本当の出会いに別れはない。

平成最後の夏が終わりました。

もうとっくに、と肌寒い秋田で思われてしましますが

私たちは毎年、ハイコーフェスが終わるまでが夏でした。

今はそのキラキラとした余韻の粉末で包まれている気分ですが

この粉末がなくならないうちに、と慌てて言葉を探しています。

すずらん舎のブログですが

久し振りに個人的なおはなしです。

わかる人にしかわからない話でごめんなさい。

いつもより長めですが

ハイコーフェスの進藤くんや

ハイコーフェスの渋谷くんほどではないと思うので

最後までお付き合いください。

image

ハイコーフェスってなに?って方もいると思うのですが

わかりやすく言うと秋田県は仙北市田沢湖で9回開催された

音楽フェスで、廃校になった潟分校を会場にしていて

旦那さんも私も毎年お手伝いさせていただいています。

ただ、何故か「音楽フェス」ではくくれない何かがあって

それが何なんだか毎年考えているのですが結局わからなくて

いつもその得体のしれないもののしっぽを掴んだくらいにして帰ります。

それぞれに、それぞれの感じ方があって

ただ、楽しかった!でももちろんそれはオーケーで大成功!なのですが

なんでこんな気持ちになるんだろう?っていう

その「何か」の答えが今年は見えるかなと迎えた最後のハイコーフェス。

少し昔のお話をすると

ハイコーフェスは7回目で終わる宣言があって

私は終わるだけの理由も勝手に感じていたし

最後かもなって思っていた中で8回目があって

そしたらその8回目(去年)がすごく楽しくて

全出演者が本当に良かったし

天気も良くて、体育館の外で音楽を聞きながら

給食のカレーと豚汁をアイちゃん(幼なじみ)と、つんつん(の子ども)

と食べている時なんてあー、幸せって本当に思って

あー、これはボーナスステージだ、これは今年で最後だな。

なんて良い最後だ、満足だ、ありがとうさようなら私のハイコーフェス。

と思っていたら9回目があるという。で、こんどこそ最終回、卒業式となって

あー、あのまま満足したままじゃ終わらせてくれないんだなと

私はできれば全ての別れが旅の別れのように、

良い旅を!とお別れして、後であぁ、あれが最後だったと思いたい。

それを「逃げるな」「向き合え」と言われているようで

最終課題だ、卒論だ、さすがだ、ハイコーフェス。と思っていました。

でも不思議なことに、本当に気持ちが穏やかで

毎年の儀式のように、ハイコーフェスの進藤くん(主催)の

演者紹介を全部読んで、ハイコーまでの日常を過ごしてきました。

あの人のあの曲が聞きたい、とか、わー、楽しみとか一切なく

雨でも台風でもなんとだっていい

私は終わった後にどんな気持ちになるかそれを確かめに行く。

これが「どうでもよくなってからの本当のハイコーフェス」かとやっとわかりました。



毎年前日に入れる人だけ、前準備に入るのですが

潟分校までの1時間半を、もらった今年の出演者CDを聞きながら

「ハイコーフェス」って何だったんだろうと考えながら向い

到着したらあれやこれやと準備して、たわいもないお喋りをして

夜にまた1時間半かけて帰る間にも、同じことを考えて

当日の朝もまた向かいながら考えて、とうとう本番迎えました。

始まると終わるしかなくて、始まったら本当にあっと言う間にフィナーレ。

もちろん当日は素晴らしくって、朝からもみじさんの涙に涙して

キャンディキャンディの思いの入りように

トムボーイズは本当に可愛くて才能に溢れていてキラキラしてて(しかも毎年ババヘラを食べてくれる超良い子)

マドベはひとりぼっちのサニーサニーさんが見つけた仲間に、ハイコーの歴史をみて

プルタタ+は神さまが下りてきたかと思ったし(アイスを食べる子どもたちは可愛いし)

デリシャのプロ感、華やかさ、年期の素晴らしさ

サニーカーウォッシュの音圧に

聞く度に響くようになる美貴子ズ

ハイコーがくれた宝物の音楽のひとつ、キャメルさん。(やっぱりすごかった。ずるい、勝ち逃げだ。)

