NOUVEAU MONOLOGUE

ヌーヴォ・モノログ(新たなひとりごと)

川越氷川神社参拝

9日の土曜に、写真仲間を誘って川越氷川神社に行って来た。
DFA_8843

川越は浴衣を奨励しているため、浴衣姿のカップルやお嬢さんたちがたくさんそぞろ歩きをしている。目的は川越の街並みと「縁むすび風鈴」の様子を写すことだったが、もちろんしっかりお参りもしてきた。
DFA_8850
御朱印帳をうっかり忘れ、今使っているものがそろそろ終わりなので、新しく御朱印帳もいただいてきた。御朱印入りで1,000円。
kawagoe_hikawa

kawagoe_hikawa
あらかじめ御朱印帳に書かれていたものだが、ちゃんと参拝日の日付になっている。すいている朝のうちに書いておいたのだろう。

法順山了仙寺参拝

数年ぶりに宿泊を伴う旅行に行って来た。伊豆の下田である。海の写真を撮るのが一番の目的だったので、神社仏閣はたくさんあるが、御朱印をいただいたのは了仙寺のみ。

75K_5704

奥に見える本堂が、ペリーとの日米下田条約が締結された場所である。

75K_5706

ここには、黒船・開国関係の資料がたくさん収蔵されているのだが、それを見学する時間はなかった。

IMG

御朱印にも日米条約のことが書かれている。300円。

富岡八幡宮・深川不動堂 参拝

下町に写真を撮りに行きがてら、寺社に参拝。このところ、神仏に祈願すべきことが多く、通りかかるとは一生懸命にお祈りしている。

富岡八幡宮は、骨董市が開かれる予定だったのだが、朝方雨だったために中止になったようだ。
DFA_6791


御朱印は、そう言ってはなんだが、神社にしては達筆。300円。
tomioka_hachimangu


富岡八幡宮とほぼ隣接している深川不動堂は賑わっていた。名前からはわかりにくいが、真言宗智山派の寺で、成田山新勝寺の別院なのである。
DFA_6812r

御朱印は以外にシンプル。300円。
fukagawa_fudo

明けましておめでとうございます

2016年になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
最近こちらのブログはご無沙汰で、ご心配いただいている方もいらっしゃり、申し訳なく存じます。
写真仲間とのやり取りで、facebookを使うようになって以来、そちらがメインの活動場所となったしまったため、こちらまで管理が行き届かなくなったというのが本音です。facebookは実名で活動していることもあり、こちらにリンクは張らないことにしております。ご理解ください。

フランス語のご相談にいらしてくださる方々には、変わらず真摯に対応させていただいておりますので、どうぞご利用ください。

2015年は本業以外は写真に明け暮れた1年でした。仲間も増え、楽しくやっています。暮れに仕事納めになった途端、ひどい風邪を引き、熱と咳と鼻とでどうにもならず、医者に行って薬を貰ってきました。仕事があるうちは風邪も引かない、休みになったら引く、まったく律儀なことです。しかし災いはその後でした。医者に行った次の日に、激しい咳をした途端、腰がギクッ!いわゆるギックリ腰です。咳やクシャミで骨折したり、ギックリ腰になるという話は聞いたことがありますが、それが自分の身に降りかかってくるとは!

そんなわけで、大掃除はおろか、料理も何も出来ず、ただただ痛くないように寝ているだけの毎日が続いています。一時の痛みは去りましたが、咳がまだ止まらないので、一生懸命力がかからない体勢を取るのですが、その度に腰がアイタタとなり、完治までしばらくかかりそうです。仕事始めまでには、何とか治さないと(^^;; 長く腰掛けていることも出来ないので、年賀状は書けない、パソコンにもあまり向かっていられない、そんなわけで各所に不義理をしております。

