腹式呼吸

August 30, 2006

ハンカチ・オ○ジ


先日の太極拳教室でのこと。


汗かきの私は、以前から青いハンカチを演武服のポケットに入れ、型の後などに汗を拭いていました。

この日もズボンから取り出し額を拭っていると、ある生徒さんが「あ、先生も青いハンカチ!」といったのです。

あちこちで笑い声が起きたので、ここで何か言わなくてはと思い、

「そう、私が元祖ハンカチ王子ですよ〜」

一応生徒さんたちには受けましたが、さらに、

「っていうより、ハンカチ・オヤジですね!」

といったら爆笑でした!


さて、そんな汗かきの私ですが、今より10Kg近く太っていた数年前は、あまり汗をかけない体質だったように記憶しています。

当時は冷房の入らない5月の満員電車で、汗が出ないために体内に熱がこもり、何ともスッキリしないイヤ〜なかんじでしたねぇ...

テニスなどに熱中していた30代前半まではそんなことはなかったので、やはり運動不足や肥満などが原因だったのではと思えます。

で、今はむしろ代謝や循環がよくなり、運動すると気持ちよく快汗を楽しむことができます。


しかしそれ以上に、最近では食事での発汗がとても活発に!

熱いものを食べたわけでもないのに、うなじから背中にかけてとても熱くなるんです。

まるでクルマのラジエーターみたいにガンガン放熱します!(笑)

食事代謝でのエネルギー産生量が多いということでしょうが、ザル蕎麦を食べても背中が熱くなるなんてちょっと異常では?

バセドー氏病じゃない?なんて思わず心配してしまいますが(←そうでもないけど!)、一般に体温が高い人は免疫力も高いというので、まぁいいかなと思っています。


それにしても、暑い夏にブルーのハンカチが流行っているのは、きっとカラー効果もあるんでしょうね。

やはりブルーには涼しいイメージがあり、そういえば私のハンカチもほとんど青物です。

これで斉藤君のように上品な清潔感が演出できればいいんですが、そこは30歳も余計に歳食ったハンカチ・オヤジ。

せいぜい真似して品良くホッペを押さえるくらいが精一杯です。(笑)

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 13, 2006

二日酔いには腹式呼吸!


昨夕はA社での太極拳レッスンの後で、何名かの生徒さんと一杯やって帰りました。

生ビール3杯と、たいした量は飲んでいないのに、なぜか今朝はちょっと二日酔い。(雨で気圧が低かったせいもあったのかな?)

12時からスポーツクラブでレッスンがあったので、これじゃいかんとすぐに腹式呼吸をしてみました。

すると、ガンガン頭痛がしていたのが案の定、次第に治まってきたのです!


頭痛は脳の血管の拡張により、神経が刺激されて痛みを感知するというものが多いのですが、であれば血管が収縮すれば痛みが取れるということになります。

ゆっくりした腹式呼吸で体内に大量の酸素を取り込むと、血液中の炭酸ガス、つまり二酸化炭素の量が少なくなります。
すると血液がアルカリ性に傾き、脳の血管が収縮して頭痛が改善されると考えられます。

ただしゆったりした腹式呼吸の初めには、副交感神経の亢進により血管が拡張することが多く、かえって痛みが増すことがあります。
が、しばらく続けているうちに血液がアルカリ性に変わってくると、血管の拡張も押さえられるようです。

私は、朝は副交感神経刺激の呼吸ではなく、交感神経を優位にする腹式呼吸によりこの欠点を解消し、さらに心拍数と血流の大幅アップにより、老廃物の排出と脂肪燃焼効果を同時に高めていますが、今朝のような二日酔いにはまさにピッタリ!

腹式呼吸といえどもいつも副交感神経を高めるのではなく、朝と夜、あるいは体調や状況により、適切に使い分けるといいようです。


いずれにしても、飲みすぎた翌日には、腹式呼吸で身体に大量の酸素を取り入れると楽になりますよ!

suzukistyle at 19:59|PermalinkComments(145)

April 22, 2006

ストレスを感じたら


ストレスを感じたら、時間がある人は好きなこと、楽しいことを始めましょう!
仕事中やあまり時間のない人は、迷わず腹式深呼吸をしましょう。
気功ならさらに効果があります。

大事な会議や発表会の前は、強いストレスから気は上がり(上気し)、アドレナリンが出て心臓がバクバクすることがありますよね?
小心者であがりやすい私も、プレゼンの前はいつもドキドキ。(女性の前でも!笑)

で、気が上がってしまうと、何事にも落ち着いて対処することが難しくなります。
極度に緊張すると、膝は震え、声はひっくり返り、冷や汗が出てくるなんてことも。


世界中に生中継されるオリンピックのフィギュアの演技などで、金メダルを取る選手の集中力、平常心たるや想像もできませんが、荒川選手やイチロー選手などの超一流アスリートはそうした術をしっかり会得しているのでしょうね。

そんな超人でなくとも、大事な局面で深呼吸を10回ほど実施すれば、血圧と脈拍が下がり、上がっていた気を下げることができるはずです。


「腹が据わっている」とは、この気を丹田に収めた状態のこと。

息を吐きながら、スーッと気が下がってくるようイメージするとよいでしょう!


suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(4)

April 13, 2006

喜んでもらえれば


ちょっと前まで呼吸法の通学コースに通っていたMさん。
ウエストがサイズダウンしたものの、体重がちっとも減らないといって心配されていた女性です。

そんなMさんから、うれしいお便りが届きました。


久しぶりに上京されたお母様や親戚から、「痩せたねぇ〜!」といわれたんだそうです!

「自分はぜんぜん体重が落ちない、どうして〜?」といながらも、効果を信じて呼吸法は毎日きちんと続けられていたそうです。(←ここが重要!)
その呼吸法も、彼女に合ったものに改良してお勧めしたもので、通学コースの画一的なものではありません。

で、ジワジワと少しずつですが、やはりMさんの体脂肪は落ちていたんですね。



「痩せたね」のひと言は、ダイエット中の女性にとって何よりもうれしいもの!
この世における最高の快楽物質ではないでしょうか?(笑)

体重計に載るのが楽しい!
ルンルンな気分でしょうね!


私は正直言って美容体重にはあまり興味はなく、女性にはきちんと筋肉の付いた、贅肉の少ないシェイプアップされたボディを目指していただきたい、なんて思っています。
その目安は体重ではなく体脂肪率ということになりますが、ただ、体重が減ることで多くの人がこんなにも幸せな気分になるという現実を見ると、世の中のダイエットがやはり「体重」に固執せざるをえない事情も理解できます。

体重が減ることが嬉しくてもいいんだ、ってね!
お客さんに喜んでもらえれば、自分だって嬉しくなるんだから...


Mさんには、これからもがんばってもらいたいです♪

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(5)

April 02, 2006

あるある大辞典でまた「呼吸法」!


今日の「あるある大辞典供廚離董璽泙蓮◆峺撞柬 廖
呼吸法を指導させていただいている人間としては、もちろん見逃せないテーマですね!
さっそくチェックさせてもらいました。


まず、「吐く息が大切」という原理原則は同感!
吐けなければ吸えないという道理であり、以前も書いたように、吐くときにより活発に生体信号が視床下部に送られるということからも、昔から吐く息こそが大切だといわれています。

で、何をやっても痩せにくい人は、じつは呼吸がうまくできていないということ。
これも激しく同感!
呼吸筋が硬くなると酸素を上手く取り込めなくて、脂肪を燃焼することが難しくなるのです。

プロのトランペッターや吹きガラス職人、スポーツ吹き矢上級者は、呼吸年齢が実年齢よりもはるかに若いことが番組の実験でわかりました。


さて、痩せにくい呼吸は、長時間同じ姿勢でいることが原因。
同じ姿勢は肩こりと同じで呼吸筋を硬くしてしまい、痩せるためには呼吸筋を常に柔らかくしておくことが重要なんです。

また、猫背の姿勢は、横隔膜筋を圧迫し、肺全体で呼吸することが難しくなります。
さらに無意識にため息をつく習慣のある人は、身体が溜まった二酸化炭素を吐きたがっている証拠。
うまく吐けていないのです。


で、呼吸筋を鍛えるには、まず準備体操で肋間筋や横隔膜筋をストレッチします。
これは、気功八段錦や練功十八法でやっているストレッチとほとんど同じ。
腹式だけでなく、胸郭を広げて肋間筋など胸式呼吸で使う筋肉をも刺激する必要があるのです。
(胸式呼吸を取り入れたヨガもあるくらいです。)

そして呼吸筋トレーニングですが、食品保存用ビニール袋にペットボトルを加工したマウスピースを付けた、手製の呼吸改善装置?を使って、4秒で吐いて吸うというものでした。(慣れれば2秒で!)
1回1分から5分(慣れれば)で、1日3回やるといいそうな。
(詳しくは番組のHPを!)

