みるいじるよむでんき:しいたけは読む「文字」

あなたは何だった

ながいながいペンギンの話
記憶の中で、自分で読んだいちばん古い本はなに?

ながいながいペンギンの話

だんなまんは小学校低学年のときに読んだそうだ。夢中になって読んだけど、字が読めなかったから1ヶ月くらいかかったんと違うかな、懐かしいなぁー。また読んでみたい。
だから図書館で借りてきてやった、195ページもの厚みがある児童書。手付かずで3週間置かれたままになっている。ながいながいペンギンの話あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成せっかく借りてきたから代理で読んでみることにした。
開くと文字だらけ、子供向けとはいえ正直面食らう。観念して読み進めるが思うように読めない。というのは平仮名だらけ。おまけに、くとうてんが、ひとつのぶんしょうの、なかに、こんなかんじで、いっぱいいっぱい、うたれつづけているから、いちいち目を止められて読みにくい。子供のだんなまんがひと月かけて読んだ物語。少年が何を感じたのか知りたくて読み始めたけど、これがあと190ページも続くのか。夏休みの課題図書みたいなうんざり気分になる。

小一時間かけて読了。
平仮名は気にならなくなって3つの話を読み切った。目に映るものを純粋に見て、感じたことを素直に口にできる素直なペンギン兄弟に、酔っぱらいは涙ぐんでしまった。懐かしい幼少の気持ちを思いだして心を温かくした。小さいだんなまんは『ルルとキキよかったね!』と目をキラキラさせて、ペンギン兄弟のことをお母さんに話しただろうか。それとも、どきどきはらはらして泣きそうになった顔を見られるのが嫌でひとりっきりになってみただろうか。本を嫌わず、むしろ好きな大人に育っただんなまん。ペンギン兄弟に出会ったからこそなのか、いまも本とよい関係を続けている。

かくいう私は4年生で読んだピカソの伝記漫画が最古の記憶。
ピカソの踊っている絵が楽しくて、そこだけ何度も読み返しついに最後まで読み切ることはなかった。そしてピカソ踊りの開発に忙しい子供は、本を読まない大人に育ちました。

そうだ、ルー大柴フィルターをかけて読んでみよう



(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 15:36

賢作ワード


QRcode
CHECK IT!

十日待たされるマイブック

マイブック―2007年の記録楽天で購入Amazonで購入あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
マックが挙動不審。
なのにインストールディスクが破損していて遂に使えなくなった。
保証期間内ということで新しいディスク送付に落ちついたが、
生産終了モデルだからマスターをコピー&海外発送になるらしい。
手書きで「ジャガー」とか書かれてたらどうしよう。
英語でいいですよ。

そうするとすることが無くなってしまった。
家人出張中につき、薄暗い部屋で暖房も入れずに三角座り。
悲壮感がますます漂うひとりぼっちの空間。
ああ、多分このまま死んでしまうんだ。
そんな発想が暗く落ちついたところで楽天からの荷物が届く。
そうだ、今年もマイブックを買った。

今年から始めたマイブックは一月十四日以降今日まで白紙。
短い間に書き連ねた日記はどう褒めても上手い文章とは言えないが、
そんなことを思っていたのかと当時の自分にはっとさせられる。
一年も経たない過去なのに、その日の私がいろいろ教えてくれた。
日記って自分を振り返るのに最高の教材だ。
するとその時、珍しく出張中の家人から電話があった。

パソコン壊れて拗ねているんじゃないかなと思って。

拗ねてるよ。よく分かったな。励ましの電話だったらしい。
そういうことを久しぶりに「マイブック」に書いてみた。
今読んでも何とも思わないある日の出来事だけど、
暫く経ってから読み返すと物語だったり……することを願う。

マイブック、楽しいよ。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 19:36

賢作ワード

バースト・ゾーン―爆裂地区

バースト・ゾーン―爆裂地区彼の書くものを三冊読んだ。

ハリガネムシ」、「クチュクチュバーン」、
そして今回の「バースト・ゾーン―爆裂地区」。

私にはここ二年ほどの微々たる読書量しかないのだけど、
嫌悪と不快と暴力に関する表現は嗚咽できるほど気味が悪い。
数人の男に犯される妻を目前に何もできない夫の、
徐々に変わりゆく感情の変化が生々しく一番衝撃的だった。

辻褄の合う方程式のような物語だった。いや長いな。


高校のときの読書課題で読まずに適当に仕上げた「蝿の王」を、
今ふと真面目に読みたくなった。今度はきちんと読む。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 00:44

結婚願望

恋愛中毒から二冊目に読んだ山本文緒氏の「結婚願望」。

結婚したい!したい! と言う話ではなく。


「人は一人では生きていけないので、
 よい仲間を作りましょうね。」


そう読みとれた。
こういう付き合い方、ああいう付き合い方、
それはそれで普通なんだよ。
この結婚願望を読んでからなんとなく、
今ある我が家族の在り方は別にこれでよい。
そう思えて肩の荷が下りた気がした。

自分だけ「特殊」ということはまずない。
凡人が思うことなど、他に百人は先に思っているだろう。
要は気持ちの向け方だ。

それから社交的な引きこもりな自分として、
彼女は私ととてもよく似た人で人生の先輩なのだなと思った。
なんだか気持ちがとても焦っていたのだけど、三十路過ぎたし。
とてもホッとできる読み物に出会えた。よかった