Rは現在5歳。元気に甘えています。
DFA_6357

白山神社(文京区)参拝

DFA_5107

あじさい祭りが行われている白山神社に、この1週間で2度行った。紫陽花を写すのが目的だったが、もちろんお参りも。

DFA_5112

今日は、雨上がりの紫陽花を狙って行ったのだが、境内にいなせな方々がたくさんいて、「担ぎ手の方々は集まってくださーい」などという声が飛び交っている。御朱印をいただく際に社務所で尋ねてみると、今日はあじさい神輿が出るのだそうだ。

DFA_5119


これは一見の価値ありと、花は先日もたくさん撮ったことだし、早めに切り上げて、御神輿見物に行った。紫陽花の花を飾った御神輿はかなり立派なものだ。格好良い女性の担ぎ手も数名。

DFA_5169

御神輿が出るとはまったく知らないで行ったので、これは良いものを見ることができた。

hakusan_jinnja

いただいた御朱印。混雑する祭礼の日でも、手書きで書いて下さり嬉しかった。300円。

5歳です!

IMG_1306
Rは6日で5歳になった。人間の36歳に相当するそうだ。そんな妙齢の女性には見えないけれど。手術をして4ヶ月近く経つが、どうも排尿のほうは、完璧に元には戻っていない。外で人の話し声がすると、いつもワンワン吠えるのだが、吠えることでお腹に力がかかるのか、ちょっと漏らしてしまうことがある。そしてトレイから少し離れたところにいて(といってもたった3mくらい)オシッコがしたくなった時に、トレイまで行く我慢が出来ないようで、床でしてしまうのだ。ただし、それは我々が隣の部屋などにいて、ちょっと目を離したときばかりなので、そばに居てくれないからすねて…という可能性がないでもない。あんなにトイレの粗相のない子だったのに、手術の影響なのかなあと可哀想に思う。それ以外は至極元気だ。

大悲山 塩船観音寺 参拝

真言宗醍醐派の塩船観音寺に詣でた。主たる目的は、満開のツツジを撮影するためだったので、昨日連休の谷間の平日を狙って出かけた。ツツジのことを調べるまで、このお寺の存在は知らなかったし、青梅は相当遠いので、行ってみようかという気にもならなかっただろうが、連日TVなどでも紹介されるし、関東でも有数のツツジの名所なのだということがわかった。

DFA_3951
中央快速に乗って直通で青梅線、河辺(かべ)駅で降りる。中野からおよそ1時間。河辺駅前からバス。都バスと西東京バスの両方が、塩船観音寺入口を通るのだが、ほんの少しバス停が離れているので、時刻表とにらめっこ。早く来た都バスの方に乗る。15分くらいで到着。そこから少し上り坂で、やっと山門にたどり着いた。山門は茅葺きの屋根で雰囲気たっぷり。お寺のホームページの説明によると、本堂の屋根は「奥多摩の虎葺きと呼ばれる茅と杉皮の交ぜ葺き」なのだそうだ。山門も同じかも知れない。

DFA_3952
常にそうなのか、このツツジ祭りの時期だけなのか、山門にも護摩堂にもカラフルな垂れ幕(?)がかかっている。

DFA_4033
こちらが本堂(観音堂)。

DFA_4034
屋根が印象的だったので、たまたま屋根だけを写しておいた。「虎葺き」というのは、帰ってから知った知識である。

DFA_3954
下から見上げるとこうなっている。

DFA_3999
ツツジの写真はEspace Photoの方にたくさん挙げたので、こちらは1枚だけ。この時期は赤い花が主流で、とても綺麗。5月中旬から下旬には、薄紫の花が多くなるらしい。これだけの本数を綺麗に管理するのは本当に大変だろうなと思う。ツツジ祭りの期間は、入山料が300円(普段は無料)になるのだが、もうちょっと払ってもよいくらいだ。擂り鉢状の敷地を登ったり下りたりするので、昨日は気温が高かったこともあって、汗びっしょり。それでも湿度が低かったので、木陰は快適そのものだった。

shiofune_kannon
御朱印は、本堂近くのお守りなどを売っているところでいただけた。年配の女性が書いてくださったが、迫力のある筆跡に感激。300円。「大悲山圓通閣」と書かれている。

