2006年11月16日

力道山

B000FJMXP6

あっしゅ坊や8評価:(満点10点) 2004年 149min

監督:ソン・ヘソン

主演:ソル・ギョング 中谷美紀 萩原聖人 鈴木砂羽

力道山

【あらすじ】1945年、貧困生活を脱出しようと祖国を離れ、力士になるため単身日本へやってきた力道山だったが、日本人でなければ横綱になれないという現実をつきつけられ、絶望のなか、酒浸りとなる。ある日、屈強なプロレスラーから人種も国籍も関係なく世界と戦うことのできるプロレスの世界があることを教わり、単身アメリカへと旅立っていく。

いつも”Aムビ”に寄っていただきありがとうございます。 burogurannkingu

 

↑ランキングに参加してます。



【感想】やっぱりこの映画は映画館で観るべき映画だったと、今ながら反省してるボク、、、。いやぁ良かったです、予想通りでした。

力道山は入門当初、朝鮮からやってきたということでイジメがひどかった。イジメに絶えながらも黙々と稽古に励む毎日。ある時、力道山が財布を取ったと濡れ衣を着せられ犯人扱いされてしまうんです。橋の上で見ていた菅野会長に向かって”私は盗みなどを働く朝鮮人ではありません!ただすもうを取りたいだけです!と真剣に無実を主張する姿に涙がこぼれました。でもこれがなんと演技だったとは、、、!正直涙が涙腺に逆戻りしましたよ。菅野会長にアピールする為にこんな大胆な行動を取る力道山はやっぱり大物でした、、、。

そんな力道山も関脇から大関に昇進するときに、朝鮮人だからということで番付編成会議で見送りとなってしまうんです。力道山は納得がいかず大暴れ。彼は怒るとモノに当たるタイプみたいです、、、。誰にも止められません。”俺の運命は俺で決める!”そう言い放った力道山はマゲを自らの手で切ってしまうんです。相撲界を捨てた力道山は路頭に迷う事に、、、。その力道山を支えてきた妻の綾(中谷美紀)が彼にとって大きな存在となっています。いつもいじけて帰ってきたときには、綾が”何も心配いりませんよ〜、きっとうまくいきますから”って優しく包み込むように言ってくれるんです。その声の優しいこと、、、。こんな奥さんがいたら男はどんなに幸せなことか、、、そう思いました。力道山の人生の中で綾がいなかったらこんなに有名にはなっていなかったと思います。夫を立てる優しい綾、、、。中谷美紀の演技力に脱帽!

そんな彼の前にプロレスの話が、、、。アメリカへ単身で修行をする事になります。正直武藤敬二が出てきたのにはビックリ!本物じゃん!アメリカでプロレスで成功を収め、日本でプロレスを作ろうと試みます。菅野会長にお願いしてプロレスを日本で開催することに。別に儲けとかで設立したわけではないんです。アメリカ人プロレスラーを呼んで堂々と彼らと戦っている日本人の姿を子供達に見せてあげたいという強い気持ちがあったからなんです。力道山は柔道の鬼と呼ばれている井村とタッグを組み、アメリカ人を見事に撃破します!観客は日本万歳!と皆立ち上がり叫ぶシーンは最高でした。アメリカに戦争で負けて意気消沈していた日本人に自信をもたらした瞬間だったんでしょう。そういう意味でも力道山の功績は素晴らしいと思います。試合後、力道山は日本中のヒーロー。雑誌やテレビなどに引っ張り凧となり、妻の綾とは疎遠。金と名声に犯された彼は次第に日本の心を無くしていくんです。やっぱり金は人の心を壊していくんですねぇ。金って怖い!

