takaoのブログ

福島県いわき市で開業している歯科医師です。 その日に思いついたことを気ままに書き綴っていきたいと思います。


巷でも話題のこの商品。

子供時代の思い出を語る上で絶対に外せないアイテム、ファミコン。

この箱を見ただけで郷愁に駆られます。

さすがの再現度!よくぞ作ってくれました!!

内蔵されている30タイトルについては人それぞれ

思い入れがあるでしょう。

スポーツものはマリオゴルフじゃなくて、ファミスタか

バレーボールだろ!とか、くにお君シリーズ2ついらない

とか、スーマリUSAを入れるよりスーマリ2だろ!などなど

言いたいことは色々ありますが、それもまた楽し。

実際に遊んでみると、まず懐かしい。が、数分やってみると

全然うまくできないことに気がつきます。

下手になってる、、。

というか、よくやってたな、こんな難しいの。

今更、これらのレトロゲームをクリアするほど極める気力も

なし、、、。

ということでウチでは、時々引っ張り出してきて、郷愁に耽る

アイテムとなりましたとさ。

 


本当にこんなことがあったということに驚きです。


2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と

認定される体罰事件が福岡で起きた。

地元の新聞報道をきっかけに、担当教諭は

「史上最悪の殺人教師」と呼ばれ、停職処分に。

児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。

正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは

予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。


タイトルからも類推できますが、この「教師による

体罰」というのが全くのでっちあげだったのですが、

モンスターペアレンツの破壊力と学校の事なかれ主義が

あいまって、事態は予想だにしない方向へ。

このご時世、学校も先生も本当に大変ですね。



いやー、かなりのご無沙汰になってしまいました。

書くネタは色々あるのですが、一度あいてしまうと

なんとなく億劫になってしまうもんですねー。

まあ、アクセス数をみてもそれほど多くの方が

読んでいるわけではないのですが、、。

そんな久しぶりのブログのネタは

映画『シン・ゴジラ』でいきたいと思います。



久しぶりの邦画ゴジラですが、私のように

今までのゴジラ映画の内容についてほとんど

知らない人でも十分楽しめる映画でした。

今、この日本に実際にゴジラのような超巨大生物が

現れたらどうなるか?をとことんリアルに

描いています。東日本大震災の時の政府の対応を

思い起こさせる表現となっており、

ゴジラ=天災

ということなのでしょう。

放射能をまき散らしたりしますし。

自衛隊やアメリカの持つ現代兵器ではゴジラに

ほとんどダメージを与える事ができず、一体どうやって

倒すのか??_ということに焦点が向けられるのですが

ここはなかなか激アツな展開になっていますので、

是非、実際に観てみて下さい。

 

このページのトップヘ