もうひとつの宝物、奇跡。平井正也BAND(誰が何と言おうと、私はマジックバスが永遠に好きだ。告別式で流してほしい。)

錯乱前戦が、私達の感傷をぶちこわしに来てくれて

レテパがとどめを打ってくれた。



さあ、何だったんだ?と確かめるはずのものが

それはそれは不確かで、やっぱり帰り道は同じ様に

「なんだったんだろうか」と。帰って泥のように眠り

起きてお義母さんの作ってくれた朝ごはんを食べ

ぼやぼやして午前が終わりお昼ご飯を食べ

夕飯の芋の子汁と炊き込みご飯を作りました。



そんな中で斉藤キャメルさんの

「スタッフのみんなも、何かを信じてやってきた」

「それが何なのか、仲間なのか音楽なのかわからないけれどとにかく何かを信じて続けてきた」

ってような言葉があって、それがすごく附に落ちたんです。

「そうだ、私はハイコーフェスを絶対的に信じていた。それは人なのか、音楽なのか
 それはわからない。でも絶対的に、その一日は奇跡になる。」

なんでこんなに愛されてるのか。予算だってキャパだって限られたもので

運営スタッフだってみんな素人。ただ、みんな自分のできることを最大限に差し出している。

しかも、ボランティアですらない、入場料を払った上でスタッフをしている。

それって、もの凄くないですか?

でも、自分の最大限を差し出すぐらいの何かはハイコーフェスにはあって

個々の最大限で、あの会場は作られる。

それに私も、そして来てくれた人、出てくれたも感動するんだと思う。

じゃあ一体何を信じてかと言うと、光る何かとしか言いようがないけれど

みんな、同じ方を向いて、同じものを信じて、できたもの。

それが素晴らしくないはずがない。

私はめったにしか起きないすごい奇跡なんていらなくて

日常の中にあるささやかな奇跡を愛している。

だから、1年に1度の奇跡の1日を信じて疑わなかった。

ただこの気持ちが相当重いことも

最大限以上を差し出している人もいることもわかっていて

いつ終わってもいい。ただ、やるなら私の最大限は差し出すよって

それくらい沢山のものをもらったからって気持ちだった。

平井さんの「本当の出会いに別れはない」って

その言葉を胸に、台風が行った後の明るい朝を迎えました。

音楽の傍らにいれば、またきっと会えるから

たくさんの人と「またね」ってハグして手を振り合った

それが私の答えのようなものだと、ようやく着地しました。



もっと個人的な話だけど、少し前に大きな選択をして

その時に「どっちでもきっと後悔はするよ。どっちを選んでも、60点だよ。」というようなことを言われて

もしかしたら自分がしてきた選択なんて、結局60点なのかも

でも、選ばなかった方より、ちょっとはいいはずだ、それが救いだ。

ハイコーフェスも続けても、やめてもきっと後悔する。

でも、選ばなかった方より少しはいいかもしれない。

そんなことをとりとめもなく考えています。

2017-11-08-17-51-05


この写真は去年の最高の気分の時に

除雪さん(ハイコーカメラマン)が撮ってくれたアイちゃんとの写真。

この写真がものすごく好きで、私が永遠の眠りにつく時に

棺に入れてほしいくらい好きです。

3回目から、あいちゃんのお母さんが作ってくれたお揃いのユニフォームで

毎年ババヘラを盛りました。

仙台に住んでいた頃は、お盆にも帰らないのに

ハイコーには帰ってきて、実家には家族が揃っていて

今思うと有り余る幸せがあった。

私の周辺の最大限の幸せ。

この写真も一つの答えのようなもの。



「あの場所が世界で一番面白いと思って集まって本当に良かった。」

「私の思い出になってくれてありがとう。」

続きを読む

いちばん涼しいところを探して寝る。

もはや忘れられているでしょう。

こんにちは、すずらん舎のブログです。

年を明けて、もう夏だっていうのに

いろいろあったと言うのに

筆が進まず、気付けば簡単なSNSでしか発信してなくて

時間があいて更に更新しづらい!といった情けない話です。



何からはじめましょうか。

冬眠、春眠してた間の出来事から。

(事後報告でごめんなさいと小さくなってお届けします。)

