を始めて腰痛が治った」という方が少なくないので、太極拳を始めて悪化する人もいるなんて思いもしませんでした...


膝痛予防のために生徒さんの膝の使い方にはかなり神経を使っていましたが、腰痛は太極拳やスワイショウで「普通に良くなるもの」という先入観があったので、私自身油断していたようです。

30名も参加されるとお一人ずつチェックするのはまず無理ですが、火曜日の教室は参加者が極端に少ないので(土曜日の半分ほど)、もっとしっかり見てあげなくてはいけないというのに、ちょっと責任を感じてしまいます。

で、安静にしているより無理のない範囲で身体を動かしたほうが治りが早いと思うので、お友達には「痛くない程度にスワイショウは続けるようアドバイスしてあげて!」と伝えました。


太極拳が腰痛に効くといっても腰痛にはいろいろな原因が考えられるため、椎間板ヘルニアをやっているとか狭窄症があるなどの既往症によっては、充分注意して差し上げないといけないと思います。



suzukistyle at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)太極拳 | 腰痛

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
外反母趾について(その4)第3の臓器移植 ― 病気腎移植とは