2013年01月31日

デザイン提燈 天然温泉湯庵さま

本日は兵庫県三木市にあります日帰り温泉施設、「天然温泉 湯庵(てんねんおんせん ゆうあん)」さまの提灯をご紹介させていただきます。

平成24年の年末、お店の入り口に飾る提灯が欲しいとのご要望があり、打ち合わせを重ねながら鈴木茂兵衛商店でデザインさせていただきました。いくつかの案の中から菊の絵柄に決定!

design


今回の提灯は、「カケ糸」という伝統的な技法で製作されています。提灯のひごはらせん状にぐるぐる巻いてある「グル巻」と、竹ひごを一本一本輪にして糸を掛ける「カケ糸」の二種類があります。「カケ糸」はとても丈夫で重厚感のある提灯です。

01


そして完成・・・無事新年に間に合いました。

湯庵さまよりお店に飾った提灯の写真を送っていただきました!

02

昼と夜では雰囲気が変わり、お客様も足を止めてみてくださる、とのこと。オリジナル提灯で素敵なお店の雰囲気作りのお手伝いが出来て、社員一同嬉しいかぎりです!本当にありがとうございます。

03


黄金色に輝く100%天然温泉・・・「天然温泉 湯庵」さまにお寄りの際は是非、鈴木茂兵衛商店の提灯もチェックしてみてください。

 


●天然温泉 湯庵さま

http://www.yu-an.com/



2012年10月31日

DESIGNTIDE TOKYO 2012 開催 すずも提灯出展中!

 
本日10月31日より東京ミッドタウン・ホールにて開催されている、DESIGNTIDE TOKYO 2012に
今回もミック・イタヤデザインのすずも提灯を出展しています。

すずも提灯 あきのくも

一昨年から3年連続の出展になり、昨年に引き続き「TIDE Market」への参加となります。

DESIGNTIDE TOKYOとは、常に新しいものやシーンを提案するトレード・ショウです。
その中のTIDE Marketはデザイナー自らが商品を展示・販売するため、来場者にとってはデザイナーと直接コミュニケーションを通して購入ができる場となっています。

2012 Design tide 搬入2

29日搬入の様子

2012 Design tide 搬入1

すずも提灯をデザインして頂いたミック・イタヤ氏も、期間中ブースにいらっしゃいます。
今回出展するのは起き上がり小法師の仕組みをもつ球面台座シリーズで、全10種類。
すべて自然界からのモチーフとなっています。
ミック・イタヤ氏がすずも提灯のデザインに込めた思いなど、貴重なお話が伺えると思います。

是非ご来場頂き、すずも提灯をご堪能下さい。


DESIGNTIDE TOKYO 2012
会期:10月31日(水)〜11月4日(日)
時間:11:00〜20:00(最終入場19:30)
会場:東京ミッドタウン・ホール
入場料:¥1,500(学生¥1,000)/ 1日
    ¥3,000(学生¥2,000)/会期中3日
    ※学生割引は学生証提示の場合のみ
詳細はこちら
https://designtide.jp/2012/market/06



2012年09月25日

「光を包む」出展のお知らせ


DM画像

 

109日火曜日より、
水戸市のギャラリーしのざきにて開催される展覧会「光を包む」に出展します。

栃木県在住の竹工芸作家 八木澤正さんと、鈴木茂兵衛商店による灯りの展覧会です。

この機会にどうぞご高覧ください。

会期:109日(火)〜21日(日)  ※10/15()は休廊

時間:11001900(最終日は1600まで)
ギャラリーしのざき
http://gallery-shinozaki.com/


★同時開催!
ワークショップ「ちょうちんに絵をかこう!」

ワークショップイメージ

1014日 1300〜(要予約)

伝統的な和紙の丸いちょうちん「並九子」に絵を描くワークショップを開催します。

この時期にピッタリな柄が3種類から選べます。(自由に描くのももちろんOKです)

ぶら下げて歩くと楽しいですよ!