で、じつはこれ、スポーツクラブの私の教室で練習してもらっている「モーニング・ブレス」と同じ原理!
(クンダリーニ・ヨガの「火の呼吸」の簡易バージョンです。)
これに丹田呼吸法を組み合わせて、呼吸筋と腹筋を強化してもらっています。
(同時に交感神経を刺激して、アドレナリン⇒脂肪分解ホルモンのリパーゼをバンバン分泌させます!)


ところで、どれだけ酸素をたくさん取り込んでも、貧血があると肺に取り込まれた酸素がちゃんと全身に運ばれません。
ということは、鉄分を補うことが大切で、小松菜、ホウレンソウ、ひじき、レバー、アサリ、シジミなどの他に、血を良くする薬膳料理として昔から使われてきた黒キクラゲに大変効果があるそうです。 

黒キクラゲに含まれる鉄分はなんとレバーの3倍だとか!
水で戻すと7倍に膨らむので、1日5gでいいそうですが、ビタミンCを一緒に摂ることで吸収が3倍良くなるということでした。
炒め物、スープ、酢の物が効果的だそうですよ!


で、番組では言ってませんが、この呼吸筋トレーニングが終わったらすぐに20分以上の適度な有酸素運動を続けると、脂肪燃焼時間がさらに長く続きます。

テンポの速いウォーキング、サイクリング、太極拳などで、余計な体脂肪を徹底的に燃やしてしまいましょう!

suzukistyle at 22:40|PermalinkComments(273)

March 14, 2006

副交感神経だけではダメ?!


以前(昨年5/2付)、ノーマン・カズンズを例にあげ、「笑い」によってがんや膠原病が治ることがあるという話しを紹介しました。

がん細胞を殺す役目を担う白血球のNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は、笑うことによって増えることが知られています。
末期がんで自身の死を受け入れる覚悟ができた患者さんが、笑って暮らすようにしたところ、数ヵ月後にがん細胞が消滅したといったような話は少なくありません。


それとは別に、強度のストレス下にあるときに、ユーモアやジョークが自己を取り戻すための心の武器になることがあるといいます。

それは、笑いの刺激を受けて交感神経が興奮してアドレナリンやエンドルフィンが放出され、笑った後には副交感神経優位の状態に変わって興奮が一気に解除され、緊張がゆるんで調和的な自己が取り戻される、というメカニズムです。

跳躍する前にいったんグッと膝を曲げて沈み込んでから、思いっきり全身を伸ばすと高く跳べるように、最初から緊張がゆるんでいるのではなく、一度興奮状態に針を振り切るというところに効果を上げる秘訣があるようです。


で、それには、瞬時に交感神経と副交感神経の切り替えができなくてはなりません。
それもベストなタイミングで!
(どちらかがONになり、どちらかがOFFになるということではなく、両者の力の拮抗するポイントが交感神経優位になったり副交感神経優位になったりするということです。)


深い腹式呼吸をしながら血圧と心拍数をチェックしていると、人の身体ってよくもこう頻繁に脈が上がったり下がったりするものだと感心してしまいます。

息を吸い始めると、いきなり脈拍が速くなり、息を止めると血圧が上がり、息を吐き続けると脈拍と血圧がスーッと下がっていくのです。

息を吸うのと吐くのでは、自律神経系の相反する機能が働いていることがわかります。

そして実は、脂肪分解酵素のリパーゼは、アドレナリン・ノルアドレナリンの分泌により活性化されるので、ダイエットには交感神経の働きが必要になるのです。


運動中は交感神経優位でアドレナリン・ノルアドレナリンの分泌が活発になるので、脂肪もガンガン分解されてシェイプアップされるのであり、単純に消費カロリーがどうのという問題ではないのです。
そして心拍数の上昇は、少しでも血流をアップして酸素をたくさん供給しようとするためです。
そのドクドクと勢いよく脈を打つ血流に大量の酸素を乗せることができれば、理論上は理想的な脂肪分解効果を得られるというわけです。

これが、深い呼吸を伴う有酸素運動がダイエットに最適だという理由です。
つまり深い呼吸は、クルマでいえばターボチャージャー。
圧縮空気(大量の酸素)により燃焼効果を爆発的に飛躍させることが可能になります。

逆に、ゆったりした有酸素運動で思ったようにダイエット効果が得られない人は、エンジンパワー(運動強度)か過給圧(酸素量)が足りないのかもしれません!


で、「大笑い」は交感神経を大いに刺激し、横隔膜を思いっきり上下させ多くのカロリーを消費したあとでスッと副交感神経に切り替わり、爽やかな気分になるのですが、それにしてもよく笑う人ってどちらかというとポッチャリ気味が多いのは何故だろう...

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 06, 2006

太極拳が理想的な健康法な理由(わけ)?!


太極拳の健身効果は、呼吸法が伴って最大効果を発揮します。

それは、太極拳が「動く気功」や「動禅」といわれるように、意識に導かれて気や呼吸の作用が働くことで、はじめて気血の充実がなし得るからです。
(「太極拳は気功ではない」とする武術太極拳の流派もあるので、「”健康”太極拳は気功のひとつ」ということでもいいでしょう!)


運動生理学的にみると、呼吸の効果とは、主に腹式呼吸における「横隔膜の動き」によるものであるといえます。

以前も紹介したように、気管支から肺に至る呼吸器系には、「解剖学的死腔」と呼ばれるガス交換(酸素を取り込んで二酸化炭素を排出する)がなされない隙間が150mlもあり、横隔膜を使った深い呼吸をすることでこの死腔に取られてしまう総換気量を減らすことができます。
そして深い呼吸では、横隔膜の可動域が通常の5倍以上(10cm近い!)にも広がりますが、これは酸素をたくさん取り込むだけでなく、内臓のマッサージ効果をも高めます。

さらに、ゆっくり時間をかけた深く大きな呼吸で横隔膜が動くと、筋紡錘(筋肉内のセンサー)から生体信号が出て、脳幹の呼吸中枢を刺激します。
その信号はさらに視床下部に伝達され、脳内ホルモンのベータエンドルフィンなどの快楽物質を放出して高いリラクゼーション効果が得られるというわけです。

とくに吐く息は副交感神経を刺激して、血管の拡張、血行改善、体液の循環促進といった作用によりリラックス効果をさらに高めます。
そして、この息を吐くとき、つまり横隔膜が弛緩して上がる時に、先ほどの生体信号がたくさん出ることがわかっています。

こうしたことから、昔から呼吸では吐く息が大切だといわれているのです。
そして、一見退屈にも思える呼吸法や気功ですが、ひとたび始めてリズムがつかめてくると習慣になってしまうのは、呼吸運動をしていると理屈抜きに爽やかで楽しい気分になってくるからです。

快楽物質の出現、リラックス効果、自律神経のバランス改善などにより、身も心もその状態を永く保ちたいと欲するからです。


そして、骨格筋への働きかけが得にくい静功(動かないで行う呼吸法)や瞑想に比べ、全身の筋肉を使いながら深い呼吸ができる太極拳やヨガでは、インナーマッスルや四肢の赤筋が鍛えられ、大幅な基礎代謝のアップが期待できます。

とくに太極拳の動きは、下肢の筋肉群をすべて使うので、足腰の強化にはこれ以上の運動はないと思えます。(目一杯やるとけっこう大変ですが!)
腰の高さ(イコール歩幅)で運動負荷を調整できるため、体力に応じてどんな人にも楽しめる点でも優れています。


「ヨガや太極拳はなかなかどうも...」という方には、腹式呼吸法とウォーキングやサイクリングといった有酸素運動の組み合わせをお勧めします。

腹式呼吸法は、特別なものである必要はなく(難しそうな理屈を捏ねて高いおカネをとっているところもありますが!)、普通の腹式呼吸でも効果はほとんど同じでしょう!

