おっさんで中2なプランナーの非常識

株式会社鈴屋代表
鈴屋Taby

カジュアルゲーム、ツールアプリ、出版等を企画・プロデュース。
ペラ一企画は1円から承ります。
suzya.net  
ブログはほぼほぼ週1更新。

最近、婚活サイトでタイ人とも知り合った友人の木場くん。(その前にロシア人とも知り合った)

タイ人以前に婚活サイトで知り合ったロシア人女性とのやりとりは本人から聞いていたし、このブログにも書いているのですが、
ロシア人とのその後の話として、他人が流れを書くには話のやりとりの経過がややこしくて、これはブログにどうまとめるべきかと思って放置していたのですが、今回簡単に書いときます。


木場くんが婚活サイトで知り合ったロシア女子が「日本に行く」と木場くんのLINEに書いていたけど、ロシア女子が「やっぱりお金がない」と言い出した。

今度は逆にロシア人が木場くんに「ロシアに来てくれ」と言い出したのです。

さらにロシア女子が言うには、「家には泊められない。ホテルをとってくれ」という話になっていました。

さすがにその時は木場くん、怪しみましたし、僕もそれを聞いてさすがに笑いました。


「これは組織というか少人数の出逢い系詐欺チームだよ」という話を木場くんとしたのですが、その前に木場くん、銀行に相談したらしい。

「ロシアに行くんでお金貸してくれ」と。

相談する気力がすごい。


すると、銀行が言うには、
「最近渡航詐欺が流行っているんですよ。特にフィリピンとロシア」
と言われたそうです。

二択しかないのに一個当てはまってるじゃん。


その後木場くん、「俺は金がないからロシアには行けない」とロシア人に話をしました。(翻訳サイト経由で)


すると、今度はロシア人が、「私はマンションを10万ドルで売って木場に会いに行く」とLINEに書いていたのでした。

最初は完全に疑っていた木場くん、その言葉で「俺、50パー結婚ありえるわ」と言うのです。

木場くん、相変わらずなかなか面白いな。


僕のアドバイスとしては、
「日本に来たいというなら呼べば?下手にお金注ぎこまなきゃそっちに何も損はないよ」

で、来たら会わせてくれと伝えました。


本人がよほどヘコんでない限り、進捗あったら続きを書きます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の婚活サイトでロシア人美女と知り合った木場くんの話は前回書きましたが(「おかしな仲間たち」)、
Image_9937d9900

その時は向こうが一方的に「愛しい木場に会いにジャポンに行く」と語ってたんですね。翻訳サイト経由で。

その日付が8月下旬から9月上旬だったのですが、一向に日本に来ない。
あっちが二ヶ月の休暇があるのに。

そして最近、木場くん、こんなLINEを僕に送ってきました。

「やっぱり俺、ダマされてるかな?」

そんなのは、始めからそうだけどさあ。
日本に来ないのはまだいいとしよう。

木場くんが送ってくる彼女のメールを読むと(僕のブログのネタへと勝手に転送してくる)、
旅費が足りないだとか愛しい木場が来てと書いている。

日本に来るって言い出したのはロシア人なのに何故か木場くん、翻訳サイト経由で説教されています。

木場003

ツッコミどころ万歳ですが、ちょっとだけ彼女の名台詞、上げときましょう。

「私は成長した女性です。私は正常な関係が欲しい」

これはいい言葉ですね。

「成長した女性」が「正常な関係」が欲しいという。
勘違いしちゃうと今はセクハラなんですが、婚活サイトなんでね。
このコピーは、相模ゴムに使って欲しいですね。

「旅費を出せ」という手口かと思い、LINEに「俺が3万出すわ(ネタのために)」と僕が書いたら、
何故か木場くんがロシアに行く話になったらしい。

しかも行ったところで、彼女の家には泊めてくれないとのこと。

それで木場くんと僕のやりとりがこれ。


木場004


それでもロシア行く気が多少残り気味だな。

ネタとして、「一回会え」とは言っています。

他人ごとなので。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ご無沙汰のブログですが、ふと我に返ると、このままこのブログを書いてていいのかと思ったりするのです。

アプリ開発会社のタビーです。こんにちは。

もっと違うところに使う時間はあるんじゃないかと思ったり、ブログをもっと有効に使う術があるんじゃないかと思ったり。

そんな中で、「キミへの復活の呪文」という、くだらないアプリをリリースしました。


僕の好きな「ミドルエッジ」というサイトでもイジられています。

https://middle-edge.jp/articles/1WVlk

IMG_0625

そんな中で、今日も知り合いの中で一番アホな木場くんの話なんですが、最近彼曰くモテ期らしい。

先日婚活サイトで知り合ったロシア人からプロポーズされている話を書きましたが、
そのロシア人がまあ美人でして。

Image_9937d9900

あえて目にモザイクかけてますが、40歳でこれはまあ美人ですわ。

そんなロシア美女とアホな木場くんのLINEは、
「愛しい木場、あなたに巨大なキスをあげる」
などという気持ちはこもった翻訳サイトで訳したヘンな日本語でやりとりしつつ、
この美女が来月木場くんに会いに来る話になっているらしい。

しかも「永遠に日本に住みたい」とLINEに書いていました。


余計なお世話かもしれないのですが、勝手にネットで調べたところ、飛行機代がだいたい往復20万円ぐらいでした。

でも片道切符しか買わないのではないか?


そんな彼女に対して木場くん、旅費は出しません。

「俺、旅費出さないよ」とLINEに正々堂々と書いても彼女は愛しい木場のために
「私はお金に困っていない。あなたに会いに日本に行きます」とやって来るそうです。


僕が、「ロシアと言ったら暗殺者か格闘家かスパイのイメージしかないよな」とロシアに対して失礼なことを話していると、木場くん、「俺、会ったら殺されるかもな」と呟いていました。


いや、大丈夫。
目的ないと殺されないから。

結婚して日本国籍取得してから身の危険を感じるかどうかだな。

そんな話をすると、木場くん、「だったら国籍売った方がましだわ」。

「浮浪者とか50万で売ってるらしいもんな」。

一体、この会話はどこに向かうんだよ。


やたら日本が好きで、日本に住みたがっている彼女のメッセージを見ると、「木場 < 日本移住」としか思えないのです。


彼女は9月から夏休みらしく、それが二か月もあるとのこと。

昨今の小学生より長い夏休みではないか。

木場くん、「その間に籍入れちゃうんだろうな・・・」

「もうバツイチもバツニも一緒じゃね?」などと別れる前提で話してはいます。


9月8日あたりに来るらしいんですよ。

もう、これは僕も会っておくしかないですよね。

木場くんに「来たら会わせてくれ」と話しています。

会ったらまた報告します。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