詳しくはこちらから↓

http://ameblo.jp/g-shinozaki/entry-11355495845.html



2011年09月07日

デザイン提燈 水戸千波 とう粋庵様



昨年10月から上映された映画「桜田門外ノ変」。
水戸藩開藩四百年記念として、吉村昭氏の小説「桜田門外ノ変」を原作とした映画化されました。

その映画「桜田門外ノ変」のオープンロケセットが水戸市内の千波湖畔に建設され、水戸市の新たな観光名所となっています。

桜田門オープンロケセット


このオープンロケセットの程近くに、旬彩和食 とう粋庵(とうすいあん)様 があります。

日々の喧騒から離れ て旬菜料理を楽しめる落ち着いた雰囲気のおみせです。


昨年(H22年)1月、お店の雰囲気にワンポイント付け加えるために、店舗入り口に提燈を飾りたい、とのご要望がありました。
このご依頼は、弊社も大変お世話になっている、デザイン会社 時の広告社 様を通じていただきました。

時の広告社様で提灯に入れる図柄のデザインをしていただき、弊社で提燈を製作することになりました。
日本三大庭園の偕楽園下と千波湖畔というの恵まれた情景にマッチした図柄をデザインしていただきました。

とう粋庵デザイン

デザイン画

偕楽園内に咲き誇る梅と千波湖の小波をイメージし、その図柄を2本(1対)の提燈で画いたものです。

このデザインを元に提灯の寸法、材料、張り上げ方を色々と検討し、製作いたしました。

とう粋庵提燈6

提燈を飾った店舗入り口

とう粋庵提燈5


2本の提燈の飾る高さを変えることで千波湖の静かな水の流れや梅が枝をの一杯に伸ばし咲き誇る様子が表現できています。

写真で見えるワイヤーは、千波湖畔の時折吹く強い風に耐えるために設置いたしました。

また、夜、明かりが燈った時に映える演出も加えました。

とう粋庵提燈3

夜の提燈

和紙越しに漏れる温かな灯りでご来店のお客様を店内にお招きすると共に、石畳の入り口に梅の花を咲かせ、これからお楽しみ頂く優雅なひと時の前座としての演出をさせていただきました。

とう粋庵提燈8

石畳に花開く梅の花

このような演出以外にも、提燈を長くお使いいただけるように処理をさせていただきました。

お店への設置は、夜の営業時間中となってしまい、作業中にたくさんのお客様がご来店頂いた中でご迷惑をお掛けしてしまいました。

そんな中でも、「きれいな提燈ね」「あら、下に梅が咲いているのお洒落ね」など製作者にとってうれしいお声を掛けていただきました。

今回製作した提燈は、弊社が継承しています「水府提燈」の伝統的な技法を使用した「看板提燈」です。

水府提燈の特徴は、提燈の骨組みに使用している竹ヒゴを一本一本タコ糸で縛り上げ、竹ヒゴが糸と強固に結びつくことによって、とても頑丈なつくりになっているところです。

また、使用する和紙も厚手のものを使用し、実用するための提燈(装飾ではなく)です。

水府提燈 製作

製作時間も、通常の大量生産型提燈とは大きく異なり、今回の提燈も1本張り上げるのに丸1日、その他の処理まで含めると、3日の時間を要しました。

現在もとう粋庵様の入り口に提燈は飾っていただいております。

偕楽園や千波湖、桜田門外ノ変オープンロケセット等においで頂いた際は、是非 とう粋庵様にお立ち寄りいただき、お食事と共に提燈をご覧いただければと思います。

とう粋庵様については公式HP
http://tousuian.kago-ya.com/

提灯のデザインをしていただきました、時の広告社様へのお問い合わせは
http://www.tokino.co.jp/ をご覧下さい。

提燈についてのお問い合わせは 株式会社鈴木茂兵衛商店
http://www.suzumo.com/ までどうぞ。




人気ブログランキングへ

2011年09月02日

SUZUMO CHOCHIN in 笠間ギャラリーロード

「茨城県の産業イメージやブランド力を高める優れたデザインを選定し推奨することで、デザインの重要性の啓発と地域産業の発展を推進する」 ことを目的に、茨城県デザインセンター(茨城県ひたちなか市)が活動を続けている、「いばらきデザインセレクション」。

