July 04, 2020

今年最初の登山はニセコアンヌプリ!
去年もだったかな^_^

看板が新しくなってました。

IMG_3276

登山前は雲だらけで良い景色を観られるか心配しましたが、羊蹄山も拝めました〜

IMG_3273

帰りはニセコ高橋牧場のアイスで疲れを癒す〜

IMG_3288

自粛生活続きですっかり体力が落ちてしまいました。
これから徐々に戻していかなきゃなぁ(^_-)



June 19, 2020

最後に空港を利用したのは今年の年明け、フィンランドからの帰国の際でした。

これまで飛行機に乗るわけでもないのに空港に行っては遊んでいた我が家にとって、「外食できない」の次くらいに辛い日々なわけです(ちょっと大袈裟 笑)。

ヒコーキ、見たい。。。

見たい。。。

そうだ!
丘珠空港がありました〜

01JA11HC)鈴木奈々瀬デザイン特別塗装機

丘珠空港緑地のきたかぜ広場に着くと、↑ ちょうど着陸した機体が見えました。
HACと言えばサーブの340B型機を思い出しますが、こちらはATR42。
置き換え計画の真っ最中で、サーブの後継機にあたります。

本当なら4月に就航式典が行われるはずでしたが、昨今の状況により中止となりました。
北海道出身のデザイナー、鈴木奈々瀬さんによる北海道特産品が機体に描かれているのがわかりますか?

丘珠空港の就航便はHACとFDAの2社なのですが、現在FDAはお休み中(7月1日から札幌〜静岡線が再開)。
HACも三沢(青森)線はお休み中なので、札幌〜釧路、函館、利尻を3機で頑張って飛び回ってます。

この釧路から着いた特別塗装機は、40分後函館へ。

02JA11HC)鈴木奈々瀬デザイン特別塗装機

古株のサーブは利尻へ出発。

03JA01HC

もうね、この3蜜感ゼロが素晴らしくて幸せ過ぎる。
マスク無しで歩ける、嬉しすぎる。

04JA11HC、JA01HC

そこで、懲りずに翌日も「散歩ね、散歩」と言いながら、わざわざ車で丘珠へ(笑)
この日はみなみかぜ広場側から。

05JA11HC、JA03HC

ちょっとカメラ振ってみようかな。。。
みなみかぜ広場からきたかぜ広場に向かって滑走路沿いのランニング・ウォーキングコースを歩く。
ちょうど離陸に入った特別塗装機と良い位置関係にあったので、おっかなびっくり振ってみました。
といっても攻めのシャッタースピードを設定する根性もなく(1/250 笑)、全然流れてません ( ̄ー ̄)

06JA11HC)鈴木奈々瀬デザイン特別塗装機

空港ターミナルビルには近づいてませんが、とりあえず「空港に行った」「飛行機みた、撮った」でかなり満足。

今日から、道内と道外や、札幌と他の市町村との移動自粛要請が解除されましたが、当面は3蜜回避な場所で遊ぼうと思います。


sweetafternoontea at 14:07コメント(0)北海道

June 16, 2020

フィンランドで有名なチョコレートブランドのFAZER(ファッツェル)。
↓ こちらは直営のカフェ。

Karl Fazer Cafe

01Karl Fazer Cafe

お茶するほどお腹も空いていなかったので、お買い物だけ楽しんできました。
もちろんお約束のゲイシャチョコも買っちゃいました(↓ こちらは板チョコバージョン)。

02Karl Fazer Cafe

チョコレートの印象が強いファッツェルですが、ビスケットもあります。

IMG_3152

確認しましたところ、キャラクターは、ムーミン、パパ&ママ、ノンノン、ミィ、スナフキンの6人でした。
ミィも怖いけど、スナフキンも結構きてます。
お味のほうはといいますと、極々普通です^^

FullSizeRender

キャラメルもありました。
日本のキャラメルのような、歯にくっつくような感じはなく、むしろ生キャラメルのようにあっという間にとけてしまう感じ。
手作りキャラメルっぽい?

