2006年12月11日

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

 

 

 

 

 

公式サイトはこちら

 

あっしゅ坊や4

評価:(満点10点) 2006年 141min

監督:クリント・イーストウッド

主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童

硫黄島からの手紙

【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷(二宮和也)ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する。

いつも”Aムビ”に寄っていただきありがとうございます。 burogurannkingu

 

↑ランキングに参加してます。この記事をクリップ!



【感想】1945年2月19日、アメリカ軍の上陸と共に始まった硫黄島戦。第2部「硫黄島からの手紙」は日本軍からの視点となっています。

日本軍率いる栗林中将(渡辺謙)。彼に必死についていこうとする西郷(二宮和也)等をうまく纏め上げる。5日間で陥落するだろうとされていたこの戦いを、36日間まで延ばした彼の戦略には驚かされるばかり、、、。冷静沈着でとても温かい彼の性格に兵士達は魅入られ、海ではなく山に頑強な砦を築く。しかし日本軍の援護が無いのを承知で”お国の為に”と戦う姿に感動。

今回の映画はアメリカのクリント・イーストウッドが監督をしただけあって、明暗の分かれる映画となってしまいましたねぇ。もちろん戦争の勝敗では勝利したアメリカ、敗れた日本、それだけで明暗ははっきりしてるんですけど、、、。「父親たちの星条旗」では勝利パレードなどとても明るいシーンが目立ったのに対し、「硫黄島からの手紙」では、援軍の来ない日本兵達の絶望的で悲壮感溢れる暗い作品となってしまいました。でも違うんですよね、、、。

アメリカのきもち、日本のきもち、

同じきもち−。

このキャッチコピーからもわかるように、兵士達は戦争に勝利しても敗北しても同じ気持ちなんですよね、、、。祖国(お国)の為にと士気盛んに戦場に行くんですけど、戦場に付いたとたん、ただただ生きて続けたい、祖国に帰りたい、愛する人に再び逢いたいという気持ちでいっぱいなんです。誰も好き好んで戦争に行ったりはしない、好き好んで人を殺したいと思わない、人間だったらそう思うのは当たり前です。日本兵は政府から洗脳されていて、お国の為、天皇陛下の為、と少年兵でも死を恐れず立ち向かうみたいなイメージがありますけど、実際この映画に出てくる西郷(二宮和也)のような兵士はたくさんいたと思うんです。愚痴を言ったり、どうせ俺達死ぬ運命にあるんだ、、、硫黄島をアメリカに早く開け渡せばいいんだ、とか。皆同感すると思います、彼の考えに、、、。負けるとわかっていて敵に向かっていくなんてボクは考えられない!負けるだけじゃなくて、殺されるんですから、、、なおさらです、、、。とても切ない気持ちになりました。

半ば強制的に戦場へ連れ出された日本兵達。お国、天皇陛下の為に、、、個人の尊重なんて許されないこの時代。政府により捨て駒のように扱われた兵士達、、、。将棋じゃないんだから、、、。人の命がかかってるんだから、、、。名誉とかどうでもいい、愛する家族と一緒に過ごしたい、、、当たり前の気持ちだと思います。

なぜ今回クリント・イーストウッドは西郷役に二宮和也を選んだのか?クリントは彼の演技を天才的と絶賛したらしいですが、、、。ボクはそう思わなかった。アメリカ的視点から描かれているからなのか、西郷はとてもひ弱に思えました。それに少し子供っぽく思えた、、、。日本男児的要素が皆無に等しいと思ったのですが、、、。日本<アメリカを強調したかったのか、、、。日本の監督なら間違いなく反町隆史を起用すると思います。例え負け戦でも、、、。もっと心から燃え上がる闘志、あきらめない心(大和魂)をもっと見せてもらいたかった、、、。「男たちの大和」のキャストでも良かったのではないかと、、、。とても悲しい気持ちになりましたけど、それだけで終わってしまったように思えます。確かにアメリカ軍優勢の中、逃げ場の無い日本兵を表現したかったのはわかりますけどね、、、。

でも、兵士達の気持ちは同じ。どこの国の兵士でも戦争なんて望んでいない。一日も早く平和な世の中が来ることを祈り続けることしか出来ない、、、とても切なくなる内容でした。