力道山も世代交代の時期が迫ってきました。次の後継者を世に送り出すため、菅野会長と力道山は約束事をするんです。"次の試合は負けろ”と、、、。力道山は百戦錬磨だし、まだまだやれるのにわざと負けるなんてプライドが許さなかったんですけど綾にも涙ながらに言われちゃって、、、”一度だけ負けてください、、、”って。綾も正直、力道山には引退してもらいたかったんです。あの幸せだった頃に戻りたいと、、、。わかります!有名になり過ぎて疎遠になってしまった夫婦生活、でも力道山のプロレスに対してプライドがある、どちらを取るかなんでしょうけど、、、このシーンはすごく切なかったです、、、。対戦相手は横綱の東浪。東浪は橋本真也でした、、、。またまた本物じゃん!力道山は約束どおり外国人レスラーにボコボコにされる。意識が朦朧としてきた瞬間、力道山の目に”力道山負けないで〜っ!”って叫ぶ子供の姿が、、、。約束事を忘れ、外国人レスラーに猛攻撃。今まで我慢していた力を振り絞り勝ってしまう。このシーンは号泣しました。やっぱりプライドが許さなかったんでしょうねぇ〜。プロレス界に力道山有り!って証明したかったんでしょう。かっこいいですねぇ、男ですねぇ。思わず涙が溢れました。

菅野会長を裏切ることになってしまった力道山は縁を切られます。この会長も力道山をすごく気に入っていて、相撲時代からよくしてくれた人物でもあるんです。力道山も師匠として尊敬していたし裏切る気は無かったんですけど、レスラーとしてのプライドを捨てることは出来ず、結果裏切ることになってしまいました。この後、腹を刺され入院しているときに師弟に言った言葉が胸に突き刺さりました。”貧しい朝鮮人のくせに何が嬉しくて笑っているんだ?と罵られた。だから成功しようと思った。笑うために成功しよう”そういった力道山は腹膜炎でこの世を去り、妻の綾も後を追うように息を引き取るんです。

今回力道山役のソル・ギョング。「シルミド」でおなじみですが、日本語のうまいこと。かなり勉強したんでしょうね。力道山の弟子で朝鮮人がいたんですけど、比べものにならないくらい上手だった。筋肉もモリモリで普段の2倍はあるなと思いました。相撲やプロレスシーンも気合が入ってました。この映画は仮想的な部分もあるみたいですけど、力道山が戦後日本に残した功績が、戦争で落ち込んでいた日本人に大きな影響を及ぼした事をこの映画を通して始めて知りました。”日本人が一番力道山を知らない”ってコピーがありましたけどまさにその通りだと思います。大きな壁に立ち向かったとき、投げ出したくなったときに、この映画をもう一度観たいと思います。生きる勇気をもらったような気がします。オススメ!