IMG_3176

ファッツェル×ムーミンコラボのお菓子はこちらでも売ってました。

STOCKMANN

04STOCKMANNのイルミネーション

食料雑貨のフロアは、平日朝8時から開いているという観光客にはとてもありがたいデパートです。

ファッツェルのムーミンクッキーはムーミンの紅茶と一緒に楽しみたい。

03紅茶(NORDQVIST)

NORDQVISTのムーミンフレーバーティー。(カルディでも見たことある気がする 汗)
黄色のミィパッケージはレモンフレーバーですが、それ以外はベリーベースのフィンランドらしさ全開。

FullSizeRender

同行者家族がせっせとコーヒー選びをしている頃、果肉たっぷりのジャムを見つけました。
「MERITALO」の文字の向かって右側のマークはフィンランドの国内野菜協会で、純国産の印です。
もう、いちごまるごとー!ごろごろー!なジャムで、ホントにおいしかった!

06ジャム(MERITALO)

フィンランド土産の定番、HUNAJAのはちみつです。
こちらには白鳥×フィンランド国旗のマークがプリントされています。
これは食品情報協会のマークで、これが付いていると「ほとんどフィンランド産」認証となるのです。
ミツバチさんがせっせと集めた濃厚なはちみつ♪

05はちみつ(HUNAJA)

自宅のイッタラコレクションを少し増やそうと、今回はカステヘルミのボウルとプレートを買いました。

07iittalaの皿

ボウル×2、プレート×2、その他にアイノ アアルト ハイボールのペア、さらにもう一つグラスを購入。
ストックマンデパートのビジター用クーポン10%オフを使って78ユーロでした。
安いですね〜!
免税手続き(フィンランドの免税での最小購入額は40ユーロ)をすればさらに戻りがあるので、この旅行に備えて大きいスーツケースを買っておいてよかった〜と思ったのでした(^∀^)


sweetafternoontea at 17:17コメント(2)フィンランド

June 13, 2020

引きこもり生活中、洗濯(←大好き)以外の家事に疲れてしまい、テイクアウトごはんしたりしてました。

大好きなタイ料理。
パッタイ食べたり・・・

IMG_3180

ガパオムーラードカオは、なんとなくお店で食べるよりお肉少なめのような気がするな、とか思いながら食べてました(笑)

IMG_3181

トードマンクン、これ大好きで。
テイクアウトでも、さっくり感が残ってておいしかったなぁ。

IMG_3179

テイクアウトでいいんです。
ちょっと冷めてもいいんです。
でも、、、お店で食べるより200円高い(苦笑)
容器代もかかるので仕方ないんですけど、しょっちゅう利用するのもアレなので。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

昨日のことです。
予想はしていたのですが、

「F1日本GP、シンガポールGP、アゼルバイジャンGP中止決定」

が発表されました。( p_q)
いざ決まるとショック。。。

そんな傷心を癒すべく、4ヶ月ぶりの外食をしてみました。
正直まだ人の多いところで食事をすることに抵抗があるのですが、開店と同時なら大丈夫かもと。

一番乗りだったので一安心。
当たり前のように食べてたトムヤムクンがこんなにおいしいものだったとは。。。
沁みるわ。

IMG_3188

大好きなカオソーイ。
ココナッツミルク入りのカレースープって、なんておいしいんだろう。

IMG_3191

F1は観に行けないし、タイにも当分行けそうにないけど、4ヶ月ぶりの外食に小さな幸せを見出した気がした。

先は長いな、がんばろ。
でも今日の最高気温30℃は堪えた。


sweetafternoontea at 23:22コメント(4)美味巡り北海道

June 08, 2020

時間とお腹に余裕がない旅行では、食べ歩きしたくてもなかなか難しい時があります。
そこで、帰国日に買って、家についてから思い出に浸りつつゆっくり食べよう計画を立てました。
あらかじめ某100均で大きめのタッパーを買い、このために持ってきました^^(長年愛用している六花亭の化粧箱では深さがないのでね。。。)

ヘルシンキのパン屋さんのシナモンロールを食べたいー!

Kanniston Leipomo(カンニストンレイポモ)

チェーン店なのですが、ヘルシンキ新聞のシナモンロールランキングで1位を獲得したこともあるのです!
↓ 写真の店舗はハカニエミ・マーケットの北側にあり、滞在中のホテル、ヒルトン・ヘルシンキ・ストランドから徒歩5分ほどでした。

01Kanniston Leipomo
 
カフェ併設店もありますが、ここは小さな店舗で、コンビニの小さなイートインスペースのようなテーブル&椅子があるだけでした。

ケーキやサンドイッチ、ピザもありますね。
あ、ショウケースの上にカレリアパイが。

02Kanniston Leipomoにて

↓ ドリンクメニュー

03Kanniston Leipomoにて

お目当てのシナモンロール発見!
他のパンも食べたいけどたくさん持ち帰る余裕がない。
ここは心を鬼にして、「こるばぷーすてぃ(シナモンロール)、かくし(数字の2)」と、数少ない知ってるフィンランド語を駆使し注文。
店員のお姉さんは笑顔でしたが、「はいはい(笑)」と思っていたことでしょう。

