おっさんで中2なプランナーの非常識

株式会社鈴屋代表
鈴屋Taby

カジュアルゲーム、ツールアプリ、出版等を企画・プロデュース。
suzya.net  
ブログは一応週1更新。

昨年末、アッキーバという時々このブログにも出てくる童貞キラーが、「よしもとクリエイティブの芸人さんで何かアプリ出来ないですかねー」と話を振ってきたので、「企画提案1円から承ります」を謳っている鈴屋としては、「面白そうじゃないか」といろいろ考えてみました。

例えば、「トレンディエンジェル斉藤さんのおでこをこすって毛を増やすゲーム」(遊び方はモロ「なめこ探偵」)や「尼神インターの抱かれとるやないけゲーム」(抱かれるシチュエーションになった時にツッコム)などいくつか考えていました。

そんな企画を考えている時に目に入ったのが、「さんまのお笑い向上委員会」に出ていた野性爆弾くっきーさん。

大竹しのぶのホルマリン漬けに吹いた。

「これをアプリにしよう!」とペラ一で企画書を書きました。

最初は、ホルマリン漬けを記憶して脳や目や口のパーツを正しく組み合わせるゲーム企画でしたが、開発会社のコスモマキアーと話しているうちに「インスタ映え」が流行語大賞にノミネートされる中、「カメラにしよう!」とよしもとさんへ提案。


GOサインが出たので昨年末、幕張の劇場の楽屋にくっきーさんにヒアリングにも行きました。

僕らが「どうバズらせるかが重要ですね」とそんな話をしていると、くっきーさんが「バズるってなんですか?」。

こんだけ本人がバズっているのにただただ好きなことをやっているだけだというのが、ありありとわかった言葉でした。

そして、ホルマリン作りで苦戦しつつ予定より少し遅れましたが、7月10日に「野性爆弾くっきーのホルマリンカメラ」が配信されたのでした。


cokki

スマホで顔を撮るとホルマリン漬けに変換されるという恐ろしいカメラ。

最初は、撮られた人の性格を不条理に表そうと僕がアプリで表示されるプロファイルを200個ほど考えたのですが、
くっきーさんのアプリはやはりくっきーさんが考えなければいけないということで僕の考えたプロファイルはボツになったのでした。


もったいないので、それではここで、ホルマリンになった人の内面を表す僕が考えたボツプロファイルをいくつか紹介しましょう。

・きれいな石を拾って帰るが、結局投げ捨てる。
・ベレー帽を被って才能がある風を装う。
・ディアゴスティーニを1巻だけ買う。
・顔面をコピーした経験あり。
・合唱コンクールでダイナミックな指揮をした。
・立ち入ったことを自然に聞ける。
・他人の出産に立ち会おうとする。
・自己紹介が無意識にラップ調。
・ペッパーくんにも無視される。
・回転ドアで2周する。
・一般職の夢をまだあきらめない姿勢がある。
・知人から番号で呼ばれている。
・二度見が大げさ。
・タクシーに乗った時の「金払ってやってるんだぞ感」がすごい。
・フラッシュモブを一人でやりだす。
・観光地で変わった味のソフトクリームを食べがち。
・スタンガンの効力をまったく受けない。
・腕まくりした時がやる気のサイン。
・お風呂でむしりがち。
・エッチなことは、得意じゃないけど大好きです。

こんなくだらないことを考えることも仕事だなんて・・・俺は一体何をして生きているのだ。

さて、みなさんも自分や友達のホルマリン漬けをSNSで発表してください!
あと広告もタップしてもらえると、少しお金がこちらに入ります!!