2009年
いばらきデザインセレクションに弊社ブランド SUZUMO CHOCHIN が選定され、県知事選定証をいただきました。



いばらきデザインセレクション2009 認定書



いばらきデザインコレクションに選定されてからいろいろな催し等で SUZUMO CHOCHIN 展示のご依頼を頂きました。

そして今年3月1日から「いばらきデザインセレクション巡り@笠間」という催しに展示させていただきました。

この催しは、これまで「いばらきデザインセレクション」に選定された、県内の優れたデザインの商品等が笠間で展示・販売されるものです。

場所は、茨城県笠間市のギャラリーロードといわれる商店街で、その中に点在する回廊ギャラリー門、笠間工芸の丘、茨城県工業技術センター窯業指導所「匠工房・笠間」 の3会場.。


kasamapdf-1

笠間といえば、陶器 笠間焼 で有名です。
休日ともなれば、陶芸家の工房めぐりをされる方々で大変にぎわっています。

今回の展示では、工芸やクラフトなどの生活を彩る商品、 食品・工芸を中心とした魅力ある優れたデザインの商品、これまで選定されたプロダクト、工芸、クラフト、建築、活動等分野を問わず楽しめるデザイン、とテーマをわけて会場が設定されています。

その中でSUZUMO CHOCHIN は、工芸やクラフトなどの生活を彩る商品の会場の回廊ギャラリー門様での展示となりました。

ギャラリー門5

ギャラリー門3


ギャラリー門様での展示の様子

様々な工芸品やクラフト品のなかに溶け込んで展示されています。

ギャラリー門2

SUZUMO CHOCHIN BIRD シリーズ

ギャラリー門4

今回証を受けた「夜梅」シリーズ

今回のような色々なジャンル・作品と共同展示は弊社にとても貴重な体験でした。
たくさんのお客様の目に触れられ、また生活シーンでの活用イメージも感じていただけたと思います。

今回の企画にお誘い戴いた茨城県工業センター内ご担当者様、またSUZUMO CHOCHINの展示にお力添えいただきましたギャラリー門様に感謝!!です。

詳しい情報は、
茨城県工業センター 特設ページ 
http://www.idesign-c.jp/?p=174
笠間ギャラリーロード ブログ   http://galleryroadkasama.seesaa.net/article/188761519.html

をご覧下さい。

商品については
弊社   衫詭斂佇識匸εHP        
http://www.suzumo.com
ビジュアルアーティスト ミック・イタヤ氏  http://www.micitaya.com/
までお問合せ下さい。



人気ブログランキングへ

2011年08月30日

2011年3月5日(土)第6回「夜・梅・祭」参加しました。

このたびの東日本大震災で被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

この記事の下書きを描き終えたのが、3月10日の帰宅前でした。
翌日(3月11日)に仕事の合間を見て掲載する予定でしたが、震災に遭い、そのまま今日まで眠ったままでした。

今後の明るい未来への足がかりにするためにも、過去の業績を掲載させていただきます。

2011
35日(土) 
6回「夜・梅・祭」   


水戸の偕楽園にて梅祭り期間中の3月第一土曜日に開催される
「夜・梅・祭」。




2011夜梅ブログ01


東門にあった素敵な看板

今回で「夜・梅・祭」は第6回ということですが、我々、鈴木茂兵衛商店は第4回からの参加なので今回が3回目の参加となります。

 

「夜梅祭で偕楽園内の好文亭に提灯を」ということで初参加が決まった時、弊社社長の幼馴染であり ビジュアルアーティストとしてご活躍中の ミック・イタヤさん に提灯のデザインをお願いしました。

その時生まれた提灯が弊社ブランド「SUZUMO CHOCHIN」の先駆けとなったので「あれから2年か」などとふと考える催しでもあります。

 

例年のごとく弊社社員はセッティングするため4時過ぎに提灯を車に積み込んで偕楽園に向かいました。 


提灯は夜の好文亭で開かれるお茶会と会場までの好文亭内にに飾られます。

そのお茶会に参加するための「お茶券」を入手するため、参加希望者が販売所に平均30分ほど並んでいらしたようです。

販売開始時には30名ぐらい並んでいたので、なかなか人気なのでしょう。

1回30名定員で7回行われるので全210名分。おそらく早い時間に完売したのではないかと思います。

 