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 力道山  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2006年11月16日 22:19
 『日本人がいちばん、力道山を知らない。』  いや〜ある程度の予想はしていたものの予想を上回る年齢層の高い客層でしたヾ(゚ω゚)ノ゛ 周りは多分リアルタイムで力道山を応援していたであろうおじ様方が多かったです。って殆どそんな方ばっかりでした。  「シルミド...
2. 力道山 06年160本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年11月16日 23:34
力道山 2004年 韓国・日本   ソン・へソン 監督ソル・ギョング , 中谷美紀 , 萩原聖人 , 藤竜也故 橋本真也 , 船木誠勝 あと、秋山準 もでていたらしいです。 日本映画じゃなかったんだ、、、 それにしてもソル・ギョング 、元々日本語、少しは出来たんでし...
3. 力道山  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年11月18日 21:42
リアルタイムで拝見したことはありませんが、お名前くらいは誰でもご存知ではないでしょうか。 力道山 昨日の記事も在日朝鮮人に触れていましたが、この方も在日であるということは以前から聞いて知ってはいました。 「勝利した者だけが、笑うことができる」と...
4. 『力道山』  [ ラムの大通り ]   2006年11月23日 10:50
----力道山って戦後最大のプロレスラーだよね。 これって彼の伝記が映画になったということ? 「そう。実はすでに昨年にはでき上がっていて、 力道山の命日の12月15日に韓国で公開されたらしい」 ----えっ、韓国で? 「うん。この映画は日韓合作。 97%が日本語という画期的...
5. 空手とプロレス  [ Akira's VOICE ]   2006年11月23日 11:04
「風のファイター」 「力道山」
6. 笑いながら生きるために  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年11月23日 11:18
70「力道山」(韓国・日本)  力道山といえば空手チョップ、街頭テレビのヒーロー。そんな日本国民の英雄だった力道山の人間部分を描いた作品。  朝鮮人ということで兄弟子たちから激しいいじめを受けていたキンという若手力士。しかし、ある事件をきっかけに後見人を...
7. 「力道山」  [ 試写会帰りに ]   2006年11月23日 11:30
「力道山」試写。韓国・日本合作映画。149分ですが、全く長さを感じませんでした。 “力道山”といえば、PlayStation 2のプロレスゲーム「オールスタープロレスリング」で、蝶野正洋、武藤敬司と共によく使い戦いました。リング上から君臨するシーンは神々しく迫力がありまし...
8. 『力道山』 (初鑑賞67本目・DVD)  [ みはいる・BのB ]   2006年11月23日 11:51
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 8月5日(土) 劇場で観たかった作品で、やっとDVDで鑑賞しました。
9. 映画「力道山」 監督がつくりあげた勝って切ないオリジナル力道山物語  [ もっきぃの映画館でみよう ]   2006年11月23日 12:01
タイトル:力道山/韓国 ジャンル:/2004年/149分 映画館:テアトル梅田(60席) 鑑賞日時:2006年3月11日(土),18:55〜 40人 私の満足度:75%  オススメ度:75% ◆序 「日本人が一番力道山のことを知らない」というキャッチコピー。 なんだか「日本人に朝鮮人の気持ちがわ...
10. (今日の映画)力道山  [ Kozmic Blues by TM ]   2006年11月23日 12:34
力道山 (2004/韓国=日) Yeokdosan Rikidozan: A Hero Extraordinary
11. 映画 「力道山」  [ ようこそMr.G ]   2006年11月23日 12:36
映画 「力道山」 を東京国際映画祭のオーチャード・ホールにて。
12. 映画『力道山』  [ ルールーのお気に入り ]   2006年11月23日 13:46
強い光の後には、同じだけの強さの濃い影ができる。 輝かしいヒーローの裏にもまた、人知れない暗い闇の部分があった… そのあまりにも孤独な生き様が、胸を苦しく切なくする。。
13. 力道山  [ ネタバレ映画館 ]   2006年11月23日 14:03
 力、力道、力道山。呼び方も様々だったが、どれが苗字でどれが名前なのでしょうか。力・道山、力道・山、もしくは姓名の区別がない芸能人のようなもの?もしかすると、“道”がミドルネームだったりして・・・
14. 力道山  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2006年11月23日 15:13