2018-03-19-15-49-55

今年最初のイベントは、大好きな「暮らしの道具と紅茶 みつばち」さんの企画展

ピンクをテーマにした企画展「さくら はじめて ひらく」でした。

2018-03-19-15-53-07

すずらん舎は既存の商品をピンク色に。

ピンクの絵本も会場に置いてもらいました。

去年は黄色で、今年はピンク。

この色テーマってすごくいいなって思っていて

来年は何色かなと、考えるだけでも楽しいです。

2018-03-23-17-35-35

寝てばかりいたわけじゃない!

新商品もできています!

手刷りの活版印刷ポストカードシリーズ。

秋田、山形ときて岩手シリーズです!

「雨ニモマケズ」「チャグチャグ馬」「わんこそば」

「南部鉄器」「さんさ踊り」の5種です。

盛岡の雑貨hinaさんで全種

仙台パルコ2の東北スタンダードマーケットさんで

何部鉄器と雨ニモマケズの2種をお取り扱いいただいています。

東北はあと3県、ゆっくりかもしれませんが

じわじわと作っていきたいと思っています。

image

春になって、今年もシーズン始まりだな、と毎年思う

あきた芸術村の「手創る市」にも参加しました。

毎年フライヤーが楽しみなのですが

ことしもまあめんこいっ。

2018-05-04-13-36-16

手創る市は毎年企画もパワーアップしていて

子どもたちのワークショップがすごく楽しそうでした。

その場にいるだけで幸せになる居心地の良いイベントです。

イベントと言うより、村祭りだなぁと毎年思います。

2018-05-10-10-28-26

花fe香feさんも冬眠を終え、春シーズンがオープンしました。

すずらん舎文庫の絵本もラインアップを変えてお待ちしていますので

ぜひ足をお運びくださいね。

2017-05-20-18-16-35

去年すずらん舎の3周年イベントで

販売したすずらんですが

すずらんが満開になる5月中旬、

お買い求めいただいた方から


今年も咲いたよ〜とお知らせいただきすごく嬉しかった!

雪に負けない、たくましいけど可憐なすずらんが

少しずつこの地に増えていくといいなぁと願っています。

2018-05-29-19-32-48

そんなすずらんが満開の頃にいただいた手作りの誕生日ケーキです。

誕生日が3日違いの旦那さんと私にと

毎年近くに住む従姉妹が作ってくれるのですが

すずらんがかわいくて、もったいないけど美味しくいただいてしまいました。

かわいいのおすそ分け。

2018-05-30-17-58-56

品切れになっていた「台所だより」も増刷になりました。

横手の金喜書店さん、十文字の紅玉さん、増田のくらをさんで

お取り扱いいただいています。

県南の若い世代の皆さんにぜひ手にしてほしい1冊です。

2018-06-29-14-49-27

お隣山形県の北、真室川町で開催された

さなぶり手仕事まつりにも

お誘いいただき、百目木人形と一緒に参加してきました。

2018-06-30-10-21-21

県外にも足を運べるということは

とてもありがたいことです。

image

あぁ、やっと報告でなくて告知ができる!

今年も夏の男鹿に参ります。

****************

「ひのめ市」2018.7.22(sun) 10:30〜17:00

会場:元浜町三角広場・大龍寺

毎年パワーアップする出店にびっくりします。

今年は更に増えて、北は青森から南は沖縄まで

沢山の出店者さんに、ライブやワークショップにと

盛り沢山の内容です。

ぜひ足をお運びくださいませ!