ホルマリン漬けの写真を待ち受けにしていたらラッキーなことがたくさん訪れました!
※これはあくまで個人の感想です。

完全無料で配信中♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加

10日に鈴屋原案の野性爆弾くっきーさんのアプリ「野性爆弾くっきーのホルマリンカメラ」を配信しましたが、それは次回紹介するとして、その前に先月「タイルタイル」というアプリも配信しました。

あいつ、7の段できるってさ」に続く、ヒューマンアカデミー大宮校の授業の一環で作ったアプリです。

unityから覚える専門学校生は在学中に中途半端にゲームを作って卒業してしまう。
世の中に自分が関わったアプリが披露されることがない。
そこで、「スマホゲームは壮大でなくていい」と考える僕は、「超シンプルな企画」を生徒達に課すことにしました。

その第一弾が、ランダムに並べられた数字の中から7の段だけを消す「あいつ、7の段できるってさ」でした。

そして第二弾も考えていたのですが、これから学ぶ生徒が約1年でできるシンプルな構造のものを考えるのは逆に難しい面もあるのです。

そんな中で、ふと思い付いたのが、パズルゲームの全消しの盤面は逆算できるということ。

つまり、盤面のコマのどこかを変えるだけで連鎖して全消しになる。
一手で次々消えていくようなパズルゲームは気持ちいいのではないか。

ありそうでなかったゲーム。

これは、チュートリアルの画面。


一見、テトリスに見えるので上に乗せがちですが、重ねるのです。

指で上部の青いタイルを赤いタイルに重ねます。すると、3つ以上並んだ青いタイルが割れて消えます。
そして、三列目の紫と緑のタイルの列が下に落ちてきます。
 
04
 05 06

紫のタイルが横に3つ並んで消え、次に落ちてきた緑がL字に並んで消え、最後に4つの黄色が消えて全消しクリア。


最初は「ブロックブロック」というタイトルでしたが、既に他社で存在し、「タイルタイル」というタイトルになりました。
「Tile」というアプリも既に存在しているので注意。

8面クリアする毎に小野 Mr,Dotman浩氏のドット絵名画を収集できます。

adg

ゴッホ、ムンク、写楽などこれまで小野氏が描き続けてきたドット絵名画を収集できます。

配信後に各レビューサイトに宣伝素材をばらまいたのですが、Appliv様からこんなメールをいただきました。

「Applivではご依頼をいただく以外にも、話題になっているアプリ、面白いアプリのレビューを、随時書かせていただいております。
今回ご依頼いただいたアプリは既にレビューを書かせていただいておりました。」

確認不足ですいませんでした!
嬉しいお返事ではありませんか。
そんなAppliv様の記事はコレ。

--------------------------------------------------
TILE TILE
【iOS】https://app-liv.jp/1176350753/
【Android】https://android.app-liv.jp/004918148/
--------------------------------------------------

日本語はいっさいなし。国籍も問わず遊べる「タイルタイル」は、完全無料で配信中です!

次回は、「野性爆弾くっきーのホルマリンカメラ」の制作話を紹介します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、僕のひらがなの名前の方のFacebookが乗っ取られましたが、
相手が一人称を「私」と使っていたらしく、
僕がネットで「私」と使う時は、「私(わたくし)」として演説風に偉そうに使う時ぐらいしかありません。

しかし、久しぶりの友人らと連絡が取れたので、それはそれで良かった。

それはさておき、今日お尻に内視鏡を入れてきました!

お尻に異物を入れるのは初めてです。
今まで前立腺さえ攻められたことはありません。

自分の腸をカメラで見ながら入れていくという羞恥プレイで、
前立腺を探しましたが、分かりませんでした。

腸の中はまるで洞窟の形。


不謹慎ですが、「今日のニュースのタイの洞窟を思い出しましたよ」と看護師に終わった後で話したところ、
看護師「誰かいました?」

いるか。いても救出しとるわ。

しかし、少年らは見つかりませんでしたが、僕の腸ではとある異物が見つかるのでした。。。


ところで、昔オカマタレントが、「入れる時より引く時の方が気持ちいい」と言っていましたが、
その気持ちも少しわかりましたよ?



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