04Kanniston Leipomoにて

このような紙袋に入れてくれます。
カワユイ。

05Kanniston Leipomo

1個2.60ユーロでした。
このパンですね、ものすごく大きいんです。
直径が手首から指先くらいまでの長さなんです。
見た目、噛み応えがありそうにも思えましたが、実際には「外はしっかり、内はさっくり」といった食感でこれがまた良い。
シナモン&カルダモンを折り込んだ(正確には“巻き込んだ”でしょう^^)パン生地が甘味を担当するポップシュガーとよく合う。

korvapuusti(フィンランド語でシナモンロールのことをこう呼びます)=平手打ちされた耳
まさに潰れた耳みたいな形!

06Kanniston Leipomo

時間が無くなってきたのと、カンニストンレイポモのシナモンロールが思いの外大きくて、収納の都合上パン屋さん巡りもあと一軒だけになっちゃいました。

07Pohjoisesplanadi通り

こちらは某クレカ情報誌で紹介されていたHotel St. Georgeの、

08St. George Bakery

ベーカリー&カフェです。

St. George Bakery

09St. George Bakeryの案内板

半地下にあり、階段左がベーカリー、右がイートインスペースでした。(おそらく正面はホテルエリア)

10St. George Bakery

日本でいうところのお正月三が日でしたので、不思議な四つ足動物オブジェが縁起物飾りに見える(笑)

11St. George Bakery

ホテルベーカリーなだけあって強気な価格ですが、クロワッサンおいしそー!

12St. George Bakery

目的を忘れあれこれ目移り状態なときに、お店のお姉さんが「シナモンロールはここよー」と教えてくれて我に返る(笑)
ありました、潰れた耳ー!

13St. George Bakery

ちなみに、ショウケースにはクリームチーズ(たぶん甘いやつ)がたっぷりかかったアメリカンなシナモンロールもありました。

14St. George Bakery

St. George Bakeryではシンプルな紙袋でした。

15St. George Bakery

お値段3.70ユーロ、大きさは手のひら+指の関節1つ分くらい。
ポップシュガーが目立ってますね!
カンニストンレイポモのシナモンロールと比べると甘さが強いなと感じるのは、ポップシュガーの影響もあるのかなと思いました。
噛み応えについてはこちらのほうがしっかり感じました。

どちらのお店もそうですが、フィンランドで食べるシナモンロールはスパイスをしっかり効かせてる。
そしてしっとり感より乾燥してる感じがしない程度のさっくり感。
これが良いんだな、なんて思いました。

16St. George Bakery

次こそヘルシンキ滞在中に、シナモンロール食べ比べ大会をしたい!
今度いつ行けるかな。。。


June 05, 2020

改装中のハカニエミ・マーケットへ。

↓ 写真中央の白いカバーに覆われた建物がハカニエミ・マーケット。
赤いレンガの建物でしたね。
すぐそば(写真右側)の仮設で営業していましたので行ってみました。

01ハカニエミマーケット前の広場
 
仮設にもかかわらずオサレな外観。
さすが北欧。

02ハカニエミマーケット

野菜スタンド。
この斜め見せが良いですね!

03ハカニエミマーケット

魚屋さんで気になったのは真ん中のいくらみたいなやつ?

04ハカニエミマーケット

お土産向けの商品を取り扱っているお店では、フィンランドならではの木製品ムーミングッズが。

05ハカニエミマーケット

おいしいスープスタンドでランチにします。
ハカニエミ・マーケットでスープと言えばここ!

◆Soppakeittio(ソッパケイッティオ)

BlogPaint

月−金:11:00−17:30

07Soppakeittio

メニューは日替わりのようで、レジ横の黒板に書かれていました。

08Soppakeittio

お会計を先にして番号札をもらいます。
席で待っていると・・・

クリーミーサーモンスープきましたー!
じゃがいもはもちろん、器の底にたっぷりのサーモン、おいしい〜

09Soppakeittio

水は最初からテーブルの上に置いてあります。
パンは食べ放題で、かごの中が少なくなってきたら店員さんが補充してくれます。

10Soppakeittio

同行者家族はインディアンスタイルラムカレースープ。
これが普段食べてるスープカレーを思い出すようなスパイシー感で(当たり前なんですけどね)、こういうの久しぶりに食べたかった!みたいな感じで、もうドストライク。
帰国後も「旅行中一番おいしかったのはカレースープ」というくらいでした。
サーモンスープもそうなのですが、パンを浸して食べるとこれまた・・・(^∀^)

11Soppakeittio

体も温まるし、真冬のランチにはぴったりのスープでした!