呼吸を重視するプログラムと、筋活動を充分に行うプログラム(筋トレのことではないですよ!)の両方を並行して行うことが理想的ですが、太極拳はその両方を満たすことができるという点で、最高の健康法だといえます!


suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

February 17, 2006

姿勢が悪いと呼吸も悪い!


昭和大学の呼吸器系の専門家、本間教授は、テレビの番組で次のように言っています。

「胸は呼吸筋で動いていますが、姿勢が悪いと呼吸筋が収縮しにくくなります

また、「呼吸法の伝道師」と呼ばれている昭和大学付属豊洲病院のフィジカルセラピスト、柿崎先生は、身体バランスが向上すると、呼吸筋が開放されて、呼吸に専念できるようになるといいます。

骨盤が歪んでいると猫背になりがちで、肋骨が肺を圧迫して浅い呼吸になってしまい、高血圧を始めたとしたさまざまな症状を引き起こしてしまうことも。
また、浅い呼吸は酸素の摂取量が足りなくなり、細胞に元気がなくなって代謝が悪くなり、ボーっとしたり集中力が欠けてしまいます。


で、柿崎先生は、リハビリにも利用している効果的な呼吸のための3つの体操を紹介しています。

準備:両手を床について、脚を片方ずつ伸ばしてストレッチする

股関節のストレッチ (仰向けに寝そべり、立てた両膝を両手で押さえ、両方の足の裏をくっつけて膝を閉じたり開いたりする)

背中の(息を吸う筋肉を)ストレッチ (立ったままお腹の前で両手を組んで息を吐き、吸いながら猫背の姿勢になって両手を前に伸ばす)

胸壁の(息を吐く筋肉の)ストレッチ (両手を後ろで組み、手を後ろに引きながら猫背になって息を吐き切る)

特に、股関節が呼吸力アップのポイント

このブログでも書いていますが、股関節が硬くなると骨盤の動きが窮屈になり、つまり後ろに傾いて猫背になり、肋骨が垂れて横隔膜がたるんでしまい、うまく呼吸できなくなってしまいます。

そこで股関節を弛めて骨盤を調整をして、そのうえで深い呼吸をすると効果的だというわけです。

実際、,呂燭靴に効果を実感しますが、私ならさらに真向法の第1体操を加えたいところです!

ちなみに番組の被験者は、これらの体操が大変気持ちよくて、この取材の後も毎日実施しているとか。
最近では、寝つき、寝起き、便秘が良くなったそうです。


それにしても、この大学病院は最新機器を揃えていて、3次元動作分析器で患者さんの実際の呼吸の状態を立体的にチェックできてしまうのには驚き!
被験者の呼吸も、体操の後では確かに深い呼吸に変わっているのがわかりました。

文明の利器はどんどん進化していくようです...

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 30, 2006

呼吸と心拍数の深〜い関係♪


昨日の「あるある大辞典2」では、心拍数を取り上げていました。

人の一生における心臓の拍動数は決まっていて、心拍(鼓動)の速い人はそれだけ寿命が短いというちょっと物騒な話は有名です。

ま、動物の世界でも、ゾウやカバ、サイ、クジラなどとてもゆっくりした心拍の種は比較的長生きだし、ハツカネズミやミーアキャットなど心臓の鼓動が高速の生き物は短命に終わるようです。(身体の大きさの違いもありますが!)


さて、心拍数は呼吸でコントロールすることが可能です。

呼吸は一般に、自律神経下の機能で唯一、意志により調整できるわけですが、その呼吸がさらに心拍数に影響を与えます。

これは、交感神経と副交感神経の拮抗する作用を、意図的に一方を刺激してやるからなのですが、とくにリラックスするには副交感神経を優位にしてやるとよいといわれ、腹式の深呼吸やぬるま湯の入浴などが勧められるわけです。


で、番組でやっていた吸う息"4"に対して吐く息"8"というのは、腹式呼吸で一般にいわれる1:2の呼吸のセオリーです。

それだけ吐く息を長くしましょうということですが、実はこれ、1:3ではかえってリラックス効果がそがれてしまうようです。


私は自宅で、エアロバイク(エルゴメーター)の代わりにローラー台トレーニング(固定ローラーの上でロードレーサーを漕ぐというもの)をしますが、このときに心拍計を見ながらいろいろ呼吸を変えてみたことがあります。

たとえば4段目のギアで毎分90回転でペダリングする場合、口呼吸しながら普通に漕ぐと心拍数は130拍/分くらいです。
マフェトンの180公式でいうと、130拍は私の年齢ではちょうど有酸素運動域の最も脂肪燃焼効果の高いバンドですが、それでも鼻歌を歌えるほどの楽な運動強度です。

これを口を閉じて2拍吸って4拍吐くようにすると、さらに127拍/分まで落ちます。
じつは、この3拍ぶんってけっこう微妙で、汗の出方も5分くらい遅れるんですよ。

ところが、吐くのを4拍ではなく5拍にすると、130拍/分前後に戻ってしまうのです。
5拍で吐いても苦しくはないので、呼吸筋の緊張や肺活量の問題ということではなく、何か呼吸のリズムのようなものに影響しているのでしょう。

1:2とは、呼吸における黄金比でもあるわけです。
さすがお釈迦様の考えた呼吸ですね!

なお、鼻呼吸による吸気2拍呼気2拍では、私の場合は吐ききれなくて上手くいきません。



一方、心拍数が下がるということは、血圧が下がることを意味します。

息を吐いているときは、私の場合、下の血圧が5〜10mmHgほど低くなります。
(上の最大血圧は人によっては30mmHg以上下がることも!)

高血圧にはゆっくりした腹式呼吸が効果的なようです。


このように、腹式の深呼吸は身体を瞬時にリラックスさせてくれますが、朝や状況によってはやり方を変える必要もあるので、自己流で長時間続けないほうがよいかもしれません。

いろいろ試してみるといいですね!

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 27, 2006

呼吸のもつ魔力


帯津良一先生は、私の練習している楊名時太極拳の大先輩ですが、もう20年以上前からご自身の帯津三敬病院で太極拳や気功をがん治療などに取り入れていらっしゃいます。

太極拳や気功のもつ身体への効果・メカニズムについて、先生は西洋医学的な解釈を必要以上にはしていません。
「気」のエネルギーについては「場のポテンシャル」という言葉で代用され、量子物理学的なアプローチにはあまり興味がなさそうに思えますが、それは「スピリチュアル」な要素が消えてしまっては太極拳の本質を見失ってしまうとお考えなのかもしれません。
実際、「太極拳が唯物的になりすぎては場のポテンシャルが低下する」と警告しています。


さて、そんな帯津先生も、丹田呼吸法についてはかなり深く研究されたようで、呼吸法の達人に協力してもらいながら様々な実験をされたようです。
ただし、書いている本にはやはりスピリチュアルな記述が多く、横隔膜の動きはどんな神経下に支配されているかとか、酸素飽和量がどうのセロトニン分泌がどうのとかいった話は聞いたことがありません。

呼吸のメカニズムそのものは、西洋医学の呼吸器系で詳細に説明されているようですが、呼吸というものは解剖学や生理学だけで説明がつくものではありません。
インドには、何も食べなくても水を飲み、太陽光を受けて静かに呼吸しているだけで生き長らえている人が何人もいるとか。(まるで光合成ですね!)
そして、武術と呼吸の関係、心と呼吸のつながり等々、「呼吸」の持つ意味は体内の単なる「ガス交換」といった次元にはとどまりません。

突き詰めれば新たな壁にブチ当たり、それがさらに興味を呼ぶ。

呼吸には、そんな魔力を感じます。

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 12, 2006

猫背のアゴ出し座りはマイナス思考になる?


