たあたです。14年8月27日

EP5の調整内容の中に、「ウィークバレットの弱体化」があります。
4b4b40b443264ac687fbcea6107793ae
この表記をみると「Raのウィークバレット」の弱体化に見えますが、エネミーのWBは弱体化されるのかどうか気になります。
ウィークバレットはEP3アップデート時に一度弱体化がされました。EP3より前のウィークバレットは、倍率が300%でしたがこのアップデートで現在の255%に引き下げられました。

EP3より前の時点で、既にWBを使うエネミーはいましたがその調整でエネミーの使うWBも調整されたのかは分かりません。軽く調べてみても分かりませんでした。

と、いうことでちょうど期間限定クエに銃もちゴルドラータが登場するので検証させて頂きました。
難易度はハード、3連蹴りの1段目をクリティカルで受けてみます。

15412e4637c484a5ebaea19721b71700
WB無しでは82ダメージ

8148561567fd4754b5c2fbff4784c02e
WB有りでは210ダメージ
ゴルドラータの使用するWBは約2.55倍でした。

EP3以前の情報は調べる術がなく…。EP3以前でゴルドラータが使うWBが2.55倍という可能性もゼロではありません…。
また、EP3~現在までの間にゴルドラータが使うWBの倍率が修正された可能性もあります。流石に全部のアップデート情報を見るのもキツいので。少なくともEP3アップデート(14/08/27)ではRaのWBの修正という記載のみでした。


このことから、Raスキルのウィークバレットは、「敵をウィークバレット状態にする」効果で、ウィークバレット状態の効果は「エネミーが使ってもプレイヤーが使っても同じ」、という可能性があります。
実装してみないと分からないことの一つですが、こういう妄想は楽しみの一つでもあるということで記事に致します。

EP3での修正ではプレイヤーにWBが貼られている状態で攻撃をうければ即死、ということは変わらなかったのですがEP5でのWB修正はプレイヤーへの影響も大きく変わってしまいます。一体どう修正してくるのでしょうか。



以上。たあたでした。