このあたりの人たち (文春文庫)
川上 弘美
文藝春秋
2019-11-07


連作超短編集。
余計な感情とか、説明を排した昔話のような語り口。
「奇妙な味」さえします。
中盤から、「このあたりの人々」がつながってゆき、「街」の様子が拓けてくると、突然、舞台がはっきりと見えてくる感じが面白いです。
パズルがつながって、全体の絵が見えてくる感じにも似ているのです。
こういうのも書くのですね、川上さんは。
驚きました。