今日はなんと‼️

2月15日(土)に行われる
つくば院生ネットワークによるみんなの学会で
きいろぐみの手話パフォーマンスがあるそうで、
その宣伝にきいろぐみの南瑠霞さんが
すずらんcafeにお越し下さいました。

26D66477-0554-4CCE-93D1-1B98657E4424

演目をひとつご披露いただきました

音楽とともに、少しずつ目の前に大自然が広がり、
気づくとその世界に吸い込まれ、
強い風や水の流れ、木々の色、葉が落ちる様子、
鳥の視点、、、
そして、四季折々の色を感じました。

手話の素晴らしさ、奥深さをあらためて感じ
涙が止まりませんでした。
47C89680-C7A0-4F35-B430-AB4D5AB0D125

瑠霞さんにサインをお願いして、ツーショット

A11564B7-8021-4DEE-A2F7-393CF992F9A0

記念撮影をしました

たまたま初めて遊びに来てくださった方が
通われているサークルにこの後
瑠霞さんが訪問されるとのことで、
2回も演目が拝見できる‼️と、その方は大喜び。
羨ましい


個人的に手話パフォーマンスが好きというか、
手話の魅力をもっともっと表現できたら良いなぁと
思っていたので、
瑠霞さんにお越しいただき、大変勉強になりました。

本当にありがとうございました。



すずらんcafe
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/cat_216268.html

手話サークル すずらんとは?
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/5438458.html

すずらんブログの説明
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/7257344.html

つくば院生ネットワーク主催の
「みんなの学会」に
かっぱちゃん、チコちゃん、ミノーさん、
バンビちゃん、イロハヅキで行きました‼️

第一部は
つくばの学生による研究発表、
きいろぐみさんの手話パフォーマンス。

第二部
ポスター発表や手話による交流会。


第二部のほうで、
すずらんの活動特にすずらんcafeや
こきぬcafeについて発表しようと
いきなり前々日くらいから参加の応募をして
準備をいっぱいした。

↓すずらんブース
70EEF59D-6A1E-4903-B245-1972712D5067

でも、実際は連絡くださっていた方と
現場の担当者とは連絡がなされていなくて
いつどんな形で発表してよいのか
全く説明もなくわからず、ブースの場所も
その時に決まったというくらいゆるゆるすぎた。
うまくアピールすることが出来なかったのが
すごく残念だったし、悲しかった。

チコちゃんが動いてくださり、
無理矢理、パプリカを披露することに

きいろぐみさんの後だから、、、
大変やりにくかったけれども、、、笑笑

ま、何にもしないよりはして良かったかな。
チコちゃん、ありがとうございました
11E6E4D1-415D-420C-B2A5-92981AF01234



手話サークル すずらんとは?
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/5438458.html

すずらんブログの説明
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/7257344.html

O先生の勉強会。

1月に表現した文章を
またみんなで表現しました。

63D3F611-75F0-4986-80B5-EBE32DED2348


ちーさん、残念ながらモザイクが入っていて
お顔がお見せできませんが 
とても笑顔。

海の向こうから風が吹いて気持ちがいい

という文章だったかな、、、。

風がどこから自分に向かって吹いてくるのか
気持ちいいの表情は?など
表情を学びました。


9A6E7614-97E4-4958-88DC-96E3110F952D


まだたくさん手話を覚えていない方や
サークルに入会してまもない方々の
手話伝言ゲーム。

しずちゃんの手話をえみちゃんが読み取ってるところ。真似をして、次の人に伝える。

読み取りと表現同時に2つ学べる。

E02CE8E3-3AB9-48FF-A269-647D0274483A


恥ずかしくてなかなか手話が出来ないミノーさん。

でも、覚えた手話を表現される時
とても見やすくて、きれい。



手話サークル すずらんとは?
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/5438458.html

すずらんブログの説明
http://blog.livedoor.jp/suzuran_sl/archives/7257344.html

↑このページのトップヘ