Dyson DC48

憧れのダイソンの掃除機をついに買った。昨日の朝、ハアリが大量発生して(毎年この時期になると一時発生する)掃除をしていたときに、掃除機が壊れてしまったのだ。内心ほとんど大喜び(笑)掃除機ってなかなか壊れないものだから、買い換えるタイミングがなかった。実はダイソンにご執心だったのは私よりオット。掃除機をかけるのは圧倒的にオットのほうなので、ずいぶん前からダイソンを使ってみたいなあと言っていたのだ。

仕事帰りに家電屋に寄る。とりあえずサイクロン式にはすると決めて、日本製のものやダイソンなど、いろいろ実際に試してみた。ネットの口コミ情報には、ダイソンはやっぱり良いという意見と、いや日本製の方が良いという意見が真っ向から対立。従ってこの目で見ないことには決められない。総じて日本製はヘッドの幅が広い。こまこまと家具の間を縫って掃除機をかけることの多い我が家では、ヘッドが大きすぎると取り回しが不便。家電屋さんの床は毛足の短いカーペットが敷かれていたが、ちらほら見える小さなゴミの吸い込み具合は断然ダイソンがよいのだ。

たまたまお店にはダイソンの社員の人がいたので、ダイソンのラインナップを詳しく説明してくれと頼む。新製品と旧製品の違い、モデルの違い、どのような家にはどのタイプがふさわしいかなど、明快に説明をしてくれて、おすすめは旧モデルだと言う。確かに旧モデルはコードあり通常ラインの中では最も安く、アタッチメントも3種類ついていてお買い得。新モデルは少し吸引力が強くなっているが、旧モデルでも他社製品と比べると十分実力が実感できると言う。

IMG_1293r


それでお勧めにしたがって、旧モデルを買うことにした。結構重かったのだが、配送料500円がもったいないので、電車で持って帰って来た。ダイソンを買ってきたということで、オットが大喜び。早速ちょっと使ってみて、朝掃除したのにRの毛がたくさん取れて、おお〜と感心する。第一印象としては、買って良かったというところだ。従来使っていた掃除機は持つところが重くて(手元に簡易サイクロンがついている。本体は紙パック)うんざりしていたので、それが一番ありがたいと思う。

ちなみにハアリは出るが、床下にはシロアリ被害はない。壁の中は浸食されているかも知れないが。

トップページの元画像

東京では桜もほぼ終わりになってきた。仕事も忙しくなるし、あまり写真ばかり撮っているわけにもいかないのだが、最近はどこに出かけるにも、特に撮る予定がなくても一眼レフを携行して、ちょっと目にとまるものがあると写している。

これもそんな1枚。新宿へ用があって行った帰りに、都庁付近で写したもの。単なる植え込みの花だ。相変わらず園芸品種の花の名前には弱いのだが、一生懸命検索してみると、「スイートアリッサム」というアブラナ科の花らしい。

75K_1243

ホワイトデー

バレンタインデーにはチョコレートしかあげなかったし、ホワイトデーなどという私にとって"近年の風潮"には興味なかったが、買い物に行ったオットが、なんとなんと欲しかったレンズ、AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G EDを持って帰って来た! マイクロレンズ(マクロレンズ)は105mmを持っているのだが、60mmを試してみて、その使いやすさがすっかり気に入り、次にレンズを買うのなら、60mmにするぞと宣言していたのだ。

IMG_1224r
まだ家の中でちょっとRを写したりしてみただけだが、これから花の季節の接写用としても、街撮りでもかなり出番がありそうで嬉しい(^^*)105mmと違って小ぶりで軽いのもありがたい。

1眼レフを使うようになると、レンズ地獄に陥るとよく言われるが、お金がいくらあっても足りない。それに、写真の調整に必要なソフトの最新バージョンが、私のMacのOSバージョンでは動かないので、OSをアップグレードすべきか、Macもそろそろ古くなってきたので新調したほうがよいかと色々悩ましい。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