 2011夜梅ブログ02


お茶会風景


回を重ねるごとに来客数の増えているこの「夜・梅・祭」。
昨年の人出が2万1千人と聞いていましたので「今年は3万人近くの人出になっているのではないか?」と思いました。

 
弊社として今回新しい試みで、「提燈屋」らしく?、暗い偕楽園内を懐中電灯ではなく「提燈」を持って移動しよう!ということになりました。

社員各自が色々な提燈を誂え、内部にLEDのゆらぎユニット(好文亭内で使用している提燈と同じ光源)を仕込んで持参しました。

 2011夜梅ブログ04


提燈を持つ弊社社員

この提灯、明るく足元を照らしてくれましたが、それ以上に結構目立っていました。
熱をほとんど発しないので安心して持ち歩くことが出来ます。

 

「これを持っていると夜梅祭のスタッフに間違えられて色々と聞かれるのですが、答えられなくて困るんです」

確かにこれを見たらスタッフと勘違いされる方もいると思います。
来年は少し会場についての勉強も必要かもしれません。

 

他の社員はこんな提燈を持って散策していました。


2011夜梅ブログ05


持っている提灯はちょっと変わった形で、それぞれ一升瓶型とフラスコ型。
光源はやはり“ゆらぎ”機能つきLEDユニットです。

 

こちらは形が従来の提灯とはちょっと変わっていて、おしゃれな持ち歩き照明になりました。

 

提灯を持っての会場散策。
なかなか楽しい試みだったようなので、また来年もパワーアップしてやると楽しいかなと思っています。

 


今回使用したLEDゆらぎ光源入り提灯の中で、「一升瓶型」とその姉妹品「ワイン瓶型 」を楽天市場内の弊社サイト 「ちょうちんの鈴茂」でお取り扱いしております。


倒れても分解しづらい構造と熱を発しないLEDで安全性を確保しつつ、経済性も優れています。
是非こちらからご覧下さい。

 「提灯本来の美しさ」と「安全・明るい・エコ」が融合!!  和紙 ちょうちんスタンド照明 「1/f」ゆらぎLED 一升瓶型
「提灯本来の美しさ」と「安全・明るい・エコ」が融合!! 
和紙 ちょうちんスタンド照明 「1/f」ゆらぎLED 一升瓶型


「提灯本来の美しさ」と「安全・明るい・エコ」が融合!! 和紙スタンド照明 「1/f」ゆらぎLED ワイン型
「提灯本来の美しさ」と「安全・明るい・エコ」が融合!!
和紙スタンド照明 「1/f」ゆらぎLED ワイン型



お取り扱い・お問合せは 
楽天市場 ちょうちんの鈴茂   (URL) http://www.rakuten.co.jp/suzumo/ まで人気ブログランキングへ

2011年03月03日

第6回 水戸偕楽園 「夜・梅・祭」開催 3月5日(土)

久しぶりの更新になってしまいました。

昨年、ミック・イタヤ氏プロデュース SUZUMO CHOCHIN の一連の作品展ではたくさんのご好評をいただきました。

ミック・イタヤ氏との初コラボとなったのが、偕楽園梅祭りでの「夜・梅・祭」でした。

今年も3月5日(土)に、偕楽園一夜限りの夜の観梅「夜・梅・祭」が開催されることになり、弊社も夜の好文亭を飾る提灯を準備させていただくことになりました。

東塗縁広間からライトアップされた梅と提灯















昨年も薄暗い好文亭内を提灯の温かな灯が、ご来場者の足元を静かに照らしていました。

太鼓廊下での提灯















お茶会会場入り口の提灯















今年も情緒ある好文亭にふさわしい提灯を配置させていただきます。
是非、偕楽園「夜・梅・祭」に足をお運びください。

詳しくは「夜・梅・祭」公式HP
http://yoruume.com/ivent.html#pre
をご覧下さい。

展示される提灯につきましては
当ブログ内「夜・梅・祭」の記事または
ミック・イタヤ SUZUMO CHOCHIN サイト
http://www.micitaya.com/suzumo/
をご覧下さい。

