2020年08月02日

カメレオンのかきごおりや




無題
















作・絵:谷口 智則

出版社:アリス館

梅雨明けと同時に、気温もグングン急上昇🌞

そんな時は、ひんやりデザートがいいですね!(^^)!

7月新刊でぴったりの1冊♪がこの作品です


谷口さんの独特のタッチで描かれた絵が

少しアンティークな感じで渋くて、

お話の世界にひきこまれれます。

著者の谷口智則さんは、

現在は大阪府在住で、

「100にんのサンタークロース」他、

多数の絵本でご活躍中です!



【出版社からの内容紹介】

カメレオンは旅するかき氷屋さん。

世界中で集めたシロップをかけたかき氷を食べると、

不思議なことが!

いろいろな場所でいろいろな色に変わるカメレオン。

ぼくって一体何色なんだろう。悩んでいると、そこへ・・・





sweetbaby1 at 21:02|PermalinkComments(0) | 

2020年07月26日

ひとりひとりの やさしさ

61Ka7b5DP1L._SL500_




文:ジャクリーン・ウッドソン

絵:E.B.ルイス

訳:さくま ゆみこ

出版社:BL出版


書店の児童書コーナーで、

久しぶりに表紙とタイトルだけを見て購入するという

いわゆる「ジャケ買い」をした作品。


帰宅し、絵本の帯に記されていた。

作者のジャクリーン・ウッドソンは

今年2020年に国際アンデルセン賞を受賞との事を知る。


『国際アンデルセン賞』とは・・

1953年に創設された

2年に一度、

子どもの本の最高の作り手に贈られる

国際的な賞で、

作家賞と画家賞があります。


2013年発刊の作品です。

絵本の内容が、想像していたものと

かなり違っていて、

読み終わった後、

色々な現在のコロナの状況と重ね合わせて、

少しどんよりした気持ちになった・・

対象年齢は7歳ころとの事だが、

5歳児前後の子どもたちと読み合いたいと思った。


絵本をパタンと閉じて、

色々な気持ちが心の中を押し寄せる。

自分の心を整理する。

この絵本との出合いの意味だったのかもしれないと思った。



【出版社からの内容】

ある朝、クローイのクラスに、校長先生がはいってきた。

つれていたのは、ひとりの女の子。


「転校生のマヤですよ」。

マヤのかっこうはみすぼらしい。

お弁当のなかみもへんだ。クローイたちは、そんなマヤをわらいあい……。

新しい友だちとの出会い、無視しつづけた日々、とまどい、後悔、そして……。

多感な少女の心のうごきを丁寧にすくいとり、

大切なテーマを読者ひとりひとりの心に問いかけます。

美しい絵も心にせまる一冊。
sweetbaby1 at 17:56|PermalinkComments(0) | 2000年代の作品

2020年07月19日

おおきなうみと ちいさなマーヴィー

350_145799





















作・絵:H@L

出版社:フレーベル館


そろそろ梅雨明けが待ち遠しい季節。

夏にぴったりの新刊作品です。

爽やかな表紙を見ているだけで、

ワクワク✨

子どもたちと先日読んだ時に、

「くじらやのに小さいな!」と声があがりました。

そうなんです、主人公のくじらはのマーヴィーは

まだ小さいくて、幼いのです。

ストーリーと共に、H@Lさんの描く絵の世界を

じっくり絵を読んでみて下さい。

子どもから、大人まで経験する

「今年の夏」はどんな可能性が発見できるでしょうか。。





【出版社からの内容紹介】

「おおきなうみ」は、永遠に広がる人生を、

「ちいさなマーヴィー」は、

そこにこれから踏み出していく子どもたちをあらわしています。

マーヴィーがこれからの自分像や広い海を想像するように、

「挑戦すれば何にでもなることができるし、

大きな世界が待っている」という

子どもたちの持つ無限の可能性をテーマとした絵本です。


著者のH@L(ハル)氏は、1976年 大阪府生まれ。

ディズニー版画フェア ディズニーのイラスト書き下ろし、

日テレ『おしゃれイズム』のスタジオアートなどを担当。

2008 第24回ニッサン 童話と絵本のグランプリ 絵本部門 大賞を受賞し、

『モイモイのポッケ』(BL出版)で絵本デビュー。