既婚女性にお勧めする。なんとなく




(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 21:45

マイブック

「ブログ」を試してみたいな。

昨年の今頃そう思ってググっていた。
容量無制限無料のDoblogが目に留まった。
登録にはハンドルネームとブログタイトルが必要だという。

お気に入りハムスターサイトの黒ゴールデンハムスター、

しいたけ

名前は彼から頂いてすぐに決まった。
しかしブログタイトルは決まらない。
続かないだろうし、すぐに飽きるだろう。
捨てアカウント気分で「しいたけ日報」。
それが始まり。


ところが三日坊主の割に毎日ブログが続く。

ブログの方向性が決まらぬまま、
とりあえず感じたことを書き留める備忘録になった。
やはり昨年の今頃。
書店に列べられたマイブックが頭に思い浮かんだ。
白紙の冊子、自分の記録、そして決まった。


しいたけマイブック


白紙のノートは昔から大好き。

何故好きなのかは知っている。
あれを書こう、これを書こう。
始まらないものに期待して憧れることは、
心をくすぐられるから。


今年は来年用のマイブックを購入してみた。



051110-ブログ・ルポ


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 16:08

AMIBIC

彼女の三作目になるAMIBIC。

リズム、書き方、腐れ30男氏とよく似ている。
どっちがどっちということではなく、
こんなカテゴリがあるのだと思った。


泥酔、錯文、分裂は経験した。

今回は共鳴しながら読む。
ライン踏みの遊びも気持ちはよく分かる。
外さない様に繋がる様に更新され続ける自分だけの決まり事。

踏み外した時、私は翌朝に錯文を目にすることとなる。
やだなぁ。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 14:19

アッシュベイビー

何かにつけて、鑑賞には必ず収穫を求める。


アクション映画が面白くワクワクして元気になるとか、
純愛映画のハッピーエンドに感動を覚えるだとか、
SFXのグラフィカルなCG処理に脱毛とか。


ところが文字になると少し変化する。

アクターが存在しない物語の登場人物や、
作中の心に響いた一文になりすまして読む。
それから自分と重なる部分を見つけては、
そうだそうだと頷く。

本を読み始めたのは最近のことだから、
読書が趣味ですとは、よう言わん。
普通の読み方しかできない。


この「アッシュベイビー」。

よく分からなかった。
作者の前作「蛇にピアス」もそうだった。
登場人物の誰にもなれなくて読み進むだけ。

ただ、自分の知らない世界を知っている様な彼女の世界。
気になって気になってひたすら読み進めた。

ドラマの次回予告ばかりを編集したマイビデオの様に、
継ぎ接ぎとなって淡々と進んでいくかの様な。
気になる、続きが知りたい分からないどうなるの?

という感じで、ひさびさに一日で読み切った。
蛇にピアスもそうだったな。

わかんね。

そか、知らない世界と心情だからわからないのか。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 01:37

私、Hがヘタなんです!

051110-1私、Hがヘタなんです!

人類が立ち上がったのはマスターベーションを覚えたから!

何でも猿人時代。
最中に敵から襲われた先祖が、
片手を股間に当てたまま逃げたのだそうだ。

四肢で駆けることが出来ないので二足歩行で走って逃げたのだという。


それから中村うさぎさんのズリネタ。

ものすごく細かい設定が設けられているのに、
自分は登場しない、出演する男性の顔はない。


そんな話から前向きな性の考え方まで、
バイセクシャル・ストリッパー・官能小説作家等、
五名の体験と実績に基づいた女性の性に関する対談本。

二〇〇三年初版と少し古いけどワロタ。


わたしは将来、中村うさぎさんになりそうです。


(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 22:36

永遠の朝の暗闇



三章に別れていた。


・後妻として入る女の思い。
・前妻のこれからと葛藤。
・前妻、後妻の狭間に置かれた娘の心。


気持ちはどれもよく分かる。
物語の人物と私の立場は違うのだけど、
岩井志麻子さんの文字は私の不安や心配を明確に綴る。

私の心配、ではないか。女の不安。

朝の通勤電車で読んでいると、
朝っぱらから気分が悪く下向きになる彼女の書。

そんな中、前妻「今井シイナ」の発言と行動に元気を授かる。
私もこの様に生きていくのだろうか。



テレビコマーシャルのように私はすぐに内容を忘れる。
ドラマはあらすじをよく覚えているのに、
本で読んだ内容は映画同様、すぐに忘れるのに。

本って何故読むんだろうね。


続きが気になる
(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 20:32

軽くヤヴァイ

050926-1aburiya●関連するmammalianちゃん


生まれて初めて週刊ディアゴスティーニを買う。

なんと創刊第1号は破格の190円でバインダー付き!

と言うからお得感この上ない。
先日の魚を反省してみる。
いい年過ぎるから料理なんて習いにくいところでいい塩梅。
進研ゼミみたいな通信販売がダイスキなんだよ。
というこの時点で既に間違っている。通信教育だろう・・・


続きが気になる
(ノ∀`)つ〃 : へぇ
posted at 23:57


TOP NEXT