中2で中年のスマホアプリ開発日記

ゲーム会社を脱サラしたプランナー「鈴屋二代目たびー」。 未だ大人の階段上る前の大人の渡り廊下走るあたりの中2レベルのおっさんの日常や妄想のブログ。 著書「あなたはなぜパズドラにハマったのか ソーシャルゲームの作り手が明かす舞台裏」を出版。 本業ではアプリの企画プロデュースやってます。

ハッピー・バレンタイン 高2妄想編

高校3年間に女子と話した時間を総計しても、1時間も喋っていない僕ですが、
バレンタインデーになると無自覚な期待感が沸いていたものです。

「誰かチョコを机に入れてるんじゃないかなー」と思いながら机の中を手で漁るのですが、
一回もチョコが入っていたことはなかったとです!

体育館裏や屋上に友達伝えで俺を呼び出せよ。


そんな僕が、おっさんになって改めて妄想する「高2の頃に起こって欲しかったバレンタインデー」!
を綴ってみましょー。



美術部の僕は、その日の放課後も美術室で油絵を描いていた。(※美術部だったのは実話)

体育会系でもないしクラスでも地味な僕は、バレンタインデーに女子からチョコをもらうなんて諦めていた。

そもそも女子と話すことなんて、ほとんどなかった。

そんな時、ふいに美術室の前に現れたクラスメイトの三浦さん。

「あれ?鈴屋(僕)くんって美術部だったんだ?」

油絵を描く僕を見かけて声をかけてきた。

三浦さんは1年の時から同じクラスで、たまに隣の席になったりしたが、話したことはほとんどなかった。

彼女が教科書を忘れた時に見せてあげることだけが接点だった。

でも実は以前から気にしていた子で、本音で言うとめちゃめちゃ好きなタイプだ。

急に声をかけてきた三浦さんに僕は驚いて答えた。

「え…どうしたの?」

「西村先生(美術の先生)に提出物があって」

「…そうなんだ」

「え?」

その声と一緒に三浦さんが、僕の油絵を見て美術室に入ってきた。

「すごいじゃん!」

三浦さんが僕の絵を見て声を上げた。

「鈴屋くん、すごいねー!これ、一人で描いたの?」

「普通一人で描くでしょ…」

「すごい、すごーい!」

やたらと僕の絵を褒める三浦さん。

僕は、「褒めても何も出ないよ」と呟いた。

すると、三浦さん。

「あ…そうだ…何か出るのは私だった。これ、余ったんだよねー」

チョコレートっぽい箱を差し出した。

「え?俺に??」

「義理、義理だからさー。教科書見せてくれたりさ、してくれたじゃん」

そう言って三浦さんは、僕にチョコの箱を押しつけて美術室を出て行った。

箱を開けると、それはどう見ても手作りのチョコレートだった。




どうですかー。

こんな妄想を2月14日に46歳のおっさんが書いてるって、キモくないですかー?




2017年の木場くん

最近、木場くんのブログは上げていないのですが、月に2回は一緒に飲んでいます。

昨年の夏頃は、木場くんの「離婚しそう」からの「離婚してしまった」状況をリアルタイムでこのブログで書いていたのですが、そのせいか僕の友人で木場くんファンが増えてきました。

この間も男3人の新年会で、「木場くんって最近どうしてるんですか?」と聞かれ、そろそろ木場くんの近況を上げないとなあと思ったのです。


木場くん、去年はいろいろありました。

嫁が朝帰りする、木場くん離婚する、木場くん婚活サイトに登録する、木場くん口説く気力もなくなる・・・。

そんな流れの中で昨年12月に木場くん、「仕事もなくなる事件」が起こりました。


日々一人で立ち飲み続ける木場くんですが、酔った勢いでダメな課長に、
「これだからこの課はダメなんだ!」と思いのたけをメールで送ってしまったのでした。

ちなみに木場くんは、元国営の大手企業に業務委託として営業で入っていました。

委託社員が、本社の役職者にダメ出しをしたのです。


木場くん、クビを切られるにしても一ヶ月前通知だから来月まではもつだろうと思っていました。

そしたら契約は違った。

その上司は、その月までで契約を解除したのでした。


木場くんは、今年1月から無職になりました。


そして、僕に連絡がありました。

「三ヶ月名古屋に出稼ぎに行く」と。

僕「お金と時間に余裕があったら遊びに行くわ」

木場くん「夜行バスだったら往復6000円だよ」

僕、「俺は遠距離恋愛の彼女か」。


そんな会話をしていたのですが、木場くんは名古屋に行って3日で帰ってきたのでした。

理由を聞くと、「寮を用意してくれていると聞いたから行ったのに、カーテンも布団も冷蔵庫もなかった」。

「この部屋で暮らせるか!」ということで帰ってきたそうです。

いろいろ展開が早いな。


先月は無職の木場くん。

平日の昼間に「これから飲まないか」というメッセージが何度か届くのですが、一応俺も仕事してますから。

木場くんは、お互い無職と思っているような誘い方なのです。


とりあえず木場くんは、今月からまた大手で業務委託の仕事が入ったようです。

暇ができれば酒とパチンコでお金を費やしてしまう木場くんなので、仕事で時間が埋まってほしいところです。


ギャラリー
  • 2016年を振り返る今さら感
  • 3連休のクリスマス 〜こんなサンタは嫌だ〜
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 山口まで拡がるデッドボール伝説
  • 日本一最低の「デッドボール伝説」
鈴屋二代目
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