このブログは、2019年8月17日にスタートしました。
前日2019年8月16日までのYahooブログ「国際短波放送情報」は、同ブログの
サービス停止に伴い、Livedoorブログに「(旧)国際短波放送情報」として
移行し、次のサイトでご覧いただくことができます。
過去に掲載した記事の情報検索などに、ご利用ください。
http://swlinformation.livedoor.blog/

ロゴ・台湾国際放送
台湾国際放送の日本語番組は、日本時間6月2日(火)午後5時からの放送が、
送信施設のメンテナンスのため休止となる。5月8日の「お便りありがとう」の
中で告知して以来、度々このアナウンスを繰り返している。
https://jp.rti.org.tw/radio/programMessageView/id/59684

◆ 同局の日本語番組は、毎日2回放送されていて、スケジュールは次のとおり。
  17:00-18:00 JST 11785 kHz(前日の番組の再放送)
  20:00-21:00 JST  9740 kHz

◆ 台湾国際放送のホームページは次のとおり。
  https://jp.rti.org.tw/

IMG_20200530_0001D
HCJB日本語放送(Reach Beyond-Australia )は30日、米アリゾナ州在住の小畑いよ子さんのエッセイ「サボテン便り」を放送したが、通常は自ら朗読するものが放送されるところ、この日の番組では小畑さんの知人である長岡絵里子さんが代役となって朗読した。
小畑さんは「新型コロナウィルス」の感染予防のため、人と人との接触を避けることが求められ、アリゾナスタジオで収録ができない状況となったことから、日本語番組ディレクターの尾崎一夫さんは、かつてHCJB日本語番組でお便り係を担当したことがある長岡さんに朗読を依頼したのだという。

◆この日の番組は、次のサイトにアップされるアーカイブでも聴くことができる。
 http://reachbeyond.chowder.jp/radio/radio.html

◆HCJB日本語放送のトップページおよびスケジュールは次のとおり。
 http://reachbeyond.chowder.jp/
 http://reachbeyond.chowder.jp/SW_Schedule/SW_Schedule.html

◆当ブログ過去記事(長岡さん関連)
 http://swlinformation.livedoor.blog/archives/1955760.html

◆参考(アリゾナ州の現状)
 日本総領事館およびジェトロのサイトには、米アリゾナ州における自宅待機命令が掲載
 されている。現時点では、自宅待機命令は解除されているのであろうか。それとも期間
 が延長されているのであろうか。
 https://www.la.us.emb-japan.go.jp/pdf/20200330arizona.pdf
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/04/39b3e4121f1d3368.html

_DSC0569
米ミネソタ州ミネアポリスで、抗議デモを生中継していたCNN取材チームが州警察に
身柄を拘束された。記者が手錠を掛けられる場面が世界中に放映された。警察はカメラ
が回っていることに気が付かなかったようだという。
記者たちは間もなく釈放され、州知事はCNNの社長に対して陳謝した。
CNNが報じた。
https://edition.cnn.com/videos/us/2020/05/29/minneapolis-protests-omar-jimenez-arrested-newday-vpx.cnn

https://edition.cnn.com/us/live-news/george-floyd-protest-updates-05-28-20/h_650444eb05a8557353ff84731cc81808

https://edition.cnn.com/

ロゴ・Foebes
英世論調査会社ユーガブ(YouGov)は、新型コロナウイルスに関連した報道に対して
高い信頼を置いている国と、そうではない国はどこかを調査した。
新型コロナウイルスは、報道機関に対してどのような影響をもたらしたか —
視聴者数や読者数が急増しているメディアがある一方で、広告収入が激減し、辛うじて
持ちこたえているメディアもあるという。
"Forbes" 日本語版で紹介している。
https://forbesjapan.com/articles/detail/34767

国旗・オーストラリア
オーストラリアのメディア大手であるニューズ・コープ・オーストラリアは28日、
傘下に置く約110の地方紙について、6月末をメドに紙媒体の発行をやめると発表
した。新型コロナウイルスによる経済の停滞で、広告収入が急減したことなどが
影響したという。
日本経済新聞が報じている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59683970Y0A520C2FFE000/

