この度、下記ブログを引き継ぐため、当ブログを
開設しましたので、よろしくお願いいたします。
なお、旧ブログは今年12月末までご覧いただく
ことが出来ます。
https://blogs.yahoo.co.jp/swl_information

ロゴ・民放連
日本民間放送連盟(民放連)は19日、「2019年 日本民間放送連盟賞」を
発表した。
この中、ラジオ報道番組部門の最優秀番組は、琉球放送制作の「消せない記憶
~元学徒兵の苦悩~」、又、優秀番組は山形放送制作の「弾圧 ~表現教育は踏
みにじられた~」、TBSラジオ制作の「報道ドキュメンタリー SCRATCH
差別と平成」などが選ばれた。
「2019年 日本民間放送連盟賞」の詳細は、次のとおり。
https://j-ba.or.jp/category/awards/jba103482#RAhoudo

「日本民間放送連盟賞」については、次のサイトで解説されている。
https://j-ba.or.jp/category/aboutus/jba101979#日本民間放送連盟賞

◆TBSラジオの「SCRATCH差別と平成」は、次のサイトで
聴くことが出来る。
この番組は、TBSラジオがRKB毎日放送と共同制作した番組で、
相模原市の障害者施設でおきた連続殺傷事件の被告への取材を通じて、
現代社会の差別意識に迫る報道ドキュメンタリーである。
https://radiocloud.jp/archive/scratch

新VOA-KBS-B
先日、VOA LEARNING ENGLISH から送られてきたニュースレターを見て、
「あっ!」と驚いた。
"For Separated Koreans, Memories Fading and Time Running Out" と題する
記事のカット写真(左)が、韓国KBSから送られてきたベリカード(右)の
写真と余りにも似ていたからである。

これらの写真は、2018年8月に行われた南北離散家族再会行事で顔を
合わせた姉妹、北朝鮮側89歳のお姉さん力ンホレ(左)さんと、韓国側
87歳の妹力ン・ドウリさん(右)の表情を写したものである。

◆ VOAニュースは次のとおり。
  https://learningenglish.voanews.com/a/for-separated-koreans-memories-fading-and-time-running-out/5087032.html
◆ KBSのベリカードは次のとおり。
  https://blogs.yahoo.co.jp/swl_information/36382524.html

0001
中国国際放送日本語番組では、局名アナウンスに続くニュース番組が、最近、
「こんばんは。〇月〇日、〇曜日。CMGニュースです」というアナウンス
で始まるようになっている。以前のニュース番組には「CMG」はなく、単に
「ニュースをお伝えします」というアナウンスで始まっていた。

18日の放送を聴いて気が付いたもので、いつ頃から「CMGニュース」と
いう表現に変わったのかは分からない。「CMG」は、China Media Group
(中央広播電視総台)の頭文字をとったものと思われる。
http://japanese.cri.cn/20190919/c8f8789a-ab42-af91-e576-6ea12a0def04.html

中国では2018年4月19日、それまでの中央電視台(CCTVおよび中国
国際電視台CGTN)、中央人民ラジオ局(CNR)、中国国際放送局(CRI)
の三局を改編し、国務院直属の事業組織として、中央広播電視総台 (チャイナ・
メディア・グループ) が発足した。
http://japanese.cri.cn/2021/2018/04/19/162s271988.htm
http://chinaplus.cri.cn/news/china/9/20180419/120081.html



ロゴ・ラジオ日経
ラジオNIKKEIは19日零時、ホームページ掲載の「送信設備障害復旧のお知らせ」を
更新し、「昨日18日夕方、送信設備の障害が復旧し、第1放送は通常通りの出力で
放送をしています。大変ご迷惑をおかけしました。どうぞよろしくお願いいたします」
と発表した。
http://www.radionikkei.jp/news/20190919.html

(当ブログ過去関連記事)
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/21014773.html
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/20998181.html
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/20938821.html


ロゴ・タイ-A
Radio Thailand World Service 日本語放送が10月1日から暫くの間休止する
ことは、既に同局から告知されているが、9月17日の番組では、休止の理由
について、概ね次のようにアナウンスした。
  ここで、ラジオ・タイランドからのお知らせです。
  ラジオ・タイランドでは、新たな番組編成のため、10月1日
  より、暫く日本語放送をお休みいたします。
  9月30日までは、これまでどおり日本語放送を続けます。
  これまで日本語放送をご愛聴いただき、有難うございました。
  引き続き、ラジオ・タイランドを、よろしくお願いいたします。

日本語番組の当初のアナウンスでは、休止の理由について触れていなかったが、
同局のフェイスブックでの告知に対して、香港在住とみられる Le Ch さんが、
"Why have not broadcast Japanese ?" とコメントしたことを受けて、ラジオ
番組の中で休止の理由を説明したものと思われる。
https://www.facebook.com/RadioThailandWorldService/posts/2672669716078045

同局の日本語番組は、毎日22:00-22:15 JSTに9390kHzで放送されている。

(当ブログ過去関連記事)
http://blog.livedoor.jp/swl_information/archives/21000434.html

◆ 同局の日本語番組は、昨年の同時期にも一時休止した経緯がある。
  https://blogs.yahoo.co.jp/swl_information/36272755.html
  https://blogs.yahoo.co.jp/swl_information/36303097.html

↑このページのトップヘ