swgmです。

IMG_6137
プリクエルトリロジーは低く評価されることが多い。
実際最近のSW作品はプリクエルからは分かりやすい要素や設定のみを抽出し、肝心なメッセージ性には一切目を向けずに製作されている。

しかし僕は思う。プリクエルトリロジーそのもの、そしてプリクエルトリロジーを踏まえた上で観るオリジナルトリロジーのメッセージに目を向けないのならば、「スター・ウォーズ」はただの子供騙しの娯楽としての価値しか持たない、と。

プリクエルがオリジナルよりも低く見られるのは致し方ない。ストーリーは理解しやすいし、観ていてイライラさせられる登場人物はプリクエルの方が多い。
しかし、理解が難しいものから得られるものこそ大きいのではないか?

プリクエルトリロジーは、オリジナルトリロジーの奥底にある「メッセージ」を深く掘り下げ、娯楽作品としても成立している。それこそが魅力なのではないだろうか?

「スター・ウォーズ」から学ぶべきこと、それは「真実は見方によって変化すること」だと僕は考える。

まず大前提として、プリクエルトリロジーとオリジナルトリロジーの最大の違いは「善悪がハッキリしない」ということである。
オリジナルトリロジーは正義の反乱軍vs悪の帝国軍という極めて分かりやすい構図だ。(ここではルーカス作品のことのみを考えて欲しい)
しかしプリクエルトリロジーはそう単純にはいかない。銀河共和国は善良な組織のように見えるし、あの世界の住民の多くはそう考えている。しかし実際は議会やジェダイオーダーは堕落しており、それを見兼ねた者たちがドゥークーの誘いで分離主義勢力を形成している。
これだけ聞くと真の正義は分離派にあるかのようだが、彼らの中には戦争を引き起こすことで金儲けをしようとしている者が大勢紛れている。
また、共和国の中にも内側から堕落を正そうとしている善良な者もいる。

このように、1つの組織の中でも善悪がゴチャゴチャなのだ。権力さえ得られればそれで良いマス・アミダがベイルやパドメの仲間であり、ガンレイのような欲深い人間がボンテリのような善良な人物と同じ側にいる。どちらの組織も「正義」であり「悪」でもある。

最終的には共和国は帝国へと変貌を遂げ悪の組織へとなり変わるわけだが、これも「平和の実現」という正しい目的を掲げている。

なぜこのような事が起こるのか?それは「正義」に見えるものを信じて疑わない人が大勢いるからだ。
プリクエルを踏まえると、帝国は確かに大規模戦争を防ぎ、平和を保っている。しかしそれは社会的地位の低い者からの搾取によって成り立つ平和であって、その恩恵を受けているのは実情を知らない社会的地位の高い者だけだ。
実際に反乱軍は平和を乱しているわけだが、彼らの大部分は見せかけの「平和」の犠牲者にされた者たちなのだ。だから反乱軍は「平和」の恩恵を受けている人々から見れば「悪」、そうでない者から見ると「正義」になる。

現在の社会情勢を見ると、信じがたい事態が多く起こっている。メディアによって話し手の意図が捻じ曲げられて伝えられ、悪人に仕立て上げられてしまうこと、自分勝手な指導者が自分勝手な市民を煽動して権力を握ること...
人類は何のために歴史を学んでいるのか?ヒトラーは民主政から生まれたことを忘れたのか?

ここからは僕の政治的意見が含まれることになるが、僕は「スター・ウォーズ」が作られた国であるアメリカでトランプ大統領が人気を博すというのがどうしても理解出来ない。
現在のアメリカの状況と上に書いた帝国の実態の違いは何か?大統領制か独裁制かの違いは確かにあるが、それ以外の違いは無いのではないか?
これは資本主義社会全体が抱える闇でもあるのでアメリカだけに限定するのは意地が悪いかもしれないが、「見せかけの正義」を信じて疑わない人が大勢いればいるほど、社会は崩壊に向かっていく。
パルパティーンが狡猾な悪人である事が帝国誕生の原因であるのは間違いない。しかし、彼の目論みを後押しした最大の要因はこの「見せかけの正義」を信じて疑わない市民や、議員達の声だ。

もちろん、ジェダイが掲げる正義だって「一般的に価値観」を疑わずに押し付けているだけの偽善だ。しかしこれの否定はオリジナルトリロジーでとっくに済んでいる。ルークが父を暗黒面から救い出したということによって。

アナキンとパドメが草原で政治について語り合う場面、あれは痛々しい男女のジャレ合いとだけ考えて流していいような薄っぺらいものではない。あのアナキンの言葉は民主主義の弱点を的確に突いているし、パドメの言葉からは現状が正しいと信じて疑わない人々の過信が見て取れる。アナキンが感じていた弱点が実際に共和国への不満を高め、パドメが抱いていた傲慢さはジェダイの敗北にも通ずる部分がある。結果としてアナキンはその疑念を現状の全否定へと向かわせてしまい、パドメやジェダイは現状を過信したことで滅んだ。

プリクエルトリロジーは「誰1人として正解を導けなかった」から悲劇的な結末を迎えたのである。

これに挑んだのが反乱軍の英雄達だ。彼らは「正義」を追求した。ルーク・スカイウォーカーも、ハン・ソロも、レイア・オーガナも、かつての共和国を形成していた「騙されやすい人間」ではない。みな自分の信念を持って行動する人物だ。
そして老害たちが不可能だと言い切った暗黒面からの帰還を実現させ、先進装備を過信せず一見役に立たなそうな原始的な民族と手を組む事で逆転勝利を果たした。
彼らは「疑う」ということを知っており、それを正しくコントロールする事ができた。だから勝利したのだ。彼らは「正解」を導き出したのである。
故に彼らのその後はその「正解」を更に突き詰めていくものであるべきであり、プリクエルのキャラクター達が犯した失敗を蒸し返すなどもっての外なのだ。


「スター・ウォーズ」から学ぶべきこと、それは情報をすぐに鵜呑みにせず、かと言って拒絶する訳でもなく、自分の頭で一度「疑い」、そして様々な面から見て考えることなのではないか?

かつてこんな感じのツイートを見た。
クワイ=ガンは自分の信じた道を貫けるからスゴイ
違う。彼は「疑う」ことを知っていたから凄いのだ。何事も疑い、自分の頭で考えている、だから自信を持ってその結論に基づいた行動を取れるのだ。だからこそ彼は自己のフォースの「バランス」を保つことに成功し、未知の境地に達したのだ。

以上のようなメッセージ性は、僕が「スター・ウォーズ」を好きになった理由の1つだ。そして、この考え方は僕の人生にも大きな影響を与えている。
僕は何事も鵜呑みにせず、自分の頭で考えている。だから必ず聞いた話のアラを見つけるから「なんでも否定するのか」「最初から疑ってかかるのは良くない」とよく言われる。このような人々はおそらく歴史を見ていないし、メディアのウソに日常的に振り回されているのだろう。そしてこのような事を自称SWオタクが言うのなら、それはSWの映像美やデザインに魅力を感じている人か、何も考えずに設定資料集を鵜呑みにして満足感を得ているだけの薄っぺらい理解の人だ。

僕が上に書いたことは何冊設定資料集を読んでも書いてないだろう。「スター・ウォーズ」は考えることの大切さを教えてくれるシリーズだ。そして真のメッセージは考える事でしか得られない。僕が「8作全部好き」な自称マニアを盲信者と呼んでいるのは自分と意見が違うのが気に食わないからではない。
6部作が伝えようとした事を全く汲み取ってないのにまるで全部汲み取って飲み干したかのようなツラをしているからだ
IMG_4989