2013年05月06日

お久しぶりです。

この度、新しくブログを立ち上げました。

また、お付き合い頂ければと思います。

「Too Gain To Day」

swim_in_song at 02:48コメント(0)トラックバック(0) 

2013年01月12日

初めて合わせたのはマイワンダーランドという曲でした。
つまり、サンクバーナで初めて書いた歌詞。
これを書き上げたおかげで「よし、にしむら今後全部歌詞書いていいぞ」というお布施が出ました。

ひたすらに韻を踏んでみようというコンセプトだったと記憶してます、はい。

音源があれば良いのだけどね。
こればかりは仕方ない。

そして記憶と記録が合わない部分があって、数ヶ所曖昧なのが個人的に残念だったりする次第。

*

マイワンダーランド / サンクバーナ

重ねた夜に想い巡らせ
踏み出せない心の足枷
頭の中のメリーゴーランド
遊び疲れたマイワンダーランド

悔いて解せないたくさんの何故
数えきれないあらゆるナンセンス
頭の中のメリーゴーランド
乗り遅れたまま

笑い声 風にのせ 頑なの旗なびかせ
揺らせ 揺らせ
笑い声 風にのせ ガラクタの中飛び出せ
飛ばせ 飛ばせ

word a innocence
風にのせ 柔らかな雨を降らせ
やがて 降らせ

笑い声 風にのせ 頑なの旗なびかせ
揺らせ 揺らせ
笑い声 風にのせ ガラクタの中飛び出せ
飛ばせ 飛ばせ


swim_in_song at 02:15コメント(0)トラックバック(0) 

2013年01月11日

リクエストがあったので。
音源として手に入らないものは歌詞だけでもあげていこうかな。

*

ハルカナタ / サンクバーナ

雨上がりに踏みしめるアスファルト
そこはまだ誰もいない ひとりきり

悠遠に、悠遠に見せて

明日が来るのを恐れ 目を閉じる
まぶたに映る造影に満たされる

悠遠に、悠遠に満せて

悠遠に、悠遠に

遥かな旅に染まる
街を横切る度
それでも春彼方
風はまだ冷たい
鳴り止まぬ鼓動は
夜空に溶けてゆくよ
遥か彼方

だけど側に居る人を大切に
だから側に居る人を大切に

悠遠に、悠遠に魅せて

悠遠に、悠遠に


swim_in_song at 01:46コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月31日

今年は例年になく本をたくさん読んだ年でした。

こんなに読むんだったら記録しておけばよかったなぁ、なんて思うほどに。

つい先日読んだ本は
ベタなストーリーにまさかの幽霊オチという
文字にするとなんとも陳腐なわけですが
それでも心温まるのはストーリーのなかに潜む想いが素敵だったからでしょう。

そして思うところを記したら
曲になりました。

まだタイトルもないしワンフレーズですが波乱の2012年を締めるにはピッタリかと。

それでは良いお年を。

大丈夫。

ぼくは元気です。

今年は喪中だから恒例の年賀状企画はやりません、とジョークが言えるくらいにはなりましたとさ。


*


何かを失って 初めて気付くのだと
そんな言葉が
この街には溢れている

大切なものを知って
人は強くなれると
そんな言葉を 信じて良いのか否か わからないまま

きっと誰もが たくさん失って
生きてきたんだろう
生きてゆくんだろう

それでもあなたを失うくらいなら
弱いままでいいと思う
例えそれが 偏屈だとしても


swim_in_song at 22:23コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月05日

2005年からここで書いてきた

実は意外にもサンクバーナに加入してからの方が長い

もともとなんで始めたのかは忘れちゃったけど
結構歌詞の種をまいてた気がする

ハルカナタ

どっかの日記のタイトルになっているし

うん

そもそも

swim in song

まさかアルバムのタイトルになるとはね

ここ何年かは実は同じ内容をアメブロにも載せていて
ちょっと色々考慮した結果完全に移ろうかと

今更ながらここは個人のスペースであって
サンクバーナとしてのお話は別でしようかななんて

だから気が向いたときにつらっと書こう


とりあえず今後は
サンクバーナのアメブログ。
を見ていただけると嬉しいな

アメブロで会いましょう
とライブドアで書くのは気まずいぜよ 笑


swim_in_song at 01:26コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月25日

8108e8f9.jpg
先日の日本の体操
すごかったね

なにより内村選手
難しいことはわからないけど
とにかく着地!
ピタリだった

そして思ったのが
体操と人生はよく似ているなと

個人の種目別があって
総合があって
団体戦がある

全てを高レベルに仕上げるのか
ひとつに磨きをかけるのか

難しいことをやるだけではダメで
美しさも大切

そして着地はビシッと

勉強になるなぁ

そんな自分も
そんなサンクバーナも
明日はビシッと着地の決まったライブにしよう

来ていただけるあなた
ありがとう

まだお迷いのあなた
よろしく

コメントでも予約は承るからね
なにかしら意思を伝えてくださいませ

■10/26(wed)@下北沢ReG
サンクバーナpresents“こそあど(アルバム先行発売ナイト)”
開場→17:40 開演→18:00
前売→¥2000 当日→¥2500 (共に+1ドリンク¥500)
LIVE ACT→
1・18:00 有.コヤッキー
2・18:35 the dropstore
3・19:10 モハメド
4・19:45 MolmottEcho
5・20:20 リリィノート
6・21:00 サンクバーナ

