2022年06月13日

ふしぎな かさやさん

350_Ehon_175219



















作:たなか 鮎子

出版社:講談社

初版:2022年5月


書店で表紙の絵と色に惹かれて、

手に取りました。

表紙からワクワク感が高まり、ファンタジーの世界に誘われる。

私は幼い頃から雨の日が好きでした。

なぜなら、長靴や傘やレインコートなど、

自分のお気に入りものを持って、

いつもと違うものを身に付けて外出できることに

ワクワクしていたような気がします。

このお話の主人公のように、

雨が大嫌いな人でも

素敵な傘に出合い、そこから周囲の景色や心持ちが変化して

雨が好きになる事は、子どもから大人まで実際にあること。

今作で私も読み進めながら体感していました。



作者のたなか鮎子さんは、銅板画家としても活動中で、

絵本『はだかのおうさま』(フレーベル館)の絵や

イースターを描いたお話『ルナのたまごさがし』(フレーベル館)も素敵です。



私の住む大阪も、そろそろ梅雨入りのようです。

さぁ、明日はどの傘を持って出かけようかな🎶




【出版社からの内容紹介】

雨の日、

家をとびだしたレミがはいったかさやさんには、

ふしぎなかさがいっぱい。

あるかさを開いたとたん、大変なことがおきて……

つまんない!と思っていた雨の日におきた、ふしぎな冒険。

さまざまな雨の情景をうつしこんだかさと、

なぞの猫の秘密。

さて、かさやさんといっしょにレミは青空をとりもどせるのでしょうか。

パリ在住の著者が描く、ふしぎでうつくしいファンタジー。

sweetbaby1 at 20:35コメント(0)雨の日 | 2022年発刊の絵本 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

アッコちゃん♪

Archives
コメントありがとう♪