当日の様子は、また後日UPします。

人気ブログランキングへ

2010年11月16日

ミック*イタヤ SUZUMO提灯展 at 目黒 MEISTER

10月30日から11月3日まで東京ミッドタウンで開催された、 DESIGNTIDE TOKYO 2010への出品も大盛況の中終わることが出来ました。

そして場所を目黒通りの家具店 MEISTER様に移し、ミック*イタヤ SUZUMO提灯展が11月6日より28日までの期間で開催しております。

初日の11月6日には会場のMEISTER様にて、レセプションパーティーが開催されました。
午後7時より開催されたこのレセプションでは、デザイナーのミック*イタヤ氏を交えてお客様とSUZUMO提灯をはじめ、ミック*イタヤ氏の世界観など色々なお話ができ、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

弊社スタッフも同席し、SUZUMO提灯の説明や製作における裏話などお話させていただきました。

DSCN0604
ご来場の方と談話されるミックイタヤ氏

DSCN0598
SUZUMO提灯の説明をする弊社スタッフ

今回、MEISTER様の店舗をお借りしてSUZUMO提灯展を開催した理由は、SUZUMO提灯が作品ではなく生活に溶け込むアイテムであることを観て、触れて、感じてていただきたい、という思いからです。

DSCN0583

MEISTER様の個性あふれる家具と古く新しいSUZUMO提灯が絶妙にマッチングし、とても温かい雰囲気を感じていただけると思います。

また、MEISTER様の店舗は昭和初期に建造された建物を修復し使用されており、そのレトロチックな雰囲気もとても素敵でした。

DSCN0584
MEISTER様店舗外観

DSCN0588

DSCF0042
店舗内の様子

今回のレセプションは店舗2階で開催されました。
2階へと上がる階段も趣があり、そこにもSUZUMO提灯がさり気なく飾られていました。
DSCN0582
2階への階段

DSCN0581
階段に飾られた提灯頭像

2階へ上がると色々な家具と共にSUZUMO提灯が飾られていました。
テーブルや椅子、家具はもちろんベッドの上にも飾られていました。

LED光源や特許の自立スタンド構造で、倒れても安全な構造で
場所を選ばず設置できるのも、SUZUMO提灯の特徴です。

DSCN0570
長テーブルへSUZUMO提灯ラインナップ

DSCN0571
タンスへ角提灯

DSCN0574
ベット上にも

ご来場者様も1つ1つ興味深げにご覧になり、またミック*イタヤ氏とのお話にも時間の経つのを忘れているかのようでした。

DSCN0605

DSCN0596

今回のMEISTER様での展示でより多くの方にSUZUMO提灯を体感していただけると思います。
実際に家具と同時に見ていただけるで「こんな所に置いたら素敵かも」「家のここに置きたい」という具体的なお声も聞くことができました。

ミック*イタヤ SUZUMO提灯展 at  目黒 MEISTER は11月28日まで開催しております。
是非、皆様にも古く新しいSUZUMO提灯と個性的で美しい家具の品々をご堪能いただきたいと思います。

目黒 MEISTER様へのアクセスは

JR目黒駅から
東急バス路線 黒07 (弦巻営業所行き)に乗車、
バス停 「元競馬場前(もとけいばじょうまえ)」 より徒歩1分


詳しくはMEISTER HP
http://www.meister-mag.co.jp/
をご覧下さい。


PS.開催の翌週に数点ご注文を頂きました。
  誠に有難うございます。
  現在心を込めて製作しております。
  楽しみにお待ち下さい。


人気ブログランキングへ

2010年11月05日

「DESIGNTIDE TOKYO 2010」 おかげさまで大盛況でした。


10月30日〜11月3日までの5日間にわたり開催された、「DESIGNTIDE TOKYO 2010」も無事終わり、多くのご来場様との交流を楽しめましたこと、スタッフ一同心より感謝しております。
皆様、本当に有難うございました。