ロゴ・中国B
中国国際放送は5月27日、「ニュース」番組に続き、5月28日の周波数の
臨時変更に関する告知を放送した。告知の内容は次のとおり。

 《周波数臨時変更に関するお知らせ》
  5月28日、CRI中国語放送による全国人民代表大会の閉幕に関する中継番組が
  18時から19時までに日本向け放送の7325 kHzを臨時的に使用して放送するため、
  この時間帯の日本語放送は一時停止となります。
  ご不便をおかけすることをお詫び申し上げます

(注)告知の中で、周波数臨時変更の時間が「18時から19時まで」となっている
のは北京時間で示しているものと推察され、日本時間で「19時から20時まで」
周波数7325 kHzでは日本語番組が放送されないことを告げたものと思われる。

同局の通常の放送スケジュールは次のとおり。
http://japanese.cri.cn/20170925/28a8c0c8-c367-e4d4-3a3d-f737ddd21e82.html

中国国際放送のホームページは次のとおり。
http://japanese.cri.cn/20200527/cc1cb19d-8bb2-f129-8e43-fecb869d6459.html
http://japanese.cri.cn/

ロゴ・ラジオ日経
ラジオNIKKEIアナウンサーの小塚歩さんは、31日に東京競馬場で行われる
日本ダービーの実況を、初めて担当する。
小塚さんは、少年時代から競馬ファンだったが、出身地・青森県では大レース
以外のテレビ中継がなかったため、競馬実況を受信できる短波放送用のラジオ
を購入し、毎週末に自宅で聴いていたという。
東奥日報の記事を、gooニュースが紹介している。
https://news.goo.ne.jp/article/toon/region/toon-20200524184848.html

キーワード「短波放送」でネット検索していると、ときどき面白い話題に
出会うことがある。この話題も、その一つである。
ラジオNIKKEIの周波数は次のとおり。
http://www.radionikkei.jp/style/radio/
http://www.radionikkei.jp/style/

ロゴ・モンゴルの声
「モンゴルの声」日本語放送は25日、「モンゴルのラジオ局」を放送し、
同国のラジオ放送の歴史を紹介した。
同局は、本年3月から「新型コロナウィルス」感染防止対策の一環として、
日本語課スタッフは自宅勤務となっていて、現在に至るも、毎日の放送は、
過去の番組の再放送が続いている。

25日放送の「モンゴルのラジオ局」は、次のサイトで聴くことができる。
昨年10月に放送された番組の再放送と思われる。
http://www.vom.mn/uploads/audio/2020-05/2020_05_25-04_05_34.mp3

同局のトップページは次のとおり。
http://www.vom.mn/ja

同局の短波放送のスケジュールは、次のとおり。
19:30-20:00 JST 12085 kHz
24:00-24:30 JST 12015 kHz

_DSC0566
「新型コロナウィルス」の感染予防のため、日本政府から全国の各世帯に
配布する「マスク」の2枚セットが、24日に届いた。
わが家では、今すぐにこれを使わなければならない状況にはなく、大規模
感染の第一波が収束する兆しがあるものの、第二波、第三波が予想される
ので、その時に備えて大切に保管しておこうと思っている。
IMG_20200525_0002
IMG_20200525_0003
IMG_20200525_0001

中国国際放送日本語部から電子ベリカードが届いた。今年4月の受信報告に
対する返信である。
カードの写真は、今春、放送局の前庭に咲き誇った桜で、同局の斉鵬さんが
撮影したものだという。
0001 中国A
毎年、この季節には、桜の花の下に日本語部スタッフ全員が集まって花見し、
記念撮影をするのが恒例となっているが、今年は花見ができたのであろうか。

中国国際放送局の桜の由来については、次のサイトで解説されている。
http://japanese.cri.cn/20180523/875636e7-f147-18a1-3042-f2e5a8b587a8.html

カードの裏面には、「新型コロナウィルスの流行で、日本も中国も落ち着かない
日々が続いています。くれぐれもご自愛ください」と記されている。
0001 中国B
中国国際放送のホームページは次のとおり。
http://japanese.cri.cn/

↑このページのトップヘ