2017年08月04日

428回目の教室

8月2日、428回目の教室です。三重県松阪から見学3名、親子組3組とご夫妻1組などで総勢17名。車椅子のスミコさんは出席の予定なのに到着の気配なし。再々電話してもお出にならないので、少なからず心配しましたが、タクシーが送迎時間を間違ったとの事で、30分遅れで到着。一息入れてドジョウさんゲームから参加。
見学の方がおられても何時もの通り順調に進行。スズメの学校は顔なじみでない方が参加されても、初めての方、と言う雰囲気が来た方にも迎えた方にもなくて、すっかり皆さんと同化してしまうのが特徴です。
夏場はペットボトルのお茶にお抹茶を混ぜて冷やしておきます。今回は人数も多いので2㍑のお茶2本用意し、お菓子は「しんこ」(上新粉を蒸してひねったもの).白と抹茶、シナモンの3色。お茶の時、お好みをいってください、といって、選んで頂きました。自分で決めて意思表示する事が出来にくいお年頃が多いので、「おもてなし」にはほど遠いのですが、早く仰らないと好きなものがなくなりますよ、と決断を急がせます。お茶も暖かいのか冷たいのかをお尋ねします。スミコさんは車椅子にもかかわらず、一人暮らしで、家では暖かいお茶を飲むことがないので、教室でのお茶も楽しみの一つになっています。
スズメの学校は回数を重ねていますので、平均年齢も10歳ほど高くなりましたから、加齢対策も必要です。席順もトランプを配って、自分で同じカードの所を探して座って頂くようにしています。お手洗いの近い方には時折お声をかけます。
ゲームの中で風船バレーは頑張って後ろにそりすぎて転倒の恐れもあるので最近はしていません。代わりにサッカーはグループ分けしますが、皆がゴールに蹴り入れられるようにPK戦タイプです。皆が観客としても緊張し、蹴る方も集中して、一番人気で、上手くゴールが決められると大拍手。上手くはい入らないとがっかりの風が吹きます。
最後に、見学の方にスズメの学校での一番印象に残った事は何かとお尋ねしたら、教室のアイドル、キクエさん(94歳)のことでした。この日はとても体調も良く指数えも、リズムも概ね絶好調。ドジョウさんの折の声かけも小さい声ですが始められたので、私が指で唇を押さえて「シー」の合図をしたら皆さんが直ぐ声を落としてキクエさんの声が聞こえるようにして下さいました。このことを見て、見学の方が皆でキクエさんを受け入れ支えていることがとてもよかったということでした。「シー」と皆さんの方を向いてやったわけではないのですが、皆さんがキクエさんがどうするか何時も気にかけておられるからの反応でした。そしていつものように「じゅっ」で指が上がりました。
以上、スズメの学校の穏やかな様子でした。


suzume3a at 12:14|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

夢の旅行ならぬ夢の食事会

6月28日教室の皆さん揃ってお食事会を開きました。鮎がいいな、松茸がいいな、と夢の旅行ならぬ夢の食事会を実現するため毎月1,000円積み立てています。スミコさんは車椅子で右がご不自由なので、初めての食事会の時はお料理屋さんの会場が2階だったので、お店の方の手を借りて2階まで車椅子ごと上がって頂くつもりでしたが、スミコさんが固く辞退されました。今回は車椅子でも楽に入れる近くのホテルのレストランを選びました。皆さんのご自宅から近く、普段着で気楽に入れ、送迎の車も駐めやすく、店内の移動も心配ありません。
問題はメニュウーです。付き添いのご家族はいいのですが、80歳後半の方々に量的にも、食べやすさについても負担にならないように、レストランと相談してお造りなし、ご飯とお汁もなし、代わりにちらし寿司と茶碗蒸し、別に湯葉などの炊き合わせのふた物、ローストビーフのサラダ風、デザートも入れた9品の松花堂弁当をご用意いただきました。スミコさんはフォークとスプーンで上手く完食。
半年積み立てていたのですが、費用は半分で済んだので、秋にもまた食事会をすることにしました。皆さん、大変満足してくださって、教室ではあまり個人的な話しは出ませんが、皆さん打ち解けて色々なお話しが出来たようで、楽しい一時を過ごしていただけました。翌日、スミコさんから、夢みたい、と喜びのお電話を頂きました。


suzume3a at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月06日

都々逸

 認知症を予防する方法が数多く紹介されています。本屋さんの立ち読みよろしく、好奇心に駆られてあれこれ説明を読みます。なるほど!と納得はするのですが、好奇心を興味に変えて継続に持っていくことは難しいのです。理由はリズム音痴、運動が嫌いで「用もないのに走るのは人間だけ」と言う言葉に納得しているためです。しかし、母のためにと始めた認知症予防教室「スズメの学校」で続けている「みんなの認知症予防ゲーム」はリーダーの言われる通りにやっていれば、思わず笑ったり、運動とは思わないのに運動になっている、リズム音痴も皆さんとリズムが合わせられる、ということで、母を見送った後も続けて、週1回で420回以上になります。
その結果出来た都々逸です。

認知症を
持たない人も持つ人も
ともに明るく穏やかに
予防ゲームで大笑い
頭いきいき身も軽く
症状改善 悪化の予防
発症10年先送り
みんなで一緒に
楽しみながら
日の本一の住みよい「伏見」

(スズメの学校は 京都市伏見区にあります。)

「みんなの認知症予防ゲーム」を良しとする方はお住まいの地名を入れて、この都々逸を手拍子を入れてリズム良く声に出して読んでみて下さい。楽しくなります。


suzume3a at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)