宇都宮でいまごろ上映してたんで。 「大丈夫、きっとうまくいきますよ」とエルメスたん(w)に言って欲しいところあたり、アレですね。 大きな子供みたいなやつだったんだなぁ...。 ★★★☆☆ オフィシャルHP 戦後日??tml>@
15. 力道山(ソル・ギョング/中谷美紀)  [ 華流→韓流・・・次は何処? ]   2006年11月23日 16:00
「日本で一番たくさん笑う人間になろう」そのために成功を目指した彼。本当に、どれだけ笑えたのだろうか?
16. 力道山 (2004) 149 分  [ 極私的映画論+α ]   2006年11月23日 16:21
 1944年、第二次大戦下の東京。“朝鮮人”という理由で先輩力士の執拗ないじめに苦しむ日々だった力道山は、ある日、一人の芸子・綾と運命の出会いを果たす。やがて、彼女の後見人で相撲界にも影響力を持つ実力者・菅野武雄から綾をもらい受け、2人は晴れて夫婦となる。相...
17. 4/20(木) 「力道山」は邦画?洋画?  [ 「高橋祐太・脚本家ページ(仮)」のつぶや記 ]   2006年11月23日 16:26
先日、某映画館のロビーにいたら、 隣の男性2人の会話が耳に入ってきました。 映画オタクというよりは、業界人っぽい。 以下、大意。 「ソクーロフの『太陽』見ましたよ」 「どこで?」 「輸入DVDで」 「字幕なしでも分かる?」 「ほとんど日本語ですから」 「日本で公...
18. 譲れなかった彼の生き方。『力道山』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年11月23日 17:39
日本の国民的英雄だった伝説のプロレスラー、力道山の生涯を描いた作品です。
19. 不器用な男の話 「力道山」  [ 平気の平左 ]   2006年11月23日 17:52
評価:70点 力道山 監督:ソン・へソン 出演 ソル・ギョング 中谷美紀 萩原聖人 藤 竜也 いよいよ東京国際映画祭も最終日。 クロージング作品の「力道山」を観てまいりました。 劇場公開は来年の3月4日だそうです。 舞台挨拶も行われ、中谷美紀の細さと美し...
20. 力道山/ソル・ギョング、中谷美紀、藤竜也、萩原聖人、橋本慎也  [ カノンな日々 ]   2006年11月23日 17:59
5 いよいよ一般公開ということで、追記してあげておきます。 映画の好みは人それぞれだとは思いますが、私が体感したあのスタンディングオベーションの感動に偽りはなかったと思います。それだけはハッキリと断言できます。これはプロレス映画でもヒーロー映画でもなく、人種....
21. 力道山  [ 気ままに〜ひとりごと日記 ]   2006年11月23日 18:10
空手チョップと力道山という名前は 知っていましたが自分が生まれる前に 既に亡くなっていたので詳しい事は 知りませんでしたが、あらゆる意味で すごい人物だったのが分かりました。 ALWAYS三丁目の夕日でも力道山の プロレスを皆で見ているシーンがあって あの時代に何故...
22. 力道山(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年11月23日 19:03
【監督】ソン・ヘソン 【出演】ソル・ギョング/中谷美紀/萩原聖人/藤竜也 【公開日】2006/3.4 【製作】韓国・日本 【ストーリー】 1945年。貧困と戦争から逃れる為相撲取りになる事を夢見て、朝鮮から単身日本 
23. 力道山  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年11月23日 19:26
力道山 デラックス・コレクターズ・エディション 2006年3月4日日本公開 ゴウ先生ランキング: A- 2006年3月8日10時00分からの回 テアトル新宿 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/rikidozan/index.html
24. 力道山  [ 迷宮映画館 ]   2006年11月23日 20:34
先週のウィルス性胃腸炎以来、なかなかの具合の悪さと忙しさで、しばらくぶりの更新です。 昭和のヒーロー『力道山』の登場。1961年生まれの私は、生の力道山の活躍は残念ながら知らない。私が物心ついたときのヒーローはジャイアント馬場に、若きアントニオ猪木。大木...
25. 力道山  [ まったりでいこう〜 ]   2006年11月23日 21:43
名前は知っているけれど力道山の活躍はまったく知りません。なんせ私が生まれる前のことなもので、知りようがありませんでした。なので今回こういった映画を観、力道山の人となりを知ることができたのは嬉しいです。 泣いて、怒って、喚いて、暴れて…これまであまり考えたこ...
26. 力道山・・・・・評価額1500円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年11月23日 22:01
