2017年02月10日

今年の冬は

10000137多分この小雪では終わらないと思いながら「降らないと楽な冬だ」そんな思いを倶知安の全町民は思っているでしょう。しかし自慢のパウダースノーは少なくスキー場にとって受難の年になるのではと心配の声もあります。
「ほどほどが良い」いい言葉です。
比羅夫の開発もヒートして町のインフラにも影響が出ています。例えば下水道の問題は深刻です。
一泊数十万もする今度ホテルのトイレから一挙にトイレットペーパーが流され、挙句の果てにはタオルまで
一部の外国人には用を足すたびに流さずトイレのごみ箱に入れる。掃除(ハウスクリーニング)のこれまた外国人はそのままトイレに流す。ホテル内の配管は何とかクリアーする。
しかし外の下水管、ポンプ場は一気に来る汚物でパンクする。そのたびに下水道課は緊急出動です。
いくら周知しても習慣の違いにはなかなか勝てないようです。


suzukiyasuaki at 12:04|PermalinkComments(0)

2016年11月12日

新幹線

北海道新幹線札幌延伸の槌音はだんだん大きくなっています。勿論、夢と希望を持って誘致運動をしたひとりとして最後まで責任を持って協力しています。
数日前に町内の廃校になった中学のグランドに巨大な仮設の実証?実験の足場の建物が建設される事になりました。高さ22メートル長さ100メートルの新幹線シエルターの雪の影響をデーターを取る実験用の仮設物で2年間にわたり使用するとの説明でした。
このシエルターは数年前から新幹線の雪の影響を受けないようにとの計画もありました。
新幹線倶知安駅は既存の駅に乗り入れますが、前後11キロの部分は数少ないトンネルのない路線で羊蹄山やニセコ連峰を眺める事の出来る新幹線景勝地?でした。それがシエルターにすると倶知安町内を南北に22メートルの城壁が11キロに渡り出来る事になり倶知安の景観も悪くなります。降雪対策としてヒーティングなど多様な方法を模索があるでしょうに!
未来に悔い残さなようにしつかりと議論をすべき事かと思います。安易に町有地を貸した理事者の考えが解りません。

suzukiyasuaki at 01:42|PermalinkComments(0)

2016年03月16日

悔し紛れ

世の中全て思いの通り行かないのは世の常です。
1.今日昼に役場の職員が自宅で自害しました。まだ40歳代の青年です。肝臓で少し入院して帰って来たら少し精神状態が不安定!職場環境はどうなんですか?きになるところです。ただ病気せいだけにして良いのでしょうか。

2.先日、とある方が言ってました。後志に北海道議員が3人もいたのに2名に!地域住民の意見も聞かずに保守と革新をが1議席ずつ仲良く、分けた。また次回も選挙なしですか。一人は民◯党の幹事長、一人は自◯党の議員会長、地域の声を聞き選挙の心配のない北海道議員です。その様な事を言われました。「我、羊蹄山麓から代表を出すべきです。」私は力を強くそのかたの手を握りました。

最近、いろんな事があります。倶知安町議会みんな優秀です。未来が楽しみです。

suzukiyasuaki at 02:31|PermalinkComments(0)

2016年02月17日

今年の年賀状の絵

image
私の年賀状は必ず羊蹄山が登場する。山に思いを込めたものや今年は人にそぜぞれの想いを込めてパソコンで書きました。最近、札幌で小さな講演会が開かれニセコ山系の倶知安町の現状を話させていただきましたが、新幹線、高速道路、札幌オリンピック、花園のホテルなど現状から話しをしてもパラダイスに聞こえるのではないかとー少しトーンを落としましたが、考えると今こそ投資の時かもしれませんね。行政もいろんな事が町民と夢を共有出来るチャンスです。勿論博打でないのでよく考えてスピードが大切です。倶知安町もようやく人事査定をする様です。形骸化を辞めてふるいにかけるべきです。 町長の勇気に期待しましょう。


suzukiyasuaki at 04:22|PermalinkComments(0)