さて、最終リハーサル行きますか


swim_in_song at 19:48コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月18日

ほら今日誕生日でしょ?
ソウダアキヒロの

だから今日書くよ

昨年同日はLagunaで一緒にライブをしたんだけど
今年はあれだ
どうやらコピーバンドイベントに出てるみたい

いいなコピーバンド
イエローモンキーやりたい

リリィノートはね
昨年のサンクバーナのレコ発にも出てくれて
今年もスケジュールを何とか調整してくれて
ありがたい限りです

そもそも同級生なんですよ
ソウダ君と山本君は

中学からずっと同じ

まぁ別にずっとお仲良しというわけでもないのだけど 笑
そこはおいておこう 笑

でもさ
こうして時を経て同じステージに立てるのは結構感慨深いよね

だからこそリリィノートとはたくさん一緒にやっちゃいけないんだと思う
基本的にはね←意味深

さて、ひとりの客としてどんなセットリストでくるのか楽しみだ




swim_in_song at 20:08コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月17日

※この日記は10/12に書きました
youtube貼るときはパソコンで書くんだけど
いかんせん最高で5つ転載するのでね、抜けてました
ごめんなさい


というわけでモハメド


何年か前、高木誠(ex.シグルイ)という男に
「最近モハメドというバンドがやばい」
みたいな話を聞いていて

その時以来存在は知っていた

そしたらある日、急にマイミク申請が来て
それこそ嘘か本当か知らないけど
「サンクバーナをwebで見て良かったからマイミクして下さい」との内容

そして「もし企画とかあったら絶対声かけて下さい」とも

なんというか長年うちに秘めた片想いが突然実ったような感覚 笑

だからまだ一緒にやったことはないんだよね
そういう意味でも今回一番楽しみなのがモハメド

youtubeもひたすら見てるし
なんかグッとくるんだよねー

うん

そういえば昨日後輩からメールが来て
「モハメドのドラムは友達です」だって!

つながるもんだね世界は


ちなみにベースの漱石君とずっとやり取りをしているんだけど
連絡先を交換する時ご丁寧に本名を教えてくれて
でも「漱石」のまま登録したのはここだけの話
なので本名は忘れました 笑



swim_in_song at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 
先日某チェーン居酒屋にて
店内にねずみがいました

致命的だよね

何とかしてくれというには素早すぎるし
虫と違ってガタイはいいし哺乳類だし

結局強がって知らんふりを決め込みましたとさ

そんな話の流れからMolmottEchoとのなれそめへ行くのはまずいか 笑

お許しを


今年の5/26
赤坂ブリッツでのライブ出演をかけた予選的な無料ライブがありました
(そういえばサンクバーナは残念ながら落選したけど、あれはその後どうなったの!?)

その日トリを務めていたのがMolmottEcho

その日を迎える前から
「今度MolmottEchoとやるんだね。」
という人気の高さと、世間の狭さを感じる言葉を各方面からもらっていた

そして当日
彼らはすごかった
クリエイティブとはこのことだなと

映像と音楽の融合

そうそう、うちもそれやりたかったんだよ
と指をくわえながら見ていたのを覚えている

結局当日は大混雑でほとんど話せずだったのだけど
後日共通のイベンターを通して連絡をくれて

なんやかんやで今回の出演につながったと

出演が決定してからメンバーの変更があったりと大変だったのだけど
今回は新体制ということでますます楽しみだぁ




swim_in_song at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月15日

人の数だけ思惑がある

それぞれに価値観や信念がある

じゃあそれらがどうやって生まれたかと考えれば
自然に派生するはずもなく
誰かのそれに触れてこそのものだろう

最近は色々な人の色々な意見に触れる機会がある

何が出来るだろうか

無限の可能性が広がっている

でも知っている

いつだって現実と隣り合わせだってことを

夢や理想は手が届いた頃には現実と化していて
意外と気付かない

逆に言えば崩れ落ちた時だってそこは地獄でも何でもなく
現実である

そう考えると革命や改革を起こす人や
夢や理想はを掲げる人は
その一方でどこまでも現実を捉えていなくてはならない

超現実主義とでも表そうか
現実を超えるという意味でも


遠そうで近い背中合わせの二つの事象

白と黒

自分自身まだ全然答えにはたどり着いていないが
サンクバーナの次のアルバムには
ある人の思う沢山の白と黒が散りばめられている

グリとグラ

これは関係ない

チップとデール

これも関係ない

テリーとドリー

生きてるってなんだろ
生きてるってなーに


swim_in_song at 20:45コメント(0)トラックバック(0) 
●プロフィール●
ニシムラユウタ
生年月日:0506
血液型:o
趣味:エコ
好きな音楽:
CUE
trico
QomolangmaTomato
bananafish
MIVIVALOCA
THE YELLOW MONKEY
吉井和哉
Mr.Children
drug store cowboy
scratch4jagger
source
jelly→
HATE HONEY
cune
10-FEET
キャプテンストライダム
マキシマムザホルモン
ASIAN KUNG-FU GENERATION
U2
Red Hot Chili Peppers
星村麻衣
QRコード
QRコード