河津桜も満開となり、梅の花も開き、庭や山も春を迎える準備中。
色々な花粉が飛び、目も痒くなりだしています、風邪かな?

もう3月、年度末の3月はミカンの剪定を一応、終える時、計画では順調に進んでいる気だが、しかし雨など天候と思いも依らぬ出来事が入り、先に先にとは行かない。
芝のみかん果樹剪定前
着手前のミカン畑だが(2月23日)今年は新芽の状況が良く無く思える。
剪定時期を少し遅らせた方が良いのかな・・・と思う。

2月10日 今年のミカン剪定講習会(小坂みかん園共同農園)
 例年この時期に剪定を行うわけで、講習会を待って 今一度剪定方法を確認する
 温州ミカン栽培管理暦に応じて消毒作業など、薬品の説明も聞き、注意事を確認する。
10剪定講習実技
東部農林事務所から講師の白井技師により実技講習が始まる。
この時に思う、講師の白井さんが一番若い、要は この伊豆の国市でも お年寄りばかりなのだ。
作業には 慣れた人達ばかりである、果樹栽培も思う様にいかぬから 真剣である。
さあ・・・ 剪定始まり
剪定作業2
樹幹の剪定中
剪定作業1
通路確保に下枝の整理
剪定枝消去1
剪定枝の焼却
病害虫を園内から除去するためには 枯れ枝や、剪定した枝は全部焼却を目指す訳です この作業が大変です、枝の量が大量なのと 焼却場所までの搬出作業が一苦労なのです、仕事に楽はありませんが 楽しみがこの作業にはありません、膝 腰 腕力 おまけにトゲまで刺しての嫌いな作業です。(柿のほうがいい)

私の農園では 芝のミカン畑をあと少し残していますが、自宅裏山のミカン畑を3月中には終えて、趣味の果樹に挑戦したく思っています。
何事も、好きな事を夢見て計画する 此れしか長続き出来ません。

甘夏ミカンも収穫せんとなりません
好きな果樹に 今月も休まず挑戦です。
それでは又 来月まで。

有難う御座いました。