2018-07-09-14-42-21
 
事務所は土間なので、夏は比較的涼しいので

うちの猫はいちばん涼しいところを探して

ほとんどの時間を寝て過ごし

人間のようにいびきをかいています。

こんな時間が少しでも長く過ごせますように。
 

光にむかって

いやはや。

ご無沙汰しているうちに、今年の大雪もすっかり溶けはじめ

ようやっと「きゃどぽんぽんじい(道路の雪も溶け、春めいてきましたね)」

と言えるようになりました。

今更ですが、今年の急に来た大雪は凄まじくて

雪寄せに精を出したからか、人生初のぎっくり腰で動けないついでに

冬期オリンピックを満喫し、そのまま雪のせいと家に籠ってばかりいたら

春の日差しがいつにもなく嬉しいです。

冬眠から目覚めるってこんな感じでしょうか。

2018-02-19-16-53-43


こんなに降っていたなんて信じられない。

(事務所の屋根の雪を下ろす旦那さん。1階は埋まってしまってました。)



冬眠している間に、嬉しいことがありました。

東京、三鷹にある文具、雑貨のセレクトショップ「
山田文具店」さんに

すずらん舎の紙もの、切手シリーズのレターセット、ペーパーをお取り扱いいただくことになりました。(
こちら

image


山田文具店さんには2回ほど伺ったことがあって

そのセレクトの素敵さと多様性と量に圧倒され

東京にはこんな凄い文具雑貨の専門店があるんだなと

感動したことを覚えています。

なので今回お話をいただいた時に

「こうなったらいいなぁ」の目標みたいなものを

超えて来たようなお話だったので、

まだ信じられないような、じわじわと嬉しいです。

この切手シリーズの封筒は手作業で作っているのですが

これが結構手間をかけていて

夕飯の片付けの後ひたすら内職していた労が報われたと言うか

頑張って良かったなぁと、紙ものの神様に感謝しました。

イベント出店していても、なかなか紙ものって出なくて

自信をなくしたりもしたのですが

でも届くところには届くと思って

粛々とやってようと思っていたので

このまま地道に頑張ろう!と改めて思いました。

山田文具店さんは、本当に良いお店だな、これぞ専門店だなと思っているので

もしお近くに行くことがあれば、ぜひ足をお運びくださいね。



今年最初のイベントは、大好きな
みつばちさんのイベントです。

去年は「ミモザ」の黄色のイベントでしたが

今年は「ピンク」です。

+++++++++++++++++++++


「さくら はじめて ひらく」

日にち : 3/24(土)・25(日)・26(月)・30(金)・31(土)   
時 間 : 10:30~17:30

桜の花の便りが聞こえ始める頃を、七十二候で
「桜始開 = さくらはじめてひらく」というのをご存知ですか?
長い冬の終わりとともに春の訪れを感じる頃
みつばちが、春色 pink! に染まります。

日々の暮らしでつかうもの、身につけるもの、おいしいものetc...
ピンクがテーマの5日間です。

(HPより)


+++++++++++++++++++++++++++

2018-03-19-15-49-55


すずらん舎は、へんてこなイラストでおなじみ、凸凹カードを

イベントカラーでお届けします。

2018-03-19-15-53-07


また、レターセットや新色のトートバッグもありますのでお楽しみに。

製作中はピンクに囲まれて、春を先取りした気持ちでした。

おまけで、ピンクの絵本もご用意します。

春らしい、ポップでキュートな絵本たちなので

こちらもどうぞお手に取ってご覧ください。

(こちらは販売用ではなく、店内閲覧用になります。)



そして、なんと百目木人形も新作が登場します!

あの素敵なお店の中で百目木人形が登場したらどうなるのか

心配)た、 楽しみです!



智子さんのお花屋さんや、他の作家さんのピンクも

もの凄く気になっています。



小さい頃洋服でも何でもすごく地味な色を好んでいて

その反動か、大人になってから色を取り戻すように

ピンクが好きな色になりました。

鮮やかなピンクは元気になるし

柔らかなピンクは優しい気持ちになるし

落ち着いたピンクやくすんだピンクも大好き。

何より春のうきうきした気持ちにぴったりで

どんなピンクが会場に溢れるのか、とても楽しみです。



3月、4月となんだかそわそわと

でも光に向かっていくイメージです。

それぞれの持ち場で頑張ろう、私も頑張るよ!

 
ギャラリー
  • 本当の出会いに別れはない。
  • 本当の出会いに別れはない。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
  • いちばん涼しいところを探して寝る。
プロフィール

すずらん舎