2016年02月03日

新幹線と高速道路と札幌オリンピックとひらふ

2030年北海道新幹線倶知安駅が開業します。2024年高規格道路倶知安インターチェンジ開通、2026年札幌オリンピックのアルペン競技がニセコ地区での開催。目の回るような忙しさです。
今、ニセコひらふにコンドミニアム・ホテルが所せましと建設されています。
スキー客は外国人9割日本人1割、倶知安町の外国人登録は1100人 多くはオーストラリア、ヨーロッパ国籍などなど 和風レストラン、居酒屋など大流行!2019年には有名ホテルが花園にオープン!投資は際限なく進んでいます。
他の町から見ると夢のような好景気の倶知安町ですが、このように事態は更に進んでいます。一部の山林は一坪一万円との話も聞きます。当然町内の地価取引額も数倍も高騰していると聞きます
投資の多くは香港をはじめマレーシア等の華僑系が多いように思います。町内のスーパーでは一折7200円の高級ウニが飛ぶように売れています。コンドミニアムに在来の富裕層の食材です。

こうして列記してみると凄いことになりそうです。役場では人口の未来予測がされています。
人口減で消滅町村の声もあるなかなかなか役場職員は人口の設定に手をやいているところです。
とにかく課題も多い倶知安町ですが目標値をきちんと決めて戦うつもりでやらないと流されていきます。
私はこの地でオリンピックが開催されることが本物の倶知安町になると思います。
東洋のサンモリッツは健在です。


suzukiyasuaki at 16:00|PermalinkComments(0)

2015年11月30日

師走

早いものでもう12月です。今年の4月7回目の倶知安町議会選挙で上位当選をさせていただきました。議長も再任をいただきました。毎日を町民お一人お一人の顔を思い浮かべながら議長の職を「全身全霊」わが身のすべてを倶知安の明日に打ち込んでおります。
ニセコひらふリゾートを抱える倶知安には明るい話題がたくさんあります。北海道新幹線(2030年)倶知安駅、高速道路は2023年には倶知安まで開通予定、札幌オリンピック(2026年)これだけ見るとパラダイスです。
その中でもどうも理解できない事もあります。例えば高速道路(高規格道路)ですが、過日の中央の陳情の時で、我々の待ち焦がれている高速道路を国道5号線と表記しています。何故国道五号線?と聞くと表現はあくまでも国道と言うらしいのです。余市までは有料ですが倶知安まで無料ですのでそういうのでしょうか?決してハイウェーと言えないのは寂しい気がします。この道路計画は倶知安でストップしていますが北海道の動脈として黒松内まで早く貫通して道路インフラの整備はこの地区を更に成長させると思います。


suzukiyasuaki at 12:51|PermalinkComments(0)

2015年09月15日

諸事報告

本当に暫くブログとご無沙汰していました。フェスブックで簡単に携帯からの手軽さで、文章を書く事が下手になりました。
諸事報告です。
4月の7期目の町議選は上位で当選させていただきました。この歳で6人もの優秀な新人と戦いました。今での選挙の中で一番充実した戦いでした。ある意味、楽しく自分の形の選挙が出来て楽しさもありました。
でも本当の戦いはそれからの議長選挙でした。
議長でなければ出来ない仕事に想いを馳せて立候補しました。再委任をさせていただき、本当に嬉しく思いました。気を引き締めて更に町の為に頑張っています。お陰様で多くの議員と会派も組み16人中12人と言う超最大会派のなかにいます。

書きたい事は山ほどあります。少しずつ少しずつ書く様にします。
同級生から「ブログはどうした」と以前は言われ、最近では言われなくなりました。
頑張ります。10月10日倶知安町のリバーパークマラソン大会に出ます。70才半の私の挑戦です。
連休は羊蹄山は無理でもニセコアンヌプリに登ります。
以上、諸事報告まで







suzukiyasuaki at 00:16|PermalinkComments(0)

2014年12月17日

空は見ている

できることは本当にちっぽけなことかもしれませんが、
どうしても新しい歴史の一端を担いたいのです。
この燃えるような熱い気持ちを、
たとえ一人もわかってくれなかったとしても、
この空だけはしっかり見てくれていると信じて、進みます。
吉田松陰 「覚悟の磨き方」から

衆院議員選挙も終わりました。私も自分の信じている事を訴えました。
「この故郷をもっと良い街にしたい」皆んながそう思いながら投票をしてくれました。
ありがたい事です。




suzukiyasuaki at 00:09|PermalinkComments(0)

2014年11月04日

覚悟の磨き方

吉田松陰の「覚悟の磨き方」を読んでました。不安と生きるか。理想に死ぬか。
最初のページに「この命をどう使い切るか。ついに志を立てる時が来た」とありましたが.....