韓流の影響か、若い女性の姿も結構目立ったが、全体にロビーで待つ観客の年齢層が高いのだ。 「そりゃ力道山だからシニアですよ。力さんだもの、力さん。」 そんな年配の方の声も聞こえる。 私は力道山の時代には未だ生まれ
こんにちは。 良く晴れた土曜日です。 今日は、昨日 一足先に新宿明治安田生命ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いたソン・ヘソン氏の新作映画について。 『 力道山 ( RIKIDOZAN ) 』 (‘05年 韓国/日本) 《 STAFF 》 監督・脚本 : ソン・ヘソ...
28. 「力道山」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年11月23日 22:26
「力道山」よみうりホールで鑑賞 14日の同試写会、大ドヂを踏んでしまい、入場できませんでした。今日は連れと合流したとたん連れ(友人)のご主人様に「間違ってなかった!!」といわれました。きついお言葉。そのご主人様っですが、まさに力道山時代に育った人、あの「...
29. 「力道山」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年11月23日 22:26
「力道山」よみうりホールで鑑賞 14日の同試写会、大ドヂを踏んでしまい、入場できませんでした。今日は連れと合流したとたん連れ(友人)のご主人様に「間違ってなかった!!」といわれました。きついお言葉。そのご主人様っですが、まさに力道山時代に育った人、あの「...
30. 「力道山」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年11月23日 22:27
「力道山」よみうりホールで鑑賞 14日の同試写会、大ドヂを踏んでしまい、入場できませんでした。今日は連れと合流したとたん連れ(友人)のご主人様に「間違ってなかった!!」といわれました。きついお言葉。そのご主人様っですが、まさに力道山時代に育った人、あの「...
31. 「力道山」 RIKIDOUZAN  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年11月23日 22:37
小学生の頃、当時の日本中の男の子がそうであったように毎週金曜日のプロレスの中継を楽しみにしていた。 ただ力道山が本当に強かったことを同時代的に実感できる世代ではなかったので、彼の死は記憶にあるけれど、どちらかというとネガティヴな印象しか残っていなかったーー...
32. 力道山  [ たにぐちまさひろWEBLOG ]   2006年11月24日 00:26
“笑うために成功しよう。日本で一番笑うためにがんばろう。” ソル・ギョング主演の“力道山”を観て来ました。 朝鮮半島から日本に渡ってきたシルラクは、相撲取りとなり最強の横綱になるのが夢だった。力道山と命名され関脇まで登りつめるも、大関昇進を見送られる...
33. 映画「力道山物語 怒涛の男」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年11月24日 01:06
戦後のスーパーヒーロー力道山、戦前に角界入り歯を食いしばって生き抜き、苦渋に満ちた心優しき力持ちの男の半生が生々しく本人主演で綴られる。 百田光浩は九州大村市から上京、力道山として角界入り、母の死に目にも帰郷せず必死に頑張り西の関脇にまでなるが...
 1983年に高橋伴明監督、村松友視製作で公開されたこの作品が、1983年に公開された意義は実に大きいものでした。しかし、それに気付いたのは残念ながらつい最近のことでした。『わたし、プロレスの味方です』の著書で知られた村松が、わざわざ製作した背景になるの...
35. 力道山  [ Cinemermaid ]   2006年11月24日 07:24
私が生まれる1年前、この世を去った2人の英雄 アメリカではJ・F・ケネディ、日本では力道山・・・ 2人に共通するものは"その時代のヒーローとして確かに存在してた"ことと"今この時代に求められる存在"だということ ・・・こんなキャッチコピーがつい...
36. 力道山  [ 龍眼日記 Longan Diary ]   2006年11月24日 17:51
名前はもちろん知っている。 でもプロレスラーで日本人ではなかった・・・ということくらいしか知らない。 そんな程度の認識のまま観た「力道山」。 なんとも濃い39年の人生。 常々思うのだがこの世から差別という意識は決してなくならないだろう。 もしも自分...
37. 力道山  [ my life of my life ]   2006年11月24日 22:47
4 力道山監督:ソン・へソン出演:ソル・ギョング , 中谷美紀 , 萩原聖人 , 藤竜也Story『オアシス』のソル・ギョングが20kgもの体重増加に挑み、伝説のプロレスラー・力道山を熱演した伝記ドラマ。第二次大戦下の東京。朝鮮人という理由で差別....
38. NO.171「力道山」(韓国・日本/ソン・ヘソン監督)  [ サーカスな日々 ]   2006年11月27日 11:37