百貨店やギャラリー、カフェでライブペインティングを行うなど多岐にわたり活動中。

前作『とらきちのいいところ』(フレーベル館)は、

中国、韓国、台湾とアジア圏で人気を博し、

中国の版元・東方出版社の2020年の出版目録の表紙を飾っています!
sweetbaby1 at 09:42|PermalinkComments(0) | 

2020年07月12日

金子みすゞ おひさん、あめさん

350_ehon1872










作:金子みすゞ

絵:森川 百合香

選:矢崎節夫

出版社:JULA出版局


書店で詩の本を見ていて、

大好きな詩人の方の作品が、

大好きな絵で出版されていた。

2002年発刊の作品です。


金子みすゞさんが亡くなった後、

五十余年を経て、

童謡詩人・矢崎節夫の努力により

その作品の全貌が顕らかにされ、

天才詩人として注目された。


絵本の帯に記されていた、

矢崎節夫さんの言葉も心に響く。

『若い、新しい人の絵で

みすゞさんが、

元気で、たのしい絵本になりました。』



絵を描かれた森川百合香さんは、

私は「ふうせん」という歌絵本で初めて知ったのだが、

優しい色、人や動物の豊かな表情に

どんどん惹きこまれていたのですが、

今作も、金子みすゞさんの詩の世界を

見事に表現している。


絵本のタイトルになった詩が

最初に掲載されています。


🌞おひさん ☔あめさん


ほこりの ついた

しばくさを

あめさん あらって くれました。


あらって ぬれた

しばくさを

おひさん ほして

くれました。


こうして わたしが

ねころんで

そらを みるのに

よいように

他、14編の詩が素敵な絵とともに掲載されています。


どの詩も、生き生きとした子どもたちががそこにいます。

大人は一瞬でも、子どもにもどってみよう。


2020年07月05日

くだものどうぞ



350_Ehon_118934作:きのした けい

絵:阿部 真由美

出版社:コクヨ


しっかりした紙質のボードブックで

丁寧に描かれた果物の絵の

めくりのしかけ絵本です。

2018年6月初版です。


9種類の果物は

季節感もありますね。

切ったり、皮をむいたりするところが

しかけになっていて、

切った断面や、

皮をむくようなめくるしかけでsす。

読み聞かせの時は、じっくり絵を見ながら

オノマトペを聞き手と読み手で音読したり、

果物を食べるまねっこ遊びをする等、

絵本で遊ぶような気持ちで楽しめます。

ボードブックなので、

ベビーの小さな手にも扱いやすく

耐久性もありますね。


【出版社からの内容紹介】

おいしそう!おもしろい!が あふれだす

「りんごをざくっ」「みかんを ぺりっ」

リズミカルな言葉に合わせしかけ扉をめくると、

おいしそうなくだものの中身が現れる

しかけ絵本です。

2020年06月28日

たべるの だあれ?

350_143877



















作・絵:すぎはら けいたろう

出版社:東京書店


0〜2歳児向けの絵本を探していて

書店で出合った、今年5月の新刊です。


表紙の右下に「とびだす えほん」と記載があるので、

しかけ絵本だなと予想はしていましたが、

「たべるの だあれ?」という問いかけ

「はーい!」と手をあげて返事をする

動物を考えて、次のページを開くと・・

動物の口が立体的になっている!(^^)!



本を動かすとパクパク食べる動きは

まねっこ遊びができ、

繰り返しのリズムが楽しい絵本です♪

食育のテーマにも良いですね。


すぎはらさんの描く絵のタッチも

とても動物の表情が豊かで、

ほんとに美味しそうに食べているのがイイ♪

作者である すぎはらけいたろうさんは、

名古屋のご出身で、

カナダやロンドンなどを拠点に一時活動もされ、

ジャンルにとらわれない自由で力強い表現で

幅広く活躍するイラストレーター。

2009年ボローニャ国際絵本原画展入選。



先日、5組の親子さんと一緒に

この絵本を読み聞かせで楽しみました。

参加してくださった子どものたちの

年齢も0歳児〜2歳児さんと幅広かったのですが、

楽しむ表情が見られました。


しかけ絵本は、めくりや立体になる仕様ですので、

楽しいのですが、その反面破損することもあり(^-^;