吉田松陰は25歳

私はあまりにも不要な歳をとりすぎたのかもわからない。


吉田松陰辞世の句

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも
留め置かまし 大和魂




suzukiyasuaki at 00:35|PermalinkComments(0)

2014年02月11日

川上さんへ

1月17日、私の後援会長が川上正宏様が亡くなりました。迷いましたが川上さんのもとに届けとばかりの想いでブログに転記しました。

弔辞

故川上正宏殿の御霊前に申しあげます。

偉功院徳隠正碩禅居士 いこういんとくおんしょうせきぜんこじ
偉功 いこう 立派な功績を残した人
徳隠 とくおん 中庸で思慮深く品性がある人
正碩 しょうせき 学問と優れた徳を備え人の上に立つ人
優しくて思慮深く多くの人に慕われた川上さんそのもの戒名です。

十七日午後、本当に青天霹靂せいてんへきれき 突然の訃報は多くの人々を驚愕の世界に引き入れました。
数日前に事務所にお邪魔した時、大変お元気で 町の事や次の選挙の事など一時間程の時間でしたが報告しました。
帰り際、早くいろんな会合へ復帰復帰して商工会議所の会頭の元気なところをみせてくださいとお願いをしました。
早速18日の建設協会の新年会出席も約束してくれました。

建設協会 副会長として瀬尾会長といまだ先行きが見えない建設業界に多大なご尽力をいただきました。ハワイ  中国 タイ バリのコレラ事件など 更に雪とぴあ じゃが祭りなど 常にご一緒し 限りない思い出でいっぱいです。

選挙 宮下さん伊藤さん福島さんの町長選挙 道議会議員選挙、伊達さん長谷川岳さんの参議院選挙 町議会選挙では本当に後援会長としてお世話になりました。 そしてこのたびの中村代議士を誕生の一躍を担った後援会長としての采配、活躍は本当に目を見張るものがありました。以前のわだかまりを超えて川上さんらしい選挙事務所でした

陳情
私が議長に就任した時、今度は陳情に一緒に行けるね 嬉しい顔をしていただきました 
新幹線 高速道路 自衛隊拡充の陳情
最後に一緒の陳情は札幌真駒内での自衛隊の陳情でした。
昼食の時 ニトリで二人の孫の抱き枕を買いましたね。優しいおじいちゃんの目でした。
川上さんの夢、高速道路で倶知安から札幌まで
新幹線は無理でも高速道路は乗れるよね
いつも言ってました
その想いはみんなで頑張って実現させます
十七日から毎日の仮通夜
奥さんが一日でも長く一緒に居たい
その思いが伝わってきました
二人の旅行のお話も聞きました
いつもづーっと優しい川上さんのお話ばかりでした。

最後にこれだけは皆さんに紹介します
川上さんの居間の本棚 一冊の本
日本一短い「家族」への手紙
福井県丸岡町が公募した手紙文のコンクールをまとめた本ですが
私は気になり手を取るとチラシのメモも挟まっていました。メモには何も書いてはいませんでしたが
そこにあった文章は

息子へ
物は要らない。電話も要らぬ。
ときどき母さんに葉書を書けばよい。
親父より
息子へ
物は要らない。電話も要らぬ。
ときどき母さんに葉書を書けばよい。
親父より

奥さんの事を三人の息子に託した言葉なのでしょう。最後まで奥さんへの愛情の深い想いが
伝わりました。
私たちは川上さんのこの故郷への想いを引き継ぎ、優しい気持ちでみんなで力を合わせて倶知安町を作り上げます
どうか私たちを天からお導きください

倶知安町議会 議長 鈴木保昭




suzukiyasuaki at 16:17|PermalinkComments(0)

倶知安を懐かしむ皆さん

ご無沙汰しています。
みなさんお元気で活躍の事とお喜び申し上げます。

ニセコひらふの大盛況はこのままいつまでこの繁栄が続くのか心配なぐらい多くの内外のお客さんが押しかけています。今年の傾向として主に東南アジアの方のいろんな階層の方が(今までは裕福層)みえておりどこまでも真っ白いパウダーを求めてスキーボードばかりではなくスノーモービルなどで楽しんでいるようです。
ひらふは私でも多くのお店で知らないところになりつつあります。

