キャプチャ


何度ファイルを出力しようとしても
「x264が予期せず途中終了しました。x264に不正なパラメータ(オプション)が渡された可能性があります。」 
「ファイルの出力に失敗しました。」 
の文章が出て出力が始まらない・・・
こんな現象に出くわした場合の対処法をお教えします。



1.エラーが起こる原因

まず、この現象が起こる原因について説明します。
これは、AviUtl.exeを2つ以上使っている環境で起こる現象です。

2つのAviUtlを、aviutl1.exe, aviutl2.exe というファイル名にしたとします。
まずaviutl1で拡張x264出力をします。mp4への出力が正常に終わり、aviutl1.exeを終了します。
その次に、aviutl2を起動して拡張x264出力をしようとすると、上のエラーが起きます。

なぜこんな事になるのかというと、NeroAacEnc.exeという、この出力に必要なファイルが有るのですが、2つ以上AviUtlを使用すると、それの場所の指定がおかしいことになってしまうからです。恐らく・・・


2.対処法

ではどうすればいいかというと、NeroAacEnc.exeの場所を指定しなおしてあげればいいだけです。
AviUtlの拡張x264設定→ビデオ圧縮を開きましょう。


キャプチャ

青矢印のボタンをクリック。

キャプチャ

すると、こんな画面が開きます。

そして、画像に表示されているneroAacEnc.exe というファイルを探します。

肝心のneroAacEnc.exeの場所なのですが、拡張x264出力をインストールする際に指定したAviUtlのフォルダの中の、exe_filesというフォルダの中にあります。

exeを見つけたら、それをダブルクリック、ビデオ圧縮の画面ではOKを押し、そのまま出力を開始すれば問題は解決します。


追記:もし今の方法を試してもファイルの出力が出来ない場合・・・・

キャプチャ

画像の赤枠の部分を「自動マルチパス」に変更してみてください。



3.注意事項

aviutl2.exeにおいて今の解決策を実行すると、今度はaviutl1.exeで同じエラーが出てしまいます。
このブログに載っている自動エンコードを導入している場合、出力が失敗し、最悪の場合、録画フォルダが消える危険があります。

ですので、私のバッチファイルを使う場合は、次の事を守ってください。

自動エンコードのインストールの際に指定したAviUtl以外は使わない
もしくは、別のAviUtlを使った後は、自動エンコードの方のAviUtlでneroAacEnc.exeの場所を指定し直す

これを守れば自動エンコードがきちんとなされるようになります。