日本人でも朝鮮人でもない。 「力道山」は世界人であることを望んだのだ。 僕が生まれたのは、1953年である。その年、アメリカ帰りの力道山を中心として、日本プロレス協会が立ち上がった。翌54年、有名な「力道山・木村VSシャープ兄弟」の一戦が、テレビ中継された。新橋な...
39. 力道山(舞台挨拶付き)  [ カリスマ映画論 ]   2006年11月27日 14:23
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  栄光と孤独を背負って疾走した男
40. 力道山  [ とんとん亭 ]   2006年11月29日 22:30
「力道山」 2006年 日/韓 ★★★☆☆ 一生、一緒にいてくれや♪           ・・・・・これは三木道三。
41. 「力道山」(05韓国)  [ 新世紀活動大写真 ]   2006年11月30日 17:14
日本のプロレスの父である力道山。住所なしで力道山と書くだけで手紙が届いたほどの国民的英雄でありながら、実は朝鮮人という出自による差別を角界では受け、その後も出自を隠し続けるなど屈折した思いを抱いた人間として描く。この映画での力道山は有力なタニマチ獲得の...
42. 力道山  [ グレート・タカの徒然なるままに… ]   2006年11月30日 21:59
力道山先生の生涯を描いた日韓合同による韓国映画。 日本のプロレス、いやプロレスリングの原点をしっかりと見つめる為にDVDを借りてきた。 とにかくこの力道山を演じたソル・ギョングの熱演が素晴らしい。 はっきり言って日本語はあまりにもたどたどしい。 これ....
43. 力道山  [ グレート・タカの徒然なるままに… ]   2006年11月30日 22:01
力道山先生の生涯を描いた日韓合同による韓国映画。 日本のプロレス、いやプロレスリングの原点をしっかりと見つめる為にDVDを借りてきた。 とにかくこの力道山を演じたソル・ギョングの熱演が素晴らしい。 はっきり言って日本語はあまりにもたどたどしい。 これ....
44. 「力道山」  [ 電影迷宮・2006!! ]   2006年12月01日 22:11
漸くレンタルに成功。 力道山=昔の有名プロレスラー、ということしか知らない、という呆れた状態で鑑賞。 (ネタバレ) 朝鮮人だったのですか。 しかもそれを伏せていた・・・・。 だけど、相撲部屋では随分苛められてたのに、いったいどうやって??? 人種差別の根強か...
45. 孤独なヒーロー 「力道山」  [ 目の中のリンゴ ]   2006年12月14日 11:30
どんな人かはよく知らなくても、プロレスラー力道山の名前くらいは きっと聞いたことがあるはず。 ”日本人がいちばん力道山を知らない。”のコピーどおり、 私も”街頭テレビのヒーロー”としか知らなかった彼の物語、 演じるソル・ギョングの熱演にも興味があって観てきま...
46. 力道山  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本について ]   2006年12月23日 13:01
★本日の金言豆★ 池上本門寺:日蓮聖人が入滅(臨終)した霊跡。紀州徳川家、加藤清正家、力道山の銅像付墓所などがある。 2006年3月4日公開  戦後日本のスーパーヒーロー、力道山。私のようなおじさんでも、その名??c
47. 力道山  [ シネマでキッチュ ]   2006年12月29日 02:28
日韓合作映画「力道山」 公式サイト 力道山のことが知りたくて観にいって、藤竜也さんにめろ??んとやられて帰ってきたわ。 もちろん、映画は上出来、力道山役のソル・ギョングも素晴らしい。 でも藤さん、この映画の藤竜也観てみなさいよ。 枯れてからあれだけの色気ってば...
48. DVD“力道山”  [ 小さな心の旅 ]   2007年01月09日 19:17
力道山 デラックス・コレクターズ・エディション/ソル・ギョング ¥3,200 Amazon.co.jp    力道山。    朝鮮人であるが故に差別を受け、横綱を目指すも    相撲部屋を破門され、アメリカに渡ってプロレスを学ぶ。    その後日本にプロレスの礎を...
49. 映画『力道山』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年02月11日 02:46
原題:Rikidozan 戦後日本のヒーローの1人、その名は力道山、戦争で疲弊し打ちひしがれた当時、体の大きな白人を空手チョップでなぎ倒し、熱狂のうちに受け入れられる・・ 朝鮮半島の出身の金(ソル・ギョング)は、力道山の四股名で関脇まで昇進するが不当な差別...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2006年11月16日 22:21
コレなかなかいい映画でしたよねぇ〜。
あたしも好きです♪
ソル・ギョングの迫力ある力道山
お見事でしたよねぇ〜。
2. Posted by あっしゅ   2006年11月17日 00:54
【miyuさん☆☆☆】
コメントありがとうございます。