☆「硫黄島からの手紙」関連記事☆

父親たちの星条旗



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年12月11日 21:31
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙-長いものには巻かれろ!? 「長いものには巻かれろ」ということわざがある。 英語では、 If you can't beat them, join them. (負かすことができないなら、仲....
2. 硫黄島からの手紙  [ ネタバレ映画館 ]   2006年12月11日 21:33
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
3. 硫黄島からの手紙  [ 花ごよみ ]   2006年12月11日 21:35
日米双方の視点から描く2部作で、  [父親達の星条旗]に続く第2弾目。  今回は日本軍からの視点で描いた硫黄島の真実。  第1弾の「父親たちの星条旗」と同様、  戦闘シーン、爆撃シーンは、迫力があって  臨場感たっぷりです。  前作と同じ場面もあって、 2...
4. 感想/硫黄島からの手紙(試写)  [ APRIL FOOLS ]   2006年12月11日 21:42
イーストウッド監督作、衝撃の二部作後編『硫黄島からの手紙』12月9日公開。日本側の視点で描かれた硫黄島は、熾烈極まる戦いとそこで散っていった兵士たちの物語。あらゆる意味で歴史的作品。 父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙 同じ舞台で、日米どっちの視点も「個と...
5. 鬼畜米英などいない 「硫黄島からの手紙」  [ 平気の平左 ]   2006年12月11日 21:50
評価:85点
6. 「硫黄島からの手紙」祖国の為知略を尽して守り抜いた指揮官と2万の守兵  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年12月11日 22:12
5 「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」の日本側から描かれた作品で、1945年2月に硫黄島を舞台にした太平洋戦争の激戦を舞台にした映画である。今回は日本側からみた硫黄島という事で守る側の心理と難しさを描いていた。
7. 「硫黄島からの手紙」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2006年12月11日 22:21
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
8. 硫黄島からの手紙(2006年)  [ 勝手に映画評 ]   2006年12月11日 22:41
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 『父親たち...
9. 硫黄島からの手紙  [ ☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★ ]   2006年12月11日 22:43
「硫黄島からの手紙」を鑑賞。
10. 『硫黄島からの手紙』  [ Sweet* Days ]   2006年12月11日 22:45
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は島中にトン...
11. 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年12月11日 22:54
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から観た...
12. 硫黄島からの手紙  [ 映画のメモ帳+α ]   2006年12月11日 22:59
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・イーストウ...
13. ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年12月11日 23:01
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作品が....
14. 「硫黄島からの手紙」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2006年12月11日 23:02
「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気がした。(以下若干内容に触れます) 私に
15. 硫黄島からの手紙  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年12月11日 23:03
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕....
16. 硫黄島からの手紙  [ とんとん亭 ]   2006年12月11日 23:29
「硫黄島からの手紙」 2006年 米 ★★★☆☆ ご存知、「父親達の星条旗」と対になっている日本側から観た「硫黄島」 での攻防戦を描く第2弾。 戦後60年・・・今から20年ほど前に硫黄島の旧塹壕調査の男どもが、 何かを掘り当てる。どうやらズタ...
17. 硫黄島からの手紙  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2006年12月11日 23:37
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、本土に残し....
18. (今日の映画)硫黄島からの手紙  [ Kozmic Blues by TM ]   2006年12月11日 23:40
硫黄島からの手紙 (2006/米) Letters from Iwo Jima
19. 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2006年12月11日 23:40
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
20. クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2006年12月11日 23:44
監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童  「父親たちの星条旗」につづき、この映画でもスクリーンは不思議な色に染まっている。草の緑も浜辺の砂も海も色も、これがほんとうに硫黄島の自然の色とは思えない。だが、私の判...
21. 硫黄島からの手紙  [ シャーロットの涙 ]   2006年12月12日 00:49
2006年、今年の映画初めは「男たちの大和」を見たのだった。その時に書いた私の言葉を思い出した。 「今年始めに男たちの哀しき美学に泣いた」 ここで登場する人物達は、兵士としての美学を全うするか、当時としてはそうではなく生き延びて戦い続けるかの選択を迫られる。 ...
22. 硫黄島からの手紙  [ 30's wonderful world ]   2006年12月12日 00:54
総評:日本人であることを誇りに思う映画。 試写会にて。 栗林忠道中佐を演じる渡辺謙さん、 バロン西(西竹一中佐)を演じる伊原剛志さんが 静岡まで舞台挨拶に来て下さいました。 (1列目で見た!) 36日間、日本を家族を守った誇らしい男たちの戦い。 太平洋戦争末...
23. 『硫黄島からの手紙』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年12月12日 03:18
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島???? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を あなたは知っ...
24. 今、硫黄島が熱い! 2  [ 諸葛川 ]   2006年12月12日 03:54
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんどないという...
25. 劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」  [ 日々“是”精進! ]   2006年12月12日 05:01
「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、米軍に立ち向かった日本兵たちの闘いを、指揮を執った栗...
26. 硫黄島からの手紙  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2006年12月12日 09:59
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ...
27. 「硫黄島からの手紙」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2006年12月12日 12:10
「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽....
28. 硫黄島からの手紙  [ Akira's VOICE ]   2006年12月12日 12:22
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
29. 硫黄島からの手紙  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2006年12月12日 15:33
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
