S w e e t s B r o s . "Brunch at Patisserie"

2009年08月12日

「ドゥ・ボン・クーフゥ」 バナナとマンゴーのムースケーキ

茶会-tea party- 

たいへんご無沙汰しておりました!
1ヶ月ほど留守にしてましたね。
筆無精をお許し下さい。

では、新たな気持ちで再開いたしますので、
これからもご声援をよろしくお願いいたします。


待ちに待ったこの日。
私が出逢うは二人の男女。

二人は私にペコリと挨拶を。
私も恐縮そうにペコリ。
どんな話で盛り上がろうか。

バナナとマンゴーが織りなすシンフォニー。
甘みと酸味が交互に。

どっしりと構えたムースがしっとりとした生地を挟み込む。
その生地には胡桃が隠れ、香ばしさを演出。
ムースの味わいが、より深く、広がりを見せる。


夏の友人が開いてくれた、おいしいお茶会に感謝。


■de bon coeur
東京都品川区小山3-11-2-1F
TEL.03-3785-0052
最 寄 駅 : 東急目黒線武蔵小山駅より徒歩5分
営業時間 : 12:00〜20:00
定 休 日 : 無し
イートイン : 可
「ドゥ・ボン・クーフゥ」 バナナとマンゴーのムースケーキ.jpg

  

2009年07月02日

「デフェール」 フロマージュリー

光輝-shining- 

白く光る姿の中に、君は何を閉じこめるのか。
そっと覗いてみる。


ココットに閉じこめたレアチーズケーキ。
ふんわりと、かつしっとりと佇む。
スプーンですくうと、とても儚げだ。

中から顔を出すのは、たっぷりの生クリームとビスキュイ。
柔らかい酸味のフロマージュと共に、コクが広がる。

そこに差す、赤い閃光。
フランボワーズのジュレが底から溢れ出る。
刺激ある酸味のアクセントが、よりふくよかな味わいへと導く。

甘さと酸味の、対比とバランス。
爽やかさ。
ボリューム感。

全て手に入れた。
あとは口に運ぶだけ。
味わうだけ。

残るのは、舌の上の余韻とほほえみ。


煌めく白、瞬く光、輝き出した君。


■DEFFERT
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
TEL.045-901-3911
最 寄 駅 : 田園都市線たまプラーザ駅より徒歩3分
営業時間 : 10:00〜20:00
定 休 日 : 水曜日
イートイン : 可
「デフェール」 フロマージュリー

  
Posted by sweetsbros at 02:10Comments(0)TrackBack(0)デフェール

2009年06月25日

「デフェール」 シュープラリネ

第一-begining-

久しぶりの更新です!!
ご無沙汰しておりました。

新章がスタートです。
シェフが変わり、新しくなった『デフェール』。
ラインナップがガラリと変わっておりました。

さぁ、扉を開きましょう……。


初めての店、チェックすべきはまず、シュークリーム。
店舗ごと、パティシエの腕ごとに、味が異なり個性が浮き出る。
シューの焼き方、クレームパティシエールの作り方、そこに加えるシェフのエッセンス。 
どこを探しても、同じものは2つと無い。


シュークリームに加えたのは、大量のナッツ。
香ばしさとコクが極限までプラスされる。

ヘーゼルナッツのプラリネクリームがどっしりと構えている。
ヘーゼルナッツそのものも大きく、存在感がある。
強い主張。

しかし、生地自体はサックリ軽い。
ハラリとほどけていく。
クリームとのバランスは絶妙だ。

口を大きく開けて豪快に。
これが醍醐味。
これが礼儀。


口の周りを汚して食べる、子供のような無邪気な笑顔。


■DEFFERT
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3
TEL.045-901-3911
最 寄 駅 : 田園都市線たまプラーザ駅より徒歩3分
営業時間 : 10:00〜20:00
定 休 日 : 水曜日
イートイン : 可「デフェール」 シュープラリネ

  
Posted by sweetsbros at 02:27Comments(0)TrackBack(0)デフェール