日本のBCL界で最も著名な永年リスナーの一人である、群馬県渋川市在住の鈴木義一さんが昨年10月7日、敗血症のため死去した。81歳。
HCJB日本語放送(Reach Beyond-Australia)が、11日放送の「お便り交換の時間」の中で、鈴木さんと親交の深かったリスナーから届いたお便りを紹介する形で伝えた。
https://reachbeyond.chowder.jp/SW_Schedule/SW_Schedule.html
https://reachbeyond.chowder.jp/radio/radio.html

鈴木さんは、1950年代から海外からの放送を聴いていたということで、HCJB日本語放送のホームページに掲載されているニュースレター "PROGRAM NOTE" 2014年10月号では、「QSLカードとわたし」と題して、ご自身のBCLライフについて静かに語っていた。
https://reachbeyond.chowder.jp/Messages/Archives/ProgramNote10_2014.pdf

◆ 私が、鈴木さんと最後にお会いしたのは、何年前だったろうか、東京・淀橋教会で開かれた「HCJBリスナーの集い」だったが、毎年出席していた鈴木さんが、その翌年からは病気療養のため欠席するようになり、気になっていたところだった。
ご冥福をお祈り申し上げます。