30. 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年12月12日 17:22
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしその日数...
31. 硫黄島からの手紙  [ ぷち てんてん ]   2006年12月12日 18:37
私は実は見る前、非常に気が重かったのです。もちろん、見終わっても重い映画でしたが・・ただ、私の勝手な思いだったのですが、日本側を描くという事で「泣きの場面」を見せ付ける邦画のイメージを持っていたのですね。しかし、「父親たちの星条旗」を見ても「ミリオンダ...
32. 硫黄島からの手紙 (試写会)  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年12月12日 20:25
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 有楽町読売ホール試写会 2006年11月22日(水)6時40分開...
33. 硫黄島からの手紙  [ Lovely Cinema ]   2006年12月12日 21:09
2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺 謙(栗林忠道中将)    二宮和也(西郷)    伊原剛志(バロン西)    加瀬 亮(清水)    中村獅童(伊藤中尉) 日米双方の作品を見て、あらためてクリント・イーストウッドってすごいなぁ...
34. 硫黄島からの手紙  [ Diarydiary! ]   2006年12月12日 21:30
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? LETTER
35. 映画〜硫黄島からの手紙  [ きららのきらきら生活 ]   2006年12月12日 22:22
 「硫黄島からの手紙」公式サイトクリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」。「父親たちの星条旗」に続く第2弾、日本側から見た硫黄島、、、戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将...
36. 硫黄島からの手紙/渡辺謙、二宮和也  [ カノンな日々 ]   2006年12月12日 22:27
5 劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員が好調みたいですね。この映画に関してはTVで関連ドラマややイース...
37. 硫黄島からの手紙  [ 悠雅的生活 ]   2006年12月12日 22:34
余は常に諸氏の先頭にある。
38. 硫黄島からの手紙  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2006年12月12日 22:55
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き....
39. 硫黄島からの手紙  [ ちわわぱらだいす ]   2006年12月12日 23:30
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゚??゚)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 今テレビ...
40. 硫黄島からの手紙  [ 映画君の毎日 ]   2006年12月13日 01:14
硫黄島からの手紙 この作品の噂を聞いたのは去年だったっけ。 クリント・イーストウッド監督そして中村獅童の名前。 いやおうにも期待は昂ぶっていた。 そしてようやく鑑賞する事が出来た。
41. 映画「硫黄島からの手紙」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年12月13日 10:57
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振るう上官...
   クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二部作目だ。 一部がアメリカ側の硫黄島戦にまつわる話を描いた「父親たちの星条旗」で こちらが日本軍を描いた作品となっている。 (あらすじと内容は硫黄島からの手紙 - goo 映画を参照してください) あ〜二部作って、...
43. 映画「硫黄島からの手紙」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2006年12月13日 12:22
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...
44. 12.10 の出来事  [ ニュース☆もう新聞紙は要らない ]   2006年12月13日 13:18
最新の映像ニュース詳細は http://ameblo.jp/a007mark/  で 興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開    クリント・イーストウッド監督(76)の連作映画第2弾「硫黄島からの手紙」が9日、初日を迎え、全国400スクリーンで公開された。配給関係者...
45. 12.10 朝  [ 地球の日記☆マーク♪のblog☆ ]   2006年12月13日 13:22
あなたの「日本語力」は? ?←クリックで計測できます♪ ? 興収50億突破へ「硫黄島からの手紙」公開    クリント・イーストウッド監督(76)の連作映画第2弾「硫黄島からの手紙」が9日、初日を迎え、全国400スクリーンで公開された。配給...
46. 硫黄島からの手紙。  [ 地酒星人 ]   2006年12月13日 17:41
今年、「名をこそ惜しめ」と「散るぞ悲しき」という二冊の本を読んで、太平洋戦争にお
47. 文 〜「硫黄島からの手紙」〜  [ サナダ虫 〜解体中〜 ]   2006年12月13日 21:34
クリント・イーストウッド監督作品、渡辺謙主演の、 映画 「硫黄島からの手紙」を観た。 硫黄島2部作の第2弾。 日本から見た硫黄島。 (第1弾「父親たちの星条旗」の批評はこちら) 感想。 〜畍だったりボソボソ声だったりで、日本語なのに聞き取りにくい!(...
48. 硫黄島からの手紙  [ 小部屋日記 ]   2006年12月13日 23:16
Letters from Iwo Jima(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督/製作:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 硫黄島プロジェクトの第二部。日本側からみた硫黄島の闘い。 まずこの映画がアメリカ人の製作というのが驚き...
49. 硫黄島からの手紙  [ 警告おやじ。牡40@500万下 ]   2006年12月14日 00:15
3 日曜、風邪は治っていませんでしたが、観なければ!ということで言ってきました。 もう考えることがいっぱい。泣く暇もなく、終わってしまいました。 自分はそこで自分でいられるのだろうか? そして、組織のためではなく、みんなのためにベストを尽くせるのだろうか? ...
50. 真・映画日記『硫黄島からの手紙』  [ CHEAP THRILL ]   2006年12月14日 18:43
12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れた。 1時2...
51. 硫黄島からの手紙  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2006年12月14日 21:18
常に諸子の先頭に在りクリント・イーストウッド監督「硫黄島」2部作第2弾。本作品は、当初「父親たちの星条旗」だけを製作する予定だったクリント・イーストウッド監督が、この「硫黄島での戦い」について調査するうちに日本からの視点で「硫黄島」を描く必要があると決意...
52. 硫黄島からの手紙を観ました。  [ THE脂肪 ]   2006年12月14日 22:16
イースドウッドの硫黄島2部の「硫黄島からの手紙」を観ました。実は数年前亡くなった義理の祖父が数少ない硫黄島帰りなんです。ですから、祖父の姿をダブらせながら鑑賞となりました。水も食料も絶たれ援軍も来ずの状況で敵の圧倒的な物量で一気に攻めてくるアメリカ軍を...
53. 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年12月14日 22:45
4 1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
54. 映画「硫黄島からの手紙」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2006年12月15日 00:10
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...
55. 硫黄島からの手紙  [ そーれりぽーと ]   2006年12月15日 01:41
『父親たちの星条旗』のエンドロール後に流れた予告編で大泣きしてしまった『硫黄島からの手紙』 絶対ロードショー当日に観たくて、社員旅行先で宴会の2次会を抜け出して観てきました。 ★★★★★ 今年、★の数を5つ付けた映画は数本有りますが、この映画の為にもう少し...
56. 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む  [ soramove ]   2006年12月15日 19:57
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...
【新宿ミラノ座】 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将(渡辺謙)が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。上官の理不尽な...