管理することも必要です。

大人と一緒に絵本を読むことで

壊れたり、破れたりする事も防げるかなと思います。



sweetbaby1 at 09:03|PermalinkComments(0)ベビーからOK! | 

2020年06月20日

すずめのまる

350_Ehon_145717





















箕輪義隆:絵

かんちくたかこ:文

出版社:アリス館


先日、絵本『つばめのハティハティ』の原画展に行った際に、

同じ「鳥のおはなし絵本」シリーズ第二弾として4月刊行されたのが

この『すずめのまる』です。

前作と同じく 、小さなすずめの視点で

丁寧に描かれた絵の力と、

図鑑ではなく、ストーリーが展開する事で、

鳥の生態や、とりまく人間や環境にも

興味が広がるきっかけになりそうです。

見返しのところにも、すずめのスケッチが

満載で読み応えあります♪


【出版社からの内容紹介】

巣立ちから子育てまで、スズメの1年のお話。

主人公のまるちゃんは、おっとりしつつも元気でポジティブ。

「いち、にの、さん、えいジャンプ!」と思い切りよく飛び立ちます。

「決断」や「自立」もテーマの絵本。
sweetbaby1 at 22:16|PermalinkComments(0) | 2000年代の作品

2020年06月14日

たべるたべる たべること

350_Ehon_132850




















くすのきしげのり・作

小渕もも・絵

おむすび舎・出版社



2020年2月発刊の作品です。

私たちが欠かせない「食」は

「生きる力」だという事が、

優しくじんわり 心にしみこむように伝わってくる。


タイトルの「たべる たべる たべること」の言葉が

各場面の最初に記され

声に出すと、とっても心地よい。

読み聞かせにもぴったり




くすのきしげのりさんは、元小学校教諭で、

名作「おこだでませんように」(小学館)他多数、

素晴らしい作品を出版されておられます。

小渕ももさんの描く人の「表情」が素敵です。

お話を読み進んでいくと、

表紙のふたりの子どもの

その後の人生へとつながっていく。



出版社のおむすび舎さんは、

「絵本はこころのごはんです」をコンセプトに、

新潟で立ち上げられ、

代表の霜鳥さんは食育指導士でもいらっしゃるそうです。



この絵本の帯に二次元バーコード(QRコード)の記載があり、

絵本にちなんだ、簡単レシピが見られます♪





【出版社からの内容紹介】

「たべること」は、いわうこと、なかよくなること。

あなたの「たべること」は なんですか?

実穂ちゃんの毎日は、たくさんの「たべること」で、できています。

タイからやってきた友だち、家族みんなで世話をした田んぼ、仕事をしながらの一人暮らし、思いがけない再会......。

た べることは生きること。

人生の様々な場面で 人はたべることによって 通じあっていくのではないでしょうか。

一人の女の子の成長を見つめながら、

いのちのつながりを感じる絵本です。


sweetbaby1 at 05:54|PermalinkComments(0) | 2000年代の作品

2020年06月07日

こんもりくん

350_Ehon_64869





















作・絵:山西ゲンイチ

出版社:偕成社



この絵本との出合いは衝撃でした(笑)

表紙を見て「えっ?これは・・なんのお話?」と

お話を読みたい!と書店に先日行って

発見し初めて読みました。

今年のGWのステイホーム中に、

Facebookの中で7日間ブックチャレンジという

本を紹介し合うという事をしていた時、

私のお友達が紹介していた2011年発刊の作品です。


作者山西ゲンイチさんは長崎県生まれで、

絵本、イラストレーターとしてご活躍との事です。


子どもたちが好きなユーモア絵本を読んで、

先入観なしに、絵本を真ん中に

大人も一緒に笑い合いたい!と純粋に思わせてくれる作品。

そして初めて出合う作品を読む前のワクワク感で

子どもたちと一緒に、読み合いたいな〜という思いを込めて。




【出版社からの 内容紹介】

髪の毛を切るのがいやなこんもりくん。

そのもじゃもじゃあたまのなかには

めくるめく楽しい世界がかくれていました!




2020年05月30日

いろいろ へんないろの はじまり

350_Ehon_2280



















作・絵:アーノルド・ローベル

訳:まきた まつこ

出版社:冨山房



先日、コロナの影響で書店さんが休業中に、

無印良品店内のMUJIBOOKSで

タイトルにひかれて

手に取ったのがこの作品です。

日本では1977年発刊のロングセラー。


作者のアーノルド・ローベルといえば、

名作『ふたりは ともだち』が有名ですが

この作品ももとても素晴らしい。


絵はクラシックなタッチですが、

ストーリーの展開と共に

「絵の力」に感動。


あらためて

こういう作品を子どもたちに

伝えていきたいと思った。


ラストまでワクワク読み

絵本を閉じて・・


私は転機を迎えた

大人の方のプレゼントに

選書しました。




【内容紹介】

おはなしの始まりは「はいいろのとき」

世の中に色というものが存在せず、

何もかもが灰色で、

さもなければ白か黒という時代です。

ひとりの魔法使いが

その状況に違和感を感じていましたが

どうしたらよいかわかりませんでした。

そこで、気を紛らわせるために

魔法の薬を調合したり

呪文を唱えたりしていると・・








livedoor プロフィール

アッコちゃん♪

Archives
コメントありがとう♪