昨晩の「オーラの泉」のゲストは俳優のOJさん。

頭の中が混乱してイライラしたり、気分が落ち着かず精神が乱れているのは、呼吸が(腹から頭にかけて)通っていないからだと美輪さんが指摘すると、江原さんも「お腹を立てて座れないでしょ? エネルギーが通ってないからですよ!」といいます。

(生命)エネルギーが通っていないから、腹を据えて背筋をシャキッとさせて座ることができず、猫背でアゴが出ただらしない格好で座ってしまうのだそうです。
そして(たしか)こうした姿勢はマイナス思考になりやすいとか。

そこで美輪さんは腹式呼吸を勧めたのですが、胸を前に押し出すようにして腰を座らせることがコツだといっていました。

私がアルバイトで指導している呼吸法(BC720生体健身法)は横になって全身をリラックスさせてするので、ちょっと感じが違いますが、横隔膜を使った腹式の深呼吸という点は同じ。
ただし、いろんな理屈を付けて差別化をしているようですが、即席のカウンセラーが電話で通信指導しているレベルなので、そこは商売!
普通の腹式呼吸で充分です。

横隔膜を使った腹式呼吸なら、どれも頚動脈の血行を良くし、頭にあがった気を降ろして精神の落ち着きを取り戻す効果があるのです。


で、ここから先は私のまったく未知の領域ですが、じつはOJさんの部屋はブードゥー教の館のような、ドクロや不気味なオブジェなどがたくさん飾られていて、マイナスの運気を呼び込んでいるのだそうです。
そしてそれはOJさん本人の意思ではなく、彼に憑いている悪霊の仕業だということでした。

美輪さんと江原さんは頭にドクロを9個つけた悪霊の姿が見えるといっていましたが、オーラや霊の見えない私にはいつもながら何とも不可解な世界です。

そういえば、霊媒師が亡くなった方の霊を透視すると、その方が亡くなった時の状況をそっくり背負い込んでしまうことがあってかなりキツイといったことを聞いたことがあります。

見えることが良いのか悪いのかわかりませんが、ご苦労も多いのかもしれませんね。


以上、ちょっとアルコールも入っていたしうる覚えで恐縮ですが、昨晩の「オーラの泉」はいつもとちょっと違った展開だったかもしれません。

suzukistyle at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 06, 2006

高血圧の下げ方(その3)


薬に頼らずに高血圧を改善する方法について、アンドルー・ワイル博士や甲田理論、そして私自身の経験による高血圧改善法などを紹介しました。

「高血圧は薬で下げるな!」の著者である浜六郎先生は、70歳以上なら下の血圧(最小血圧)を薬で100mmHg以下に下げないほうがよい、60(70)歳未満でも180/100まで無治療でよいといい、降圧剤はむしろ寿命を縮めるといいます。

で、浜先生の生活改善による降圧法を紹介しますと、

\歇茱ロリー制限と適度な運動による肥満解消
適量でバランスのよい食事を(和食のすすめ)
1分は汁物も含めて減量を
た事を規則的に、アルコールはほどほどに
ィ釘丕繊Γ庁硲舛鯊燭含む食品を
週に2〜3回はまとまった運動を
Д好肇譽垢鯲めない
頻繁に深呼吸をする
十分な睡眠
入浴の効果

О聞澆呂垢戮読交感神経を優位にするための方法ですね!
これに私は、血圧降下体操として4つの体術を加えたいと思います。

一般に高血圧の人はふくらはぎが硬く、血流を阻害されがちですが、そのふくらはぎを刺激して筋肉をほぐし、下半身の血行が良くなると、血圧が下がるのです。
そのために効果的なのが、「かかと上げ体操」。別名「爪先立ち体操」です(笑)。

太極拳の準備体操として用いられる八段錦という気功のひとつにこのかかと上げ体操があるんですが、私の教室の生徒さんにも太極拳と併用して確かな降圧効果がみられた方が何人かいらっしゃいます。

次に、猫背の改善です。
前かがみでうなだれた猫背の姿勢を取り続けていると、心臓から脳に血液を送る動脈が圧迫されて、血液が流れにくくなり、心臓はポンプの圧力を高めて血液を身体の隅々に送り届けなくてはならず、その結果、高血圧になってしまうと考えられます。

これについては、壁に背中をつけて立って腹式呼吸をすることにより、脊髄が真っ直ぐになり自律神経への神経伝達も正しく働くようになり、血圧の調整などが上手くいくようになります。

やり方は、まず裸足になって壁に背中をつけて立ちます。
このとき、後頭部、背中の上部、ヒップ、かかとがピッタリ壁についていることを確認します。
そのまま約16秒以上その姿勢を保ち、ゆっくり腹式呼吸をしてください。
吸う息8秒、吐く息8秒以上が良いでしょう。
あごを軽く引いて、頭のてっぺんが天井から吊るされているようなイメージを心掛けてみてください。1日数回、3セットずつ実施します。

3番目は、西式健康法の「毛管運動」、別名「ゴキブリ体操」です。
仰向けに寝て、両手両脚を宙に垂直に伸ばし、手足の先をプルプルと震わせる体操です。
やはり血行がよくなり、冷え性なども同時に改善します。

そして最後が浜先生も挙げている、腹式によるゆっくりした深呼吸
ワイル博士も浜先生も、深呼吸の確かな降圧効果を唱えています。
交感神経の過亢進が血圧を高めるのであれば、副交感神経を優位にすることでアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が抑えられ、血管が拡張して血圧が下がるのは当然の結果です。

ま、高血圧の機序はそんなに単純なものではありませんが、息を吐いているときは心拍数も大幅に下がり、血圧も低下するのは事実です。
世の中の呼吸法の多くが「吐く息」を大切にしているのは、こういった理由にもよるのです。

腹式呼吸は、難しいことをする必要は一切なく、普通の腹式呼吸で充分。どれもほとんど効果は変わらないでしょう。
横になったままお腹の上に両手を置き、ひと呼吸20秒以上かけてゆっくり下腹部を膨らませたり凹ませたりしてみてください。
呼吸の回数は20〜30回くらいでよいでしょう。朝と夜1回ずつ、あるいは夜だけでも効果を実感できると思います。


以上をまとめると、次のような結論になるかと思います。

々澎戯泙僕蠅訌阿法∪験莉慣の改善で血圧を下げること
太っている人はとにかく減量!
カリウムの多い、血液をサラサラにするような食材が効果的
じ艮はそこそこにして、カルシウムとマグネシウムを摂るとよい
ゾ食が大変有効
η背を正し、ふくらはぎの筋肉を柔らかくすること
Д汽ぅリングのような有酸素運動で末梢血管を伸ばし心肺機能をアップさせる
┸爾ゆっくりした腹式呼吸が副交感神経を優位にして血管を拡張させる


浜六郎先生は180/100までは無治療でよいといいますが、生活習慣の改善により(1997年のWHO基準の)160/95くらいまでは下げておいたほうがよいと思います。

血圧が高い方は、自己責任の下で上記を参考にしてください。

suzukistyle at 10:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 22, 2005

身体が柔らかい人は長生きできる!


一般に、身体が柔らかい人は長生きできるといわれています。

女性は男性より平均寿命が7歳ほど長いというのも、この身体の柔らかさと関係している部分もあるかもしれません。(もちろん、女性と男性ではホルモンとか免疫力とかいろいろと違いますが)

で、同じ♂でも、どうしてそんなに身体が柔らかいの?という人もいますね!

私に太極拳の手ほどきをしてくれた60歳の王老師も、前屈すると上半身が下半身にぴったりくっつくくらい柔軟でしたし、あの甲田光雄先生など80歳を過ぎた今もスパッと股割りができるとか。

当時王老師は、私の硬い身体を見て「もっと気功をやって身体を柔らかくしないと長生きできませんよ!」なんてといっておりました。

そして甲田先生も、長生きするのは絶対に身体の柔らかい人だといいます。


身体の柔軟性には先天的なもの、つまり遺伝特性があることは否定できませんが、食事や運動なども大きく影響します。
過食や運動不足が続くと、筋肉や関節が硬くなるといわれていますが、逆に少食で適度な運動習慣を身につけると、少しずつ柔軟性がついてきます。

たとえば、あぐらをかいて左右の足の裏をピッタリ合わせたまま、上体をグッと床に近づける「骨盤調整体操」というのがあります。

股関節(仙腸関節)を緩ませる体操なんですが、私はこれを1年ほど続けたところ、最初は上体が20度くらいしか倒せなかったのが、今では額が足指に着くようになりました。

整体師の知人からも、柔らかい筋肉をしていると言われたことがありますが、前屈などはやっと床に指が着く程度で、まだまだ身体は硬いほうですね!