市街地は三月末に大きなスパーが開店します。新しい賑わいが楽しみです。
駅通も新たな飲食店が増えていますが、老朽化の店舗は取り壊しが進み空き地になっています。
空き地の有効利用とこの機会に思い切った市街地計画の中で官民の総合的な再開発事業も進めて行くべきと考えます。

行政も保育所、給食センターなどなどこれから早急にやらなければならない課題は多く、特に役場庁舎の耐震力数値が半分程度で本来の防災本部としての機能も危ぶまれています。
町長も議員も残された任期は一年ですがみんなで力を合わせて悔いのな仕事ぶりを発揮すべき時です。
私も最後のひと踏ん張りをどこでどのようにすべきか....思案中です。

雪は良い雪が毎日降っています。例年並みですね。
皆様お元気でお過ごしください。



suzukiyasuaki at 15:44|PermalinkComments(0)

2013年05月06日

役場

倶知安町の役場の耐震は3-5、限りなく地震に弱い診断結果。
それにもかかわらず何の対策も取られていない。
役場の事務室のガラスは随所でヒビが大きく入っている。(注1)
床は変形し内側にゆがんでいる。スラブコンクリートの変形も考えられるらしい。冬になると思わぬところからツララが出現!コンクリートが凍結で破壊されーー鉄筋の一部が露出している。
危険なのは望楼でどちらに倒れるかによつて被害状況は違うと言う。
出入りする町民も役場で事務を取る職員は常に危険にさらされていることになります。

※以下書籍から抜粋
端的に申せば、耐震診断をして早急に補強する必要のある建物を放置して公共の建物を利用すると犯罪になります。平然のなのは、役場所有する建物の立地している地域に、幸いにも大きな地震(震度6程度以上)が無かっただけの事です。
建設当時の構造設計指針は、水平震度0.2(H=16mまで)定数で計算していたと記憶しています。
また、柱の帯筋(Hoop筋)間隔は30cmから10cmに変更された後の設計ですが、
単純に変更されただけで、短柱や壁の評価は全くされていません。
従って、建物のネジレ変形はもちろんの事、各階の剛性評価も的確にされていない設計の筈です。
建物所有者は、その建物を維持管理する責務と、使用に対する安全を確保する責務を負います。
それは、築年数の問題ではありません!
建設当時は、普通の事が、時代の進歩に依って普通で無くなるのです。
従って、最新の耐震診断の結果を精査しないと、とんでもない責任を背負う事になる可能性があります。
充分配慮して下さい。近年は、知らなかった! では済まされない社会になっています。
(注1)福岡市最大の繁華街・天神の「福岡ビル」では、360枚のガラスが割れ、通行人を襲った。こうしたガラスの問題を防ぐ為、国土交通省は22日、緊急点検と問題があれば改修する事を都道府県などを通じて要請することを決めた。対象は78年の旧建設省告示改正の前に建てられ、都市部の幹線道路や災害時の避難路などに面したビルの所有者
ガラスは変形に弱い。専門家によると、地震によるゆれではなく、建物の変形に伴うゆがみで窓ガラスが割れるケースが殆どである。告示の改正は78年の宮城県沖地震がきっかけになった。同地震で、窓ガラスの被害が目立ち、旧建設省は、窓枠とガラスの間を埋める充填剤に硬い素材を使わないよう告示を改めた。軟らかい素材を使えば建物の歪みがガラスに伝わらず、破損しにくくなるからである。
しかし、福岡ビルの完成は61年。割れた窓の殆どに、硬い充填剤が使われていた。震度6クラスの揺れが首都で起きたらどうなるか。東京湾北部でマグニチュード7.3の直下地震が起きた場合、古い建物を中心に窓ガラスや壁面が落下し、死者は約80人、負傷者は数十倍と想定されている。同文章の重用点は「調査結果に基づき、適切な改善指導等の措置を講ずること」と明記していること。適切な改善策として々腓錣札ラスなどの安全ガラスにはめ替える飛散防止フィルムを貼付(ちょうふ)する、の二点が挙げられ、実際には「古いビルの窓ガラスの改修(サッシ取替え、合わせガラスの入れ替え)は、コスト的に難しい点があり、結局飛散防止フィルムを貼付する策が採られることになるだろう」(業界専門筋)国土交通省ホームページ

suzukiyasuaki at 22:38|PermalinkComments(0)

