私は、「安心してお任せください。」と、お客様にお伝えすることができません。
そう言いたくても言えないのです。



正直に、心から言える言葉

 「大切にお預かりいたします。」

と、毎日お伝えしています。

P1290150
トリミングの後は超甘えん坊に変身するほたるちゃん♥
スタッフの手が空いている時はたくさん甘えてもらいます♬



こんなことを書いてしまうと、お客様を不安にさせてしまうと思いますが
常に考えていることを書いてしまおう!と思います(*‘ω‘ *)

私達は犬を毎日お預かりして、沢山の経験を積ませて頂いていますが、
「慣れる」ということができません。
と、いうより、「慣れる」ことが怖いとすら思っています。


サロンに慣れていない犬は、緊張して体調を崩してしまうかもしれません。
肥満犬は常に関節に負荷がかかっている状態、心臓や呼吸器が脂肪で圧迫されています。
関節の弱い犬は、注意していても気付かないうちに痛めてしまうかもしれません。
暴れてしまう犬は、動きによる関節の怪我や、刃物が当たる危険性が高いです。
毛玉がある場合、皮膚が痛みやすいことがあります。
高齢犬は体調が急変してしまったり、持病が悪化してしまうかもしれません。
高齢になると皮膚のたるみやできものが多くなり、バリカンで怪我をさせやすく、トリミングの難易度が上がります。
トリミングマナーの良い犬でも、窓の外の犬や子供の動きや、お客様の出入りの際には興奮してしまうこともあります。

私たちは本能・意思がある、言葉の通じない動物に、鋭利な刃物を向けています。
どんなに大切に施術していても、犬が全力で暴れる場合や犬の状態によっては、いろいろな危険を伴う業務を行っています。


トリミング以外の時間も、
家族に会いたくて、出入り口のゲートから飛び出したりしないか
お預かり中お店の商品やトリミング道具にいたずらしてしまったりしないか
遊んでいてジャンプして関節が外れたり、骨折してしまったりしないか
ゲージレスト中も、ゲージレストができない犬はそれだけでストレスを抱えます。
出たがってゲージに爪をひっかけて怪我をしてしまわないか、
トイレシーツを食べたりしてしまわないか
他の犬やお客様とのトラブルにならないか.....
P1200262
ママが恋しくて出入口で熱心にスタンバイ中のムッシュくん♬
他のわんこが苦手なので、フリータイムは他の犬との距離を取れるようにしています♥
家族に会いたい一心でゲートを破ってしまうことがないように見守ります♪


刃物を使用するトリミング中はもちろんですが、
お預かりしている間、何かが起きうるという気持ちを常に持っています。
どんなに慎重にトリミングをしても、注意して観察していても、日々緊張の連続です。

犬のプロだからできて当たり前。
犬の店だから、どんな犬も預けられる。
そうありたいと願えども、「犬」を主体に考えたときに
お客様のご要望やご期待をすべて叶えることができません。


関節が弱い犬・病気の犬・肥満犬・高齢犬もお預かりすることはできます。
でも、どんなに大切にしていても犬の体質・年齢・動きによって、怪我や体調急変を避けられない場合がありうることを、必ずお伝えしています。。


自分やスタッフの友人、親戚の犬でさえ、sweet dog'sに勧誘しません。
犬がずっと通っているトリミングサロンがある場合は、慣れている環境の方が犬の為に良い場合がありますし、動く動物に刃物を使うことは容易な事ではないため命を預かる責任を重く感じているためです。
義理やお付き合いではなく、喜んで利用してほしい。
数あるトリミングサロンの中からsweet dog'sを選択してくださった方と、信頼関係を築くことを大切にしたいと思っています。


動く動物をお預かりし、刃物を使用しデザインすること自体、常にリスクを抱えています。
犬の気持ちや体の事、お預かり中のリスク、何かあった時のスタッフの精神的ケアを考えると、できないことが沢山あります。
犬のプロだからこそ、犬をよく知っているからこそなおさら、気軽にお預かりすることができません。
利益を上げるために良いことだけをお伝えするのではなく、意思があり命のある大切な家族をお預かりするという思いで、難しいと感じること・出来ないことも正直にお伝えさせて頂いています。
P1200927
とっても遊び好きなサラちゃん♥
お客様と看板犬が一緒に過ごす時間も、相性を見極めてトラブルのないようにしています♬

私にできることは、常に様々なリスクを想定し、そうならないための対策をし続けることです。
そして、その都度リスク説明をさせて頂いて、ご理解を頂いてからお預かりさせて頂いています。
お客様にとって嬉しくないリスク説明をすることは心苦しい事ですが、トリマーとして犬の為に伝えなくてはならないことがあり、トリマーだからわかることがあります。

そして、生まれ持った性格も、育った環境も、しつけのレベルも全く違うたくさんの犬たちを同時にお預かりする特殊な環境で、1頭1頭の安全を確保するためには、ゲージレストマナー、発情期のご来店を避けて頂く事、ケンネルまたはリード着用でのご来店など、犬の安全を守るために、いろいろなご協力をいただく事が必要です。
どんなに注意していても、私自身、大切な犬をお預かりしている間、安心できることはありません。
P1290218
陽気なキャッシーちゃんとマリアちゃんは女子トーク中?
フレンドリーなお客様の犬同士は安全を確保して、見守りながらコミュニケーションをしてもらいます♬
人見知り・犬見知りをする犬の場合は、フロントスペースとトリミングルームのゲージで距離を保って、ストレスを最小限にできる様に配慮しています。
臆病な犬は周りが囲まれているゲージが本能的に落ち着き、安心して過ごせます。



最後のお客様をお見送りした後、必ず、
今日トリミングさせて頂いた犬が、バリカン負けしなかったかな?
お耳掃除や肛門腺絞りの後、気にしすぎたりしなかったかな?
カットの後、寒さでお腹を壊したりしなかったかな?
毎日の仕事ではあっても、いつも考えずにはいられません。

次回ご来店頂いた時に、お家に帰ってからの様子や、良いことも良くないことも気になったことなどを教えて頂いた時には、本当にありがたく、気持ちが救われます。


愛おしすぎる自分の犬が病院にかかる時や、誰かに任せる時。
私は、「誠実に向き合い、大切にしてもらいたい」という思いが一番です。
私達がお預かりする犬達にそう努め、大切な犬と一緒に飼い主様の思いもお預かりしています。
犬を大切に思うほどに、気軽な思いで犬と向き合うことができません。
物ではなく、動く動物・愛おしい命をお預かりしていることに
いまだに気負いせずにはいられません。

でも、私がお客様の立場だったら、
「大丈夫ですよ、安心して任せてくださいね!」
って、言われたいです。
お客様に喜んで頂けるのならそう言ってみたい。。。
そう言えることにあこがれすら感じます…(*'ω'*)
けれど、それは本音ではないのでやっぱり言えません。







「安心してください。」とお伝えすることができませんが。。。





お預かりさせて頂くすべての犬を、大切にいたします。






sweet dog'sオーナーのブログ「sweet dog's mind」は
月に2~3回のペースでUPしています☆

ブログ村ランキングにも参加しています!
sweet dog'sブログ共々、クリックで応援頂けるとありがたいです♥
これからもよろしくお願いいたします_(._.)_

このバナーをクリック↓
 犬 トリマーブログランキング参加用リンク一覧
宇都宮 トリミングサロン
sweet dog'sバナー
ペットのおうち