本当にイイ映画でした、これ。ソン・ギョングの気合の入った演技に涙しましたね。映画館で観ればよかったぁ〜。今頃公開しているあっしゅなのでした☆
3. Posted by 猫姫少佐現品限り   2006年11月17日 01:40
5 こんばんは!いつもありがとうございます!
この映画を素直に見れば、そうなんですよね。
でもやっぱり、現実を知ると、、、
ま、映画だから、これで良いのでしょう、、、
4. Posted by あっしゅ   2006年11月17日 22:16
【猫姫様ぁ☆☆☆】
コメントありがとうございます。

良かったです、、、。思わず泣いちゃいました、、、。
現実って何???
え〜、知りたいぃ〜!
5. Posted by なぎさ   2006年11月18日 21:41
私も、これを観て益々ソル・ギョングの俳優魂に敬服しました!
こんなに熱心に日本語を勉強し、プロレスも一から練習した彼は素晴らしいです!
最後にはホロっと涙が出ましたねぇ〜。
6. Posted by あっしゅ   2006年11月18日 22:10
【なぎささん☆☆】
コメントありがとうございます。

ソル・ギョング、彼の役者魂には脱帽です!日本語がうまかった。どんな韓国人よりも絶対にうまい!

チャン・ドンゴンが「ロスト・メモリーズ」では日本語全然でしたもん。

ソル・ギョングは勉強家ですよねぇ。いい演技を見せてもらいました。
7. Posted by aki   2006年11月23日 15:58
はじめまして。
TB有難うございました。
凄く強いプロレスラー、くらいしか知らなかった「力道山」。
映画なので多少の脚色があったにせよ、
この映画で彼の事を知れたのは良かったと思いました。
心から笑うために頂点を目指し、それがかえって〔笑えない人〕になって行った様な、運命の皮肉を感じました。
ソル・ギョングさん、中谷美紀さん、どちらも凄い役者さんだと、改めて感じました。
8. Posted by メビウス   2006年11月23日 19:11
あっしゅさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

一番力道山を知らない日本人の仲の1人でした・・相撲取りとか朝鮮人だった事すら知らなかったので、色々な力道知識も頭に入りましたし、その力道山を演じたソル・ギョングのなりきりぶりにも凄い気迫を感じました。演じている人が良かったためか、自分も結構満足できた映画でしたね♪
9. Posted by sakurai   2006年11月23日 20:37
TBありがとうございました。
迷宮映画館のsakuraiと申します。
これはなかなか力のある映画でしたが、ソル・ギョングの存在なしでは出来なかったでしょうね。
改めて思い出しました。
最近、大木金太郎も亡くなってしまい、また感慨も新たにしました。
10. Posted by たろ   2006年11月23日 22:16
こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

僕は力道山さんにリアルタイムで触れていない世代ではありますが、この時代を再現した映画世界と出演者の皆さんの役振りに大きな見応えがあったと思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
11. Posted by 睦月   2006年11月24日 10:16
こんにちわ!TB&コメントありがとうございます。

この作品で力道山のことを知った人も多いでしょうね。
彼の、ヒーローで在り続けること、スターでい続けることの苦悩が痛烈に伝わってくる作品だったと思います。

中谷美紀、藤竜也の存在感もホントに良かった!
12. Posted by あっしゅ   2006年11月24日 21:51
【aki.さん☆】
コメントありがとうございます!

そうですね。朝鮮人というだけで惨めな生活を強いられていた、それを払拭しようと強くなる姿に感動しましたね。
ソル・ギョングの演技に改めて敬服したいと思います。やっぱり彼は最高の役者だと思います。
少し気持ちが弱くなったときにもう一度観たい映画ですね。
13. Posted by あっしゅ   2006年11月24日 21:53
【メビウスさん☆】
コメントありがとうございます!