58. ★「硫黄島からの手紙」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年12月16日 02:33
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
59. ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年12月16日 11:40
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
60. 「硫黄島からの手紙」を観る  [ ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) ]   2006年12月16日 15:47
 今日は「硫黄島からの手紙」を観てきた。死闘といわれる硫黄島の戦いを双方の視点で
61. ◆硫黄島-Iwa Jima  [ ロハス(LOHAS)咲く。 ]   2006年12月16日 17:18
世界で忘れてはいけない島がある ******硫黄島******
62. 硫黄島からの手紙(アメリカ)  [ 映画でココロの筋トレ ]   2006年12月16日 17:52
日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 上映時間:141分 194...
63. 『硫黄島からの手紙』  [ 世界中のトラが溶けてバターになる瞬間 ]   2006年12月17日 01:34
『硫黄島からの手紙』を観ました 先に公開した『父親たちの星条旗』に続く、 「硫黄島2部作」の第2弾です。 監督はもちろんクリント・イーストウッド。 製作にはスティーブン・スピルバーグが参加。 出演は渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童など。 ...
64. 「硫黄島からの手紙」 (米、2006年)  [ 無節操ニンゲンのきまま生活 ]   2006年12月17日 01:43
  【「硫黄島からの手紙」公式サイト】 (C)2006WarnerBros.EntertainmentInc.andDreamWorksLLC 硫黄島プロジェクトの第1弾「父親たちの星条旗」は見てないんだけど、 こっちもなかなかの評判だと聞いていたので、初日に見てきました^??^ 監督はクリント・イー
65. 硫黄島からの手紙  [ 週末映画! ]   2006年12月17日 23:57
期待値:93%  クリント・イーストウッド監督 硫黄島の戦い第2弾。 前回の父親たちの星条旗と同様、
66. 硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年12月18日 10:32
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。 第一部??nbI
67. 硫黄島からの手紙  [ やっかいな日に限って空は激しく晴れている。 ]   2006年12月18日 16:37
監督/製作/音楽 クリント・イーストウッド 製作総指揮/共同原案 ポール・ハギス...
68. 映画「硫黄島からの手紙」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年12月20日 01:38
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道...
69. 硫黄島からの手紙 2006-70  [ 観たよ〜ん〜 ]   2006年12月20日 07:29
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば...
70. 硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2006年12月20日 20:59
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り組み方とい...
71. 硫黄島からの手紙  [ 明け方シネマ ]   2006年12月21日 20:12
 クリント・イーストウッド監督の”硫黄島二部作”--日本人側から見た硫黄島の戦い--を描く。(以下ネタバレビュー↓↓↓)  この「硫黄島からの手紙」で、監督は自決を潔しとする日本人の内面に迫ろうとしたのだと思う。理解しがたい相手に最大限想像力を働かせて歩み....
72. 硫黄島からの手紙  [ 欧風 ]   2006年12月21日 20:55
さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た
73. 硫黄島からの手紙  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年12月21日 22:49
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くして戦っ...
74. 硫黄島からの手紙  [ シュフのきまぐれシネマ ]   2006年12月23日 19:30
硫黄島からの手紙 12月9日(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 日米双方の視点から、硫黄島の戦いを描いた第二弾 「硫黄島からの手紙」を初日観賞してきました...
75. 硫黄島からの手紙  [ 充実した毎日を送るための独り言 ]   2006年12月24日 10:13
今日、硫黄島2部作のもう一方の「硫黄島からの手紙」を見てきた。「父親たちの星条旗」は、戦争の残酷さと生き残った者(英雄)たちの葛藤や苦しみが描かれていたが、「硫黄島からの手紙」には戦争シーンのみで生き残った者のその後が全く描かれていないが特徴だった。(製...
76. 硫黄島からの手紙(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年12月24日 13:31
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
77. 硫黄島からの手紙  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2006年12月25日 21:06
私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。米軍が5日で陥落すると思っていたこの硫黄島を、乏しい戦力で...
78. 硫黄島からの手紙  [ シネクリシェ ]   2006年12月26日 03:20
 この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
79. 硫黄島からの手紙 / アメリカの目線  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年12月26日 05:41
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性??ra.c
80. 硫黄島からの手紙  [ まぁず、なにやってんだか ]   2006年12月26日 11:52
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろうから、映画...
81. 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間  [ はらやんの映画徒然草 ]   2006年12月26日 19:40
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
82. 「硫黄島からの手紙」を観た  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   2006年12月27日 13:00
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
83. 映画「硫黄島からの手紙」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2006年12月28日 10:48
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...
84. 硫黄島からの手紙  [ シネマ de ぽん! ]   2006年12月28日 13:23
硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
85. 硫黄島からの手紙  [ シネマ de ぽん! ]   2006年12月28日 13:28
硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
86. 硫黄島からの手紙 / 映画  [ あかねのたわごと☆本日記 ]   2006年12月29日 21:09
昨夜『硫黄島からの手紙』を観て来ました♪ STORY: 1945年2月19日、アメリカ軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。アメリカ側が5日で終わると考えた戦いを、36日間守り抜いた日本の男たちがいた。司令官は栗林忠道。太平洋戦争においてアメリカ軍を最も苦しめ...
87. 硫黄島からの手紙  [ メルブロ ]   2007年01月02日 00:23
硫黄島からの手紙 上映時間 2時間21分 監督 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 松崎悠希 中村獅童 評価 8点(10点満点) 会場 渋谷ピカデリー  今年最後の映画鑑賞です。昨年のラスト鑑賞作品は「男たちの大和」でした。2...
88. 「硫黄島からの手紙」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年01月03日 05:03
