いつもありがとう。

あなたは何だった

ながいながいペンギンの話
記憶の中で、自分で読んだいちばん古い本はなに?

ながいながいペンギンの話

だんなまんは小学校低学年のときに読んだそうだ。夢中になって読んだけど、字が読めなかったから1ヶ月くらいかかったんと違うかな、懐かしいなぁー。また読んでみたい。
だから図書館で借りてきてやった、195ページもの厚みがある児童書。手付かずで3週間置かれたままになっている。ながいながいペンギンの話あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成せっかく借りてきたから代理で読んでみることにした。
開くと文字だらけ、子供向けとはいえ正直面食らう。観念して読み進めるが思うように読めない。というのは平仮名だらけ。おまけに、くとうてんが、ひとつのぶんしょうの、なかに、こんなかんじで、いっぱいいっぱい、うたれつづけているから、いちいち目を止められて読みにくい。子供のだんなまんがひと月かけて読んだ物語。少年が何を感じたのか知りたくて読み始めたけど、これがあと190ページも続くのか。夏休みの課題図書みたいなうんざり気分になる。

小一時間かけて読了。
平仮名は気にならなくなって3つの話を読み切った。目に映るものを純粋に見て、感じたことを素直に口にできる素直なペンギン兄弟に、酔っぱらいは涙ぐんでしまった。懐かしい幼少の気持ちを思いだして心を温かくした。小さいだんなまんは『ルルとキキよかったね!』と目をキラキラさせて、ペンギン兄弟のことをお母さんに話しただろうか。それとも、どきどきはらはらして泣きそうになった顔を見られるのが嫌でひとりっきりになってみただろうか。本を嫌わず、むしろ好きな大人に育っただんなまん。ペンギン兄弟に出会ったからこそなのか、いまも本とよい関係を続けている。

かくいう私は4年生で読んだピカソの伝記漫画が最古の記憶。
ピカソの踊っている絵が楽しくて、そこだけ何度も読み返しついに最後まで読み切ることはなかった。そしてピカソ踊りの開発に忙しい子供は、本を読まない大人に育ちました。

そうだ、ルー大柴フィルターをかけて読んでみよう



(ノ∀`)つ〃 : へぇ
こちらの記事もオススメ!!
Powered by Stuff-a-Blog
posted at 15:36

賢作ワード



QRcode
CHECK IT!

この記事へのコメント
わたすは「きいろいバケツ」っていうキツネの話
「ごんぎつね」っていう話が地元のお話にあるので
幼い頃はキツネに夢中。
今はfirefoxに苦戦・・・
わたすは小学生になってから字が読めるようになったので
小さい頃は図鑑ばかりみてますた

1:ディートリヒ(January 19, 2007 19:13)
[strong]ディートリヒさん[/strong]

知らなかったので検索してみたらかわいらしいきつねの本が見つかった。
ディートリヒさんのかわいらしい少年時代を想像してみたらきつねになった。笑
図鑑て面白い。知らない動植物がたくさん載ってて、知らない国や知らない機械も教えてくれる。小さい頃わたしもよく見ました。弟がとりわけ魚の図鑑に興味を示した。
幼稚園児のくせに「こいつはなんこつぎょるいだ」「おかあさん、むせきついどうぶつは食べやすい」とか生意気に話していた様子に弟が賢そうで嫉妬した。姉なのに、わたしは馬鹿みたい。結局いまも弟の方が賢くて、活字に磨かれた感性は確固たる実力になるもんだと今更ながら思ってます。はー、今から読んでも遅いよな。がっくり

2:しいたけ(January 19, 2007 21:12)


この記事にコメントする(HTMLタグ無効)
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
現在のブラウザ、設定ではプレビュー機能を使用できません。

TOP