ボクもこの作品に出会うまで「力道山」が朝鮮人なってことすら知りませんでした。なぜソル・ギョングが出てるんだろう?って思ってましたけど、納得です。
気合の入った演技しびれましたね。
14. Posted by あっしゅ   2006年11月24日 21:56
【sakuraiさん☆】
コメントありがとうございます!

ソル・ギョング無しではこの映画は完成しなかったでしょうね。身体も鍛えてましたし、、、。プロレス技も訓練したみたいですもんね。役者魂を感じさせてくれる演技でした。妻の綾の存在も大きかったんでしょうね。中谷美紀も最高でした。
15. Posted by あっしゅ   2006年11月24日 21:58
【たろさん☆】
コメントありがとうございます!

ボクも力道山世代ではないのですが、彼が沈んでいた日本に勇気を与えた人物であることが身にしみてわかったような気がします。生きる希望だったんでしょうね。まさしく戦後のヒーローです。
また、よろしくお願いします。
16. Posted by あっしゅ   2006年11月24日 22:02
【睦月さん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

ボクはこの映画で彼の事を始めて触れましたねぇ〜。日本人以上の日本人、なのに日本人が一番カレの事をしらない、、、。なんだか皮肉っぽいですが、カレの勝ち続ける姿勢は見習わないといけないと思います。この作品に出会えて本当に良かった、、、。
17. Posted by kimion20002000   2006年11月27日 11:36
TBありがとう。
力作でしたね。
でも、俳優のせいではなく、男女の機微を描くのはこの監督はもうひとつですね。
同時期に発表された、大山師範の青春を描いた「風のファイター」。どちらも、相手は、芸事をしている着物の似合う日本女性ですが、描き方は、類型的です。
18. Posted by あっしゅ   2006年11月27日 21:26
【kimon20002000さん☆】
コメントありがとうございます!

いやぁ、本当に力作でしたね。俳優のソル・ギョングも身体を鍛えこの映画に備えたわけですから。彼にしかこの役はできなかったでしょう。
もうすこし力道山と綾との描写もあったらいいと思いますねぇ。
中谷美紀もいい味出してました☆
19. Posted by kino   2006年12月14日 11:32
お伺いするのが遅くなってすみません。
力道山、私も朝鮮人だったこと知りませんでした。
これも、映画は映画で事実とは違う部分もあるのかも
しれませんが、知ることができてよかったと思えました。
中谷美紀さん、素敵でした。
20. Posted by あっしゅ   2006年12月14日 11:53
【kinoさん☆】
コメントありがとうございます!

本当にそうですよねぇ。
力道山は日本人が一番知らないって本当の事だと思います。
ボクも日本人だと思ってましたもん。
ある意味、この当時では彼が一番日本人らしかったのでしょうね。
戦争に負けて落ち込んでいたときですから、、、。
力道山は綾(中谷美紀)のおかげでのし上がることが出来たと思います。いい演技してましたね☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
586作品アップ中
↓ポチっと!
映画インデックス











↑トラックバックだけでも大歓迎です♪
コメントありがとう♪
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
いつもお世話になってるカリスマブログ♪
映画鑑賞日記☆




↑毎日映画鑑賞、毎日ブログ更新!ボクの憧れのmiyuさんのブログ!


我想一個人映画美的女人blog





↑映画ブログのカリスマ、mig姉たんのブログ!
最新映画やDVD鑑賞レビュー、セレブネタ満載!


★YUKAの気ままな有閑日記★バナー





↑デップ大好き由香さんの映画ブログ!とても優しくて癒されちゃう♪



Aムビバナー






↑Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)のバナー作りました♪もし気に入られましたら張ってくださいね☆
いつもお世話になりますぅ☆


あわせて読みたい
↓携帯でも観れるよ↓
QRコード
アクセスランキング

ブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT








スカウター : Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) - livedoor Blog(ブログ)
人気ブログランキング - Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
freeRSS.net
ページランク






ページランク
スクリプト用