4 「硫黄島からの手紙」(2006) 《硫黄島で散った男たちから届けられる、世界へのメッセージ。》 1/2新宿ミラノ1にて観賞 introduction 監督・脚本・音楽:クリント・イーストウッド cast 渡辺謙、二宮和也、加瀬亮、伊原剛志、中村獅...
89. 【劇場映画】 硫黄島からの手紙  [ ナマケモノの穴 ]   2007年01月03日 08:47
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築...
90.  硫黄島からの手紙 ☆☆☆★★★  [ 旭のほとりで ]   2007年01月04日 12:23
主演:渡辺 謙 評価☆☆☆★★★ 内容:硫黄島で、勝ち目のない戦を、かすかな希望に託し生き抜く、悲しき兵士たちの逸話。 感想:今期いきなり一発目☆ 久しぶりに劇場だったんで大画面の迫力がもう凄くてとりあえず泣きそうになったふりをしました。 ...
91. 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む  [ soramove ]   2007年01月05日 11:41
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...
92. ◆映画・硫黄島からの手紙  [ 映画大好き☆ ]   2007年01月06日 01:44
4 硫黄島からの手紙を観て来ました。 久しぶりの映画館・・・。 クリント・イーストウッドの作品は考えさせられるけど、 とっても重く、後味が悪く、苦手; 話題にはなっていたので 観たかったけど、避けていたかもしれない。 夫と正月そうそう映画を観に行こう!っ....
93. 硫黄島からの手紙  [ 正直しんどいまいにち。 ]   2007年01月07日 03:52
? クリント・イーストウッド監督。 ポール・ハギス製作総指揮。 スティーヴン・スピルバーグ製作参加。 クリント・イーストウッド音楽。 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童、裕木奈江出演。 2007年最初の作品は、『ディパーテッ...
94. 硫黄島からの手紙  [ スーパーヅカン ]   2007年01月07日 17:53
5 遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作年度 2006年...
95. 「硫黄島からの手紙」見てきました。  [ よしなしごと ]   2007年01月10日 00:07
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
96. 硫黄島からの手紙(12月9日公開)  [ オレメデア ]   2007年01月12日 15:12
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホー...
97. 映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて  [ 渋谷でママ気mama徒然日記 ]   2007年01月14日 00:15
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイト ママの...
98. 硫黄島からの手紙  [ BLACK&WHITE ]   2007年01月16日 00:35
【Letters From Iwo Jima】2006年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド   出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 クリント・イーストウッド監督による日本側の視点から描いた硫黄島の戦??l!
99. 【映画】「硫黄島からの手紙」評  [ われおもふこと ]   2007年01月18日 19:19
2 鳴り物入りの映画でもある作品で、是非とも見てみたいと思っていたのが、今回観た「硫黄島からの手紙」―――だ。これは、ご存知の通り、クリント・イーストウッドが日米双方の視点から描いた、硫黄島二部作の二作目だ。この、両軍双方からの視点で、一本づつの映画を撮影....
100. 硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年01月20日 00:09
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....
101. 硫黄島からの手紙  [ C'est Joli ]   2007年01月20日 17:51
4 硫黄島からの手紙’06:米 ◆監督:クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、中村獅童 ◆STORY◆太平洋戦争末期。ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。アメリカ留学の経験...
102. 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品    [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年01月21日 18:31
公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童ほか...
103. 硫黄島からの手紙  [ ★試写会中毒★ ]   2007年01月22日 12:09
満 足 度:★★★★★★★  (★×10=満点)  監  督:クリント・イーストウッド 声の出演:渡辺謙       二宮和也       伊原剛志       加瀬亮       松崎悠希       中村獅童 、他 ■ストーリー■  戦...
104. Letters From Iwo Jima (硫黄島からの手紙)  [ アリゾナ映画ログ − 砂漠から... ]   2007年01月29日 06:49
2007年1月27日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を
105. 「硫黄島からの手紙」88点。  [ mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ ]   2007年02月02日 22:14
「父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙」hp  黒く乾いた島で、戦死した日本人たち。日本の平和のために命が散る。
106. 『硫黄島からの手紙』’06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年02月12日 00:18
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...
107. 『硫黄島からの手紙』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年02月23日 12:09
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメ...
108. 硫黄島からの手紙  [ CINEMA LEGLOCK ]   2007年03月07日 02:44
 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。
109. 映画DVD「硫黄島からの手紙」  [ 時評親爺 ]   2007年04月22日 21:13
久しぶりのDVD映画である。これまで半年間のブログ休止中でも観ていたがハズレが多く、「買っちゃ最後まで観ないてポイ」が続いていた(笑)。このDVDは本編のみと特典ディスク付と2種類あったが、不肖は特典はあまり観ない方なので安い方を買った(笑)。 タイト...
110. 硫黄島からの手紙  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年06月16日 03:01
「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 2006年、硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。 それは61年前、この島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。 戦況が悪化の一途...
111. 「硫黄島からの手紙」★★★★☆  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   2007年09月02日 17:23
'06年製作、監督クリント・イーストウッド 出演渡辺謙さん、 二宮和也さん、 伊原剛志さん、加瀬亮さん、中村獅童さん他による戦争ドラマ。第79回アカデミー賞複数部門ノミネート作品。 '44年、米軍による本土攻撃を食い止めるべく硫黄島に送り込まれた日本兵た...
112. 硫黄島からの手紙  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月06日 16:50
世界が忘れてはいけない島がある。 【関連記事】 「父親たちの星条旗」
113. 【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年11月19日 14:25
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金曜...
114. 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年01月31日 20:17
[硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年:...

