いつもありがとう。

押せばススム

moon
下がり気味だったブログの更新頻度をブログバトラーが上げてくれています。
昨日の更新でとても弱くなり、今日はヒマでも対戦しなかった。
なんか負けっぱなしでつまらないじゃないの、ねぇ。良いのか悪いのか。




買い物に訪れるいつものストア。
大人が二人横に並んだら通れない入り口、入ってすぐのところに初老の婦人。買い物かごを乗せたカートを目の前に、背の低い婦人は腰を曲げてさらに小さくなる。大きな鞄がカート下段に入らなくて難儀している、その様子を見ながら入店した。


鞄を詰めこむ → 入らない → 押し込む → カートが進む → 追いかける


3回リピート、笑ってしまった。あまりにも彼女が必死だったから。
婦人のそばに追いつくと、入り口から2メートルは進んでいた。
彼女の真横についたとき、黙ってカートに手を添え支えた。気付かないまま格闘している。一生懸命の姿が可愛らしかった。意地悪くにやにやとして見守る。ぐんと強い力を3回目に感じたら鞄が乗った。勝手に役目を終え、立ち去ろうとしたとき婦人がはじめて気付いた。

ああそうだったの、ありがとう。ありがとう。

こちらが恥ずかしくなるほど大きな声を背中に受け、にやにやが取れないまま奥へ進んだ。


ひきつづき冷え込む今日の大阪。一昨日の子猫はあれ以来鳴き声を聞かせてくれない。
誰かが持って帰ったのかどこかで風を凌いでいるのかわからないけど、これが野良との別れ方。強風があいつを押していってしまった。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
こちらの記事もオススメ!!
Powered by Stuff-a-Blog
posted at 00:39

賢作ワード



QRcode
CHECK IT!

この記事へのコメント
こういうこと、ハムスターがよくやってたりしますよね。
いえいえ、ばかにしてるとかそういうんじゃなくて。

1:yuki(January 08, 2007 20:38)
[strong]yukiさん[/strong]

わはは。ハムスターって何事もひたむきで一生懸命。その姿、大好きです。
この日にあった婦人も好き。私もそうありたいと思ってます。

2:しいたけ(January 08, 2007 22:17)


この記事にコメントする(HTMLタグ無効)
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
現在のブラウザ、設定ではプレビュー機能を使用できません。

TOP