June 02, 2020

だんだん暗くなってきました。
お買い物もろもろを済ませ、夜ごはんにしましょう!

01Mannerheimintie通り
 
年末年始旅行最後の夜は、フィンランド料理を食べなければ!

Ravintola Sea Horse

ravintolaはフィンランド語でレストランです。

02Restaurant Sea Horse

HPに掲載されていたメアドに「予約お願い」のメールをしたら、すぐ返事をくれました。
店内は奥行きのある縦長で、壁側・窓側・その真ん中の3列構成。
予約なしの人は、真ん中テーブルに案内されていました。

03Restaurant Sea Horse

寒い夜にはスープが良い。
ライ麦パン付きのマッシュルームスープ。
ちょっとしょっぱめなところが北国っぽい(って北国在住の私が言うのもなんですが)。

04森のきのこスープ

そして、フィンランド料理のテッパン、ミートボール。
日本で食べるそれと比べたら、ジューシー感があまりないので、ソースをたっぷり絡めて食べるとちょうど良いです。
そして、写真ではわかりにくいのですが、かなり多い。
まずポーションがデカい、よくみると7個もある。
左隣のビーツも多い(これが結構重い)。もう一つの添え物がマッシュポテト(苦笑)
覚悟してオーダーすべき一品です ( ̄∇ ̄)

05フィンランド伝統ミートボール

サーモンのグリルをオーダーしたところ3切れ(もちろん一人分)。
添え物にゆでたジャガイモ。
ミートボール同様、食事の後半は辛い戦いになります^^;

06サーモンのグリル焼き

おいしく食べ始めたのに最後は拷問という、海外旅行での夜ごはんあるある状態になりましたが、地元のもの系料理を楽しむにはぴったりなお店でした。

ボケボケですが、日本語メニューを貼っておきます。

07Restaurant Sea Horseのメニュー

撮影者:同行者家族。

08Restaurant Sea Horseのメニュー

とてもじゃないけどデザートステージにはたどり着けなかった^^;


May 30, 2020

ヘルシンキの街歩きをしてみました。
まずはテンペリアウキオ教会へ。

01テンペリアウキオ教会
 
「岩の教会」と呼ばれるのは、大岩をくりぬいた中に造られているからで、内壁はくりぬいた岩盤がそのまま使われていて、音響効果が優れているとのこと。


03テンペリアウキオ教会

上部側面にはガラスがはめ込まれていて、自然光が入り込むような構造になっているため、大岩をくりぬいた内部にいることを思えばとても明るく感じます。

02テンペリアウキオ教会にて祭壇

2階席から見渡すと、教会のスケール感がわかりやすい。
しばしばコンサートホールとしても利用されるそうです。

04テンペリアウキオ教会

続きまして、ヘルシンキ大聖堂へ。
まるで「夕陽で赤く染まる」っぽいのですが、まだ午後1時です^^

05ヘルシンキ大聖堂

本来はこのように白亜の大聖堂です。
1917年のヘルシンキの独立までは「聖ニコラウス教会」と呼ばれていました。

06ヘルシンキ大聖堂

イタリアの美術館のような大聖堂と比べると、ヘルシンキ大聖堂の内部は至ってシンプル。

07ヘルンシンキ大聖堂にて祭壇

大聖堂の階段からヘルシンキ元老院広場を見下ろす。
観光バスもちらほら。

08元老院広場とアレクサンドル2世像

南西に位置する聖ヨハネス教会を撮ってみる。
夕方感が凄いけどまだ午後2時、さすが北欧の冬。

09聖ヨハネス教会方面

元老院広場から少し歩いてカンピ・ショッピングセンターへ。

11KAMPPIセンター

こちらで行きたいお店があったので来たのですが、吹き抜けがこんなにかわいいことになってた!