2013年04月24日

この街をつくつたのは
子供達たちですか?わくわく冒険したくな町だから
この町をつくつた絵かきやさんですか?
絵になるけしきがたくさんあります
もしかして、この街を作つたのは、
植木屋さんかも
緑のとても多い街だから
それともこの街をつくつたのは
お母さんでは
「いつてらっしゃいお帰りなさい〜」
って声をかけてくれる街だから〜
街を思うち力、街を作るのは私達のおもいです。
人を想う心
街を想う心

suzukiyasuaki at 22:59|PermalinkComments(0)

2013年04月16日

同級生とジンギスカン

今夜はいつもの中学の同級生がジンギスカン店「寛松」に集まりました。仲の良い同級生です。こんな風景が年に六回以上もあります。今日はB君が提案者です。B君は肺がんの再発からの復活祭としてジンギスカンを腹一杯食べていましたが、病院で食べたい〜と思いつめての念願のジンギスカンだそうです。今日も十五人ぐらい集まりましたが、主人公のB君を労わる仲間は誰もいませんでした。優しい言葉をかけなくてもみんなの気持ちは通じているのです。
もう何十年もこんな仲間の世話人はT君です。告知のチラシ配りから会計までーーー本当みんなT君に感謝しています。同級生がいつもこうして美味しいジンギスカンを食べる事の幸せなことです。因みに寛松も同級生です。そしてB君は体重も増えて完全回復です。

suzukiyasuaki at 22:19|PermalinkComments(0)

2013年04月13日

「折り返し点に到達した」

decision私が倶知安町議会議員に当選したのは、平成3年で4月22日に氏家ミエ選挙管理委員長より当選証書をいただきました。役場の三階会議室で氏家委員長は威厳を持ち一人一人に当選証書を手渡していた。私の番まで来ると突然「大きくなったね。頑張ってね」と涙声で言われました。氏家さんは私の亡き母と親友で私も氏家さん(当時は質屋さん)の向かいの家で育ちました。氏家さんはお元気で札幌で療養中とお聞きします。
初当選以来6期の選挙をしましたが、ついに念願のトップ当選はかないませんでしたが、本当の多くの支持者の皆さんに囲まれて楽しい選挙をしました。今月で6期目の折り返しに到達しました。次に向かってそろそろ目標を決断しなくてはなりません。

フェスブックに次の記事をみつけました。シエアしましたが、千田琢哉氏の「たった2分で、決断できる。: 迷った君に気づきをくれる63の運命の言葉 」学研マーケティング社から抜粋させていただきました。 (私も購入しました)
あなたは今、ある分かれ道に立っています。それは決断するか、しないかの分かれ道です。しかしどちらかの道を選択せずに 分岐点の真ん中で足踏みをし続けていないでしょうか。

あなたがキスしたい自分はどっち?
決断は一瞬でしなければいけません。

ダラダラと長時間考える決断はこの世に存在せず、
決断するまでの準備をただサボってただけ、
とまで著者は言い切っています。


偉人たちは自分の人生の分岐点において、
凡人だったらまず選ばない選択肢を
選んでいることに気付かされる。
"とはいってもクヨクヨしてしまう人は
決断をする際にこう考えてみるといいでしょう。
もしあなたが異性なら、どちらを選んだ自分とキスしたいか
"
決断できない人は自分ではどうにでもできないことにまで
頭を悩ませてしまいがちです。
そんな人はこのように
自分がヒーロー・ヒロインになったかのように楽しみながら
「えい!」と決断しましょう。

出た結果に対して文句を言うと、 結果が出せない人間になっていく。この事実を受け入れることができずに不平不満、文句までつける人が多くいるようです。

あなたの周りに待ち合わせによく遅刻する人が1、2人はいるはずです。そんな友人を持つあなたはこの決断をするべきだと伝えています。遅刻して平然としている相手とは、2度と会わない。時間にルーズな人は、たいていお金にもルーズであるとしています。
また、遅刻をする人は、遅刻をする人同士でグループを構成しているとのこと。

遅刻をしても許してもらえるような人同士でしか
付き合ってもらえないからだそうです。つまりそういう人と付き合っていると いずれあなたもそのルーズなグループに入ってしまう可能性があります。

かく言う私も遅刻魔でした。

しかし時間の大切さ、時間を活用することによって得られるメリットに気づいてからは
「自分が遅刻することで、相手の大切な時間を奪ってしまっている」
と考えるようになり行動を改めています。