なお、複数のお客さんの証言から、腹式呼吸には筋肉を柔らかくする働きがあるようです。
少しでも寿命が延びるなら、ちょっと真剣に研究してみたいところです。

suzukistyle at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 08, 2005

冷え性には腹式呼吸を!


東京は、ここ数日例年を下回る気温で、冷え性の方には辛い季節になりました。

夜、布団に入っても、足先が氷のように冷たくて寝付けない、なんてお悩みの方も多いと思います。


「冷え性」は、英語で"Poor circulation"というように、末梢血管の血行障害が主な原因です。
(ちなみに"Oversensitiveness to cold"というのは直訳ですね!)

交感神経の過亢進によって末梢血管が縮んでしまい、温かい血液が流れにくくなって冷えを感じるのですが、普通は一過性の調整機能であるはずが、自律神経のバランスが乱れて交感神経が常に過敏に優位になると、必要以上に血管を収縮させてしまうわけです。


身体を温めれば楽にはなりますが、それはいわゆる対症療法であり、断食博士として有名な甲田光雄先生は「身体を温めるといわれる飲食は、メカニズムとして身体を甘やかすことになり、冷え性の根本的な解決にならない」とおっしゃいます。

であれば、原因がわかっているのだから、副交感神経を優位にして血管を拡げてやればよいというわけです。

そのための安全で安上がりな方法が、「腹式呼吸」。

うちのお客さんでも9割近くの方に、それなりの改善効果がみられます。
内臓や椎骨などに器質的な疾患がなければ、多くの方に効果が期待できるんです。

やり方は、普通の腹式呼吸で充分。
布団に入ったら、足の裏から気を丹田に吸い上げるような意識で、下腹部をゆっくり20回ほど膨らませてみてください。
胃の辺りではなく、おへその周りを膨らませるのがポイントです。
(副交感神経への刺激は下腹部に近いほど効果的です。)
息を吐くときは、下半身の血管がジワーッと膨らんでいくようにイメージするとよいでしょう。
吐く息が大切で、吸う息の倍近い時間をかけて吐ければベスト!


毎日腹式呼吸を続けているうちに、自律神経のバランスが改善され、ホルモン分泌が調整されるようになると、便秘やほかの不定愁訴もよくなっていくと思いますよ!


suzukistyle at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 05, 2005

丹田呼吸とうつ症状

ドクター三船という方のHPで、興味深い話を目にしました。

ご本人の実際の体験によると、うつ病が「丹田呼吸法」により1日で完解(完治ではないけど症状が消失すること)したそうな。

丹田呼吸法は腹式呼吸の代表的なひとつで、あのお釈迦様が編み出したといわれていますが、現在では多くの亜種があります。
帯津先生が理事をされている調和道も丹田呼吸法で、超簡単に言うと、臍下丹田に気を集めながら、吐く息をできるだけ長くしながらゆっくり吐き切るというものです。

熟練者の腹部は、息を吐き切ったときには背中とくっついているのではと思えるほど肋骨の下が見事にえぐれ、息を吸い込んだときには下腹部だけがぴょこんと飛び出て、一見しただけで「ずいぶん修行されているんだろうなぁ」とわかります。


マスターすれば通常の丹田意識だけでも気功でいう「小周天」に近い健康効果が得られるともいわれていますが、「足心呼吸」という足の裏から地の気を丹田に吸い上げる技法を取り入れることで、「大周天」に相当する全身循環が完成するとのこと。

丹田呼吸法は私もたまに実施しますが、実は太極拳の逆腹式呼吸に慣れていると、腹筋の動きがなかなかスムーズにいかないことも!

ただし私には、息を吐くときに腹圧の高まりとともに躯体部が熱くなって四肢の先まで気が通る太極拳の逆腹式呼吸のほうが、呼吸法の効果をより強く感じます。

これは逆腹式のほうが優れているということではなく、きっと私の丹田呼吸法が未熟だということでしょう!


腹圧の話しが出たのでついでに加筆しますと、私が思うに、太極拳で本当に健身効果を得るには、腰を落として丹田に腹圧をかける必要があるのではないかということ!

突っ立ったままの太極拳を「盆踊り」と自嘲するのは、臍下丹田が仕事をしていないからです。
腰を落とし、背筋を真っ直ぐに通すだけで、自然に下腹部が充実するので、そこで丹田を意識しながら腹式呼吸をするわけです。
(猫背の姿勢では、それこそ気が抜けた感じになります。)

丹田への意識がなぜこんなに重要かというと、話せば長くなるので一言で済ませれば、血液の流れによる「波動」がもっとも強い「小腸」を意識することで最大効果を期待できるからだと考えられます。

この「波動」を、気、プラーナ、生命エネルギーなどと呼んでいるわけです。

ちなみに小腸の粘膜を覆っているヒダの面積は、テニスコートより広いそうな!
それがコイルのように何重にもウェーブして腸管を巻いているのです。


短い24式でも、後半の「下勢」あたりから急に気の高まりを感じますが、太極拳の型を練っているうちに血行がどんどん良くなり、気のエネルギーレベルがジワジワと上がっていくのではないでしょうか。


冷え性の方は、布団に入ったら、足の裏から気を丹田に吸い上げるような意識で、腹式呼吸をゆっくり20回ほどしてみてください。
息を吐くときは、下半身の血管がフワーッと膨らんでいくようにイメージするとよいでしょう。


suzukistyle at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 30, 2005

鼻呼吸してますか?


昨日3名の方が「お試し体験」にご来店されました。

うち、お二人は、カウンセリング中に口を開けていらっしゃり、明らかに口呼吸されていました。

訊いていると、やはり慢性疲労や口内炎、冷え性といった、口呼吸から雑菌が体内に入り込み、それが原因でミトコンドリアの活性が落ちて様々な症状が発現しているように思えます。


あまり知られていないことですが、「究極の免疫力」などを著し、ひとの免疫について長年研究されてきた西原克成先生によると、「鼻呼吸」に直すだけで多くの不調が改善されるといいます。

以前も紹介しましたが、口呼吸と冷たい飲み物の習慣が、身体中に雑菌を撒き散らし、さまざまな不定愁訴を招くのです。

対症療法の薬に頼る前に、そうした誤った習慣を正すことで、身体の中から体質を改善することが期待できるんです。


件のお二人ですが、お試し呼吸を30分していただいたところ、顔色がとてもよくなり、運動した後のように身体が温かくなって、しかも軽く感じると驚いていらっしゃいました。

腹式呼吸を習慣化すれば、必ず口呼吸が改善されます。
また鼻呼吸は、自然に腹式呼吸につながるため、いびきなどの改善も期待できるんです。(口呼吸では肩が上がる胸式呼吸になりがちです。)

朝、目が覚めたら喉の痛みを感じる方は、睡眠中に口呼吸しているはず。
きっと、あなたのミトコンドリアたちがもっと酸素と栄養を欲しがっていますよ!

昼間、なるべく腹式で深呼吸するようにしてみてください。
鼻呼吸に正すだけで、こんなに楽になるのかと驚かれると思います。

お試しあれ!

suzukistyle at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 25, 2005

骨折と高酸素療法


左手の舟状骨を骨折して9ヶ月。
そして骨盤からの骨移植手術をしてから6ヶ月。

今日、やっと完全に骨が付いたといわれました。@(-。-)ふぅ〜

長かったです...


舟状骨というのは手首の上の小さな舟のような形をした骨ですが、血管から遠いところにあるので、骨折すると栄養や酸素の供給がしにくく、ギプスだけではなかなか付きが悪いことで知られています。

実際、私の場合も、前の病院の処置が悪かったせいもありますが、2ヶ月のギプス後は骨折箇所が完全に離れてしまい、黄色い液が溜まって偽関節ができかけていました。

中高年では、手術をしても付かないことが多いそうで、何度か手術をやり直すこともあるとか。
ちょっと心配だったんですが、無事に治ってホントによかったです。


で、少しでも治りを良くするため、手術後はけっこう腹式呼吸に励みました!

