河津桜の終える時期ですね、我が家にはラッパスイセンや
 プラムの花が咲き始めました。
春を感じる温かい日差しを受け、自然界の恵みを体感しています。
 竹藪ではイノシシが竹の子を食べに、ヌタバのような有様です。

年明けから、最初の作業で柿とミカンの剪定、この作業の状況
 柿は2月初旬に枝の焼却で終了、その後、引き続きみかん剪定
  柿の畑は剪定枝片付けも焼却処分も平らで非常にスムーズ。
 みかん山は段々畑故に枝片付けと一緒に落葉も焼却、此の時期
  に成ると雑草も伸び、熊手でかき集めるが、手間がかかる。
  昨日、19日剪定は終わった、次は片付けと同時に焼却作業です。
  計画通り、3月中には、終了したいと思います。
H27裏山の剪定状況北側
                 裏山の北側方向
H27裏山の剪定状況南側
                 裏山の南側方向
焼却作業が終わり次第に、1回目の消毒に尿素を混ぜて木を元気にする、
 続いて、春の肥料を散布する。
4月初めに苗木を植える、これらの作業が終える頃には、草刈が始まる、
 そして、また消毒・草刈の繰り返しです。

小坂みかん共同農園の予定
 枝片付けと除草剤散布作業
3月14日・・・除草剤散布で少し草の伸びを抑える事にして、その傍らで、剪定枝
 を片付け焼却処分した。
大型観光バス駐車場の奥にあるキュウイを伐採処分する事とした。
キュウイ着手前
                    着手前
キュウイ切断作業-1
                     枝を切断
足場が古い為に、枝に登りながら枝切断と、注意しながらの作業でした。
キュウイ切断作業-2
キュウイは枝が込み合い、絡み合いと体の移動が大変でしたよ。
キユウイ片付け終了
次回、このパイプも撤去、処分しようと考えています。

3月28日に肥料散布
3月30日 苗木を植える計画です
4月からの作業計画は、消毒と施設の整備作業が中心に成ります。

農業は毎年、変わらぬ作業の繰り返しです、
変わらぬ作業が出来るのが最良と思いますが、
自然界の変化に大きく作用されますが、自然に恵みを頂いて、感謝しています・

さあ、春です、今年も収穫時の喜びを感じられるように頑張ります。
何か、新しい事が無いかな・・・
4月、また頑張ります。