おっさんで中2なプランナーの非常識

株式会社鈴屋代表
鈴屋Taby

カテゴリ: 勝手に作詞家

夏休みが終わりましたが、うちの小6娘は、サザエさんのカツオやちびまる子ちゃん同様、ぎりぎりまで宿題をやらないタイプです。

でも夏休みの自由課題については、8月上旬 に終わらせたのでした。

その課題とは、「作詞をしてCDを作る」。

大人の権力を使い、娘が作った詞に僕の知り合いのサウンドエンジニア岩崎亮さんに曲を付けてもらうことにしたのです。

エンジニアの作曲期間を踏まえて逆算すると、8月上旬には詞が完成している必要があり、
詞が遅れるとCDの完成も遅れます。

これは娘にとって製品開発のスケジュールの勉強にもなったことでしょう。

まずはサンプルの曲を作ってもらい、娘が方向性を確認します。
方向性が問題なかったら、曲と歌詞の語感が合わないところを修正し、
エンジニアと何回かやり取りしながら詞を完成させ、
最終的に楽器や音の作り込みをしてもらい、fixしました。

完成した曲のタイトルは、「妄想☆ワールド♪」

友人のneko wemonさんにyoutubeにさくっとアップしてもらいました。


曲はコチラ↓
小6女子が夏休みの課題で作詞してみた 「妄想ワールド」

親バカな僕は、動画のクオリティも上げたいと思っておりまして、プロの絵師さんで動画用の画を作ってニコ動にアップしてくれる方、いらっしゃらないでしょうか。



twitterはじめました(ただいまフォロワー19人!)

◆「おっさんと中2のスマホアプリ開発日記」

 
よろしければポチっと
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、昔から人の書く詩をマネたい好奇心があり、たまーに知ってるアーティストの歌詞を元に
自分なりに咀嚼して、そのアーティストのつもりで「ことばモノマネ」していました。

その一つを、度々ここで披露して良いでしょうか。

今回のテーマは、奥田民生。


奥田民生は、諦めながらも前向きです。
小さいことは気にしません。

みんなが嫌がりながらも無意識にスポットを当てているものを、奥田民生は自然にスルーしています。

それは、「自由であることの不安」。

奥田民生は、そこにスポットを当てない力を持っています。

そこで作ってみたのでした。

僕が勝手に思うところの奥田民生風歌詞。



「日曜チャリダー」


作詞:鈴屋二代目
作曲:奥田民生風な音を作れる人


あー腹減った 何か食いたいな
冷蔵庫を開けてみよう そうしよう

何にもないな 残り物もない 調味料すりゃねえや
冷蔵庫の電源 入れてる意味あるのかな

ブロッコリーがあったけど 食えるのかな
コンビニに何か買いに行こうか そうしようか

サンダル履いてみたけど ジャージのままだ
自転車だってパンクしてるけど 乗ったらそこそこ走るだろう

それでいいや 今日は晴れてる
いつもより 遠くのコンビニに行こう

コンビニに行ったら 便所に入ろう
小便がしたくなった 家でし忘れた

人生 こんなもんだろ 
そう言うおまえの今はどうだ
僕は行く パンクした自転車で ずんずん進む 



「おっさんと中2のiPhoneアプリ開発日記」
 
よろしければポチっと
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

拝啓 尾崎豊様


先日このブログで、あなたの名曲「15の夜」を、サラリーマンの唄「35の夜」として替え歌にしましたが、あれからの10年後も作ってみました。


聴いてください。



「45の夜」

曲 尾崎豊

詩 鈴屋二代目



手書きの始末書と現実を見てる俺

上司の話はうわの空 将来を悲観してる


やり場のないストレスを 風俗で出したい

嫁に秘密のへそくり 見つかれば俺のものでない


しゃがんで飼い犬に 手の平向けると

「お手」のひとつも解りあえず 主人を睨む

そして嫁達は今夜 寿司屋に行く計画を立てた


俺が今日 残業で遅くなるからー


ひと月の食費が いくらのかさえ解らず震えている

45の夜ー


準急電車で走り出す 行き先は立ち飲み屋

煙草の煙立ちこめる中へ


ローンに縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした 45の夜



冷たい風 冷えた身体 人恋しくて

立ち飲み屋でバイトする娘に 「彼氏いるの?」と話しかける
 

店の中 ぽつんと光る 食券販売機

200円で買えるぬくもり モツ煮込みを握りしめ
 

この先の10年も解らないけど

会社で大規模リストラ ずっと怯えている

上司達は目標を達成しろというが 俺は無理なのさ


無茶な売上予想が現実可能だと言い張るならばー


なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な

45の夜ー


準急電車で走り出す 行き先は立ち飲み屋

煙草の煙立ちこめる中へ


覚えたての流行りのギャグで バイトの娘を見つめながら

本気で口説こうとした 45の夜


準急電車で走り出す 行き先は立ち飲み屋

煙草の煙立ちこめる中へ


他人に縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした 45の夜




 
よろしければポチっと

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

suzya_logo1



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