じつは、骨折の治療には「高気圧酸素療法」というものがあり、あのベッカム選手をはじめとして、日本でもプロボクシング東洋太平洋チャンピオン、プロ野球の主力選手、オリンピック選手なども傷の早期回復、疲労回復、若返りダイエットのために高気圧酸素療法を受けているとか。

高気圧エアチャンバーシステムというカプセルに入り、30分ほど横になっているだけですが、血中の酸素量が増えて、疲れにくく、最高の素肌がよみがえり、脂肪が燃焼しやすい体質に変身するとのこと。

他にも、老化の進行を遅らせる、新陳代謝の向上、体脂肪を減らす、エネルギーが平均的に増加する、急速な疲労回復、痛みの緩和、質の良い睡眠が得られる、神経系を癒す、負傷の回復力の向上、活性酸素の害の中和、栄養素の吸収を助ける、心拍数を下げ休ませる、体液の流通を改善、免疫力の向上、記憶力の向上、体に害のある悪玉菌を減らす、体内毒素の中和を助ける、などが期待できるそうです。

程度の差はともかく、1気圧の状態で行う腹式呼吸にも、同様の効果が期待できるというわけです。


で、このカプセル、実は試供品として帯津三敬病院にも一時置かれていましたが、帯津先生が入ってみたところ、「いやぁ〜、まいったまいった!」といいながら1分で出てきてしまって皆大笑い!

狭くて息が詰まりそうになったそうで、「リラックスどころか、緊張しまくりですよ〜」としきりに照れていました。


すぐにメーカーに引き取ってもらったことはいうまでもありません!

suzukistyle at 19:34|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

November 22, 2005

目指せ、ヒーリング・ボイス!


高血圧と不眠症の改善のために、昨日から通学コースをスタートされたSさん。

夕べは久しぶりにアルコールを飲まずにお休みになれたそうで、今日はたいそう喜んでいらっしゃいました。

「お酒も飲まずに10時半に眠れたんですよ、久しぶりです! たった1日で効くなんて、腹式呼吸ってホントにすごいですね!」


高血圧も不眠症も、寝ている間に副交感神経が優位になれば徐々に改善されるんですが、そのためにも腹式呼吸と半身浴は大変効果があるんです。

で、どうしてSさんがうちに来られたかというと、お知り合いが交通事故に遭われて深刻な胸部損傷状態で、もうだめだろうといわれていたところ、たまたまその方も腹式呼吸をされていて、事故後もなんと無意識のうちに腹式で呼吸を続けていたため、一命を取り留めたということです。

Sさんはご本人からその話を聞いて、やっぱり「呼吸」は一番大切なことだと実感し、しっかり呼吸法を身につけようと思ったそうです。


そんなに若くはないSさんですが、驚いたことにひと呼吸35秒も時間をかけられるるんです!

そして終わったあとは、とてもスッキリして、疲れが吹っ飛ぶようだとおっしゃいます。


「すごいじゃないですか、そんなに早く効果を感じられる方は少ないですよ。
正しい呼吸ができているからなんですね、とっても順調ですよ!」

「ありがとうございます。先生の柔らか〜い声を聞きながらだと、とても気持ちよくできるんですよ!」


じつは、自慢話になっちゃいますが、よく癒し系の声だといわれるんですよ〜

やっぱり呼吸法をされているだけのことはある、なんて褒められるんですが、特に他に取り得もないので、声がいいといわれると素直にうれしいですね!


で、以前聞いた話に、ひとの声には、副交感神経を刺激する周波数があるということを思い出しました。

アメリカの男性の精神科医で、お腹から出る、角の取れたまろやかで落ち着いた声で話しかけるだけで、患者さんを治すんだそうです。

ヒーリング・ミュージックならぬ、ヒーリング・ボイスというんでしょうか。


で、電話カウンセリングで「もっと声を聞いていたいですっ」なんていわれると、単純なものでその日一日楽しく働くことができます!

suzukistyle at 23:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 17, 2005

「ためしてガッテン」の呼吸法は...


昨日の「ためしてガッテン」のテーマは呼吸法

呼吸法の効果として、「冷え改善効果は期待できる」、「ストレス緩和効果は期待できる」とし、また「よく眠れる」かどうかについても、ストレス緩和の効果が直接的に現れるため「安眠効果は期待できる」と結論付けていました。

ここまでは異論なし! うちの実績とも符合します。

ただし、腹式呼吸のみによるダイエット効果は「まったく期待できない」との判定には、少々加筆する必要がありそうです。


腹式呼吸を1日1時間、3ヶ月続けたとして、どのくらいのダイエット効果があるのか消費エネルギーを算定してみると、体脂肪にしてわずか0.1キログラム分という結果が予想されると言っていました。
計測を始めてすぐには4割もアップするのに、5分間経つと腹式呼吸によって増えた消費エネルギーがほとんど元に戻ってしまい、しかも最初に“消費エネルギーが増えた”といっても、ウォーキングなどの運動に比べれば増えた量はほんのわずかとのことでした。


まず言えることは、ダイエット(痩身)は消費エネルギーの多寡のみで決まるわけではないということです。
ウォーキングやサイクリングが、ダイエット効果でハードな運動に勝ることも多いという事実を考えればわかりますが、運動生理学や脂質代謝などを考慮しないと、消費カロリーの大小でだけでは「木を見て森を見ていない」といえます。

とはいえ、うちの呼吸法とて、腹式呼吸で痩せるというよりは「食事制限で痩せる」というのが正味のところでしょう。
商売でやっているのであくまで「呼吸で痩せる」と言いたいようですが、食事制限しなければ効果はあまり期待できないでしょう。この辺りは、耳ツボダイエットなども同じかと思います。


番組では「深呼吸をしすぎるとたちくらみや手足の痺れを感じる場合があります。深呼吸をする目安は1回1分、1日3回まで。これで十分、血圧を下げる作用が期待できるとのことです。深呼吸をしていて立ちくらみなどを感じた場合は、すぐにやめてください」と注意を促がしていましたが、1回30分の腹式呼吸を1日3回やっても、健康を損なうことはないと思います。

立ちくらみは脳に急速に送り込まれた血液が、立ち上がってスーッと落ちるときに感じやすいのですが、ちゃんと対処できるものです。手足の痺れは、血管が拡張して一時的に周辺の神経を圧迫することによる現象です。

少なくとも、これまで数百人のお客様で、こうしたことから身体の不調を招いた方はゼロでした。

どうも、仮説(臨床現場を離れた実験も含めて)による見解は、実際に実践して得られる結果とは食い違うことも多いみたいで、現代栄養学の欠陥にも相通じるところがあるようです。

痩身には、レプチンの感受性に影響されるような、肥満遺伝子との係わりが50%以上関与してきます。

そうした意味では、正しくは、「腹式呼吸だけで著しい痩身効果は期待出来ないものの、食事と適度な運動が加われば効果的なダイエットが可能になる」と申し上げておきましょう!


ま、テレビ番組にはわかりやすく結果を出さなくてはならないという制約があるので、やはり限界があるようですが、そういうものだと理解したうえで参考にすると良いかもしれませんね。

suzukistyle at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2005

表情筋を引き締めるフルート健康法?!


30年ぶりに、フルートを吹いてみました。

最初はスースーいっていたのが、1時間ほどで何とか少し音が出るようになったかな。
まだまだビブラートなんて無理ですが、少しずつ上達できたらと思っています。

で、なんで今さらフルートかというと、まず、管楽器をやっている人って、ホッペやあごの下が弛んでいる人が少ないということに気がついたんです。

つまり、トランペッターほどじゃないにしても、フルートを吹いていると唇周りの表情筋が鍛えられ、普通の人よりも下垂しないのでは、ってね!

実は先日、自分の顔全体が少し垂れてきたように見えて大ショックだったんです。
そういえば数年前、元妻と喧嘩した際に「40過ぎると顔が垂れてくるのね」なんてキツ〜イひと言をわれちゃったこともあったなぁ〜

で、表情筋の衰えは、即、老化顔につながりますよね!
大胸筋や大腿四等筋は鍛えても、表情筋は刺激したことがなかったし、かといってテレビでやっていた表情筋体操をアホ面しながらやるのもイヤだし、ってそんな折に、最近よく聴くBGMにフルートものがあって、これがとても良い音色なんで、「う〜ん、フルートも良いね」と急展開した次第。

こんな按配なんで、昔から節操なく多趣味(広く浅く)なんですね...


で、フルートなんですが、こんなに腹筋使ったけ?なんて思うほど、けっこう腹式呼吸を使うんですねぇ!
こりゃ、基礎代謝も上がりそう!

吹き矢健康法なんていうのがあるけど、きっと理屈は似ていると思うので、「フルート健康法」なんてイケるかも?