1CIMG0711

ご来場者様より色々なご感想やご意見、ご質問を頂きました。

SUZUMO CHOCHIN」の「鳥」や「蕾」には「かわいい」「おもしろい」などのお声を頂き、デザイナー、製作者共に大変喜んでおりました。

MIC032MIC020

左が蕾、右が鳥

機能の面でも、ゆらぎの機能が付いた雰囲気の良いオレンジ色の提灯と実用灯として手元を照らせるホワイトの提灯の双方ともそれぞれに個性があって素敵だとの声も頂きました。

ゆらぎなどの灯りのほかにも、音感センサーを装着して手を叩くと点灯する機能や倒れてもすぐに起き上がる「起き上がり小法師機能」があり、特に音感センサーでの提灯点灯は大好評でした。

クラシック音楽が流れる会場の中、当ブースの拍手音がより響いていたのは言うまでもありません。
皆さんすべての提灯を点灯させようと何回も拍手をされていました。

今回の出展のもう1つの意義は、提灯を知っていただく機会として、またこれからの提灯のあり方、可能性を知っていただくことでした。

そのためスタッフ一同、提灯の「畳める」という機能や素材について熱心にお伝えさせていただきました。

CIMG0712

CIMG0714

LEDの使用、倒れても構造を維持できる内部構造など、安全に提灯を使っていただける機能が満載の「SUZUMO CHOCHIN」。
内部構造を共有化することで、提灯本体の着せ替えも可能となる「SUZUMO CHOCHIN」。

今後の商品開発にご期待下さい。


さて、前回もお伝えしましたが、11月6日より目黒区 MEISTER様において
ミックイタヤ「SUZUMO CHOCHIN」の展示会、販売受付会を開催いたします。

マイスター展示案内


DESIGNTIDE には出品されなかった提灯も含め多くの種類を展示させていただきます。
是非、皆様のご来場をお待ち申しております。

詳しくは
MEISTER HP http://www.meister-mag.co.jp/news/index.php
POWER OF BEAUTY CO.,LTD http://www.micitaya.com/suzumo/

をご覧下さい。




人気ブログランキングへ

2010年11月02日

目黒 MEISTER様で SUZUMO CHOCHIN 展覧会を開催します

10月30日より東京ミッドタウン・HALLで開幕した、DESIGNTIDE TOKYO 2010 は連日たくさんの来場者で賑わっています。

ミック・イタヤ氏デザイン SUZUMO CHOCHIN のブースも大盛況で、スタッフ一同、お客様のご対応に大忙し。うれしい悲鳴を上げております。

ブースの様子は後日アップします。

最終日は11月3日文化の日18時までですので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

さて、DESIGNTIDE TOKYO 2010 閉幕後、場所を目黒通りの家具店 MEISTER様に移しまして、ミック・イタヤ SUZUMO CHOCHIN 展 を開催いたします。

マイスター展示案内

会期は、11月6日(土)より11月28日(日) 11:00〜20:00 金曜日は11:00〜18:00 水曜定休 を予定しております。

DESIGNTIDE TOKYO 2010 のブース でもご案内させていただきましたが、これまで製作してまいりましたSUZUMO CHOCHIN の多くを展示し販売させていただきます。

ミックイタヤ氏が「提灯で表現する人と人、人と自然、日本の伝統工芸品、提灯の過去と未来と現在をMEISTERの家具と共に感じてください。」(mimm POWER OF BEAUTY CO.,LTD より参照)

また、毎週金曜日19時-21時は”金曜サロン”として作家を交えての時間を軽食と飲物をご用意しております。
提灯が持つ魅力、可能性など楽しいお話がお聞きいただけると思います。

これまでの作品を含め、今回展示するSUZUMO CHOCHIN がミック・イタヤ公式HPよりご覧いただけます。

こちらからhttp://www.micitaya.com/suzumo/ どうぞ。

ミック・イタヤ SUZUMO CHOCHIN 展の詳しいお問い合わせは 弊社または

ミック・イタヤ公式HP mimm POWER OF BEAUTY CO.,LTD 

会場へのアクセスは

MEISTER 〒153-0063 東京都目黒区目黒4-11-4

Tel : 03-3716-2767 Fax : 03-3716-2768
Email : info@meister-mag.co.jp

WEB :http://www.meister-mag.co.jp/company/

までどうぞ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。人気ブログランキングへ