友人が少ないと気にするあなたへ

小学校の頃、友だち100人できると信じていた。
友だちを作らなければならないと思っていた。
友だちに嫌われたら人生終わりだと思っていた。

だがそれは間違いだった。本書では、人間は1人の時間のときに成長していくものだとしています。

もちろん人と会う時間はとても大切ですが、
成長できない同士で群がって噂話をする人生で終わってしまうのは
やめるべきだということです。

ムダに朝までダラダラと飲んだりなど、 惰性の付き合いであなたの大切な時間を浪費するのはやめましょう。
(「自動車営業マンの250の法則 ギネス認定された世界一セールスマン」
の仲良しクラブの項を参考にしてみてください。)孤独に自分を磨いていくと、必ず運命の人と引き寄せ合う。

運命の人が知がづいてきたら理屈ではなく、直感でわかる。お互い孤独に自分を磨いてきた者同士がピン!とくるのが、 生涯の友なのだ。
◦迷った時どちらを選んだ自分とキスをしたいか
◦キャリアで悩んだら5年先輩、10年先輩を観察する
◦出た結果が事実だと受け入れる
◦遅刻する友人とは会わない
◦惰性で時間を浪費せず、自分を磨く
いかがでしょうか。

どんなことにでも当てはまりますが
一番初めがとても難しいものです。

これは10メートルある高さの飛び込み台でウロウロしているようなもの。

そんな時、背中をポンっと押してもらえればドボーン!と飛び込みできて
水面から上がった時には清々しささえ感じることができます。

さらにさっきまでの恐怖は消えていて
楽しいからもう一度飛び込もうという気になります。

決断とはこれに似ています。

一度決断してしまえば
「なんであんなに悩んでいたんだろう」
「もっと早く行動すればよかった」
「こんなに大切なことだったんだ」
と多くの気づきを得ます。

そして背中を押す役目を果たすのは「言葉の力」。

本書では仕事、お金、時間、恋愛、人生などのカテゴリーに分けられており
決断できない人への言葉が散りばめられています。


行動をすると必ず結論がでる。 結論が出ると人生が一歩進む。
こんな言葉たちにあなたも背中を押されてみてはいかがでしょうか。
最後に時間の価値に対する言葉を紹介させて頂きます。

◦1年の価値は、卒業試験に落ちた学生が知っている。
◦1ヶ月の価値は、未熟児を産んだ母親が知っている。
◦1週間の価値は、週刊誌の編集長が知っている。
◦1時間の価値は、待ち合わせをしている恋人たちが知っている。
◦1分間の価値は、電車やバスに乗り遅れた人が知っている。
◦1秒の価値は、事故で命拾いした人が知っている。
◦1千分の1秒の価値は、オリンピックの銀メダリストが知っている。

「一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門」より


suzukiyasuaki at 17:38|PermalinkComments(0)

2012年09月21日

私とジンギスカン(成吉恩汁)

jin
ジンギスカン(成吉恩汁)。私のジンギスカンはカレーから始まる。
子供のころの我が家のカレーは小麦粉とカレー粉を炒める事から始まる。それに玉ねぎとじゃがいもにニンジンと100グラムのバラ豚肉。この100グラムの肉が自分の皿にどれだけ載っているのか・・・・目を輝かして肉に注目したものだ。近くの肉屋で(いつも100グラム)バラ肉を買うことも私のお使いだった。こうして書いていると(あれ、グラム・・・匁だったのかも)いずれにしてもいつも同じ100グラムのバラ豚肉だった。その話を同期の友人に話をすると「豚肉が入っていることは贅沢だ」と言われる。大きくなつたら「肉を腹いっぱい食べたい」それが願望であった。

倶知安は国鉄の機関区、車掌区などなど多くの国鉄で働く多くの人がいた。
倶知安駅前には七輪の上に穴のあいた鉄鍋にジンギスカンがもうもうと煙を立てていた。そんなジンギスカン店が三軒ほどあり、いつも多くの客で溢れていた。よく親父に連れられて行ったが、そこでも腹いっぱいは食べさせてもらえなかったが、当時では希少なジンギスカンをよく食べた。

寛松のジンギスカンは歓楽街にあり、私とは縁の遠いところにあったが、先代の味は強烈ににんにくの味と香りがした記憶だけある。
二代目の店主は私と同級生で、土地改良区に務めながら店をやっていた。その土地改良区が人員整理に合わせて「寛松」の専業店主となったと記憶しているが、当時はなれない商売のためか極めて無愛想な不器用な店主であつた。