この記事へのコメント

1. Posted by mig   2006年12月11日 22:57
あっしゅさんコメントありがとう。ありゃりゃ、、、、
キビしいなぁー(笑)
二宮くん、わたしはかなり良かったと思いましたよ。

あとでお返事しますねー。
2. Posted by ゆかりん   2006年12月11日 23:15
こんばんは♪
日本もアメリカも家族を思う気持ちは同じ、戦争に対する気持ちも同じですね。

んー、私は二宮くんの演技は良かったと思いますけどね。でも日本製作ではないだろうなぁという人物ですね。
3. Posted by とんちゃん   2006年12月11日 23:32
あっしゅたん、(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
TB&コメ有難うございます★
良かった。(´▽`) ホッ

私だけ評価が低いのかと思ってドキドキでした。
なのでこの作品に限っては自分からTBするのは締め切りました(爆)

前日にね「男たちの大和」観ちゃって・・・・もう号泣よ、号泣〜〜〜〜。
そのせいか物足りなさを感じてしまいました。
4. Posted by かなそ   2006年12月11日 23:34
なかなかな点数ですね〜。
私はまだ見てないからわかんないけど、けっこう期待してたからこの点数は残念ですぅ。けど来週に見てきますね!!
5. Posted by ジグソー   2006年12月12日 00:28
どうも!

おろろ・・・結構低めですな!

なるほどねぇ結構切な過ぎるんですね。

んんでも僕も近々観てきます!

その時またじっくり遊びにきます!
6. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 01:07
【migさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

う〜ん!!!
二宮君、、、すごく”嵐”のイメージが強くて、、、。彼が出ているほかの作品を観たことがないので何とも言えませんけど。
役柄にはカレがピッタリだとおもいます。でも少し弱い印象がありましたねぇ〜。
どうでしょう???
7. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 01:11
【ゆかりんさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

そうですね!どこの国の人だって家族がいます。誰だって戦争なんて好きな人いませんもん、、、。英雄なんていない、一番の被害者は兵士達ですから、、、。もう二度とこのような悲惨な戦争は起こしてほしくないですね。

やっぱりみんな二宮君の演技はイイみたいですねぇ〜。ボクはしっくりこなかったです、、、(涙)。
8. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 01:15
【とんちゃんさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

ボクも「男たちの大和」の印象が強すぎて、、、。キャストもすごく良かったし、、、。そういう意味で今回の「硫黄島からの手紙」は物足りなかったです。

どうしてもアメリカからの視点が強すぎたんでしょうね。とても暗いイメージの日本兵でした。奮闘するシーンをもっと見せてもらいたかった、、、。そう思います。
ボクもとんちゃんさんの意見に賛成!
9. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 01:18
【かなそちん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

見てきたよぉ〜。
でも少し暗すぎたかな、、、。とても切ないんですけど、、、。日本兵に破棄が無いというか、、、もうあきらめているような、そんな暗い印象でした。
「父親たちの星条旗」を観たんだったら絶対観るべき映画だと思います!
観たら感想教えてね☆
10. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 01:20
【ジグソーさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

