いつもありがとう。

あのー、すみません

立ち止まりたいなら止まればいい
いま、なん時ですか?

知らない大人にものを尋ねるとき決まって棒読み。数年ぶりに子供に時間を訊かれた。
少年が言うからコートのそでを折り曲げ、無意識に腰を屈めてアナログ時計を見せる。

いま、五時二十分だよ。

ありがとうございましたー、と発するやいなや踵を返し走り去る。
おい、もう五時回ってんで、あかんのとちゃうか!? ホンマか、おこられるやんけ!
聞こえて間もなく路地から数名の男の子が現れ全速力で走り去っていった。何か約束の時間があるらしい。横目で見守り懐かしい気分になる。時計がなくてわたしもよく知らない大人に時間を訊いた。時計っていつから身につけるものだろう。
子供の頃、縁日の夜店で父にせがんで買って貰った安い腕時計があったけど時間なんて本当は読めなかった。手首に巻いているだけで嬉しかった。時針が電池でどんどん時間を進めていく。大人になれた気がしてそれだけで嬉しかった。


がら空きの電車ですぐに腰を下ろす。次の駅、スーツの中年男性が隣に座った。窓に映る姿から四十代後半であって欲しいその男性は、携帯電話を胸ポケットから取り出した。
見る気はなかったけど、取り出された携帯電話の大画面に目がいく。
みな、すみか、けいこ、かずな。
この他にもひらがなの女性の名がいっぱい。妻? 違うよな。娘の名前かしら、部下の名前だろうか、キャバクラ嬢のお名前かしら、愛人だろうか。自分と同じ名前を見つけて興味深くなったものの、ふーっと気分が悪くなって盗み見るのを止めた。

時間を確認するふりをして、大人は携帯電話の着信を気にする。
気になるならバイブにして体に密着するポケットに入れておけよ。

さっきの子に、無意識のうちに時計を見せて時を伝えた自分の行為をたった今理解した。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
こちらの記事もオススメ!!
Powered by Stuff-a-Blog
posted at 21:15

賢作ワード



QRcode
CHECK IT!

この記事へのコメント
はじめまして。
おじゃまします。

携帯電話で時計の確認はしないですけど・・・
電車でマナーモードにしてポケットに入れてるのに
手にとってメールチェックしたりします・・・

ナニが不安なんだか。
結局、メールこないことになってしまいましたがw

また立ち寄ります、どうぞヨロシクです。

1:ルナシック(February 18, 2007 03:00)


この記事にコメントする(HTMLタグ無効)
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
現在のブラウザ、設定ではプレビュー機能を使用できません。

TOP