昨日はグッバイオールディーズが好きなので

2007年07月10日

あの感動をもう一度 !!!

DVD「25〜ヴァンサンク〜」
手に入れた「安倍なつみコンサートツアー2007春 25〜ヴァンサンク〜」のDVDを早速見た。

やはり、あの素晴らしいツアーを収録したDVDだけあって、本当に自分の心にズッシリと響く2時間20分。
アンコールの最後「大人へのエレベーター」を見ながら、思わず一緒になって口ずさんでいて、なんだかこみ上げてくるものがあった。

「〜エレベーター」でのなっちの表情が、ホントに最高っ!って言っていいほどいい顔してる。
こんなにいい表情で唄っていたのかぁ、と思って改めてDVDに収録されて記録として残ると言うのはいいものだな、と言うのを実感した。

「恋した女の子どすえ」では、先日弦を張り替えたばかりのギターを手にし、DVD相手にセッション。
まぁ、ずっと弾いてなかったから、全然セッションらしい感じにはならなかったけど……。
でも、あのツアーバンドの音をバックに、リフを弾いてみたり、テキトーにギターソロを弾いてみたりして、かなり楽しかった。

「トウモロコシと空と風」なんかも、一緒にギター弾いてみて、かなり気持ちよかった。
やっぱり、最近弾いてなかったからか、コードチェンジに指がついていかなかったりしたけれど……。

あと「晴れ 雨 のち スキ」のボサノヴァ・バージョンが、きちんと形として残ったのも、本当に嬉しい。
初日の松戸で聞いた時から、このバージョンにはノックアウトされてる。
ブラジルの本場のボサノヴァの他にも、日本のいわゆる「歌謡ボッサ」的なものまで大好きな自分にとって、このアレンジになって生まれ変わったのは、本当に奇跡的。
そんなこんなで、やっぱり大胆にアレンジを変えてきたアコースティック・コーナーの曲は、どれも素晴らしい出来だな、と改めて思った。


ちょっと編集が荒い点が気になった部分や、「夏雲あがれ」に関するMCはカットで良かったんじゃないか?なんて思う所もあったが(あとヲタ声も編集でどうにかカットして欲しいが)、あのツアーを記録として残した、と言うのは本当に「素晴らしい」の一言。
ただ「ちょっとずつね」が松戸の3公演しかやらなかったから、このDVDに収録されていないのは残念だけれど。

それにしても、あのツアーを生で体験できた事は、本当に良かったなぁ、と言う一言。
また次のツアーをやる時も、あのバックのメンバーを従えて、全国回ってくれないかなぁ。

swing_slow at 23:51│Comments(0)TrackBack(0) 安倍なつみ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昨日はグッバイオールディーズが好きなので