疲れた時の腹いっぱいのジンギスカンは私にとって何よりの御馳走で、多くの知人・友人そして何かの縁で知り合いになれた人達ともこのジンギスカンを食べます。
みんなが旨い旨いと褒めてもらうことが自分の事のように嬉しくなります。
最近、一番嬉しかったのは大学生数人とのジンギスカンを一緒して「一番のジンギスカン」と言われた事です。
食べ過ぎるとおかみさんから警告がありますが、「健康でずっとこのジンギスカンをお腹一杯食べて下さい」との想いからだそうです。  

suzukiyasuaki at 21:05|PermalinkComments(0)

2012年08月29日

ずいぶんと御無沙汰

本当に書き込みが御無沙汰しています。フェースブックのアドレス?は すずき やすあき で検索してください。

suzukiyasuaki at 22:48|PermalinkComments(0)

2012年04月02日

新年度

ご挨拶
謹啓 春陽の候、皆様におかれましてはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
さて、このたび私は、三月三十一日付けをもって、倶知安観光協会会長を退任致しました。
三期五年の長きにわたり、観光には素人の私が「倶知安の基幹産業は観光である」との想いの中、多くの皆さんと関わりながら、七十余年の歴史ある倶知安観光協会の会長としてその重責を勤めることができました。これもひとえに皆様のご厚情の賜物と、心より感謝いたしております。
今後は、後任の本田 哲氏が協会を率いてまいりますが、これからも変わらぬお引き立を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら、書中をもってご挨拶申し上げます 。
敬 具


本日、郵送させていだだいた挨拶状です。本当にお世話になりました。多くの皆さんに心から感謝です。

青春とは心の若さである
信念と希望にあふれ勇気に
みちて日に新たな活動を
つづけるかぎり青春は永遠に
その人のものである   −松下幸之助―
books


suzukiyasuaki at 14:06|PermalinkComments(0)

2012年02月24日

頑張れ

久しぶりにブログ書きます。昨日は町長に同行して厚生連に!厚生病院関係で会議でした。12時過ぎ札幌駅からJRで千歳空港に着いたのは予定の飛行機の定刻15分前でギリギリでセーフ、東京での3時半からの会議に数分遅れで出席でした。今日は朝早く起きて9時に農水省に一人陳情活動をすませ羽田に直行したところJALは満席、慌てて連絡バスでANA12時発にのりました。千歳でカレーを食べてJRの車内でブログ書いています。列車は満員状態です。小樽で乗り換えて倶知安には夕方6時に着きます。列車の旅もいいものですね。あ〜千歳空港国際線到着ロビーの花園カウンターにはニセコのお客様が多勢の外国人で溢れていました。

今日の夕方6時から

ヒラフの大きな居酒屋さんでユナイテッド航空のアジア全地区の職員の社内旅行のパーティが50名以上も来ニセコひらふ!歓迎のご挨拶をさせて頂きました。

ひらふーは多くの外国人で大盛況ですー



suzukiyasuaki at 15:39|PermalinkComments(0)

2012年01月26日

ラジオ聴くならカーナビラジオ

久しぶりにブログ書きます。毎日が戦争ですが順応性があるのであり、苦になりません。元気元気

本日朝八時から札幌へ観光協会の営業でした。10時道警本部にひらふ臨時交番の御礼にうかがう。道警本部には11:30までお話。ヒラフの安全確保のために詳細の打ち合わせl

昼から北海道観光機構へ、ここも台湾対策から多くの議論沸騰、大変勉強になりました。韓国のお客様を呼び込む方策など

道庁へ観光部長などと次年度事業について打ち合わせ,次は国交省観光企画課で日頃の情報提供に感謝をつげました。

機構からの紹介で初めての韓国民団北海道支部飛び込み営業もしました。李事務局長に運良く出会え、韓国からの誘客をお願いする。気持ちの良い青年であった、韓国っとも仲良くすべきです〜次に札幌大学の政経部長に就任した千葉教授にご挨拶。うどん食べて帰りました。4時から約束のHBCラジオの山根あゆみさんと会えます。YASUさんも仲間に入り雪とピアのダイセンデン会でした。ずーっと頑張れ山根ーーーーー頼もしい倶知安観光大使さんです。



suzukiyasuaki at 22:51|PermalinkComments(0)