「継続は力なり」を忘れないようにしなくちゃ!

suzukistyle at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 26, 2005

酸素は足りてますか?


登山家の野口健氏が興味深いことを言っていました。

「エベレストに登頂した際に、予測を間違って、頂上で酸素ボンベが切れてしまったんですよ。そうしたらもう頭がまともに考えることができなくて、酸素マスクを壊したりとめちゃくちゃなことをしちゃうんです。で、結局ポーターに担がれて下山することになってしまいました。
高度8千メートルともなると、酸素の密度は平地の3分の1ほどになっちゃうんで、身体の細胞に必要な量が供給されなくて、特に脳が機能しなくなるんですね。酸素の大切さがよくわかりました」


高地での話であって、平地にいれば関係ないと思うかもしれませんが、実は、子どもの逆ギレなどは脳の酸素不足が原因だともいわれているくらい、現代人、特に若者たちは、酸素が十分に足りていないのではと思えます。

代謝が低くなって痩せにくくなってしまったと思っているあなた!
実は、酸素が足りなくて脂肪がしっかり燃焼されず、肌つやも衰えて老化が加速しているのかもしれませんよ〜(笑)


ということで、1日1回は腹式呼吸にトライして、ぜひとも酸素フルな身体にしてくださいね!

あなたのミトコンドリアが、激しく酸素を欲しがっていますよ!


suzukistyle at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 22, 2005

入眠障害には半身浴と腹式呼吸!


お客さんの中には、抑うつ傾向の方もいらっしゃいます。

抗うつ剤など数種類のクスリを服用されている方もいらっしゃいますが、いちばん辛い症状が不眠症、中でも入眠障害だそうです。

床についても眠れない。外が白んできた頃にやっとウトウトしてきたと思ったら、いきなりけたたましく鳴り響くサイレンのような目覚ましに叩き起こされ、寝た気がしないボーッとした頭で身支度を始める辛さ。

場合によっては、睡眠導入剤も有効ですが、その前にぜひとも試していただきたいのが「半身浴」と「腹式呼吸」!

まずは、38度くらいのぬる目のお風呂で20分以上の半身浴。

途中で眠くなったら、すぐに出てそのままお休みなさいしてください!

眠くないときは、すぐに照明を暗くして、癒し系の音楽でも聴きながら、しばらく横になってくつろいでください。

15分ほどして体表の温度が若干下がってきたら、消灯して就寝体制に入ります。

このとき、腹式呼吸を20回ほど続けてみてください。

お腹の上に手を置き、ゆっくりお腹を膨らませて両手を垂直に押し上げるのです。

そして両手の重みで、ゆっくりお腹をへこませてください。

うまくすれば、呼吸の最中に眠りにつくことも可能です!

そうでなくても、入眠しやすくなるはずですよ。

寝起きの良さも実証済みです。

お試しあれ!


suzukistyle at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2005

剣道と腹式呼吸


最近通学コースをスタートした方の中に、ずっと剣道をやってこられた方が二人いらっしゃいます。

で、二人とも、腹式呼吸がとても上手!

初日から、ゆっくり安定した呼吸をされていてびっくりです。
最初から、下腹部がキレイに動くんです。


剣道では、竹刀を打ち込む瞬間にグッと下腹に気を落とし込むのではと思うのですが、これが知らず知らずのうちに腹筋群を強くし、また、へそ下5cmほどのところにある臍下丹田に意識を集中し、気を溜めるということが自然にできているのではと思います。

太極拳の達人が、日本の武術・格闘技で太極拳に一番近いのは、合気道でも空手でもなく「剣道」だといったのを聞いたことがあります。

太極拳でも、臍下丹田はもっとも大切な部位、いわば生命線であり、独特の逆腹式呼吸をする際の意識の元になっています。

そんなところが、太極拳は動く呼吸法だといわれる所以ですが、剣道にも同じことが言えるのかもしれません。


それにしても、白い袴姿の女剣士なんて、なんとも凛々しくてカッコいいですね!

suzukistyle at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 01, 2005

やっぱりむずかしい...


なにがって?

実は、以前、ダイエットの通学コースでめざましい結果を残されたFさんなんですが、今日いただいたメールで「リバウンドしちゃった!」というんです。

安心して少しずつ食べているうちに、呼吸の実施や体重測定も疎遠になり、気がついたら毎日少しずつ体重が増えていたらしいんです。

あんなに順調にすすんでいたFさんが...

「先生のメールで、もう一度ちゃんとやろうと思いました」とおっしゃっていましたが、この「体重計に乗らなくなる」ことが、実はリバウンドの前兆なんです。


「体重計ダイエット」なんていうダイエット法まであるように、常に自分の体重・体脂肪率に意識を向けていることで、リバウンドを防ぐことができ、さらなる痩身も可能になるんです。
(意識のパワーってスゴいですね!)

何度も言いますが、それを可能にするか不可能にするかは、意識が途切れずに継続できるかどうかにかかっているんです。

そして、嫌いなことをイヤイヤやっていても、ダイエットは成功しません。
どこかでプツッと糸が切れてしまうことが多いんです。

そう考えると、ダイエットカウンセラーの仕事は、いかにお客さんの気持ちを向かわせるか、といった心理カウンセラーにも似た気質を要求されると思うのです。

さいわいFさんはイヤイヤされていたわけではないので、ここでリセットして再チャレンジする決意をされました!
(Sさん、エラいっ!)


バイオリズム曲線の上がっているときはどんどん前に向かえますが、人の気持ちには必ず波があります。
そのときをどう乗り切るかで、結果が大きく変わってくると思うんです。

私の感覚では、体重計に乗らなくなってしまうと、7割以上の方が、大なり小なりリバウンドしてしまうように感じます。

ペースダウンさせても一向にかまわないので、細々とでも健康法・ダイエット法を続けながら、とにかく体重計に乗ることだけは毎日続けてもらいたいと思います。

suzukistyle at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 28, 2005

部分痩せの処方


ダイエットコースの第2単位を終了されたTさん。
30代のOLさんです。

もともと標準体型&標準体重のTさんは、それでも2.5kgを減量でき、加えて冷え性、むくみ、肩こりが改善されたと喜んでいらっしゃいます。

ですが、体脂肪率にはまだ変化がなく、第3単位に期待したいところ。

で、二の腕のお肉をもう少し何とかして、見た目をスッキリさせたいので運動を併用したい、とのご本人の希望を受け、部分痩せのアドバイスを差し上げました。


二の腕と太ももを交互に1日おきに左右5分ずつ揉みほぐし、その後すぐに呼吸法を実施し、さらにウォーキングか軽いダンベル体操をしていただくことに!

メニューは固定せず、帰宅時間やその日の体調・気分などで、直前に決めてもらいます。
ただし、順番は大切なので、それだけは守ること。

これで、1ヶ月で体脂肪率を3〜5%、体重をさらに3kgほど落とします。


それにしても、最近のお客さんには、Tさんのようにまったくの標準体型だけど「○○部分をスッキリさせたい」という方が多いですね。

たしかに体幹部より四肢がスマートになると、見た目はとてもスッキリして見えるんです。(ギリギリ9号サイズの人が、7号に見えるくらいの効果がありますね!)

ただし、ウエストサイズは揉みほぐしだけでは減らないので、腹筋群やインナーマッスルを鍛え、骨盤を調整することで、しっかり「くびれ」をつくっていただきたいと思います。

ラテラル・ステッパーは、運動嫌いな人にも比較的お勧めですよ!

これで、実際に7号が着れるはず♪


(「部分痩せ」については、愚ブログの「部分痩せ」カテゴリーを参考に!)

suzukistyle at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 24, 2005

体重の戻りとリバウンド


以前、5日間で4.6kg減量されたSさんの話をしました。

その彼女から、嬉しいお便りが届きました!