行って来ましたよぉ〜。本当に切ない映画だったです。ボクは評価は低めですけど皆さん大絶賛の方が多くて、、、。
少しショックを受けているところです(苦笑)。
感想楽しみにしてますね。
11. Posted by みゆき   2006年12月12日 02:48
見てみたい映画ではありますが、何となく想像出来てしまう映画な気もしますよね。
多分私も見たら、あっしゅさんと同じ感情を抱きそうな気がします。
12. Posted by りんりん♪   2006年12月12日 12:17
あっしゅさ〜ん!私も昨日、観てきたで。
私も二宮クン、役柄としては少し若いかなって感じたよ。
奥さんとちゃぶ台で向かい合うシーン
彼が着物を着ていると特に、、

でも、ああいう若い兵士の感情やら感覚をもった役には
彼は合ってたと思うな〜。

でも、中村獅童さんは、すごいハマリ役だと
思ったよ。

あと伊原剛志さんの笑顔が超!素敵〜だったわ。 
13. Posted by PINOKIO   2006年12月12日 15:33
こんにちわ!
二宮君、思ったよりも演技は良かったけれど、
私には子供に見えちゃって、、
奥さんと子供がいるようには見えなかったです(^^;
実際、硫黄島は少年兵が多かったらしいからそれもアリなのかな。。
うちの祖父も徴兵されたらしいですが、どちらかと言えば非国民タイプだったようですし(汗
そんな兵がいるのもまた真実なんでしょうね。。
14. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 22:36
【みゆきさん☆】
コメントありがとうございます!

日本が劣勢だったからこそ、こんなに暗い映画になってしまったと思います。大和魂が感じられなかったですねぇ〜。
アメリカ、日本と兵士が考えていることは皆一緒なんです。誰もが戦争に好きで行ってるわけではなくて、、、。とても切ない映画だったですよ。
機会があったら観にいってくださいまし。
15. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 22:39
【りんりんさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

観てこられましたかぁ〜!どうも二宮クン幼すぎましたよねぇ〜。ボクもあのちゃぶ台で奥さんと抱き合う姿を観て、お母さんと子供が抱き合ってるみたいと思っちゃいました、、、。
確かに悲壮感漂う兵士役には最適だったのかもしれませんけどねぇ。
個性あるキャスト陣でそれぞれにいい味を出してましたね☆
16. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 22:43
【PINOKIOさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

そうですか!やっぱり非国民で少年兵が多かったんですねぇ〜。だから愚痴の一つや二つ出るのは仕方がないかも、、、。
日本は負け戦の連続で、優秀な大人の兵士は皆借り出されちゃってたんでしょうね。武器も無く、援護も無く、本当はアメリカと戦う事自体、無謀な事だったのかもしれないですねぇ〜。
それにしても切なかったです、、、。
17. Posted by miyu   2006年12月12日 22:57
へぇ〜意外と賛否分かれるのですね。
日本では作れない
アメリカでも作った事のない
戦争映画という意味でも評価される
映画かと思いました。
日本の視点だけどアメリカ製作って
いう貴重な映画ですからね。
18. Posted by うさぎ   2006年12月12日 23:33
あっしゅさん〜

こんばんは〜
久しぶり映画が見れました(T-T)
なかなか忙しくて全然見に行けない〜
プラダも007も王の男もキムタクも。。。
あ〜見たいのがいっぱい〜
赤ちゃんもいっぱい〜(- −;)
19. Posted by あっしゅ   2006年12月12日 23:58
【miyuさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

そうなんです!けっこう賛否両論分かれちゃってますよねぇ〜。
アメリカが作った日本の映画。戦争を舞台に今回製作されたわけですけど、少しアメリカ贔屓な作品となってしまったのでは?と思ってます。確かに貴重なことは貴重なんですけどねぇ〜。
20. Posted by あっしゅ   2006年12月13日 00:04
【うさぎさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

この年末は普段と比べて忙しい月なのに、話題の映画も目白押しなんですよねぇ〜。
ボクも目がクルクル回るくらい忙しい毎日なんですけど、やっぱり映画はやめられない!
チワワの赤ちゃんもいっぱいなんですねぇ〜。両立は難しいけど、お互いがんばりましょうねぇ。
21. Posted by ミチ   2006年12月13日 11:00
こんにちは♪
二部作が表裏一体となって素晴らしい大作が誕生したな〜と思いました。
二宮くんはちょっと若く見えすぎましたね〜。
もちろん、十代の若い兵士もたくさんいたのですが、その割に彼には妻も子供もいたので何歳設定だったのかしら?
22. Posted by あっしゅ   2006年12月13日 20:00
【ミチさん☆☆】
コメントありがとうございます!