12KAMPPIセンター内

ショッピングセンター前の広場に木造の船のような建物が。
2012年のワールド・デザイン・キャピタルを記念して造られた木の教会「カンピ礼拝堂」です。

10カンピ礼拝堂

ほんの少しでしたけど、街歩きができて楽しかった (・∀・)


sweetafternoontea at 21:58コメント(0)フィンランド

May 27, 2020

ヘルシンキ滞在のお約束と言えば、マリメッコアウトレットでのお買い物&ランチ〜!

ホテル近くの地下鉄ハカニエミ駅から4駅先のヘルットニエミ駅で下車。
目的地までにあるいくつかの目印を見つけては、「おぉ!」と嬉しくなる。
↓ このウニッコ看板も目印のひとつ。

01marimekkoの案内表示板
 
ヘルットニエミ駅からは10分も歩かずに到着します、マリメッコアウトレット!

02marimekko Herttoniemi outlet

これ見てヘルシンキに来たと実感する^^

03marimekko Herttoniemi outlet

マグカップ、家にありすぎなのに買いそうになった。

04marimekko Herttoniemi outlet

そしてまたリュックを買ってしまった、と。

05marimekko Herttoniemi outlet

ファブリックも見ているだけで楽しい。

06marimekko Herttoniemi outlet

こちらのソファーで休憩しているお父さん(日本人)、多かったですね(笑)

07marimekko Herttoniemi outlet

スーツケースの空き具合をイメージしつつ、絞りに絞ってお買い物完了。
続きまして少し早めのランチタイムは併設の食堂、maritoriでいただきます!

08maritori

↓ こちらは開店前の様子。
マリトリって一度閉店して、どうなっちゃうんだろう〜と遠く日本で勝手に心配(笑)してましたが、運営会社が変わって再オープンしました。

3年前の様子と比べてみると、白を基調としたためかとても明るい印象を受けます。

09maritori

再オープンして変わった点は、料金が2種類になりました。
スープ付き(この日はエンドウのスープで、ヴィーガンって書いてますね)のランチは11.40ユーロ。
もうちょっと重たい料理付きは(この日はサーモンスープかラザニア(ベジタリアン)でした)13.40ユーロです。
これにサラダバー、デザート(モニターには「パンケーキ」の表示あり)、コーヒー/紅茶付きです。

10maritoriのメニュー板

先にお会計をして(「さーもんすーぷ」とか言うとわかってくれます。店員さん、総じて感じよいです。ものすごく日本人慣れしてます^^)

こちらがサラダバー。
ウニッコ柄のドレスを着ている人は、マリトリのスタッフさん。

11maritori

デザートのパンケーキと茶葉もろもろ、そのとなりのポットに「Hot Water 温水」と(笑)

12maritori

ミルクジャグが素敵・・・

13maritori

こちらのカウンターで「さーもんすーぷ、ぷりーず」などと言うとすぐ出してくれます。

14maritori

同行者家族はラザニアにしたようですね。
これ、写真で見るよりかなり厚みもありボリューミーでした。

15maritori

おそらくサラダバー全種類だと思います^^

16maritori

私はサーモンスープ!
肉厚のサーモンがたっぷり〜

17maritori

お買い物とランチを楽しめるマリメッコアウトレット、やっぱりここは外せない!

18maritori

ランチは月〜金(10:30〜14:00)の平日のみです。


sweetafternoontea at 23:02コメント(2)フィンランド

May 24, 2020

ヒルトン・ヘルシンキ・ストランド、続きまして朝食を。
場所は1F(ロビー階)のフロント横です。

01ヒルトンヘルシンキストランドの朝食
 
Happy New Year!
そうでした、滞在したのは年始でした。
雪だるまが鏡餅に見えなくもない(笑)

02ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

パンですが、目移りしなくて丁度良いかもくらいの品揃え。
フィンランドらしいベリーたっぷりのパウンドケーキが ↓
写ってませんがお約束のシナモンロールもありました。

03ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

チーズ各種。

04ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

シリアルやナッツ類。

05ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

ヨーグルトに並んでベリーが山盛り!

06ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

↓ 左上、サーモン!(おいしかった〜)

07ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

カレリアパイもいただきました!

08ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

生野菜やフルーツ。

09ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

グルテンフリーのコーナー。

10ヒルトンヘルシンキストランドの朝食

ホットミールは蓋が開いていませんでしたので撮ってませんが、ベーコンやミートボール、野菜のグリルなどがありました。

やっぱりサーモンですね〜
豪快なグリルがあるだけで、「おぉ、フィンランド!」を感じます。


sweetafternoontea at 17:12コメント(0)フィンランド
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