先日、約1ヶ月間の第3単位までの第1クールが終了し、最終的に8.5kgの減量に成功したそうです。
見た目もだいぶ変わり、わけもなく鏡の前に立つことが増えたと大変喜んでおられました。

Sさんは体重の14%近くをひと月で落としたことになるんですが、ひとつ気になるのがリバウンドです。

この先、必ず停滞期を迎えるはずですが、それでも今の食生活をしっかり維持できれば、何の問題もないのですが、面白いように体重が落ちていく途中で、横這いのまま落ちなくなってしまうと、ひとはつい余計なことを考えてしまうもの。

「あぁ、このプログラムはこれが限界なんだ、今度はあっちのをやてみようかな」

そしてもしも上手くいかないと、「あぁ、もう、やーめたー」となってしまい、食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲むという元の食事に戻った途端、あっという間にリバウンドを招いてしまうのです。

停滞期や体重の戻りは、後から払う税金のようなもので、減量効果が高ければ必ずついてくるものです。

1ヶ月で大成功したSさんには、(いわゆる)リバウンドのリスクも大きいということです。

それがしっかりわかっていれば、停滞期にはじっと我慢をして、破綻することなくさらにまた5kg、10kgの減量が可能になるでしょう。


体重の戻りとリバウンドとは違うということです。

suzukistyle at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2005

史上最年少のお客さん


今日から通学のダイエットコースをスタートしたKさん。

お客さんだけどK君といったほうがピッタリするのは、彼がまだ16歳の高校生だから。

私にとっては最年少のお客さんですが、ちょっとおっとりした朴訥な感じの好青年です。


で、そんなに太っているというほどでもない若い彼がなぜ来店したかというと、実はお母様に勧められたんだとか。

彼自身はあまりぽっちゃりしていることを気にしていない様子で、というかそもそも髪型だのスタイルだのを気にするような子ではないんだけど、どうやら「成り行き上、来てしまいました」といったところでしょうか。(笑)


しかし、若い身体の勢いというのか、細胞の息吹というのか、「腹式呼吸」が実に力強いんです。

サッカーやテニスをやっているだけあって腹筋は問題ないし、いきなり初日から35秒を超える長い呼吸をしていたんですが、吸う息ひと息が、吐く息ひと息が、ダイナミックで春の芽吹きのような躍動感があるのです。

もちろん呼吸が荒いとか、勢いよく息を吸うとかいうんじゃなくて、細胞の波動というか強い気が出ているというか、代謝のよさが五感を通じてヒシヒシと伝わってくるといえばわかりやすいかな?

一見してまったくの健康体で、当然、ダイエットの他にお悩み症状などなく、食事は単純にダイエットメニューでよし。


「これ(呼吸法のこと)、毎日3回やるんっすか?」とちょっと面食らったような顔して帰っていきましたが、彼ならきっとしっかりやり遂げることでしょう!

K君のような若い男性がどこまで効果をあげられるのか、興味深いところです。

suzukistyle at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 31, 2005

祝・新記録達成!

先週の水曜日から呼吸法ダイエットコースをスタートされたSさん。

あのカラカラと高らかに笑う明るい女性です。


5日目の今日は、第1単位の最終日。

今朝チェックにおみえになったんですが、体重計の数値を見てびっくり!

5日前に比べて、なんと−4.6kg!!!

これまで200名近くのお客さんをみてきましたが、実質4日で−4.6kgというのは新記録です!

ダイエット合宿でさえも正味5日で−5kg弱が最高で、しかもこの方は男性でした。

ところがSさんは、女性でも小柄なほうなんです!

そして、体脂肪率はほとんど変わらないものの、内臓脂肪はレベルをひとつ落とすことができました。


基本的には、減量した大半は水分だったのでしょうが、「信じられない、ありえない」といいながら来店されたSさんは、期待した以上の結果に、

「センセ、うちもやればできるやろ!」と鼻高々!


で、何が信じられなかったのかというと、まったく空腹感がなく、朝も昼もほとんど果物や野菜に小魚だけで済んでしまっているとか。

心配になって夕食だけはしっかり食べているそうですが、食べようと思えばいくらでも食べれるものの、食べないで済むところが自分でも信じられないそうな。


「センセ、食べたいと思わんのは何か変やろか?」

「Sさんは1日3回しっかり腹式呼吸を実施して、必要なエネルギーを確保できてるんです。 心配ないので無理に食べる必要なんてありませんよ!」

「ホンマ? ビールも4日も飲んでないし、こんなん初めてやん!」

「明日から休止期間なのでビールは解禁ですよ! でも、飲み過ぎないようにね?」

「ふふふふ、うちのことわかってて釘刺してるんやろ? カラカラカラ!」


う〜ん、本人は待ちに待った休止期間は現状維持でいいと思っているようで、「明日は飲むでぇ〜」と考えているに違いありません。(笑)

それでもしっかり結果を出せるのがSさんのすごいところです!

suzukistyle at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 29, 2005

骨と酸素の関係


オフの今日はいろいろ身の回りのことで1日が終わりました。

午前中は庭の芝刈り、午後は整形外科で診察してもらい、その帰りに床屋へ。


で、左手舟状骨の術後2ヶ月目の経過ですが、

  順調な回復とのこと!

70〜80%骨がついているそうで、ギプス(装具)もあと1ヶ月の我慢。


「(折れた所は)思ったより硬化してなくて、まったく順調ですな」

「そうですか、毎日腹式深長呼吸をして、患部にたくさん酸素を送るようにしているんですよ」

「ふむふむ、それもあるかもしれないなぁ。骨が付くには栄養と酸素が必要だからね。しかしあんたも面白いことしてるね、はははは」

「自転車乗ってもだいじょうぶですか?」

「転ばない保証があればいいけど、あんまり勧められないなぁ。
ま、乗ってもいいけど、装具は必ず付けるようにね」


腹式呼吸により酸素供給量が増えて骨のつきが良くなったのでは、という仮説には、先生も「理論上ある程度は」という前提で同意されました。

もちろん他にそんな実験報告はないので、あくまで理論上の話ではあるし、事実結果についても私という「個体」の1例にしか過ぎません。

でも、たとえたまたま起こったことであっても、自分がやっていることが身体の自然治癒を促がす有効な一因となったであろうことには、ひとりほくそえんでしまいます!

で、再現性が確認できればいいんですけど、ケガはもうコリゴリ!

suzukistyle at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 28, 2005

腹式呼吸の効果

昨日から呼吸法ダイエットプログラムをスタートしたSさん。

あのカラカラと高らかに笑う40代の女性です。


で、そのSさんの今朝の体重は、前日比−1.6kg。

大半は水分なんですが、それもそのはず。
Sさんは昨日、事前にトイレに行ったにもかかわらず、
30分の腹式呼吸の後ですぐにまたトイレに駆け込んだのです。

つまり、腹式呼吸によって急激に血行が促進され、
リンパ液の流れが大幅に改善し、細胞に溜まっていた
余分な体液をバンバン回収していたのです!

さらに、その後のこと。

「肩こりは今どんなふうですか?」

「肩こり? え、あっ、そういえば、ぜんぜん痛うないわぁ〜!
 え、センセ、どういうことですっ?」

「だって、これだけ体液の循環がよくなれば、乳酸やら痛み物質やら、とにかく身体じゅうの老廃物がほとんど洗い流されてしまったはずですよ」

「そうなんやぁ、信じられへんけど、すっごい楽や〜」


そして、今朝お見えになられたときのこと。

「センセ、今日はウソみたいに身体軽いですわ。首も全然痛ないし、痩せるよりそっちのほうがホンマ嬉しいで!」

「肩こりには効果絶大なんですよ!」

「うんうん、毎週整体行ってたのってなんやったんやろ、損したわぁ!」


訊けば、夕べと今朝の食事制限はパーフェクトで、しかもきちんと呼吸法を実施されていました!
もちろん、アルコールは1滴も飲まなかったそうな。


う〜ん、ちょっと心配していたんですが、Sさんのやる気は本気!
Sさんは間違いなく「じぶんでできる人」です。
(疑ってゴメンなさい!)

で、「やればできるじゃない!」といいかけて、また逆襲されるのを恐れてやめました。(笑)



このように、「むくみ」と「肩こり」は、腹式呼吸の得意中の得意科目。
瞬時に改善を自覚できるんですよ!
大きな声ではいえませんが、普通の腹式呼吸で充分効果が期待できます。

横になったままお腹の上に両手を置き、ひと呼吸20秒以上かけてゆっくり下腹部を膨らませたり凹ませたりしてみてください。

気分がリラックスして、背中や足先が温かくなり、終わったあとは運動したときのようにスッキリしているはず。
もちろん、肩が凝っていたことなど忘れてしまうでしょう!

お試しあれ!

suzukistyle at 13:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)