確かにアメリカ、日本合同の映画なんて類を観ないですよねぇ〜。そう意味ではすばらしい映画だったと思います。
二宮くんは本当に何歳の設定なんでしょうねぇ〜。二十歳くらいかな???
23. Posted by でんでん   2006年12月16日 21:23
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>日本男児的要素が皆無に等しいと思ったのですが、

この作品の取捨の一つかもしれませんね。でもある意味正しい選択だったかもしれません。英雄伝はこの作品の真意じゃないでしょうから。
24. Posted by あっしゅ   2006年12月17日 00:45
【でんでんさん☆】
コメントありがとうございます!

そうですねぇ〜。アメリカと日本、戦争へ行った兵士達の気持ちは同じだったということがいいたかったわけですもんねぇ〜。
そう意味で優劣は関係ないと思います。
25. Posted by izura   2006年12月17日 01:52
こんにちは^−^
またTB失礼します。
ほんとにすごい映画でした。
26. Posted by あっしゅ   2006年12月17日 17:49
【izuraさん☆】
コメントありがとうございます!

凄い映画でしたねぇ〜。本当の兵士達の気持ちがわかったような気がします。
またTBよろしくお願いしますねぇ〜。
27. Posted by 由香   2006年12月26日 09:39
初めまして!
TBのお返しありがとうございました。
まだブログを始めたばかりで、
TB成功だけでも興奮しちゃいます(照)

この映画、私は良かったと思いました。
二宮君も、あの自然な感じが良かったのですが・・・確かに若すぎるかもしれませんね・・・

またお邪魔させて下さいね。
宜しくお願い致します!
28. Posted by あっしゅ   2006年12月26日 19:20
【由香さん☆】
コメントありがとうございます!

始められたばかりなのですねぇ☆今後ともよろしくお願いします!
この硫黄島の戦いは実際少年兵が多かったみたいで、、、。
日本としてはもうこの時点で負け戦だったんですよねぇ〜。その感じがヒシヒシと伝わってきました☆
29. Posted by ジグソー   2007年01月03日 05:27
どうも!
遅ればせながら観てきました。

あっしゅさんが「父親たちの星条旗」が評価高くて、こっちがイマイチな理由も何となく分かります!
僕もこの映画は『いい作品』だと思いますが、『好きな映画』ではありません。

確かに救いようの無い殺伐とした暗い話でしたもんね。

改めて「今の時代に生きていて良かった!」と思える考えさせられる作品でした。

僕も西郷が幼く見えました。
アメリカ人はとくにアジア人は若く見えるらしいですから、15くらいにみえるんじゃないかな?
30. Posted by あっしゅ   2007年01月03日 11:43
【ジグソーさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

おぉ〜観られたのですねぇ〜♪
そうなんです、、、。「父親達の星条旗」のほうが良かったですねぇ。どうも「硫黄島〜」は暗く、負け組のイメージが強くて、、、。どうも感情移入が出来なかった、、、。大和魂見せてみろやぁ〜!的な感じで観てましたもん。
天才と言わしめた二宮クンの演技。確かに悲壮感漂ってましたけど、、、。なんだか観てて歯がいかったですね。
これが硫黄島の戦いの現実なんでしょうけどねぇ〜。
31. Posted by ジュン   2007年01月16日 00:32
私は硫黄島二部作のうちこちらしか見ていないので
日本側視点の戦争の描き方とても素晴らしいと思ったんですけど・・・
あっしゅさん、想像以上に厳しい点数でしたね。
二宮くんもね、うまい!って思ったんですよ。
あのすねたようなような感じも弱々しい感じも
年のあまりいかない兵士は戦う意欲もそんなもんだったんだろうなって伝わってきて胸打たれました。
でも見方はいろいろ。
あっしゅさんの感想も素直な気持ちでとてもいいと思います。
32. Posted by あっしゅ   2007年01月16日 01:32
【ジュンさん☆☆☆】
コメントありがとうございます!

期待しすぎたのかもしれません、、、。どうしても「男たちの大和」と比較しちゃって、、、。日本男児の大和魂って感じじゃないですか、日本の戦争映画って。
それを覆すほど、弱弱しい日本、、、。確かに戦う気力がないほど、少年兵たちは疲れきっていたのも事実。そういう意味ではうまく再現されていたと思いますよ☆これは現実ですもんね。仕方ないんですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
586作品アップ中
↓ポチっと!
映画インデックス











↑トラックバックだけでも大歓迎です♪
コメントありがとう♪
いつもお世話になってるカリスマブログ♪
映画鑑賞日記☆




↑毎日映画鑑賞、毎日ブログ更新!ボクの憧れのmiyuさんのブログ!


我想一個人映画美的女人blog





↑映画ブログのカリスマ、mig姉たんのブログ!
最新映画やDVD鑑賞レビュー、セレブネタ満載!


★YUKAの気ままな有閑日記★バナー





↑デップ大好き由香さんの映画ブログ!とても優しくて癒されちゃう♪



Aムビバナー






↑Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)のバナー作りました♪もし気に入られましたら張ってくださいね☆
いつもお世話になりますぅ☆


あわせて読みたい
↓携帯でも観れるよ↓
QRコード
アクセスランキング

ブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT








スカウター : Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) - livedoor Blog(ブログ)
人気ブログランキング - Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
freeRSS.net
ページランク






ページランク
スクリプト用